Googleマイビジネスの利用と広告の掲載にかかる料金

rokujigen_writer

プロフィール情報

Googleマイビジネスは企業や店舗の経営をしている人にとって魅力があるサービスです。ただ、サービスの利用や広告の掲載には大きな費用がかかるのではないかと不安になる方もいるでしょう。この記事ではGoogleマイビジネスの特徴と料金についてわかりやすく解説します。無料でも利用できるサービスなのでぜひ活用を検討してください。

Googleマイビジネスの特徴


出典:https://www.shutterstock.com

Googleマイビジネスは、Googleによって提供されているビジネスサポートツールです。まずはGoogleマイビジネスのサービス概要を確認しておきましょう。

 

ビジネス情報をGoogleサービスで表示できる

Googleマイビジネスはビジネス情報をプロフィールとして登録することで、GoogleマップやGoogle検索などで表示できるサービスです。認知度の向上やユーザーエンゲージメントを上げるのに役立つビジネスツールとして活用されています。

 

料金をかけずに無料でも利用できる

Googleマイビジネスは無料で利用できるのが特徴です。Googleマイビジネスのアカウントを作成して確認を受けると、ビジネスのプロフィールを掲載してもらえます。企業名や店舗名、公式サイトのURLなどに加えて、写真も登録することが可能です。つまり、Googleマイビジネスは無料で広告を出せるツールとして利用できます。

 

有料のリスティング広告もある

GoogleマイビジネスとGoogle広告をリンクさせるとローカル検索広告も出稿できます。Googleマップでのリスティング広告であるローカル検索広告は地図情報と検索キーワードを利用してユーザーアクセスを獲得できるのが特徴です。ローカル検索広告を出稿するには料金がかかりますが、Googleマップを使って店舗を探そうとしているユーザーと接点を作る有用な広告施策です。

 

Googleマイビジネスで料金をかけずにできること


出典:https://www.shutterstock.com

Googleマイビジネスは無料で登録できますが、料金をかけずにどのくらいのことができるのでしょうか。広告として活用するのに十分なサービスを受けられるのかを確認しておきましょう。

 

Googleマップで存在をアピールできる

Googleマイビジネスに登録すると、Googleマップに詳細な情報が表示され、企業や店舗の存在をユーザーに認知してもらえます。登録するとGoogleマップ上でユーザーがクリックすることによりナレッジパネルが表示されます。ビジネスや商品、サービスなどをアピールして広告媒体にできるのが魅力です。

 

店舗情報や企業情報をナレッジパネルで伝えられる

Googleマイビジネスのナレッジパネルはフォーマットが決まっています。企業や店舗の名称、住所、電話番号などの連絡先に加えて、営業時間や予約サイトへのリンクも表示できます。企業や店舗の紹介文や写真、テキストと画像による簡単な広告も投稿できるため、訴求力のある広告媒体です。特に店舗集客では営業中ですぐに利用したいと考えたユーザーからの問い合わせや来店が期待されるため、有用な集客ツールとして活用されています。

 

ユーザーと口コミでやり取りできる

Googleマイビジネスのナレッジパネルには口コミも掲載されます。口コミによる評価が5段階で表示されることに加え、口コミの内容がリストにして表示されるのが特徴です。さらにオーナーから返信もできるため、ユーザーエンゲージメントを高めやすいのが魅力です。

 

店舗集客もサイト集客もできる

Googleマイビジネスを使うと店舗集客もサイト集客も実現可能です。Googleマップを通して店舗の写真や商品の紹介によって広告を実施すれば魅力を訴求できるからです。ユーザーは営業時間やアクセス方法がわかるので、すぐに来店してくれると期待できます。臨時営業時間やタイムセールの情報も載せられるため、さまざまなアプローチで店舗集客が可能です。

ナレッジパネルには公式サイトや予約サイトへのリンクを入れられるだけでなく、キャンペーン情報などを盛り込んで任意のページにリンクを作れます。ランディングページに集客してオンラインで商品購入や予約を促すことも可能です。サイト集客をしたいときにもGoogleマイビジネスを利用する価値があります。

 

ユーザーのアクションを管理できる

Googleマイビジネスでは掲載している広告についてユーザーのアクションを無料で管理できます。閲覧数や検索数に加えて、サイトのリンクのクリック数やナレッジパネル経由で予約した件数などの集計結果を取得できるのが特徴です。また、フォロワーも管理されているので、限定クーポンの配信などの施策を進めることもできます。

 

Googleマイビジネスで料金をかけるできること


出典:https://www.shutterstock.com

Googleマイビジネスに広告費をかけるとどんなことができるようになるのでしょうか。料金に見合った広告効果が得られるのなら費用をかけて運用したいと思う方も多いでしょう。ここではGoogleマイビジネスでできる有料の施策の代表例を紹介します。

 

ローカル検索広告の出稿

GoogleマイビジネスとGoogle広告のリンクによってできるローカル検索広告はクリック課金の有料サービスです。Googleアドワーズエクスプレスでも利用できましたが、現在ではGoogleアドワーズと統合されてGoogle広告になっています。Google広告のアカウントがあればリンクをするだけで簡単に広告を出稿できます。

ローカル検索広告は店舗集客に有効な広告で、Googleマップでの検索結果で優先表示されます。同業者との競争を勝ち抜くための広告施策として検討してみましょう。

 

MEO対策

Googleマイビジネスに登録すればローカル検索広告に出稿しなくても、ユーザーが検索したときに候補として企業や店舗の情報が表示されます。その順位を上げるためのMEO(Map Engine Optimization)対策は業者に依頼すると料金がかかります。中長期的な取り組みが必要になりますが、上位に表示されるようになれば集客力が上がるので重要な施策です。

 

360°写真の撮影・掲載

ナレッジパネルに360°写真を撮影して掲載したいときにも、プロに依頼すると料金がかかります。Googleマップではストリートビューの360°写真を見ることができますが、外観しかユーザーは見ることができません。店舗利用をしたいときには内観も360°写真で見たいと思うことがあるでしょう。

360°写真の撮影には技術が必要ですが、Googleのストリートビューと同じクオリティでないとユーザーは満足しないでしょう。Google認定フォトグラファーに撮影してもらうとGoogle水準の品質の360°写真を掲載できます。10万円~20万円が料金相場なので、集客力の強化に360°写真を使いたいなら検討してみましょう。

 

まとめ

GoogleマイビジネスはGoogleマップやGoogle検索などGoogleのサービスで企業や店舗の情報を広告のようにして掲載できるサービスです。基本サービスの利用に料金はかからないので、店舗集客やサイト集客に有効活用しましょう。

大きな集客力の向上を目指すならローカル検索広告を出稿するのも重要です。Googleマップで店舗探しをしているユーザーにアプローチする方法として優れているからです。広告を出して積極的な運用をすれば短期的に成果を出せます。

Googleマイビジネスは無料でできることも多いので、目的に応じた利用を進めるのが大切です。Googleマイビジネスの利用の仕方で迷ったときには広告代理店に相談するのがおすすめです。業種や業態などを考慮してGoogleマイビジネスを有効活用する施策を立案・実行してもらいましょう。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.