検索エンジンに登録しよう!登録方法と確認方法も合わせてご紹介!

rokujigen_writer

ウェブサイトを制作したら検索エンジンに登録したほうが良いのをご存知でしょうか。GoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンに登録すべきなのかどうか悩んでいる方もいるでしょう。この記事では検索エンジンに登録する意義をご説明します。検索エンジンへの登録方法も紹介するので参考にしてください。

検索エンジンに登録する必要性

出典:https://www.shutterstock.com

 

ウェブサイトを制作して公開したら、一人でも多くのユーザーにアクセスしてもらいたいのではないでしょうか。検索エンジンはウェブサイトにアクセスしてもらうための入り口として重要な役割を果たしています。検索エンジンへの登録はユーザーによるアクセスを促進する方法として有用です。このような切り口からなぜ登録する必要性があるのかを詳しく見ていきましょう。

 

検索エンジンに発見してもらうまでには時間がかかる

検索エンジンを通してユーザーにウェブサイトを見つけてもらうのには時間がかかります。Googleなどの検索エンジンでユーザーが情報を探したときに表示される検索結果はあらゆるウェブサイトから選び出されているわけではありません。検索エンジンがインデックスをしたウェブサイトだけが候補になります。

 

検索エンジンではクローラーを巡回させることによって、ウェブ上に存在するページを広く探索しています。そして、発見したページを検索対象として取り込むインデックスをします。このプロセスを経ていないウェブサイトは検索結果に表示されることはありません。

 

検索エンジンではウェブ上に無数あるページを主にリンクをたどることで発見しています。頻繫にクローラーが見ているサイトからの被リンクがあったり、クローラビリティの高いウェブサイトで内部リンクを貼ったりすれば比較的短時間でインデックスされるでしょう。しかし、一般的には検索エンジンに発見されるまでにかなり時間がかかってしまいます。

 

登録すれば検索エンジンにインデックスされる

検索エンジンに登録するとクローラーによる発見を待つ必要がなくなります。登録の手続きをするだけで検索エンジンにインデックスされるからです。検索エンジンによるインデックスが完了すれば、ユーザーが検索したときに表示される候補になります。登録した直後から検索結果に表示されるわけではありませんが、通常は数時間から2日~3日程度でインデックスが完了します。

 

検索エンジンに登録すると被リンクも内部リンクもないページでもすぐに検索対象にすることが可能です。新しいウェブサイトを立ち上げるときや、新しいコンテンツを作成するときなどには特に登録するメリットが大きいでしょう。

 

 

早期にインデックスしてもらうと迅速にアクセスを増やせる

検索エンジンのクローラーに発見してもらうのを待たずに、登録してインデックスしてもらうメリットは何なのでしょうか。じっと待っていてもいつかはクローラーが発見してくれる可能性があります。しかし、リンクがほとんどない場合にはいつまでもインデックスされないリスクがあるでしょう。

 

検索エンジンへの登録は早期にインデックスしてもらい、迅速にユーザーからのアクセスを増やせるのがメリットです。検索上位を目指して集客力を高めるうえでも早くSEOを進めていくのが重要になります。検索エンジンに見つけてもらえなければ何も始まらないので、まずは登録して検索結果に表示されるようにするのが大切です。

 

 

検索エンジンに登録する方法

出典:https://www.shutterstock.com

 

検索エンジンからのウェブサイトにアクセスするユーザーを迅速に増やしたいけれど、登録方法がわからない方もいらっしゃるでしょう。検索エンジンに登録するのは決して難しくはありません。検索エンジンによって登録方法が違うので、代表的な検索エンジンについて具体的な方法をご紹介します。

 

Googleに登録する方法

Googleにウェブサイトを登録するにはGoogleサーチコンソールを利用することが必要になります。GoogleサーチコンソールはGoogle検索におけるウェブサイトの検索順位や表示回数、検索キーワードなどを確認できる無料のツールです。Googleにインデックスしてもらうためのリクエストをするためのツールとしての役割も果たしています。

 

サーチコンソールにログインして、登録したいウェブページのURLを検索フォームに入力しましょう。GoogleにURLが登録されていない場合には、「インデックス登録をリクエスト」を選んで申請するとクローラーに来てもらえます。「URLはGoogleに登録されています」と表示されたときにはすでにインデックスが完了しているので登録は必要ありません。

 

Yahooに登録する方法

Yahoo!検索は日本で大きなシェアを持っている検索エンジンですが、2010年12月1日からGoogleのシステムを使用しています。そのため、Googleに登録をすれば自動的にYahooにも登録できます。

 

