アパレル業界におけるWEB広告のメリットや広告費とは?おすすめのWEB広告もご紹介

rokujigen_writer

導入する企業が年々増えている広告手法、「WEB広告」。アパレル事業においてもWEB広告は多くの企業で採用されていますが、どのようなメリットがあり、運用はどれくらいの費用がかかるのかはご存知でしょうか。今回はアパレル事業におけるWEB広告のメリットや広告費、アパレル事業におすすめなWEB広告の種類について詳しく解説します。

アパレル業界におけるWEB広告のメリット


出典:https://www.shutterstock.com

アパレル業界で活用される広告の種類は様々ですが、中でも「WEB広告」は高い集客効果に期待できる手法です。WEB広告を活用することで、以下のようなメリットを得られます。

 

ブランドと親和性の高いユーザーに届けやすい

WEB広告では、年齢・性別・居住地域といった基本的な情報からWEBサイトの検索履歴・閲覧履歴などのデータに基づいた配信設定を行えます。自社のブランドに興味を持ってくれそうな潜在顧客に広告を「狙い打ち」することができるため、効率的に集客ができる点はWEB広告の大きなメリットです。

 

また、WEB広告はGoogle・Yahoo!・Twitter・Instagram・YouTubeなど膨大なユーザー数を抱える人気メディアで広告を配信できます。より多くの潜在顧客に広告を見てもらえることも、WEB広告ならではの強みです。

 

専門知識がなくても運用しやすい

アパレル業界における広告の手法は雑誌広告やチラシだけでなく、SEO対策やSNS運用によるプロモーションもあります。これらの手法は、ある程度の専門知識がなければ十分な成果を上げることが難しいものです。

 

一方でWEB広告は媒体によっては至ってシンプルな初期設定で運用を開始できることもあるため、専門的な知識がない方でも無理なく導入できます。

 

効果の測定と改善がしやすい

テレビ広告や紙媒体の広告におけるデメリットとして、効果測定から改善までの工程をスムーズに行えない点が挙げられます。一方でWEB広告は広告の閲覧回数・クリック回数・商材の購入回数といった様々なデータを容易に収集することが可能です。

 

収集したデータを用いて、広告の効果測定や次回の施策に活かす改善点の洗い出しをスムーズに行えるため効率的にPDCAサイクルを回せます。

 

また、近年はAI技術を活用したデータ分析や効果測定で、ターゲティングや広告配信のさらなる最適化を図ることも可能です。最新の技術を駆使しながら無駄のない運用を続けることは、費用対効果のアップにもつながります。

 

少ない費用から運用を始められる

紙媒体やテレビ、ラジオに広告を出稿する「マス広告」では、出稿費用が高くなりがちというデメリットがあります。

 

しかしWEB広告ではクリックや購買など、広告に対するアクション数に応じた広告費が発生する「課金方式」の利用が可能です。あらかじめ費用の上限金額を設定し、上限に達した時点で自動的に広告の配信を停止することもできるため予算や状況に合わせて柔軟に運用できます。

 

アパレル業界におすすめのWEB広告の種類と費用

一口にWEB広告と言っても様々な種類があり、「どんな効果を得たいのか」「どれくらいの費用で運用したいのか」によって選択するべきものは異なります。ここでは、アパレル業界におすすめなWEB広告の種類と、それぞれの特徴・費用をご紹介します。

 

リスティング広告

ユーザーがGoogleやYahoo!といった検索エンジンを利用した際、検索キーワードに応じて検索結果の上位に表示されるWEB広告です。自社ブランドで扱う商材に合わせたキーワードを設定すると、ユーザーのニーズにマッチする商材を効率的にアピールすることができます。

 

そのため、特定の商品に対する興味や関心が明確にある人や自社名・ブランド名を知っている人に広告を見てもらいたい場合は、リスティング広告がおすすめです。

 

費用は広告を出稿する媒体・業界・キーワード・課金方式によって異なりますが、多くの企業は20~30万円から始めています。ただしこの金額はあくまで目安であり、費用の上限金額は自分で設定することができます。

