ロングテールキーワードとは?検索上位の獲得につながる選び方のコツ

rokujigen_writer

Google検索などの検索エンジンで上位を獲得するにはSEOを意識したキーワードの選び方が重要です。ロングテールキーワードを厳選すると上位を狙えると聞いて興味を持っている方もいるでしょう。この記事ではロングテールキーワードとは何かをわかりやすく解説した上で、検索上位の獲得につながる選び方のコツをご紹介します。

ロングテールキーワードとは

出典:https://www.shutterstock.com

 

検索エンジン最適化(SEO)ではユーザーに合わせたSEOキーワードを盛り込むのが大切です。ロングテールキーワードはSEOで重要なキーワードと言われていますが、どのような特徴があるキーワードなのでしょうか。

 

検索ボリュームが少ないけれどよく検索されている

ロングテールキーワードは検索エンジンでユーザーが使用しているキーワードの中で、検索ボリュームがあまり多くはないけれど検索されているものを指します。ロングテールキーワードに世界共通の定義があるわけではないですが、ビッグキーワードに該当しないけれどニーズがあってユーザーから検索エンジンでよく使われているキーワードです。

 

ロングテールとは「Long-tail」のカタカナ語で、「tail=尻尾」が「long=長い」という意味があります。SEO対策では重要なSEOキーワードを検索クエリなどから調査して選定するのがよくある方法です。さまざまなキーワードの検索ボリュームをグラフにして視覚化し、よく検索されているキーワードを抽出するのが典型的なアプローチになっています。

 

このグラフで検索ボリュームが大きいキーワードを左から順にソートすると、検索ボリュームが小さいけれど無視できないくらいの数はあるキーワードがずっと右の方に並んでいきます。この長い尻尾に見える部分のキーワードがロングテールキーワードです。

 

SEOキーワードとして複数の組み合わせで使われる

SEOではロングテールキーワードは一般的に複数の組み合わせにして活用されます。ビッグキーワードと呼ばれる検索ボリュームが大きいキーワードに、ミドルキーワードやスモールキーワードと呼ばれる検索ボリュームが小さいキーワードを組み合わせるのが基本アプローチです。ロングテールキーワードはミドルキーワードとスモールキーワードの両方を指すこともありますが、定義が明確ではないのでスモールキーワードだけを指すこともあります。

 

ロングテールキーワードは主に絞り込みに使われているのが特徴です。「レストラン」をビッグキーワードとして「横浜」や「和食」などのロングテールキーワードとする「レストラン 横浜」「レストラン 和食」の組み合わせで検索すると情報を絞り込むことができます。「レストラン 横浜 和食」といった三つのキーワードを組み合わせて検索するユーザーもいるでしょう。

 

このような形でユーザーが自分自身のニーズに合わせてキーワードを追加するときに登場することが多いのがロングテールキーワードです。検索ボリュームは少なくても、ロングテールキーワードを組み合わせて検索したときに上位表示されたページはニーズにマッチするコンテンツだと期待してもらえます。そのため、ロングテールキーワードを適切に盛り込むとコンバージョン率が上がりやすいのが魅力です。

 

選び方の自由度が高い点が注目されている

ロングテールキーワードがSEOで注目されているのは、コンバージョンにつながるユーザーを獲得しやすいことだけが理由ではありません。ロングテールキーワードはビッグキーワードに比べて数が多く、複数の組み合わせにすることもできます。選び方の自由度が高く、商品やサービスの性質や想定するターゲットに応じたキーワードを使ってSEOを推進できるのが魅力です。

 

選び方によって検索上位に表示する難易度や期待できるアクセス数も大きく変化します。ロングテールキーワードとしてニッチキーワードを選び出すと競合サイトが多かったとしても、的確にユーザーを獲得できるチャンスを得られるのも特徴です。選び方の自由度が高く、SEO戦略に盛り込むと効果を上げやすいことからロングテールキーワードの注目度が高まっています。

 

ロングテールキーワードに着目するSEOのメリット

出典:https://www.shutterstock.com

 

ロングテールキーワードでSEO対策を進める方法はメリットが大きいことから注目されています。ビッグキーワードだけに着目するのに比べるとどのような魅力があるのかを確認しておきましょう。

 