Bingに登録する方法

Bingにウェブサイトを登録するときにはBingウェブマスターツールを利用します。BingウェブマスターツールはGoogleサーチコンソールと同様にキーワード調査などをおこなえる無料のツールです。URLを送信することでBingに登録することができます。

 

Bingウェブマスターツールにサインインすると「サイトの追加」というテキストボックスが表示されます。初めてのときにはこの中にウェブサイトのURLを入力して追加し、トラフィックが多い時刻の情報などを入力しましょう。そして、メールアドレスによる認証やサイトの所有権の確認を受けます。最後にダッシュボードの「自分のサイトの設定」から「URLの送信」を選択し、登録したいURLを入力すれば登録は完了です。

 

検索エンジンに登録できたのを確認する方法

出典:https://www.shutterstock.com

 

GoogleやBingに登録の申請をしてもすぐに手続きが完了するわけではありません。検索エンジンに登録できたかどうか不安になってしまうこともあるのではないでしょうか。検索エンジンへの登録が完了したのを確認する方法は大きく分けると2つあります。SEOを始める際にも登録されているかどうかを知るのは大切なので、確認方法を知っておきましょう。

 

サイトのURLを入力して検索する

簡単なのは検索エンジンでURLによる検索をする方法です。サイト登録が完了しているなら、URLで検索すると該当するサイトが表示されます。「https://~」などで始まるURLで検索するのが効率的です。サイト名などを使って検索しても、インデックスされた直後から上位表示されることはあまりありません。登録されているかどうかを判断するのには使いづらい方法なので、URLをそのまま入力して検索しましょう。

 

URL検査ツールでチェックする

Googleサーチコンソールを使用している場合には、URL検査ツールを使用して登録済みかどうかを確認できます。Googleサーチコンソールのメニューから「URL検査」を選び、登録されているかどうかを確認したいURLを入力しましょう。「URLはGoogleに登録されています」と表示されたら登録済みです。「URLがGoogleに登録されていません」というときにはまだ登録が完了していません。

 

 

検索エンジンにクローリングを続けてもらおう

検索エンジンにウェブサイトを登録すればユーザーから検索で見つけてもらえるようになります。ただ、検索順位が上がって上位表示されるようにならないとなかなかアクセスしてもらえません。検索エンジンではクローラーによって何度も発見してもらい、評価を受けて上位表示されるようにすることが大切です。検索エンジンに登録したらクローリングを続けて受けることも重視していきましょう。ここではクローラーにサイトを見てもらう方法をご紹介します。

 

XMLサイトマップを用意してクローラビリティを上げる

XMLサイトマップを用意すると検索エンジンのクローラーに見てもらいやすくなります。XMLサイトマップはウェブサイトの全体をクローラーに伝えるためのファイルです。HTMLのサイトマップとは違って、サイトを構成している各ページの情報をまとめたもので、クローラビリティの向上につながります。新しいページを発見してもらえるだけでなく、更新したページを速やかに確認してもらうことができるのが特長です。

 

GoogleサーチコンソールやBingウェブマスターツールからXMLサイトマップを登録・送信することもできます。ウェブサイトの状態を常に伝えることができる方法なので積極的に活用しましょう。

 

再クローリングを申請する

GoogleサーチコンソールやBingウェブマスターツールを使用してクローリングをリクエストするのは即効性が高い方法です。GoogleサーチコンソールではURL検査ツールでクローリングして欲しいURLを入力して、インデックス登録をリクエストすればクローリングしてもらえます。BingウェブマスターツールではURLの送信をすることで該当ページをクローリングしてもらうことが可能です。

 

どちらの場合にも個々のページを申請する必要があります。ウェブページを新たに追加したときだけでなく、コンテンツを更新したときにも再クローリングをリクエストすれば結果の反映が早くなります。検索エンジンにサイト登録をするのと手続きとしては同じなので、コンテンツを更新したら申請する習慣を作るのがおすすめです。

 

 

まとめ

Googleを代表とする検索エンジンに登録する必要性をご理解いただけたでしょうか。検索エンジンではクローラーがリンクをたどってウェブ上のページを探していますが、被リンクや内部リンクが少ないとなかなか発見されません。速やかに検索エンジンにインデックスしてもらい、ユーザーから見つけてもらうにはサイトを登録するのが効果的です。

 

GoogleサーチコンソールやBingウェブマスターツールを使用すればURLを入力して申請するだけで登録できます。登録を終えてからも同じ作業で再クローリングをリクエストすれば、コンテンツを更新したときにも速やかに検索エンジンに認識してもらうことが可能です。

 

サイトを検索エンジンに登録してインデックスしてもらうのは、ユーザーアクセスを増やすための基盤になります。ウェブサイトを制作したら速やかにGoogleやBingに登録を済ませて、ユーザーに見つけてもらえるようにしましょう。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.