ランディングページのSEOは可能?適性を考慮して検討しよう!

rokujigen_writer

ランディングページを制作してプロモーションをするケースが多くなりました。集客力を上げるためにランディングページにもSEO対策をしたいと思う方もいるでしょう。ただ、ランディングページはSEOに向かないという話もあります。この記事ではランディングページのSEO対策が可能なのかどうかをご説明します。

ランディングページはSEO対策に適していない

出典:https://www.shutterstock.com

 

結論としては、一般的にはランディングページはSEO対策に適していません。オウンドメディアを運営するのに比べると、ランディングページはSEOとの相性が良くないからです。ランディングページを制作する目的や特徴を理解すると、SEO対策が難しいという事実がわかります。

 

ただし、ランディングページにSEO対策ができないわけではありません。適性があるランディングページの場合にはSEO対策を推進することでユーザーアクセスを増やせる可能性があります。どのようなときにランディングページのSEO対策をした方が良いのでしょうか。ランディングページについて理解を深めながら考えてみましょう。

 

ランディングページの目的と種類

出典:https://www.shutterstock.com

 

ランディングページとSEO対策の相性を考えるうえでは、ランディングページを制作する目的や種類を詳しく知ることが大切です。目的も種類も大きく分けると2つあるので、どのような違いがあるかを確認しておきましょう。

 

ランディングページを制作する目的は2通りある

ランディングページは広義ではユーザーがサイトに最初にアクセスしたページを指します。「ランディング」とは「着地」の意味なので、自社のホームページにユーザーが入ってきた場所だとイメージしやすいでしょう。

 

広義のランディングページはトップページになるのが主流です。ユーザーにとってサイト内のコンテンツにアクセスしやすく、自社の魅力もアピールできるバランスの取れたデザインにする場合が多いでしょう。ユーザビリティやユーザーエクスペリエンスを重視したページに仕上げるのが一般的なアプローチです。

 

一方、ランディングページは狭義ではプロモーションやコンバージョンを目的とするページを指します。商品やサービスの魅力を伝えて問い合わせや申し込みなどを促すためのページです。ランディングページをあえて制作するときには、プロモーション目的が主流になっています。販促のためにコーポレートサイトとは別に用意するのが一般的で、商品やサービスの販売や興味付けに特化しているのが特徴のランディングページです。

 

ランディングページにはプロモーションの目的に応じて2種類ある

プロモーション目的のランディングページには、1ページ完結型ランディングページとサイト一体型ランディングページの2種類があります。SEO対策を検討している際にはプロモーションをさらに進められるチャンスがあるかを気にかけていることが多いでしょう。どちらの種類のランディングページにしたかによってSEOとの相性の良し悪しが異なります。それぞれの性質を簡単に確認しておきましょう。

 

プロモーション目的のランディングページでよく用いられているのが1ページ完結型です。1ページでユーザーに興味を持たせて動機づけをおこない、さらに購買意欲を引き出してページの下部で購入や申し込みのアクションを起こさせることを目指します。縦長のページでスクロールさせていくだけで読み進められるのが特徴です。また、離脱しにくいようにリンクをほとんど設けないのが一般的になっています。

 

サイト一体型はプロモーションを長期的に進めていきたいときに活用されています。トップページをランディングページとして階層構造を作り、下層にいくつかのページを用意するのがサイト一体型の特徴です。1ページ完結型の場合には広告色が強いのに対して、サイト一体型の場合にはデザイン次第ではコーポレートサイトのようにも見せられます。階層構造の作り方によってさまざまなユーザーアプローチができる点で自由度が高いランディングページです。

 

ランディングページとSEOとの相性に関連する共通の特徴

出典:https://www.shutterstock.com

 

ランディングページのSEO対策が難しいと言われるのは、ランディングページにネガティブな要素があるからです。1ページ完結型でもサイト一体型でも共通する問題点があるのでご紹介します。

 

テキストコンテンツが少ない

ランディングページは画像や写真がメインでアピール力がある一方、テキストコンテンツが少ないのが特徴です。ユーザーを画像や写真などの視覚的にわかりやすい情報で刺激し、購買意欲を湧き立てるのがランディングページによる販促のアプローチだからです。テキストが多いと読むのがストレスになって離脱されてしまうリスクが高くなります。

