Google広告の運用なら広告代理店!メリットや選び方を徹底解説

rokujigen_writer

プロフィール情報

目次

Google広告を通してマーケティングを進めるときには広告代理店に依頼して運用するのが効率的です。しかし、広告代理店の選び方がわからず、Google広告を使えずにいる方もいるでしょう。この記事ではGoogle広告の特徴について解説し、Google広告代理店のメリットや選び方を詳しく紹介します。

 

Google広告の特徴

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告はWeb広告によるマーケティングで人気が高い広告サービスで、世界的に有名なGoogleが運営しています。Google検索やGoogleショッピングなどの各種サービスや提携サイトに広告を掲載してもらえるのが特徴です。特にGoogle検索は検索エンジンとして世界のトップシェアを誇っていることから、リスティング広告を中心として検索連動型広告の運用舞台として大きな注目を浴びています。

 

Google広告は多数の広告を一元管理できる

Google広告のサービスの特徴として、多数の広告を一つのアカウントで一元管理できることが挙げられます。Google広告のアカウントを作成すると、リスティング広告やディスプレイ広告、動画広告やショッピング広告などを出稿できます。広告費の管理や広告の運用などは一元的に同じプラットフォーム上でおこなうことができるため、広告によるマーケティン業務の効率化が可能です。

また、Google広告ではGoogleディスプレイネットワークの提供やYouTubeとの連携を代表として出稿先の充実度が高いのが特徴です。さらに、アプリキャンペーンやローカルキャンペーンなどの多岐にわたるGoogleサービス上で広告を出稿できるサービスがあります。広告を出す目的や宣伝したい商品・サービスの特性に応じた運用ができるため、利用価値が高いのがGoogle広告です。

 

Google広告の予算管理をしやすい課金の仕組み

Google広告は予算管理をして広告費をコントロールしやすい仕組みを整えているのが特徴です。Google広告でCPC課金やCPM課金などの課金システムが広告の種類ごとに設定されています。ほとんどはオークション方式になっていて、入札額を自由に設定することが可能です。予算の上限も設定が可能なので、単価と上限額の二つの観点から予算管理ができます。

Google広告の配信先にはGoogle自身だけでなく提携サイトにも有名サイトが多数あります。純広告の掲載をすると毎月数百万円もかかることがありますが、Google広告では少額での出稿が可能です。月額30万円程度が平均的と言われているため、コストパフォーマンスの高い広告を出せるのが魅力です。

 

Google広告はターゲッティングができる運用型広告

Google広告が提供しているのは運用型広告で、出稿後も広告の内容や設定などの改善を図ることにより広告効果を向上させられます。特にGoogle広告が優れているのは世界的にユーザーが多いGoogleアカウントの登録情報とユーザーのCookie情報が活用できることです。Webマーケティングにおいて欠かせないターゲッティングのためのデータが充実しています。

ターゲットを設定して表示するユーザーを限定すればコストパフォーマンスを上げられます。競合との競争を考慮してターゲットを変更することも簡単です。ユーザーの年齢や性別、地域や言語、アクセスに用いているデバイスなどでふるいをかけられます。低予算での運用ができる仕組みでもありますが、ユーザーエクスペリエンスを向上させる広告を出せる点でも優れています。

 

Google広告代理店にしてもらえること

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告は自社でインハウスの運用するケースもありますが、広告代理店に依頼している企業も増えてきました。Google広告代理店には何を依頼できるのでしょうか。インハウスにすべきかどうかで悩んでいる方のためにGoogle広告広告代理店にしてもらえることを簡単に紹介します。

 

Google広告のアカウントやアカウント構成の作成

Google広告代理店はアカウントの作成から手掛けてくれます。Googleアカウントすら持っていない状況からでも対応してくれるので、知識が全くなくてもGoogle広告の利用を始めることが可能です。さらにGoogle広告の運用をする上で重要なアカウント構成も適切なストラクチャーで作成してくれます。今後の広告運用について十分に打ち合わせをした上で作成してくれるので、広告効果を上げやすいのが魅力です。

 

Google広告の種類の選定や出稿

Google広告代理店に依頼すると目的に応じて最適な広告の種類を選定してもらえます。商品を売りたい、ブランディングをしたい、問い合わせ数を増やしたいといったように、広告を出す目的も多種多様です。Google広告は多数の広告サービスがあるので、最適な広告を選んで出稿するのが重要になります。個々の広告の性質を熟知している広告代理店は目的に合わせて広告を選び、効果が上がりやすい形で出稿してくれます。

