人材紹介業の求職者集客はWEB集客がおすすめ!効果的な集客手法をご紹介

rokujigen_writer

インターネットでの情報収集が当たり前となった現代において、多くの企業がWEB広告を活用した集客を実施しています。人材紹介業においてもWEB広告の集客は相性が良く、他社との差別化を図るうえでも有効的です。本記事では、人材紹介業にWEB広告の集客が適している理由やおすすめのWEB広告手法について詳しく解説します。

人材紹介業でWEBを使った集客は向いている

出典:https://www.shutterstock.com

 

従来の人材紹介業では、スカウトメールを用いた集客が主流でした。求職者へダイレクトにメールを送り、自社への求職相談を促すかたちでサービスを利用するきっかけを作り出すというものです。

 

しかし近年はスカウトメールに加え、WEB広告を活用した手法「WEB集客」を実施している人材紹介会社も増えています。

 

多くの会社でWEB集客が選ばれている理由として、「求職を希望するユーザーへ的確にアプローチができる」というメリットが挙げられます。WEB集客はユーザーが実際に検索したキーワードと関連性のある広告を表示するため、求職活動のために情報を収集しているユーザーへ向けて広告を「狙い打ち」することが可能です。

 

また、WEB集客はクリック数やサービスの利用につながった件数など、広告による成果を確認しやすいという特徴もあります。リアルタイムで広告にどれくらいのアクションがあったのかを確認できるため、施策を見直す際も改善点を出しやすくなります。正確なデータに基づいて、PDCAのサイクルをスムーズに回せることもWEB集客の強みです。

 

人材紹介業でおすすめのWEB集客

WEB集客という括りには、多彩なマーケティング手法が含まれています。ここでは、人材紹介業でおすすめなWEB集客の種類を費用の相場と一緒にご紹介します。

 

リスティング広告

「検索連動型広告」とも呼ばれるリスティング広告では、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに関連する広告が表示されます。特定のサービスに対して興味・関心をもっていると判断されたユーザーへ的確にアプローチできることが、リスティング広告の大きなメリットです。

 

また、専用の広告管理画面の案内に従って必要な設定を行えば、いつでも配信を開始することができます。自社で運用を行う場合は媒体社の担当者と原稿をチェックしたり、条件交渉をしたりといったステップが不要になるので他の広告手法よりも導入のハードルがはるかに低いです。

 

費用は広告を出稿する媒体や業界、キーワードなどで異なりますが、20~30万円程度から始める企業が多いです。課金方式はクリックの回数に応じて費用が決まる「クリック課金方式」で、1クリックあたり50~100円程度が平均単価となっています。

リスティング広告のやり方|運用に必要な基礎知識について

 

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、WEBサイトに設けられた広告枠に広告を掲載する手法です。テキストだけでなく、画像や動画など様々な形式で広告を出稿できるためユーザーの目に留まりやすいというメリットがあります。

 

ディスプレイ広告の強みは、欲しい物や解決したい課題を自覚していない潜在層のユーザーへ有効的にアプローチができることです。また、自覚していても具体的な行動へ移せていないユーザーにもディスプレイ広告で訴求することで、ニーズを掘り起こすことができます。

 

さらに「リターゲティング」という機能を活用すれば、自社サイトを一度訪れたユーザーへ広告を表示して再度アプローチを行えます。

 

費用の相場は1ヶ月あたり20~50万円程度で、課金方式は「クリック課金方式」と「インプレッション課金方式」の2種類があります。インプレッション課金方式とは、広告が生じされた回数に応じて費用が決まる仕組みです。

 

単価としてはクリック課金方式では1クリックあたり50〜100円程度、インプレッション課金方式の場合は表示1回あたり数十円〜数百円程度が相場です。

 

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、「アフィリエイター」と呼ばれる発信者が所有するWEBサイトへ広告を設置してもらう手法です。アフィリエイターのサイトを通じて、自社商材を知らないユーザーへ認知拡大を狙えることがアフィリエイト広告の魅力です。

