Googleの検索順位を上げるアプローチとポイントを徹底解説!

rokujigen_writer

Googleの検索順位を上げて、ホームページにもっと多くのユーザーにアクセスしてもらいたいと思っていませんか。ホームページが検索上位に表示されるようになればもっと集客できるでしょう。この記事ではGoogleで上位になりたいという希望を叶えるために重要な検索順位を上げるポイントを基礎から順番にご説明します。

 

Googleの検索順位を上げる基礎

出典:https://www.shutterstock.com

 

世界的にトップシェアを誇る検索エンジンのGoogleは、ホームページへのアクセスを集めるうえで重要なサービスです。Googleの検索順位を上げて集客力を高めるのは、ウェブマーケティングの基本的なアプローチといえるでしょう。これからGoogleの検索順位を上げるために取り組みを始めようとしている方のために基礎をまとめました。検索順位を上げる具体的な施策を考える際に重要なので理解を深めておきましょう。

 

検索順位はキーワードと紐づいた検索結果の表示順

そもそも検索順位とは何なのでしょうか。Googleを代表とする検索エンジンでユーザーがキーワード検索をすると検索結果の一覧が表示されます。この検索結果における表示順が検索順位です。検索順位はキーワードと紐づいていて、ユーザーがどのようなキーワードの組み合わせで検索したかによって検索順位は変わります。上位になると検索結果のページですぐに目にしてもらえるのでホームページを発見してもらいやすくなるのがメリットです。

 

ホームページの検索順位が上がるとアクセス数が向上

ホームページへのアクセスを増やしたいからGoogleの検索順位を上げようと考えている方も多いでしょう。Googleで検索順位が上がり、トップ10位以内に入るとユーザーが目にする機会が大幅に増えます。アクセス数と検索順位の相関は強いことが知られていて、特に検索結果の最初の10位までに表示されると大きなアクセス数を稼げとされています。

 

ただ、Googleの検索順位が何位なのかはホームページのアクセス数を向上させる効果に大きな影響があります。統計的に見ると検索順位が10位以内なら良いというわけではありません。

 

Googleの検索結果として表示された際にクリックされるかどうかを統計的に見るとどうなるのでしょうか。Googleにおけるクリック率で見てみると、1位か2位を獲得することで20%程度の高い水準になります。しかし、Googleの検索順位で7位以下になるとクリック率は5%前後しかありません。つまり、Googleでは検索順位を上位まで上げる取り組みをすることが重要だとわかります。

 

検索順位が上下動する仕組み~検索アルゴリズム

検索順位はどのようにして上がったり下がったりしているのでしょうか。Google検索で順位が変動するのは、Googleの検索アルゴリズムによるランキングがおこなわれているからです。Googleではウェブ上に存在するビッグデータからユーザーが必要な情報を取得できるようにランキングシステムを整備していて、頻繁に大きなアップデートもしています。

 

ホームページは検索エンジンによるクローリングを受け、インデックスされることで、キーワード検索の結果として表示される候補になることが可能です。同じキーワードに対応する競合サイトもたくさんありますが、Googleでは独自の検索アルゴリズムでランキングをすることで検索順位を決めて表示しています。

 

検索アルゴリズムが変われば検索順位も上下します。Googleのコアアップデートがあると検索最上位だったホームページが突然10位以下になったり、圏外だったホームページの検索順位が上がったりすることも稀ではありません。検索順位はGoogleが開発を続けている検索アルゴリズムにコントロールされていると言えます。

 

SEOは検索順位を上げる施策

検索順位を上げるためにはSE対策が必要です。SEOとはGoogleの検索アルゴリズムや検索エンジンの仕組みに合わせてホームページを最適化する施策を指します。目的はユーザーがキーワード検索をしたときに、より高い検索順位に表示させることです。

 

SEOは「Search Engine Optimization」=検索エンジン最適化です。広い意味ではYahooやBingも含みますが、広いシェアを持つGoogleへの最適化の代名詞ともなっています。検索順位を上げてホームページにアクセスしてくれるユーザーを増やしたいなら、SEOに積極的に取り組むのが得策です。

 

Googleの検索順位を上げる4つのポイント

出典:https://www.shutterstock.com

 

Googleでキーワード検索をしたユーザーにアクセスしてもらえるようにするのがSEO、すなわち検索順位を上げる施策の基本です。Googleの検索順位を上げるための概念として押さえておきたいポイントが4つあります。この4つを押さえてSEOに取り組めば検索順位を引き上げられるので、ぜひ試してみてください。

 