 

Google広告の運用代行とレポート

Google広告代理店は広告を出稿するだけでなく運用代行も担っています。運用型広告は中長期的な視野で改善をすることが重要です。日々効果測定をして分析をおこない、改善の施策を進めるのが広告効果を高めるには欠かせません。Google広告代理店は専門サービスなので毎日改善を試みてくれます。代理店によっては定期的なレポートもしてくれるので、運用代行を依頼したメリットがあったかどうかも判断できます。

 

広告代理店によってサービスの範囲は違う

Google広告代理店にやってもらえることは依頼先によって大差があります。Google広告のアカウント作成から運用代行まで担えるのは共通点ですが、それ以上のサービスについてはカバーしている範囲が異なります。競合が増えていることに加え、広告代理店としてのサービスよりも重視している業務がある場合もあるからです。以下のようにGoogle広告を活用して利益を生み出す上で役に立つサービスが提供されています。

・サイト制作/運営代行
・コンテンツ制作/改善
・クリエイティブ制作/改善
・アクセス解析/市場分析/競合調査
・コンサルティング

Google広告代理店によって依頼可能な業務も費用感も異なります。専門性や強みにも違いがある点に留意して依頼先を選定することが大切です。

 

Google広告の認定パートナーと認定資格

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告代理店を利用する上で知っておきたいのが認定パートナーと認定資格です。広告代理店の情報を集めているとよく見かける言葉ですが、どのような意味があるのでしょうか。

 

Google広告認定パートナーは正規代理店

Google広告認定パートナーとは、Googleが設定している基準を満たした正規広告代理店に対して与えられる称号です。認定パートナーになるにはGoogle Partnersのプログラムで実績を作らなければなりません。長期的に実績を維持向上させなければ取得できない認定なので高い価値があります。認定パートナーになるとGoogle広告から貴重な情報を配信してもらえるなど、多様なメリットが生まれます。信頼性が高いGoogle広告代理店を選ぶには認定パートナーになっているかどうかを確認するのが良いでしょう。

 

Google広告認定資格は個人資格

Google広告認定資格は広告代理店ではなく、個人に対して与えられるのが特徴です。広告運用の担い手としての強みをアピールできるようになりたい人が取得している資格です。リスティング広告、ディスプレイ広告、動画広告、ショッピング広告に対して個別に認定資格制度が設けられています。

Google広告認定資格を持っている人がいるのはGoogle広告の認定パートナーになるための条件です。1人だけでも有資格者がいれば広告代理店はGoogle広告認定パートナーになれます。どの広告の認定資格を持っているスタッフがいるかを見てみると、広告代理店としての強みを見て取ることが可能です。出稿したい広告の種類が決まっているなら、スタッフが保有している認定資格の領域を確認するのが大切です。

 

Google広告代理店を利用するメリット

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告を活用するときには代理店を利用するのが魅力的です。広告代理店を利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

迅速にプロによるGoogle広告運用を始められる

ずっとGoogle広告を運用してきたプロが担当してくれるので、迅速にGoogle広告の利用を始めて利益獲得に向けて取り組めるのがメリットです。Google広告の効果を上げるためにはターゲットの設定やキーワードの選択など、さまざまなノウハウが必要です。

Google広告の知識も運用経験もないとなかなか成果につながらず、無駄に広告費がかかるだけになる場合もあります。しかし、蓄積されたノウハウを駆使できる広告代理店に依頼すれば短い期間で広告効果が上がるようになると期待できます。

 

Google広告の運用に関連する詳しい情報を活用できる

Google広告代理店を利用すると、有益な情報に基づいた運用を進めやすいのがメリットです。広告代理店は運用代行業務によってクライアントからの信頼を得なければならず、成果を出すことが常に求められています。そのため、最新の広告について情報収集を怠っていません。

認定パートナーならGoogleの公式のセミナーへの招待を受けてGoogle広告の最新情報も入手可能です。独自の市場調査をしてデータを蓄積していることも多いので、情報に基づく効率的な広告戦略を立てて目的達成を目指せます。

 

