Google Adwords(アドワーズ)の料金の仕組みと費用相場

rokujigen_writer

プロフィール情報

Google Adwordsで広告を運用すると料金がどのくらいかかるのが相場なのでしょうか。この記事ではGoogle Adwordsの料金の仕組みや料金が決まる要素についてまとめました。Google Adwordsで取り入れられている課金方式の概要も紹介するので、今後の広告運用の参考としてご活用ください。

Google Adwords=Google広告


出典:https://www.shutterstock.com

Goole広告の以前の名称は「Google Adwords(Googleアドワーズ)」でしたが、2018年7月より現在の名称に変更されました。現在でも「Google Adwords」という名称を利用している広告代理店もあるので注意してください。

 

Google Adwords利用にかかる料金


出典:https://www.shutterstock.com

Google Adwordsの料金はオークション方式の配信課金になっています。Google Adwordsにはリスティング広告やディスプレイ広告や動画広告などがありますが、予約型広告のように固定の広告枠が定められていて常に配信される仕組みではありません。キーワードやターゲットの設定によって条件を定めて配信します。

そのため、Google Adwordsでは配信条件の設定によって料金を調整することが可能です。広告費用を抑える工夫ができることから低予算での運用が可能な広告出稿先として活用されています。

 

Google Adwordsの料金の課金方式


出典:https://www.shutterstock.com

Google Adwordsの料金の配信課金のルールは出稿する広告の種類ごとに定めれている課金方式によって違います。Google Adwordsの課金方式について概要を確認しておきましょう。

 

クリック課金(CPC課金)

クリック課金はユーザーが広告をクリックしたときに料金が発生する方式です。リスティング広告などの検索連動型広告ではクリック課金が基本で、ユーザーが広告を見ただけなら料金は発生しません。

 

インプレッション課金(CPM課金)

インプレッション課金はユーザーの画面に広告が表示された回数によって料金が決まる方式です。1000回あたりの料金を定めて運用する仕組みで、ユーザーがクリックするかどうかにかかわらず費用が発生します。インプレッション課金はクリック課金と比較すると単価が低い点をうまく活用することが重要です。

 

再生課金・視聴課金(CPV課金)

再生課金や視聴課金はGoogle Adwordsの動画広告で取り入れられている課金方式で、ユーザーが動画を再生して一定時間以上視聴したときに料金がかかります。YouTube広告に出稿したときに重要な課金方式です。

 

Google Adwordsの料金を決める要素


出典:https://www.shutterstock.com

Google Adwordsの料金は主に2つの要素によってコントロールできます。Google Adwordsへの広告出稿がわずかな予算でも運用できるのは料金を自由に制御できるからです。料金を決める要素である入札単価と予算について理解しておきましょう。

 

入札単価

Google Adwordsではクリック単価やインプレッション単価の上限を決めて入札するオークション方式の広告になっています。入札額と広告の品質スコアによって広告ランクが計算され、広告掲載の順位が決まる仕組みです。

入札単価を上げると上位表示されやすくなり、下げると下位に下がる可能性があります。上位になるとユーザーの目に留まりやすい位置に広告が表示されたり、表示頻度が高くなったりするのがメリットです。有利な広告表示を増やすには入札単価を上げるのが有効です。

入札単価を下げるとユーザーの目に留まりにくくなりますが、クリック単価やインプレッション単価が下がるので費用負担が軽減されます。コンバージョンによって得られる売上によっては入札単価が高すぎると利益が小さくなりすぎるリスクがあるので注意が必要です。

 

予算

予算は料金として支払える上限額です。Google Adwordsでは日予算を設定して、1日あたりでかけられる広告費を制限できます。日予算の上限を設定しておくと、料金が日予算に到達した時点で広告が配信されなくなります。広告予算が限られているときにも簡単にコントロールできる設定項目です。

ただし、日予算はコンバージョンによる利益とは無関係です。広告配信によってコンバージョンが多数発生し、大きな売り上げになっていたとしても料金が日予算に到達したら広告が配信されなくなります。上限に達しているときにはアラートを管理画面で確認できるので、料金の支払いが増えるのを覚悟で配信と続けたいなら日予算を上げましょう。

 

Google Adwordsの料金相場


出典:https://www.shutterstock.com

Google Adwordsの料金相場は平均して月額30万円程度と言われています。ただ、広告予算が潤沢な企業では大きな費用をかけていることもあり、逆に数万円程度の予算でも売上を伸ばすのに成功している企業も少なくありません。Google Adwordsでかかる料金は広告の目的や運用の方法によって大きく左右されます。重要なのは適正な入札単価と日予算を定め、広告の種類やターゲットなどを設定して運用することです。

 

Google Adwordsの広告費の決定方法


出典:https://www.shutterstock.com

Google Adwordsの広告費はどのようにして設定したら良いのでしょうか。入札単価や日予算を決めるための基本的な方法を知っておきましょう。

 

適した料金を目的に応じて計算する

広告の目的に応じて適した料金を計算するのが初期には合理的です。例えば、CPC課金のリスティング広告を出稿するなら、クリック単価を決めて入札する必要があります。広告運用によって目標売上を達成したいなら、ランディングページに着地したユーザーのコンバージョン率とコンバージョン単価がわかれば広告費とクリック単価は以下のような関係になります。

月間目標売上=コンバージョン単価×コンバージョン率×月間クリック数
月間広告費=月間クリック数×クリック単価

この二つを合わせると広告費とクリック単価の関係は以下のようになります。

月間広告費=クリック単価×月間目標売上/コンバージョン率/コンバージョン単価

コンバージョン率が1%、コンバージョン単価が1万円、目標売上が300万円だったとすると、広告費=クリック単価×3万円です。日予算にすると、1ヶ月が30日だったとしたら以下のように計算できます。

日予算=クリック単価×1000円

平均クリック単価が10円なら日予算を1万円にすると目標売上を達成でき、それ以上の広告費負担は発生しません。逆に1日あたりにかけられる平均広告費が1万円だったなら、入札単価の上限を10円にすれば良いと考えられます。

 

広告を運用して広告費を調整する

Google Adwordsの入札単価と日予算は運用を通して調整するのが重要です。入札単価が低いために広告がユーザーの目に留まらなかったら出稿する意味がありません。日予算を低くしたために表示回数やクリック数などが少なくては成果につながりません。しかし、入札単価が高いと広告費負担が大きくて利益が減り、日予算が高いと想定以上の支払額が発生してしまうリスクがあります。

Google Adwordsでは運用によって低い入札単価と日予算でも目的を達成できるように調整できます。競合他社の広告運用の状況やユーザーの消費動向によっても広告費の負担は変わるので、常に調整をすることで低予算での広告活用が可能です。初期値を決めたら運用を始め、中長期的な視野で広告費を調整して費用対効果を維持向上させていきましょう。

 

まとめ

Google Adwordsの料金は相場としては月額30万円程度です。しかし、広告の料金は入札単価や日予算の設定によって自由にコントロールできます。入札単価によって広告の掲載順位が変わり、日予算によってユーザーとの接点を得る機会が増減するため、広告効果との兼ね合いを考えて広告費を決めるのが重要です。

Google Adwordsは低予算でも始められるのは魅力ですが、広告効果を上げるには料金を上手に調整する必要があります。ノウハウのある広告代理店に依頼すると料金を抑えながら目的を達成できるように運用を代行してもらえます。Google Adwordsに広告掲載をして迅速に成果を出すために広告代理店の活用をぜひご検討ください。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.