Google検索で上位になる!基本から上位表示の対策までご紹介

rokujigen_writer

目次

Google検索でトップを獲得するのはSEO対策における大きな目標です。検索エンジンで上位表示されるホームページを構築できると運営する意味がとても大きくなります。上位になるには何をしたら良いのでしょうか。この記事では検索エンジンの中でもトップシェアを誇るGoogle検索を取り上げて、検索結果で上位表示されるための基本から対策手段まで詳しく解説いたします。

検索エンジンで上位を目指すための基礎

出典:https://www.shutterstock.com

 

ウェブサイトの活用が積極的に推進される時代になり、ホームページを検索エンジンで上位に表示させるためのSEO対策が活発におこなわれています。検索上位になるにはどうしたら良いかを理解するにあたって、まずはGoogle検索に着目して背景や基礎を知っておきましょう。

 

▼SEOについての記事をチェック
https://rokujigen.co.jp/6plus/1571/

 

Google検索のシェアの魅力

Google検索は検索エンジンの中でもトップシェアを占め、世界中の多数のユーザーが情報検索に使用しています。検索エンジンはユーザーが商品やサービス、あるいは身近な話題やニュースなどを探したいと思ったときにキーワードで検索できるサービスです。日本ではGoogle、Yahoo!、bingが主に用いられていますが、Google検索が全体の4分の1ほどを占めています。

 

検索エンジンによってどのページが検索対象になるか、検索上位に表示されるページがどれかは異なります。SEO対策ではGoogle検索に適した施策を講じるのが一般的です。その理由はシェアが広く、上位を獲得するとより多くのユーザーにリーチできるチャンスをものにできるからに他なりません。

 

Google検索の重要性

上位表示対策をする際にはGoogle検索に特化したSEOが選ばれるのが通例です。他にも検索エンジンがあって使われていないわけではなく、さらに検索エンジンの種類にユーザーの傾向は異なります。なぜGoogle検索への対策の重要性が高いと考えられているのでしょうか。

 

第二シェアを誇るYahoo! と比較すると、Googleはユーザー年齢が低く若い世代を狙いやすいのが特徴です。ビジネスでの検索利用に活発に用いられているのもGoogle検索の特色としてよく着目されています。男性の利用が多いとよく言われていますが、女性の利用も少ないわけではないので幅広い若年層にリーチ可能なサーチエンジンです。

 

Yahoo!検索はシニア世代による利用が多く、プライベートシーンで使われる傾向が強いのが特徴です。男女比ではYahoo!検索では女性比率が高いのが特徴で、専業主婦をターゲットにするときにはYahoo!も考慮した方が良いと考えられています。

 

このような背景があることからGoogle検索を重視してSEO施策を進めると広いマーケティング効果を期待できます。実際にはYahoo!やbingも考慮しながらSEOを実施し、あらゆる検索エンジンで上位表示されるのが理想的です。しかし、施策の複雑さが増すことからGoogle検索に特化して対策を練るのが一般的になっています。

 

ホームページが上位表示される魅力

Google検索で検索順位のトップを目指すのは表示される順位が高いほどクリック率が高いからです。ホームページが検索エンジンで上位を獲得するとさまざまなメリットが生まれます。

 

統計的に検索順位とクリック率の相関があることが知られています。ユーザーが検索したときに最初の方にサイト名やディスクリプションが表示されると見てもらえるチャンスが増えるでしょう。サーチエンジンでキーワード検索をすると、キーワードと関連性が深いページが上位に表示されることもユーザーはよく理解しています。そのため、上位表示されると検索エンジン経由の自然なアクセスが増えるのが魅力です。

 

検索エンジンでキーワードサーチをしているユーザーは検索意図を持っています。何かやりたいことや解決したいことがあるため、アクセスしたページで解決策を提案されたら採用したいと思う可能性が高いでしょう。そのため、自然検索による流入ではコンバージョン率が高くなるメリットがあります。

 

さらに、上位表示されてクリックされなかったとしても、サイト名やディスクリプションを読んでもらえるチャンスが増えます。ユーザーへの認知度を高める上でも優れている方法です。このような魅力が溢れていることからGoogle検索に対策をして上位表示を目指す取り組みが活発になっています。

 

Google検索の順位の仕組み

Google検索のキーワード検索でトップを目指すためには、基礎知識として順位決定の仕組みを押さえておくのが大切です。検索エンジンではクロール・インデックス・ランキングという3つのステップによって順位が決まります。クロール・インデックス・ランキングは日本語にすると巡回・格納・順位付けという意味です。

