ECサイトのSEOで売り上げを伸ばす!成功のポイントは何?

rokujigen_writer

ECサイトで商品販売の売り上げを伸ばすにはSEO対策が効果的です。SEOはウェブマーケティングに欠かせない施策として注目されていますが、ECサイト運営でも本当に重要なのでしょうか。この記事ではECサイトとSEO対策の関係性を基礎から詳しく解説します。売り上げの向上を達成するためのポイントも紹介するのでぜひ参考にしてください。

ECサイトでSEO対策が欠かせない理由

出典:https://www.shutterstock.com

 

ECサイトの市場は拡大する一方で、BtoCビジネスにおける大きな基盤になっています。市場の伸びはとどまるところを知らず、ECを中心とするビジネスモデルも多くなりました。ECサイトの運営は店舗経営をしているかどうかにかかわらず、多くのユーザーにリーチして売り上げを伸ばす手段としての重要性が高まっています。

 

ECサイトの運営を成功させるためにはSEO対策を考えるのが大切です。検索エンジンでユーザーから自社サイトを見つけてもらうにはウェブ広告を出す方法もあります。しかし、広告を出すかどうかにかかわらず、ECサイトを起ち上げたらSEOを進めるのが重要です。ECサイトでSEOの必要性が高いのはなぜなのでしょうか。

 

ユーザーをECサイトに誘導するため

ECサイトを立ち上げたらユーザーにアクセスしてもらわなければ売り上げにつながることはありません。ECサイトは商品やサービスを販売するのを目的として運営するので、いかにして集客をするかを考える必要があります。SEOによってユーザーがキーワード検索したときにすぐに目に留めてもらえれば高い確率でサイト内に誘導できます。

 

商品を買いたい、サービスを利用したいと思って検索をしているユーザーがECサイトにアクセスしたら売り上げにつながる可能性が高いでしょう。購買意欲があるユーザーに効率的にリーチできるのはSEO対策が欠かせない大きな理由です。

 

広告コストがかからない集客手段だから

商品やサービス、ブランドなどのウェブ広告を出してECサイトへの集客を目指すこともできます。リスティング広告やディスプレイ広告だけでなく、SNS広告や動画広告なども活用できるようになり、幅広いターゲットを狙って集客に取り組める状況になりました。広告はすぐにユーザーの目に留まるので即効性があるのがメリットですが、コストがかさんでしまうのが問題点です。

 

SEO対策も各種施策を講じるためにコストがかかります。しかし、検索結果に表示されたリンクをユーザーが何度クリックしたとしてもコストは発生しません。広告の場合には施策を講じるコストに加えて、クリック数や表示回数などによってコストが発生します。広告コストの分は商品やサービスの価格に上乗せしなければならないこともあるかもしれません。

 

商品もサービスも高ければ高いほどユーザーは購入をためらう可能性が高く、競合があるときには他を選ばれてしまうこともあります。広告コストをかけずにECサイトに集客できる手段として魅力的なのがSEO対策です。

 

長期的な売り上げを獲得し続けるため

ECサイトではセールによって一時的な売り上げの向上を狙うときもありますが、基本的には継続的に一定以上の売り上げを獲得し続けるのが重要でしょう。SEO対策は長期的な売り上げを獲得できるECサイトにするための施策として優れているので、ECサイトの運営には欠かせません。

 

SEOを進めていけば、関連キーワードで検索したユーザーの目に留まる機会が頻繁にあります。ブランディング効果が大きく、ユーザーの潜在意識に自社ブランドが刷り込まれていくのがメリットです。また、SEOによって検索上位を獲得し、ユーザーがクリックして購入する流れができると当面は安定的にECサイトの売り上げが出ます。検索エンジンからのECサイトの評価も高くなり、上位表示を維持できる可能性も高くなるのが魅力です。安心感のある集客体制を整えられる点でECサイトのSEOはメリットが大きい施策です。

 

さまざまなマーケティングとリンクさせられるから

SEO対策はさまざまなマーケティングのアプローチとリンクさせられる点でも重要です。単純に商品やサービスの説明文についてSEO対策をするだけでも集客力は上がるでしょう。しかし、オウンドメディアを運営したり、ECサイトに特集記事を定期的に掲載したりすればさらに幅広いターゲットをECサイトに誘導できます。このようなウェブマーケティング手法とリンクさせて効果的な集客をおこなえるのがSEO対策の特長です。

 

オウンドメディアや特集記事の内容がユーザーにとって魅力が大きかったら、買おうかどうしようかと迷っていた場合にもECサイトでの購入を決断するでしょう。自社の商品やサービスの魅力をアピールするコンテンツを作成しつつ、SEO対策を盛り込むことで効率的に売り上げを伸ばせます。商品やサービスの宣伝広告も兼ねて、コストパフォーマンスの高いマーケティングを進められる点でも優れているのがSEO対策です。

 