キーワードを適切に選ぶと上位に表示される可能性が高い

ロングテールキーワードは適切な選び方をすれば上位表示される可能性が高いのがメリットです。検索ボリュームが大きいビッグキーワードは広い目的で検索に使われるため、検索上位を獲得するのは容易ではありません。しかし、上位サイトには関連しないロングテールキーワードを使ってSEOをすれば上位を獲得できるチャンスを得られます。

 

ビッグキーワードの上位表示にも貢献する

ロングテールキーワードは長期的な視点ではビッグキーワードの上位表示にも貢献してくれる魅力があります。ロングテールキーワードによって検索上位を獲得し、ユーザーにアクセスしてもらえるようになるとドメインパワーが強くなります。するとユーザーから選ばれている信頼性のあるサイトだと認められ、ビッグキーワードでの検索でもランキングが上がっていくのが一般的です。

 

▼検索順位で上位になるためには?この記事をチェック!
https://rokujigen.co.jp/6plus/1619/

 

選び方によってターゲッティングに活用できる

サイトへの集客ではターゲティングが重要になります。ロングテールキーワードは選び方によってターゲットを厳選できるのがメリットです。男性をターゲットとしているサービスを提供しているのに、女性からのアクセスばかりではコンバージョンが上がらない問題が生じます。しかし、「男性向け」「メンズ」などのキーワードが検索されているならロングテールキーワードとして盛り込むことで男性をターゲットにするコンテンツで効果を上げることが可能です。

 

競合サイトとの差別化の役に立つ

SEOキーワードの選び方としてロングテールキーワードを積極的に取り入れていくと競合サイトとの差別化が容易になります。SEOでは自社や競合他社のサイトや商材を徹底的に分析するのが大切です。そして、ユーザーに自社を選んでもらえるようにすることでSEOを通してマーケティングの成果を得られます。

 

ロングテールキーワードを重視してSEOキーワードを決めることで、自社の特徴や強みを生かせるユーザーから発見されやすくなります。自社にしかできない魅力をユーザーに提供できるなら、その関連キーワードを組み合わせると競合サイトがあっても問題がありません。

 

サイトに誘導できれば成果につながりやすい

SEO対策でロングテールキーワードが着目されているのはコンバージョンに直結するからです。SEOを実施してサイトに誘導できたら、売上につなげたいと考えるでしょう。アクセスしたユーザーがコンテンツをくまなく見てくれて、商材の購入や問い合わせをしてくれたら成果になります。

 

ロングテールキーワードによるSEOはサイトに誘導できたら成果につながりやすいのが魅力です。ユーザーが検索候補を絞り込むために入力したキーワードのすべてに該当するコンテンツを提供できるからです。アクセスしたユーザーの満足度も高くなりやすいため、商材の購入だけでなくブランディングなどの目的でのSEOのとき効果が大きくなります。

 

ロングテールキーワードをSEOに使うデメリット

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOの際にロングテールキーワードに着目するのにはデメリットもあります。ロングテールキーワードの選び方が特に肝心なので、キーワード選定を誤ったときにどのようなデメリットが生じるかも理解しておきましょう。

 

上位表示されるまでに時間がかかる

ロングテールキーワードは選び方によらず、一般的なSEOと同じで上位表示されるまでにかかる時間が長いのはデメリットです。Googleなどの検索エンジンにページがインデックスされて、さらに高い評価を得て検索上位になるまでには数か月かかります。ロングテールキーワードの選び方が優れていたとしても数日後に上位に躍り出るようなことはほとんどないため、長期的にロングテールキーワードの選定やSEOに取り組まなければなりません。

 

ニッチを狙うので大量アクセスの期待は小さい

ロングテールキーワードはニッチを狙う選び方をするのが定石です。ビッグキーワードと違ってあまり検索されていないのは、ロングテールキーワードに関連する情報を求めているユーザーが少ないからに他なりません。月間で何万回も検索されているキーワードに比べると、1000回に満たないようなロングテールキーワードでは集客力が劣ります。大量アクセスを期待することはあまりできないのがロングテールキーワードによるSEOのデメリットです。

 

SEOキーワードの選び方によっては効果が上がらない

ロングテールキーワードは選び方を誤ると効果が上がりません。ビッグキーワードと違って検索ボリュームが少ないため、SEOに成功してもアクセスしてくれるユーザーは少なめです。コンバージョン率が高ければ効果が出ますが、サイトにアクセスしたユーザーが欲しい情報を見つけられなかったら離脱してしまうでしょう。ニッチを狙うのがロングテールキーワードの基本なので、ユーザーの意図を少し外してしまうだけでコンバージョン率が下がります。