 

Google検索ではクローラーと呼ばれるホームページをインターネット上から探し出すロボットを設けています。新しいサイトやアップデートされたページを巡回して確認していくのがクロールです。無限大とも言えるインターネット上を全て巡回するのは至難の業なので、クローラーは独自のアルゴリズムで効率的に新規サイトも更新サイトも見つけられるようにしています。各サイトのリンクを使用してたどるのが典型的な方法です。

 

クローラーが発見した新しい情報はデータベース上に格納されます。このプロセスがインデックスで、インデックスされることで検索結果に表示される対象になります。クロールをした時点でキーワードや更新日時などのさまざまな情報を取得してラベリング登録されるのが特徴です。

 

インデックスされたページはランキングの処理を受けて検索順位が決定されます。検索エンジンでは独自アルゴリズムを使用して評価をしているため、同じページでも順位は変わるのが一般的です。Google検索では検索キーワードに応じてどのような順位で表示するかを他のサイトとの比較によって決めています。

 

検索で上位表示を目指すメリットとは

Google検索などの検索エンジンで上位表示を目指すとどのようなメリットがあるのでしょうか。費用対効果の高い結果が得られるのかどうかを詳しく確認しておきましょう。

認知度が向上する

メリットのひとつとして、検索上位を目指すとサイトやブランドの認知度が向上することがあげられます。検索上位に表示されるようになると、まず目に飛び込んでくるのはサイト名やタイトル、ディスクリプションです。他のサイトと比較してどこにアクセスするかを検討するときに、上位に表示されたサイトから順番に見ていくのが一般的です。そのため、検索上位に表示されていると多くのユーザーに認知してもらえます。

また、興味関心のある事柄について関連キーワードで何度も検索するユーザーもたくさんいます。複数の関連キーワードで検索上位を獲得できると知名度が上がりやすくなるのも魅力です。

アクセスが増加する

検索結果の上位に表示されるとサイトやページへのアクセスが増加します。特に上位2つか3つに含まれるとユーザーがクリックする確率が高いことが知られています。検索の順位とクリック率には相関があるので、高い順位を目指すとサイト流入が飛躍的に増えるとされています。キーワード検索をしているユーザーは関連する内容に対して興味関心を持っています。ユーザーが何を求めているかを考えてタイトルやディスクリプションを整えることでアクセス数をさらに増やすことも可能です。

コンバージョンの増加につながる

サイトへのアクセスが増えればコンバージョンも増加します。商品の購入やお問い合わせの件数が増えるのもメリットですが、コンバージョン率も高くなるのが大きな魅力です。検索エンジンからの流入では、サイトに関連性のあるキーワードで検索したユーザーが厳選されます。コンバージョンに直結しやすいキーワードで検索上位を獲得することで、コンバージョン率の向上も目指すことが可能です。

長期的な集客手段になる

検索上位を獲得すると長期的な集客手段として活かしていくことができます。上位を獲得するとユーザーがクリックするケースが増えます。また、安定して上位表示されているとアクセスするユーザーが多くなっていきます。SNSでサイテーションされたり、ブログなどの他サイトから被リンクを獲得できたりするチャンスも多くなります。すると検索エンジンの評価も上がって、さらに上位に表示されやすくなるのが特徴です。長期的に低コストで集客できる方法なので検索上位を目指すケースが増加しています。

潜在層にアプローチできる

上位表示されるサイトやページは潜在層にアプローチできるのがメリットです。検索キーワードを通して認知してもらえるチャンスがあるだけでなく、ディスクリプションやサイトコンテンツによって潜在層を顕在層に変えられる可能性があります。

検索結果のディスクリプションで「こんな悩みはありませんか?」と問いかけたり、「こんなメリットがある商品だ」とアピールしたりすることでアクセスを促せます。そして、興味を持ったユーザーにコンテンツを通して魅力を伝えていき、商品購入につなげるというストーリーを作ることが可能です。検索上位になると購入への流れを作ってマーケティングをしやすくなるのがメリットです。

 

Google検索で上位になるための必要事項

出典:https://www.shutterstock.com

 

適切な対策をしてGoogle検索で上位になるには基礎を理解しただけでは十分ではありません。ランキングのステップで高い評価を獲得してもらえるように工夫をする必要があります。具体的な対策方法に踏み込む前に、Google検索で上位表示を目指すための必要事項をチェックしておきましょう。

 