ECサイトのSEOを構成する3つの要素

出典:https://www.shutterstock.com

 

ECサイトのSEO対策には3つの構成要素があります。一般的なウェブサイトのSEO対策でも掲げられている内部対策、外部対策、コンテンツ対策の3つです。ただ、ECサイトを運営するときには商品やサービスの購買意欲があるユーザーをターゲットにするため、情報を知りたいと思っているユーザーを狙うときとは考え方が少し異なります。ECサイトのSEOでそれぞれの要素がどのような位置付けになるかをチェックしておきましょう。

 

内部対策

ECサイトにおけるSEOの内部対策は一般的なウェブサイトでの対策と共通する部分がほとんどです。ECサイトでもディスクリプションを作成したり、モバイルフレンドリーにしたり、XMLサイトマップを用意して登録したりする施策が重要な意味を持ちます。また、ユーザーの快適さを重視してページの表示速度を高い水準で維持することや、SSL化してセキュリティも重視することも欠かせない対策です。内部リンクもサイトナビゲーションやパンくずリストなどを使って整えましょう。

 

ECサイトで特に重要な内部対策はカテゴリ構造の最適化、重複コンテンツへの配慮、販売終了や商品在庫の考慮です。取り扱っている商品のカテゴリをサブカテゴリに分け、さらに特徴や性質などによって区分するのが効果的でしょう。2階層か3階層くらいでまとめるとユーザビリティもクローラビリティも高くなります。

 

ECサイトでは類似性の高い商品やサービスを販売していると似通ったページばかりになって、重複コンテンツとして検索エンジンに認識されるリスクがあります。商品のカラーやサイズなどで別々のページにしたり、大手ECモールに同じ商品を登録していたりすると重複コンテンツと見なされがちです。個々のページがユーザーにとって違う価値を持つように作り上げるSEO対策は検索上位を目指すうえでは欠かせません。

 

商品を販売終了にするときや、在庫がなくなったときに対応することもSEO対策として重要です。ユーザーがアクセスしたのに商品を買えないのではストレスになるでしょう。「robots.txt」を用意して検索エンジンのクローラーが来ないようにするのが一般的な対策です。また、再販予定がある場合にはいつの販売か、予約販売を受け付けているかを記述するのも効果があります。類似商品を紹介するという方法もあるので対策をしてユーザーの満足度を高めましょう。

 

外部対策

ECサイトでのSEOの外部対策も一般的なウェブサイトとあまり大きな違いはありません。外部からの被リンクやサイテーションの獲得が大きな課題になります。ECサイトの運営の場合には、公的機関などのはっきりとした権威性のあるサイトからの被リンクを受けられることはあまりありません。購入したユーザーによって特定の商品やサービスが話題になることを期待するのが合理的です。

 

外部対策としては被リンクを積極的に獲得するのではなく、自然に生み出されるのを待ちましょう。SNSで話題にされると大きな効果が得られるので、オフィシャルアカウントを作成してTwitterやFacebook、Instagramなどで情報発信をするのがおすすめです。ECサイトにSNSボタンを設置してサイテーションの獲得を目指すのも効果的でしょう。

 

コンテンツ対策

SEOの構成要素としてECサイトで特に重要なのがコンテンツ対策です。ECサイトのSEOではコンテンツマーケティングをどのようにしておこなうかによって成功の可否が分かれます。コンテンツ対策はECサイトを構成している商品ページや特集ページはもちろんのこと、関連するオウンドメディアやブログなども含みます。ECサイトへの集客を目指して運営するあらゆるコンテンツに統一性のある対策をするのが重要です。

 

基本的な考え方としてはユーザビリティとクローラビリティを両立させる仕上がりにすればSEO対策として効果が上がると言っても良いでしょう。さらにユーザーの満足度を重視して品質の高いコンテンツを提供すれば自然に検索上位に表示されるようになります。Googleではユーザーを重視する傾向が顕著に強まっているので、キーワードと検索意図の関係を意識するとECサイトに適した対策が可能です。

 

コンテンツ対策のテクニカルな部分ではURLをアルファベットで短く作ったり、タイトルや見出しにキーワードを盛り込んだり、クローラーが認識しやすい画像にしてalt属性を設定したりするのが典型的です。ECサイトでは商品画像を使うことが多いですが、クローラーが類似画像だと認識してしまうと評価が下がります。それぞれの画像に対してalt属性を設定しておくことで対策可能なので忘れないようにしましょう。

 

コンテンツ対策によるSEOを成功させるポイント

出典:https://www.shutterstock.com

 

ECサイトのSEOでは内部対策や外部対策の基本的なところを押さえたうえで、コンテンツ対策を徹底しておこなっていくのが成功につながります。SEO対策は一時的に売り上げを伸ばすためのものではなく、長期的な売り上げを手にするのに適している方法です。ECサイトのSEOを成功させるにはどのようなコンテンツ対策をすると良いのでしょうか。ここではECサイトのコンテンツ対策で欠かせないポイントをご紹介します。