 

SEOではページでテキストとして使用するキーワードに着目して対策をします。テキストコンテンツが少ないと対策が難しく、検索エンジンからも評価が低くなりがちです。また、画像や写真、さらには動画などをたくさん使っているため、ページの表示速度が遅くてランキングが下がる傾向があります。テキストも画像にしてしまうことが多く、そのままではSEO対策の効果を上げられないランディングページが目立ちます。

 

被リンクやサイテーションを受けにくい

SEOでは権威性を確保するために被リンクやサイテーションを重視します。しかし、ランディングページはプロモーションに特化したページで広告色が強いのが問題点です。第三者からの被リンクやサイテーションを受けにくい性質があります。購入者から被リンクを受けられる可能性もありますが、ホームページに比べると獲得が難しいのがランディングページのデメリットです。

 

1ページ完結型ランディングページのSEO対策における問題点

プロモーション目的のランディングページとして主流の1ページ完結型の場合には、さらにSEO対策をするのが難しい部分があります。1ページ完結型ランディングページはどのような問題を持っているのでしょうか。

 

ページ数が少ない

1ページ完結型はたった1ページしかないのが通常です。詳細な内容を紹介するページや類似商品のページを用意しているケースもありますが、せいぜい数ページしかありません。情報量が少ないサイトはGoogleからの評価が低くなるため、たった1ページしかないサイトはSEOでは不利です。

 

SEO対策で上位表示を狙うにはドメインパワーも強くすることが大切なので、コンテンツマーケティングを進める必要があります。そのため、ページ数を増やしづらい点でも1ページ完結型ランディングページはSEOに向いていません。

 

一時的なプロモーション目的のことが多い

1ページ完結型ランディングページは一時的なプロモーションを目的として制作することがよくあります。新製品の開発に成功したときや、新しいサービスを始めたときに制作してプロモーション活動をするのが一般的です。キャンペーンを実施してユーザー獲得を積極的に進めることも多いでしょう。

 

SEOはすぐに効果が出るマーケティングアプローチではありません。今から売り出して競合に勝ちたいというシーンでは広告の方がSEOよりも適しています。SEO対策をして検索順位が上がってきた頃にはプロモーション期間が終了してしまうということもあり得るので、1ページ完結型ランディングページとはあまり相性が良くないケースが多いでしょう。

 

サイト一体型ランディングページの特徴

サイト一体型ランディングページの場合には、1ページ完結型と比べるとSEO対策をしやすい傾向があります。ここではSEOと相性が良い部分がどこなのかを簡単にご説明します。

 

ページ数を増やせる

サイト一体型ランディングページの場合には階層構造を作ってページを増やせるのが特徴です。新しいコンテンツをランディングページの下層に作り、それぞれのページにSEO対策をしていけばドメインパワーも向上させられます。内部リンクを利用して他の商品やサービスにユーザーを誘導する動線設計もできるため、SEOを通してコンバージョンを獲得しやすい性質もあるのがサイト一体型ランディングページです。

 

長い期間にわたる運用をしやすい

サイト一体型ランディングページはトップページがランディングページとしての役割を果たすだけでなく、一つのウェブサイトとして継続的な運用をしやすい性質があります。SEO対策では長期の取り組みが必要になるので、サイト一体型なら相性が良いと考えられるでしょう。

 

プロモーション目的で制作するサイト一体型ランディングページでは新しい商品やサービスが出たときにはサイトの下層に記事を盛り込むことが可能です。商品紹介のページや、ユーザーからの声のコンテンツなどを追加することもできるでしょう。ページ数を増やしながら情報も補強していくことで、Googleからの評価も高くなります。長期運用をすれば話題にしてもらえるチャンスも増えて、被リンクやサイテーションを受けられる可能性も上がります。

 

カテゴリ別にランディングページを構築できる

SEO対策では専門性を重視したコンテンツ制作をすることで成功しやすくなります。サイト一体型ランディングページはホームページと違って1つに集約する必要はありません。商品やサービスのカテゴリ別にひとまとまりのランディングページを構築することも可能です。商品ブランドごとに分けたり、ターゲットに合わせて制作したりする方法もあります。