Googleの価値基準を把握する

検索結果で上位になるには検索エンジンの価値基準に合わせた対策を講じることが重要です。Google検索で上位表示されるにはGoogleがどのようなコンセプトで検索サービスを提供しているかを把握することが必要です。

 

Google検索は「10の事実」を掲げて、ホームページを制作・運営するうえでの基本コンセプトを発信しています。そのトップに挙げられているのがユーザーの利便性です。Googleのサービスでは常にユーザーを意識しています。ユーザーの立場や考え方を汲み取ってサービスの考案・改善を進めてきています。

 

インターネット上に存在する情報を見つけ出すためのサービスであるGoogle検索は、ビジネスかプライベートかにかかわらず、幅広いユーザーが利用します。検索をかけたユーザーが求めているサイトがトップに表示されて、そのサイトにアクセスすれば希望を叶えられるのが理想です。

 

そのため、Googleでは焦点をユーザーに当てて、各サイトのユーザーの立場を理解して的確な作り方をしているページを上位表示させようと努力を重ねてきています。小手先の技術で上位を狙うよりも、Googleの価値基準を踏まえてユーザーの重視した対策を講じていくのが重要なポイントです。

 

検索アルゴリズムを重視する

Google検索は独自の価値基準を重視してランキングできるようにするために、活発なアップデートを繰り返しながら検索アルゴリズムを整備してきています。検索アルゴリズムもむやみやたらにアップデートしているわけではなく、一定の方向性を定めて改善が進められてきました。Googleの検索アルゴリズムの基本はユーザー視点で検索結果表示の品質を向上させることです。

 

ユーザビリティを重視して、ユーザーの検索意図を汲み取って価値のあるページを上位表示させるように工夫を凝らしてきています。コンテンツがユーザーの意図に合っているかどうかを品質や文脈、関連性を軸とした多角的な視点で総合評価する高度なアルゴリズムを独自に作り上げてきているのがGoogle検索です。時勢に合わせてアップデートすることで、いつもユーザーが満足する検索結果を表示できるように努力を重ねています。

 

検索アルゴリズムがアップデートされると上位表示されていたページの順位が大幅に下がることも稀ではありません。ユーザーにとって本当の価値があるサイトを上位表示するアルゴリズムを取り入れた結果、テクニカルSEOで上位を獲得していたページの順位が下がるのが典型的なパターンです。品質の高いコンテンツを提供することで上位を目指せることは基本として押さえておきましょう。

▼コンテンツSEOについての​​記事をチェック
https://rokujigen.co.jp/6plus/1583/

 

E-A-Tの品質評価の基準を正しく理解する

ユーザーの視点で見て品質が高いページの評価を上げるのがGoogle検索のアルゴリズムの基本です。Googleの持っている方向性に則ってウェブサイトの制作や運用を進めていくことで、最終的には安定して上位表示を獲得できるようになります。この方針でSEOを進めて検索上位に表示されるページを作り上げるためには、指針となる「E-A-T」について正しく理解することが必要です。

 

「E-A-T」とはGoogleが掲げている品質評価基準です。3つのアルファベットが重要キーワードの頭文字に相当しています。専門性と同義の「Expertise」、権威性と訳される「Authoritativeness」、そして信頼性を意味する「TrustWorthiness」が「E-A-T」です。集約すればユーザーにとって確かな価値があるコンテンツを配信することを意味しますが、3つの要素に分けることで具体的に何を考えれば良いかがわかりやすくなっています。

 

専門的な内容で他にはない詳しい情報がわかりやすく書かれているコンテンツはユーザーにとって「知らなかったことがわかる」魅力があります。その情報が公的機関やメディアサイトの発信した記事に基づいていれば、確かなら裏付けがあるのでユーザーが正しい情報だと判断できるでしょう。このような権威に基づく情報や、根拠がある情報を頻繁に発信しているとユーザーからの信用を獲得できます。

 

当たり前のように専門・権威・信頼の3本柱を立てたコンテンツを配信し続けるのは簡単なことではありません。Google検索ではユーザー視点で期待されているポイントを3つの単語にまとめて評価基準として公表することで、サイト構築の際に指針として用いるように促しています。

 

上位表示を狙うためのホームページ制作・運用のポイント

出典:https://www.shutterstock.com

 

Google検索でトップを目指すためのSEOを進めていくには具体的に何をしたら良いのでしょうか。ここでは上位表示を狙うための施策について、ホームページを制作する段階から運用するステージに入ったときまで幅広く活かせるポイントをご紹介します。

 