Google広告の運用を社内業務と切り分けられる

インハウスで運用するのに比べると、社内業務の負担を減らせるのはGoogle広告代理店を利用する大きな魅力です。Google広告は運用型なので日々改善に取り組むことが必要になります。社内の貴重なリソースを広告運用に割かなければならないのは、Google広告を始める以前から必要だった社内業務に支障をきたす原因になります。

広告代理店に運用代行を依頼すれば、ミーティングなどの最小限の業務で効率的な運用が可能です。社内業務と明確に切り分けてアウトソーシングすることもできるため、Google広告の効果を得ながら社内業務を推進し続けられるのがメリットです。

 

Google広告代理店を利用するデメリット

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告代理店を利用する方法はインハウスで運用するのに比べてデメリットもあります。何が問題になり得るのかを正しく理解しておきましょう。

 

Google広告の運用成果が上がるとは限らない

広告代理店にGoogle広告の運用代行を依頼しても、成果につながる保証はないのがデメリットです。広告代理店はプロとしてのノウハウを持っているのは確かですが、あらゆる目的の達成に貢献してきた経験があるわけではありません。得意な広告と自社の商材がマッチしない、自社の業界の市場について理解がないといった問題があると成果につながりにくいので注意しましょう。

 

Google広告の社内運用への移行が難しい

Google広告代理店を利用すると、インハウスで運用する方向性に切り替えるのが難しくなりがちです。Google広告の運用のノウハウは広告代理店にとって貴重な財産です。運用代行をしている中で見出したノウハウを必ずしも共有してくれるとは限りません。成果が上がったとしても、成果を出したプロセスを説明してくれない場合もあります。ノウハウがなければ社内運用に移行するのは困難なのは明らかでしょう。

 

Google広告の広告費以外に手数料がかかる

Google広告の利用には広告費がかかりますが、広告代理店に依頼するとさらに手数料がかかるのもデメリットです。広告を出すのは最終的に売上を増やすのが目的の場合が多いでしょう。コストが上乗せされるため、手数料も加味して利益を確保できるようにする必要があります。Google広告は広告費を抑えやすいのは確かですが、広告代理店を利用したために利益幅が減って経営が厳しくなることもないわけではありません。

 

Google広告代理店の手数料の仕組みと相場

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告代理店を利用するときには、広告費の実費の支払いが必要なのは当然ですが、他に初期費用と代行手数料がかかります。初期費用は5万円~10万円、手数料は平均的には広告費の20%程度です。ただ、代理店によって手数料の仕組みに違いがあるため一概には言えません。広告代理店の料金体系には毎月一定額を支払う固定制、広告費に比例する料金を支払う料率制、両方を合わせたテーブル制などがあります。

また、広告代理店に依頼するサービス内容によっても費用が変わります。広告運用の一部を依頼するだけなら月10万円くらいで済むのが相場ですが、全般的に運用してもらうと50万円以上かかることも珍しくありません。予算との兼ね合いを考えて広告代理店や依頼するサービス内容を選ぶことが重要です。

 

Google広告代理店の選び方で重要な6つのポイント

出典:https://www.shutterstock.com

自社に合うGoogle広告代理店を選び出すことができればデメリットを克服し、メリットを最大化することができます。広告代理店の選び方として押さえておいた方が負い6つのポイントを厳選しました。以下で解説するポイントを念頭に置いて依頼先を探し出しましょう。

 

Google広告の運用実績があって継続企業が多い

広告運用を安心して任せられる信頼性があるのは重要なポイントです。Google広告での運用実績があるのは前提条件です。Yahooなどの他のサービスでの経験しかない広告代理店に依頼しても効果が上がるとは期待できません。明示できる成果があるのが理想的ですが、クライアントとの契約の都合上、開示できない場合もあります。

具体的な実績について紹介を受けられない場合にも、継続企業が多いなら信頼できます。継続してGoogle広告の運用代行を依頼している企業が多いなら着実に成果を出していると考えられるからです。契約期間が長い事例について紹介してもらい、どのような施策をしてきたかの説明を受ければ信頼できる広告代理店かどうかを見極められます。

 

Google広告認定パートナーと認定資格を重視する

Google広告の運用を任せるなら認定パートナーの称号があること、認定資格の保有者がいることを重視するのが大切です。Google広告の運用代行をするために認定パートナーや認定資格は必要ではありませんが、取得しているなら実績があるのは明白です。認定資格者がいる広告なら特に高いレベルでの運用を期待できます。

