SEOは競合サイトとの比較が重要!調査・分析・活用の方法をご紹介!

rokujigen_writer

SEO対策では競合サイトの調査をして比較すると成果につながりやすいことをご存知でしょうか。商品やサービスには競合がつきもので、いかにして優位に立つかが重要になります。SEO対策でも競合調査をして分析し、比較をするのが効果的です。この記事では競合との比較をするメリットと調査・分析の結果を活用する方法をご紹介します。

SEOで競合サイトとの比較が重要な理由

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOは検索エンジンに高い評価を受けて、検索結果で上位に表示されるようにするための施策です。競合サイトと比較して自社サイトのSEOをするのに意味があるのかが疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。まずはSEOで競合サイトと比較すると良い理由を確認しておきましょう。

 

検索順位は相対評価で決まるから

競合サイトとの比較をするのがSEOで重要なのは検索順位が相対評価で決まるからです。SEOでは検索エンジンによるランキングで高い評価を受けられるように総合的な対策をします。その評価が高ければ上位表示されるのは確かですが、競合サイトの評価がもっと高ければ上位にはなれません。

 

例えば、100点満点で90点の優良なページができたとしましょう。競合ページの評価として92点や95点のものが10個あったとしたら、検索順位は10位未満になってしまいます。しかし、80点のページだったとしても、競合が80点未満だったとしたら検索順位は1位です。このような比較による相対評価で検索順位が決まっているので、競合サイトの調査はSEOで欠かせません。

 

競合サイトと比較すると差別化戦略を考えられるから

SEO戦略を考えるときに競合サイトとの比較は参考になります。ほとんど同じコンテンツを提供しているのでは、検索順位で優位に立つことはできません。SEOでは競合サイトとの差別化をして、独自性のあるコンテンツを提供することが重要です。競合サイトと比較をすればサイトの差別化戦略を立てやすくなります。

 

競合サイトとの比較をした結果として差別化のポイントを見出せれば、サイトのコンテンツを考える以外の場面でも活用できます。事業戦略や製品開発戦略、マーケティング戦略などにも応用できる魅力的な情報を得ることが可能です。SEOで差別化による成果を出すための方策として競合サイトの調査と比較を実施し、さらに事業を成功させられれば申し分ないでしょう。

 

ユーザーニーズの調査につながるから

競合サイトの調査をするとユーザーニーズについての情報を得られるのもメリットです。検索上位になっている競合サイトは綿密な市場調査をして、キーワードやコンテンツを厳選しています。その内容を細かく見ていくと、ユーザーが何を求めているのかがはっきりとしてきます。複数の競合サイトの共通点を見ると、大きな市場ニーズがあるポイントを導き出すことが可能です。

 

SEOではユーザーの検索意図に合わせたコンテンツを用意することが欠かせません。ニーズを把握する手段として競合サイトの比較をおこない、共通項を抜き出して自社のコンテンツに盛り込むのは賢いアプローチです。

 

競合サイトと比較すると良い調査項目

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOを目的として競合サイトを比較するときに、どんな項目の調査をしたら良いか迷うかもしれません。ここでは有益な情報を得られる比較項目をまとめました。それぞれの調査項目から何がわかるのかを確認しておきましょう。

 

ユーザーのアクセス数

ユーザーのアクセス数を比較すると優劣がはっきりとわかります。サイトにアクセスしたユーザー数を比較して競合サイトの方が多いなら、そのサイトの方がユーザーから望まれているものだと判断できるでしょう。これから自社サイトのSEO対策を改善するうえで参考にすべきかどうかを決める基準として重要な指標です。

 

ユーザーの滞在時間

滞在時間はユーザーにとってのサイトの魅力を反映しています。短い時間で離脱しているユーザーが少なく、じっくりとコンテンツを見ているユーザーが多いなら参考にすべきサイトなのは明らかでしょう。ユーザーの滞在時間の比較も、自社サイトのSEO対策を考える際に参考にできるサイトなのかを見極めるのに効果的です。

 

ユーザーの流入した経路

SEOの観点から参考にすべきかどうかを判断するのに重要なのが、ユーザーの流入経路の調査と比較です。アクセスしたユーザーが圧倒的な数だからといって、検索エンジンでの自然検索によって流入したユーザーが多いとは限りません。ウェブ広告やSNS、外部サイトなどからの流入が大半の場合もあります。競合調査をするときにはユーザーが流入した経路を調査して、自社サイトよりもSEO対策が優れているかを見定めるのが大切です。

 

使用しているSEOキーワード

SEOキーワードとして何を用いているかを比較するのもキーポイントです。自社サイトが使用しているキーワードと同じではない場合もあります。SEOキーワードとして設定したキーワード以外で検索上位を獲得することもしばしばあるからです。サイトのテキストを調査してSEOキーワードを抽出すると競合対策の方向性を決めやすくなります。

 