 

リスティング広告のやり方|運用に必要な基礎知識について

 

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、一度自社サイトを訪れたユーザーに対して別サイトでも関連情報を表示する広告です。

 

ユーザーが自社サイトから離脱しても、継続して商材をアピールできます。この特性から、洋服や雑貨、化粧品など「欲しいけれど今すぐ必要ではない」と思われることが多い商材を扱う事業では有効的な手法です。

 

なお、リターゲティング広告には「クリック課金方式」と「インプレッション課金方式」という2種類の課金方式があります。クリック課金方式であれば1クリックあたり数十円程度、インプレッション課金方式であれば1,000回表示あたり数十円〜数百円程度かかるケースが一般的です。

リターゲティング広告の仕組み・やり方について解説!

SNS広告

Instagramのストーリーズ画面やTwitterのタイムライン画面、Facebookのフィード画面などに広告を配信する手法です。サービスに登録されている会員情報をもとに、自社ブランドと親和性の高いユーザーへ広告が表示されます。画像や動画も添付できるため、絞り込んだターゲット層へより有効的なアプローチを行いたい事業者におすすめです。ただしSNSはサービスごとに集中しているユーザーの特徴が異なるため、運用の前に入念なリサーチは欠かせません。

 

課金方式はサービスによって様々なシステムが設定されていますが、クリック課金方式やインプレッション課金方式、動画の再生時間に応じた課金方式を採用しているサービスが多いです。

 

クリック課金方式の場合は1クリックあたり24円〜200円程度、インプレッション課金方式は1,000回表示ごとに400〜600円程度、動画の再生時間に応じた課金方式では1再生あたり5〜20円程度が相場となっています。

インスタ広告の簡単な出し方を基本から徹底解説

Googleショッピング広告

Googleショッピング広告は、アパレル事業者など小売事業者の商材宣伝に特化したGoogle広告です。商品名・商品画像・価格・サイズ・色などの情報を通販サイトのように表示できるため、広告の時点で商品情報をしっかりとアピールしたい事業者におすすめな手法です。なお、商品名は最大150文字まで登録可能となっているため、単純な名称だけでなく商品の特徴をアピールするキャッチコピーを記載するとより売り上げアップに期待ができます。

 

Googleショッピング広告ではクリック課金方式が採用されており、1クリックごとに10~30円程度かかります。なお、使用ツールに制限が設けられますが無料で広告を出稿することも可能です。

Googleショッピング広告に掲載する方法と料金を徹底解説!

 

WEB広告なら広告代理店に依頼するのもおすすめ


出典:https://www.shutterstock.com

種類によっては簡単に導入できるWEB広告ですが、その分、アパレル業界においてもWEB広告を導入する企業は増えています。そういった状況の中で他社に引けを取らない成果を上げるためには、WEB広告運用の専門的な知識やノウハウが必要です。

 

運用の経験が浅い事業者の場合は、WEB広告の運用を専門的に行っている広告代理店へ依頼することをおすすめします。自社でWEB広告の知識やノウハウを持つ人材を用意しなくても効果的な運用を行えるだけでなく、運用に時間を割く必要がないため本来の事業に専念できるというメリットがあります。

 

ただし、広告代理店の中でも得意分野や料金体系は異なる場合があります。「どんな広告をどんなターゲットに届けたいのか?」「どれくらいの費用で運用したいのか?」といった目的や費用などを明確に定めたうえで、複数のサービスをリサーチしながら依頼を検討することをおすすめします。

 

まとめ

狙ったターゲット層へ広告を届けやすい「WEB広告」は、アパレル事業においても有効的な手法です。効率的な集客だけでなく、費用対効果の高い広告運用も実現できる点は大きなメリットと言えます。WEB広告の種類は様々ですが、アパレル事業の場合はリスティング広告・リターゲティング広告・SNS広告・Googleショッピング広告がおすすめです。WEB広告運用の知識やノウハウに自信がない場合は、WEB広告運用を専門とする代理店への依頼を検討しましょう。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.