実際には認定パートナーではない広告代理店でも期待以上の成果を出してくれることもあります。ただ、Google広告の運用を得意としているとは限らないのでリスクも伴うのは確かです。広告代理店選びで失敗しないための選定基準として考慮した方が良いでしょう。

 

Google広告のアカウントの共有や定期的なレポートがある

運用に関する情報共有をしてくれるかどうかはチェックポイントとして重要です。アカウントを共有してもらえればどのような広告運用をしているかを見て確認できます。運用の結果や改善の様子をいつでも調べることが可能です。広告代理店によるGoogle広告の運用を見て学べるだけでなく、施策がうまくいっているかどうかをチェックするのにも役に立ちます。

さらに定期的なレポートを受けられれば、より良いGoogle広告の運用を目指しやすくなります。広告代理店の担当者が何を考えてどんな運用をしてきたかがわかるので、Google広告の運用をインハウス化することも視野に入れているときには特に重要です。定期報告会は自社が持っている市場の情報や競合の動向を提供する機会にもなるので、より密な関係を築き上げて連携できるのもメリットです。

 

コミュニケーションを円滑に取れる

広告代理店はGoogle広告を活用する上でのビジネスパートナーです。コミュニケーションを取りやすいことは最低条件とも言えます。いつでも希望を伝えられる関係にあると広告施策が変わったときには大きなメリットがあります。広告予算を増やせるとGoogle広告のより積極的な運用が可能です。迅速に対応してもらえるといつも最適な広告運用を進めてもらえます。

予算が減らされた場合には入札単価を減らしたり、日予算の上限を抑えたりして予算オーバーにならない対応が必要になります。コミュニケーションが円滑なら、予算制限の下で成果を上げるためにターゲットやキーワードの再選定をするといった施策もすぐに取ることが可能です。臨機応変な対応によってGoogle広告の効果を引き出すにはコミュニケーションが取りやすいことが重要です。

 

Google広告の運用手数料や契約期間を相談できる

Google広告の運用代行を依頼する際には手数料や契約期間について確認を取りましょう。運用手数料の最低金額が決まっていると、広告費を削減しなければならなくなったときに手数料負担が厳しくなります。経営の局面に応じて相談に応じてくれるGoogle広告代理店なら安心です。料金体系についても交渉できると自社にとってメリットの大きい運用代行サービスになります。

Google広告の運用代行では契約の最低期間が半年くらいになっていることも多く、成果が見えずに解約したいときに違約金の支払いをしなければならないこともあります。手数料や契約期間を相談して決められるなら安心できる広告代理店です。

 

サービス範囲が希望に合う

Google広告を活用して成果を出すには幅広いマーケティング施策を進める必要があります。自社にとって必要なサービスをカバーしている広告代理店を選びましょう。特定の広告運用だけ代行してもらえれば良いのか、ランディングページの最適化まで対応してもらいたいか、ECサイトの作成から任せたいかによって依頼可能な広告代理店は異なります。

Google広告の効果を引き出せるように、サービス範囲の希望を決めてから広告代理店を選定するのが大切です。何をして欲しいかを相談しながら決められるくらいに、手広くさまざまな経験を積んでいるGoogle広告代理店なら長期的な視野で成果を出し続けてくれるでしょう。その分だけ手数料も高くなる可能性もあるため、広告予算との兼ね合いも考えて交渉するのが重要です。

 

まとめ

Google広告代理店を利用するとGoogle広告への出稿による成果を迅速に出せます。運用型広告は日々欠かさずに改善に取り組むのが大切で、広告効果を出すには中長期的な視野が必要なのが一般的です。しかし、ノウハウがない状況からGoogle広告で運用を始めてもなかなか成果につながらない場合もあります。

実績があって自社に合う誠実な広告代理店はGoogle広告を出稿するメリットを迅速に引き出すのに貢献する魅力的なビジネスパートナーになります。運用手数料の支払いがあっても、それ以上の広告効果を出せるように運用を代行してくれるでしょう。Google広告で成果を出したいなら、コミュニケーションを取りやすく、希望するサービスを提供する力があるGoogle広告代理店を利用するのがおすすめです。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.