 

一般的にはアフィリエイターのサイトに設置されたリンクからコンバージョンへ至った場合にのみ報酬が発生する「成果報酬型」となっているため、無駄なコストが発生しないというメリットもあります。

 

ただし、アフィリエイト広告では「ASP」という広告運用媒体への登録が必要です。アフィリエイターへの報酬に加え、ASPに対する初期費用・月額費用も発生する点には注意しましょう。

 

相場としては、ASPに月額5万円程度、アフィリエイターに1成果あたり報酬の30%前後を支払うケースが多いです。

 

SNS運用や広告

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSを活用したアカウント運用(SNSマーケティング)や広告出稿で集客を狙う手段です。

 

SNSマーケティングの場合、自社サービスに関する情報発信でユーザーに対してアピールをすることになります。サービスの宣伝はもちろん、ユーザーにとって役立つ情報を発信したり、ユーザーに対するコメントやいいねといったアクションを積み重ねることで自社のファン増加につながります。

 

また、各SNSへ広告を出稿することも可能です。SNS上の広告は登録されている会員情報に基づいて配信されるため、自社サービスに対してニーズの高いユーザーへアプローチできます。

 

SNSアカウントそのものは無料で運用できますが、代行サービスを利用する場合は最低でも月額10万円程度かかります。SNS広告の場合は課金方式により異なりますが、例えばクリック課金方式の場合は1クリックあたり24~200円程度が相場です。

インスタ広告の簡単な出し方を基本から徹底解説

 

オウンドメディア運用

オウンドメディアとは、自社で運用・所有するメディアのことを指します。公式サイトのように会社概要や事業内容といった基本的な情報を記載するのではなく、自社のサービスに関連する情報や特定の分野に関する情報を中心に扱う、集客を目的としたメディアです。

 

様々なコンテンツを通じて企業の思いや考えを発信できるため、ユーザーからの共感や企業理解を得やすいというメリットがあります。さらにSNSを併用し、オウンドメディアで公開した内容を発信すればユーザーと密にコミュニケーションを取ってファン化を狙うこともできます。

 

WordPressなどの無料CMSを活用すれば無料または低コストでの立ち上げが可能ですが、オリジナリティのあるメディアを作りたい場合はWEB制作会社へ依頼するケースが一般的です。依頼する場合の費用は、30~50万円前後が相場となっています。

 

人材紹介業ではLP制作が重要

LPとは「ランディングページ」の略語で、サービスの利用へ誘導することに特化したページのことです。自社サービスの魅力を伝えながら、求職者からの問い合わせを最大限得るために多くの人材紹介会社がLPを用意しています。

 

一般的には各種WEB広告におけるクリック後の遷移先としてLPを設定するものですが、問い合わせにつながるか否かはLPの内容に左右されます。人材紹介会社のLPでは、「医療系の転職に特化」「フリーターの就職に特化」「無料相談あり」など一目で企業の強みが分かるようにアピールをしたうえで、誘導先を「応募」一択に絞り込むことが大切です。

 

インターネット上に膨大な情報があふれかえっている現代において、少しでもユーザーの離脱率を下げるための工夫をしなければ十分な効果を得ることができません。

 

まとめ


出典:https://www.shutterstock.com

 

人材紹介業における集客方法としては、スカウトメールだけでなくWEB広告運用も高い効果が期待できます。中でもリスティング広告・ディスプレイ広告・アフィリエイト広告・SNSの活用・オウンドメディア運用は、特に相性がいい手法です。ただし十分な効果を得るには、専門的な知識・ノウハウを持った人材によるWEB広告運用や、ユーザーが離脱しにくいLP制作が必須と言えます。WEB広告運用の経験が浅かったり、LP制作のノウハウがない場合は専門の広告代理店への依頼をおすすめします。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.