 

ロングテールキーワードの選び方のコツ

出典:https://www.shutterstock.com

 

ロングテールキーワードを活用してSEOをするときにはロングテールキーワードの選び方が重要になります。コンバージョンにつながるユーザーを獲得し、競合サイトとの競争力も付けられるようにするのが理想的な選び方でしょう。ここではロングテールキーワードの選び方のコツをご紹介します。

 

ツールでSEOキーワードを網羅的にチェックするのが選び方の基本

ロングテールキーワードの選び方の基本は有用なツールから情報を得ることです。ビッグキーワードにこだわらずに関連するSEOキーワードを網羅的にチェックしましょう。Google検索でサジェストされるキーワードはロングテールキーワードの魅力的な候補です。ユーザーはGoogleからサジェストされたキーワードの組み合わせでの検索をクリックするだけで実行できるからです。

 

ロングテールキーワードを検索クエリに基づいて調査するにはGoogleアナリティクスやGoogleキーワードプランナーも役に立ちます。他にもGoogle公式のGoogleトレンドなどでロングテールキーワードの情報調査をおこなえますが、民間サービスによるキーワード調査も可能です。ラッコキーワードなどの無料ツールに加えて、SEO用の有料ツールもたくさんあります。適切なロングテールキーワードを選ぶには情報量が必要なので徹底的に調査しましょう。

 

ユーザーの検索意図に応じた選び方が大切

ロングテールキーワードの選び方のポイントはビッグキーワードとは違います。ビッグキーワードは検索ボリュームに基づいて決めるのが定石です。しかし、ロングテールキーワードの場合には複数のキーワードを組み合わせて情報を絞り込みたいユーザーの検索意図を汲む選び方が重要になります。

 

サイトにユーザーにアクセスしてもらう目的が何かを明確にして、検索意図との相同性を考えるのが効果的です。キーワードの持つ意味を考えて、自社の商材を求めているユーザーを探し出すとロングテールキーワードの選び方で成功できます。製品やサービスの内容と照らし合わせて、このキーワードで検索しているユーザーが自社の商材で満足すると客観的に言えるロングテールキーワードを選び出しましょう。

 

地域キーワードのように限定力があるキーワードの選び方が有効

限定力があるロングテールキーワードを選ぶのも有効な方法です。自社と競合他社で商材やサイトを比較したときに、差別化できるポイントを探すと効果的なロングテールキーワードの選び方が見えてきます。

 

典型的なのは地域キーワードです。「横浜」というロングテールキーワードを加えるだけで、東京や大阪などでサービスを探しているユーザーを除外し、横浜でサービスを探しているユーザーだけをターゲットにできます。地域が狭くなるほど限定力が上がり、ターゲットは狭くなるものの検索上位を狙いやすくなります。ユーザーの検索意図も重視しながら、ニッチな限定キーワードを狙うのは賢い選び方です。

 

まとめ

SEOによってユーザーアクセスを増やそうとするときにはキーワードの選び方が重要です。検索ボリュームが大きいビッグキーワードを狙うのは常套手段ですが、巨大サイトがあってビッグキーワードだけでは太刀打ちできないケースが増えてきました。ロングテールキーワードはこのようなときでも検索上位にスムーズに躍り出ることができる魅力があります。

 

ロングテールキーワードはビッグキーワードと違って無数にあります。ロングテールキーワードの組み合わせ方によってユーザーの検索意図も変わるので、どのような解釈が可能かを慎重に考えてコンテンツの作成を進めることが必要です。ロングテールキーワードの選び方を誤ると効果が上がらないこともあります。しかし、自社の強みや特徴に合わせてロングテールキーワードを選べば高いコンバージョン率が達成されるでしょう。

 

六次元ではプロとしてロングテールキーワードを最大限に活用したSEO対策を進めることができます。SEOをする目的やコンバージョン数、期待するターゲット層などを考慮した適切なキーワードの選定ができます。SEOはユーザーの期待に応えると同時に、価値ある商品やサービスを的確に探してもらえるようにする企業様のための施策でもあります。ロングテールキーワードの選び方や使い方でお悩みの際にはぜひ弊社にご連絡ください。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.