検索順位の変動状況

検索順位が変動しているかどうかを調査して比較するのもSEOに効果的な対策です。変動が大きい場合には他の競合サイトとの競争が激しい状況がありますが、ほぼ上位を維持しているなら圧倒的な地位を獲得していて乗り越えるのが難しい競合だとわかります。

 

検索順位の変動が大きい競合サイトは出し抜ける可能性があるので、積極的にコンテンツを充実させて上位を奪取すると良いと考えられます。しかし、順位変動がほとんどなくて上位を常にキープされている場合には上位に立つことは難しいでしょう。そのキーワードはあきらめて、他のキーワードでSEO対策を進めるのが合理的です。新たなキーワードでコンテンツ構築をする際には上位で変動していないサイトを参考にするとより良い仕上がりにできます。

 

競合調査の分析フレームワーク

出典:https://www.shutterstock.com

 

競合サイトの調査をしたら分析することで自社サイトのSEOに活かせるようになります。競合分析のフレームワークとして有用なのが3C分析とSWOT分析です。この2つを使いこなして競合サイトとの比較結果を活かしていきましょう。

 

3C分析

3C分析は顧客、競合、自社の3つを分析するフレームワークです。顧客の量や質を見極め、競合との位置関係を分析することで自社のポジションを見出します。ポジションに応じたキーワードの選定をすれば競合サイトを凌駕することが可能です。

 

▶︎3C分析について詳しくはこちら! 

 

SWOT分析

SWOT分析は強み、弱み、機会、脅威の4つの観点から分析するフレームワークです。競合サイトと比較して自社の強みや弱みが何かを考察します。また、競合の状況に基づいてSEOで上位を獲得できる機会を明確にしたり、上位になっても凌駕される脅威の存在を確認したりするのがSWOT分析です。強みを生かして機会を創出するアプローチでSEO対策をすれば大きな結果を生み出せます。

 

▶︎SWOT分析について詳しくはこちら!

 

競合との比較した結果を自社サイトのSEOに活かすコツ

競合サイトと比較してSEOを進めるには結果を生かすことが大切です。競合との比較をしただけではSEOによる検索順位の向上は見込めないでしょう。ここでは比較結果をSEOに活かすコツをご紹介します。

 

強みと機会を活かすロングテールキーワードを盛り込む

競合サイトとの比較をして分析をすると自社の強みや機会がわかります。この2つの角度からロングテールキーワードを選び出してコンテンツを作成するのがコツです。ロングテールキーワードは検索ボリュームは大きくないけれど、一定以上のユーザーが検索に使っているキーワードを指します。競合サイトにはなく、自社の強みを生かせるキーワードを見つけ出せれば明確な差別化が可能です。

 

ロングテールキーワードによるSEO対策で検索上位を獲得できると長期的なユーザー獲得ができます。ユーザーの検索意図とマッチしやすいため、コンバージョンも向上しやすいのもメリットです。競合サイトの比較を通して強みを見出し、積極的に対策をするSEOキーワードを導き出しましょう。

 

上位サイトの良いところは参考にする

検索上位に位置している競合サイトは必ずSEO的に優れているポイントがあります。上位サイトを積極的に参考にすることが、自社サイトのSEOを効率的に進めることにつながります。サイトの構造やディレクトリの階層設計などのテクニカルな部分だけでなく、コンテンツの構成や記事のボリュームなども参考になる点です。キーワードの選定の仕方や画像の使い方なども上位サイトに学ぶと評価の上がるサイトに改善できます。

 

ユーザーの動線の工夫や内部リンクの組み方も重要なポイントです。むやみやたらにCTAのリンクを設置したり、内部リンクをたくさん用意したりするのはユーザーエクスペリエンスを低下させる原因になります。検索エンジンからの評価が下がるリスクもあるので、適度なリンクの設置が必要です。上位サイトを参考にすれば検索順位を上げるのに適したバランスにすることができます。

 

コンテンツのオリジナリティを考える

SEOではユーザーにとって魅力のあるコンテンツを提供することが欠かせません。上位サイトの良いところを真似するのは効率的ですが、コピーコンテンツになってしまっては元も子もなくなります。コピーコンテンツと検索エンジンに見なされると評価が大きく下がり、検索順位が上がることはまずありません。

 

オリジナリティがあるコンテンツを維持することがSEOでは重要です。定期的に競合サイトの調査をして自社サイトと比較し、オリジナリティを盛り込むのが成功のコツです。

 

まとめ

SEOでは競合サイトとの比較をしながら進めていくのがおすすめです。競合サイトとの相対評価で検索順位が決まるので、差別化をしてよりユーザーにとって魅力のあるコンテンツを作り上げていくのが成功につながります。自社サイトの強みを明確にして、大きなユーザー獲得につながる機会を創出するには競合サイトとの比較が欠かせません。

 

比較結果を使えばSEO対策を効率的に進められます。競合調査を実施して分析し、その結果に基づいてSEO戦略を立てるのは大変です。自社で実施するのが難しいなら、ぜひ六次元にご相談ください。競合調査からSEO戦略の立案や実行まで幅広く対応していますのでご活用いただければ幸いです。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.