 

ロングテールキーワードを選ぶ

SEO対策ではキーワードの選定がカギで、ECサイトも例外ではありません。SEOキーワードを選ぶときにはビッグキーワードを狙いがちですが、ECサイトではニッチを狙ってロングテールキーワードを選ぶと売り上げにつながりやすくなります。ロングテールキーワードは検索ボリュームが小さくても、確かにユーザーから検索されているキーワードです。特定の商品やサービスに絞り込みたいと考えているユーザーをターゲットにできるので、コンバージョンが上がりやすい魅力があります。

 

▶︎ロングテールキーワードについて詳しくはこちら

 

購買意欲の高さとリンクするキーワードを厳選する

ECサイトでは商品やサービスを買ってもらうのが大命題です。購買意欲の高さを重視してキーワードを厳選するのもSEOの成功につながります。情報収集ではなく、購入を意識しているユーザーの検索意図を汲むのがポイントです。

 

例えば、「おすすめ アクセサリー」という検索キーワードでは情報収集をしているユーザーが多いでしょう。しかし、「ギフト おすすめ アクセサリー」とするとどうでしょうか。ギフトとしてアクセサリーを贈りたいと思っているユーザーにヒットするキーワードの組み合わせになります。誕生日や昇進などのお祝いにギフトを買おうとしているユーザーのアクセスを見込めるのでコンバージョン率がさらに上がるでしょう。

 

競合調査をしてキーワードを検討する

ECサイトのSEOでとても重要なのが競合調査です。SEO対策はECサイトを持っているかどうかにかかわらず、ウェブマーケティングをしている企業なら積極的におこなっていることが多くなりました。競合する商品やサービスがある場合には、特定のキーワードで大きなシェアを獲得されてしまっていて追従が難しいこともあります。

 

SEOによる集客ではいかに高い検索順位を獲得するかが大きな課題です。1位か2位を獲得できれば高いクリック率を獲得できます。しかし、検索順位が下がるとクリック率が低くなり、10位未満になってしまうとあまり大きな効果は期待できません。ECサイトの競合があるときには特に切実な問題で、コンバージョンにも大きな影響があります。競合調査をして差別化を意識したキーワード選定をするのが成功につながるポイントです。

 

明確な動線設計をする

ECサイトのSEOではユーザビリティを重視した動線設計をするのが成功のコツです。ユーザーが情報検索をしてECサイトにアクセスしたとしても、コンバージョンに至らないこともあります。特にオウンドメディアや特集ページを使ってSEO対策をしたときには、商品やサービスへの動線を明確にしないと売り上げにはなりません。ユーザビリティに直結する重要なポイントなので、興味を持ったユーザーがすぐに購入できるようにデザインしましょう。

 

継続的なコンテンツの追加やリライトを進める

ECサイトのSEOにおけるコンテンツ対策では継続的な情報の追加やリライトが欠かせません。商品やサービスのページを作ったり、紹介のメディア記事を作成したりすると、ずっとそのままにしてしまうのではないでしょうか。しかし、更新されていないページは検索エンジンからの評価が下がる可能性があります。ユーザーにとって新鮮で魅力的な情報があるページではないと判断されてしまうからです。

 

継続的にコンテンツを追加していき、商品やサービスの情報についてリライトしていくのがECサイトのSEOを成功させるポイントです。特にオウンドメディアを運営してECサイトへの集客を図るときにはコンテンツの充実と品質の向上は欠かせません。定期的にコンテンツを見直して、コンバージョンにつながるページを作り上げていくのが肝心です。商品情報は更新が難しいと思うかもしれませんが、ユーザーの声を盛り込むなどの工夫をすれば新鮮さを保ち続けることができます。

 

まとめ

ECサイトにユーザーを誘導して売り上げを増やしていくにはSEO対策が効果を発揮することをご理解いただけたでしょうか。商品やサービスを売って利益を出すのがECサイトを運営する目的です。SEOによってECサイトに自然にアクセスしてくれるユーザーを増やせれば、広告のようにコストをかけることなく長期的な売り上げの向上を見込めます。

 

SEO対策の基本は内部対策、外部対策、コンテンツ対策の3つで、ECサイトならではの考え方を持って施策を講じる必要がある点もあります。コンテンツ対策は特に成功に大きな影響を与えることに加え、長期的な取り組みを続ける必要があるSEOです。最初はすぐに効果が出なくて悩むこともありますが、長い視野で取り組むとECサイトでの安定した売り上げの獲得につながります。

 

六次元ではSEO対策のプロとしてECサイトの売り上げ向上にも貢献しています。内部対策や外部対策だけでなく、長期的なコンテンツ対策にも対応していますので、ECサイトのSEO対策の際にはぜひご相談ください。

 

▶︎ECサイトの集客を増やす方法|リスティングやSEOについて詳しくはこちら

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.