クローラビリティの高い構成にしてGoogleに見つけてもらう

Google検索でユーザーの検索結果に表示されるためには、まずクロールのステップで発見してもらうことが必須です。クローラビリティの高い構成にしてGoogleのクローラーに見つけてもらいやすくしましょう。

 

URLの正規化やXMLサイトマップの構築などのテクニカルな内部対策もできますが、権威のあるサイトから被リンクを受ける外部対策も有効です。サイト自体がインデックスされている際にはサイト内の内部リンクを設置するのも新しいページのクローラビリティを上げることにつながります。

 

Googleの検索クエリを分析・調査してユーザーニーズを把握する

Googleの検索クエリを分析してSEO対策の指針を明確化するのは上位表示を狙う上で重要な準備です。新しいコンテンツを作成したり、既存のページを更新したりするときにはユーザーニーズを考慮しましょう。検索クエリを調査してユーザーがどのような意図でどんなキーワードを使ってGoogle検索をしているかを確認すると具体的な指針を立てられます。

 

検索クエリはGoogle検索でユーザーが使用した検索キーワードの組み合わせです。その組み合わせ方によってユーザーが何を求めて検索しているのかがわかります。検索意図がわかれば、その期待や悩みに応えられるコンテンツの価値が高いと考えられるでしょう。ユーザーがどんなキーワードを使っているかもわかるので、コンテンツ制作の要件定義もしやすくなります。

 

SEOを意識したキーワード選定をしてコンテンツを企画する

検索クエリの分析と考察をしたらサイト内容を考えていきます。この際に肝心なポイントはSEOを意識してキーワード選定をすることです。多くのユーザーが用いているビッグキーワードだけでコンテンツを企画してしまうのはリスクが高くなります。同じビッグキーワードで検索していても、ユーザーが求めている内容が異なる場合があるからです。

 

例えば、「ファッション」をビッグキーワードとしているときに、コーディネートについて知りたい人もいれば、安く買いたい人、ブランドの人気について知りたい人もいるでしょう。「コーデ」「格安」「人気」などのミドルキーワードも盛り込むと関連性が深まってGoogleの評価を上げられます。検索ボリュームが小さいロングテールキーワードと組み合わせることで、ユーザーニーズを的確に捉えられるようになるのは押さえておいた方が良いポイントです。

 

▼ロングテールキーワードの選び方についての記事をチェック
https://rokujigen.co.jp/6plus/1611/

 

ユーザーの視点で専門性と権威性を重視したコンテンツを用意する

「E-A-T」による評価を考慮すると、ユーザーの視点で専門性が高くて権威によって支えられた信頼度の高いコンテンツを作成するのがポイントなのは明らかでしょう。この観点で重要なのはユーザーニーズから考えて「知りたい」と思っているユーザーが一定数以上にいるのに、Google検索ではなかなかたどり着けないプロだから知っている情報を発信することです。

 

ビジネスでは特に重要な観点で、他社には発信できない有用な情報が盛り込まれていれば魅力的な企業だとユーザーに認識してもらえます。検索上位にただ表示されるだけでなく、コンバージョンの増加やブランドイメージの向上にもつながるアプローチです。その専門コンテンツがユーザーの口コミや公的機関の公表資料などの客観的な情報によって支えられていれば信頼も勝ち取ることができます。

 

ユーザビリティを重視してホームページを制作する

Googleの価値基準ではユーザビリティを重視しています。ユーザビリティは一言で言えば「ユーザーにとって便利で満足」ということです。コンテンツの内容がわかりやすくまとめられていて、フォントの大きさや画像の使い方や配置などにも配慮されていることが重要になります。パンくずリストやサイトマップも準備して、ユーザーがサイト内のどこにいるかがわかるようにするとユーザビリティが向上するでしょう。

 

ホームページの全体構成にかかわることなので、一つ一つのコンテンツだけを見ていても高いユーザビリティを実現することはできません。近年ではスマートフォンやタブレットによるサイト閲覧が増えているので、マルチデバイス対応のサイトに仕上げるのも上位表示を狙うための大切なポイントです。

 

Google検索の上位を目指すSEO対策の基本フロー

出典:https://www.shutterstock.com

 

Google検索で上位を目指すSEO対策は、たたき台になる基本フローがあるとスムーズに進められます。検索上位にいつも表示されるようにするためには、テクニカルな方法ばかり使っていてはあまり意味がありません。Google検索の価値基準や「E-A-T」の評価基準を考慮して、以下のフローをベースにしてSEOを進めていきましょう。

 