 

このようにランディングページをカテゴリやブランドで分けると、特化型のサイトが構築されます。取り扱っているジャンルや分野に強みを持っている専門的なサイトとしてGoogleに認識されればSEOに強いランディングページになります。

 

ランディングページのSEO対策をした方が良いのか

出典:https://www.shutterstock.com

 

ランディングページはSEO対策に適していない性質がたくさんあります。ただ、SEO対策をすればアクセスが増える可能性はあるのは事実です。SEOを成功させるのが難しいことは確かなので慎重に検討することをおすすめします。SEO対策をやるべきかどうかを考えるときには以下のポイントを押さえておきましょう。

 

ランディングページの役割を考えよう

ランディングページは狭義の意味で制作するときにはプロモーションが主な目的です。売り上げや問い合わせを増やす役割を果たさなければ制作した意味がなく、短期的に大きな成果を出さなければならないシーンが多いでしょう。SEOは長期的な取り組みが必要なので、ランディングページが果たすべき役割の一助にはなっても、SEO対策をすれば十分とは言えません。

 

ただし、サイト一体型ランディングページを長期的に運用していくのであればSEO対策をする意味が大きくなります。新しい商品やサービスのプロモーションをするときに、Googleからの評価が高くなりやすく、インデックスされるのも早くなることが期待できます。既にサイトやブランドを認知しているユーザーも多くなります。

 

ランディングページの役割を考えるとSEO対策をするのが良いかどうかが見えてきます。長期的にマーケティングに使うならSEO対策を検討した方が良いでしょう。短期勝負のプロモーションなら広告やLPOをするのがおすすめです。

 

<LPOとは?>

「ランディングページ最適化」のこと。LPにたどり着いたあと、途中離脱を防ぎ、CV(コンバージョン)まで導くための対策をする。

 

商品やサービスの適性を考慮しよう

SEO対策をするのに適性がある商品やサービスを扱っているなら、ランディングページのSEO対策を積極的に推進するのがおすすめです。SEOは検索で少なくともトップから10位以内には入らないとはっきりとした効果が出ません。1位か2位を維持し続けられれば大きな成功になります。

 

競合が少ないニッチな商品やサービスを取り扱うならランディングページのSEO対策をしましょう。消費者向けのサービスよりも企業向けの専門性が高いサービスの方がSEO対策の成功につながります。競合が少なく、コンテンツの専門性も確保しやすいことから速やかに検索上位を獲得できるでしょう。

 

逆に、美容や健康、食品や金融などの競合が多いジャンルではSEOの効果を上げにくいのが問題です。広告を活用した方が速やかにプロモーションを進められるでしょう。

 

SEOの費用対効果から実施の可否を判断しよう

SEOの費用対効果が上がるかどうかを検討するのも重要なポイントです。SEO対策をするならサイト一体型ランディングページの方が優れていますが、1ページ完結型に比べると制作費用が大きくなります。中長期的な取り組みをしていく中で、コンテンツも作成してボリュームアップを図っていかなければなりません。

 

広告費用がかからないのはSEOのメリットです。ただ、キーワードを選定したり、効果測定をして改善をしたりすることが必要なのは一般的な運用型広告と同じです。費用対効果を考えると1ページ完結型で広告を出すのが良いということもあれば、サイト一体型でSEOと広告を併用するのがベストということもあります。最終的なSEOの実施の可否は費用対効果から考えるのがおすすめです。

 

まとめ

ランディングページはテキストが少なくて被リンクやサイテーションを受けにくいなど、SEO対策をするうえではネガティブな要素がいくつもあります。しかし、ランディングページの種類やプロモーションをする商品やサービスによってはSEO対策の意義が大きいことも決して少なくありません。

 

六次元ではランディングページの効果的な運用のための相談を受け付けています。マーケティングの目的や展望、ランディングページの特徴や商材の性質に合わせた提案をいたしますので、ぜひ気軽にお問い合わせください。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.