ユーザーのGoogle検索の様子を徹底的に調査する

SEOを通して検索のトップに向かっていくにはユーザーファーストの視点が欠かせません。まずはユーザーのGoogle検索の様子を調査しましょう。Googleアナリティクスなどのツールを利用して検索クエリをチェックするだけでなく、ユーザーの動向も確認するのが大切です。必要に応じてアンケートなどによる市場調査も実施してユーザーニーズをつかみましょう。

 

競合サイトの調査をして強みにするポイントを導き出す

Google検索ではインデックスされている競合サイトの点数と比較されます。ランキングのときに高い点数になったとしても、競合サイトより評価が低かったら下位表示になるのが注意点です。SEOを進める際には競合サイトとの差別化を図り、強みにするポイントを明確にする準備が重要です。競合サイトの調査をあらかじめ実施しておき、コンテンツ企画をするときに考慮しましょう。

 

SEOキーワードをページごとに厳選してコンテンツを作成する

ユーザーと競合の調査をしたら具体的にコンテンツを企画して作成を進めていきます。Google検索でSEO対策に使用するキーワードを選定しましょう。ビッグキーワードとミドルキーワード、さらに必要ならスモールワードも組み合わせます。ページとキーワードを紐づけることでユーザビリティを向上させられる点にも留意してサイト構築をしていくのがおすすめです。

 

SEO対策をしたコンテンツ配信を続けてドメインパワーを上げる

検索エンジンで上位になるにはドメインパワーも重視した方が良いでしょう。継続的にSEO対策をしたコンテンツを配信し、ユーザーからクリックされるサイトとしてGoogleに認識されるとドメインパワーが上がります。ドメインパワーが上がると内部リンクによってクローラビリティを高めやすくなり、新しいコンテンツをすぐにユーザーに提供できるようになります。新鮮な情報はユーザーにとって魅力があるので品質向上につながるポイントです。

 

SNSの運用などを通して信用できる被リンクを獲得する

被リンクの獲得の施策を進めるのも重要なSEO対策です。ニュースで取り上げられたり、有名なブログで話題にされたりしてリンクを設置してもらえるとGoogleによる評価が上がっていきます。被リンクがあるとクローラビリティが上がるだけでなく、権威性も信頼性も高まるので積極的に外部対策を講じていきましょう。SNSを利用するのは効果的な方法で、情報の拡散性が高いことから効率的に良質な被リンクを獲得できます。

 

SEO施策を実施した効果を測定して改善を進める

Google検索で何位に表示されるかは状況によって変わっていきます。SEOを進めて新規コンテンツの発信をしたとしても、効果が得られるかどうかはケースバイケースです。SEOキーワードを盛り込み過ぎていたり、外部からの被リンクが多くても質が悪かったりするとGoogleによる品質評価は低くなりがちです。また、ユーザーニーズが変化したり、新しい競合サイトが登場したりして順位が変動することもあります。Google検索の価値基準やガイドラインが変更されるケースもあるでしょう。

 

Google検索の順位変動の要因はたくさんあるので、中長期的な視点でSEO効果の測定と分析、そして改善を進めていきましょう。コンテンツの新規追加だけでなく、既存コンテンツのリライトをして品質を高めていくのが効果的です。上位に表示され続けるためには、Google検索結果の経時的な変化を追って対策を講じることが重要になります。定期的に順位をチェックし、SEOキーワードの検索されやすさなども集計して改善策を練っていきましょう。

 

まとめ

検索エンジンで上位に表示されるとユーザーに見てもらえるチャンスが増え、コンバージョンにつながりやすい魅力的なユーザーのアクセスを促せるメリットがあります。シェアが広くて様々なターゲットを狙えるGoogle検索でトップを目指すのは、ウェブマーケティングにおいて魅力が大きいでしょう。

 

Google検索で上位に表示されるためにはユーザーを第一に考えて品質が高く、ユーザビリティの高いコンテンツの提供を求めているGoogleの基準に合わせることが大切です。テクニカルな内部対策も必要ですが、最終的にはユーザーの検索ニーズに合うコンテンツを作り上げるのが検索上位を維持することに直結します。

 

検索結果で上位を獲得するにも維持するにも中長期的な視点でのSEOが必要になります。事前調査からコンテンツの企画と作成、さらに定期的な効果測定と改善の推進もするとなると多大なリソースが求められるのは明らかでしょう。六次元では検索上位を目指すSEOの代行からコンサルティングまで幅広く対応しています。検索エンジンで上位を目指す施策を進めていきたいときには多角的なサポートができますのでぜひご相談ください。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.