Googleの方針に沿った有益なコンテンツを作成する

Googleの検索順位はGoogleの方針によって作り上げられた検索アルゴリズムによって決まります。検索順位を上げるにはホームページのあらゆる部分をGoogleの方針に合わせて作り上げることがとても重要です。

 

Googleではウェブマスター向けガイドライン、検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド、Google検索品質評価ガイドラインといったガイドラインを公開しているので参考になるでしょう。ウェブマスター向けガイドラインではホームページの作成をするうえでやってはならないこと、スターターガイドでは最低限やっておくと良いこと、品質評価ガイドラインではランキングの基本方針が示されています。

 

詳細はここでは省きますが、Googleが独自のアルゴリズムで検索順位を決める際に重視しているのは「ユーザー」です。ユーザーから選ばれる検索エンジンとしての地位を維持し、さらにユーザーエクスペリエンスの高いサービスにするために邁進しています。ユーザーにとって有益なコンテンツを提供しているホームページの検索順位を上げるようにランキングシステムを改善しています。

 

ユーザー視点で有益なコンテンツを提供すれば、Googleの検索アルゴリズムが改善されるにつれて検索順位の上位を獲得できるようになるのは確かでしょう。その方向性がGoogleと合っていることが大切なので、ガイドラインを熟読してコンテンツ作成を進めるのがおすすめです。

 

検索エンジンの仕組みに合わせたサイトを設計する

検索順位はGoogleのクローラーによって認識され、インデックスを経なければ決まりません。検索エンジンの仕組みに合わせて、クローリングを受けやすいようにする内部対策をすることも検索順位を上げるためには重要なポイントです。このSEOはクローラビリティを向上させるための施策としてよく知られています。

 

クローラビリティの向上を通して検索順位を上げるにはクローラーにとってフレンドリーなホームページにすることが肝心です。XMLサイトマップを作成したり、ドメインの正規化をしたりするのが基本になります。モバイルページを用意してモバイルフレンドリーなホームページにするのも検索順位を上げるのに効果的です。

 

内部リンクの活用も検索順位を上げる施策としてメリットがあります。コンテンツに関連性があるならリンクを貼っておくことでユーザーがすぐに関連するページにアクセス可能です。ページの類似性によってランキングも左右されるので注意が必要ですが、正しく設置された内部リンクは高評価につながります。

 

内部対策は他にもできることがたくさんあります。メタディスクリプションの内容を工夫したり、パンくずリストの設置をしたりするのが典型例です。テクニカルな部分が大きいですが、網羅的に対応すると検索順位も上がっていきます。

 

被リンクの獲得を目指す広報・宣伝の活動を進める

Googleでは検索順位を決めるときにホームページのコンテンツや構成だけを見ているわけではありません。ユーザーにとって魅力があるサイトかどうかを判断するうえでは、外部からの評価についても重要になります。Googleの検索順位には信頼性のある外部サイトからの被リンクの状況も重視されているため、外部対策も推進するのがポイントです。

 

検索順位を上げるには信頼性のあるサイトからの被リンクを広く獲得するのが重要になります。Googleは権威性を重視しているため、公的機関や学術研究機関、大手ニュースサイトなどからの被リンクがあると高く評価されます。お金を出して被リンクを受けるブラックハットSEOはもはや通用しません。

 

SNSは被リンク獲得につながる広報・宣伝の方法です。SNSでシェアされるようになれば急速に情報が拡散して、リンクしてくれるケースが増えるでしょう。ユーザーが判断してリンクを貼ってくれるので、ユーザビリティやユーザーエクスペリエンスを重視するGoogleの方針に沿った被リンクの獲得に直結する魅力的なアプローチです。

 

SEOを継続的に推進する

検索順位を上げるためのSEOは継続的に推進するのが肝心です。ホームページを改良したり、コンテンツを追加したりしてから、Googleの検索順位が変動するには月日がかかります。GoogleもSEOの効果が得られるまでには少なくとも4ヶ月が必要と公表しているので、数か月単位で結果を見ながらSEOを進めていくのが合理的でしょう。

 

SEOは検索エンジンによるランキングを上げ、検索順位を高くするためのあらゆる施策です。外部対策も内部対策も含めて網羅的に取り組み、総合的な結果として検索順位が上がっていきます。特に競合サイトがあるときにはSEO対策の競争もあるため、競合分析もしながらSEOのアプローチも検討していく必要があります。

 

より良いSEOを推進するためには、現在の検索順位を把握することも大切です。検索順位はGoogle Chromeをシークレットモードにしてキーワード検索をすればわかります。検索順位チェックツールを使うと複数のキーワードについてまとめて検索順位を確認することも可能です。少しでも検索順位が上がっていれば励みになり、検索順位が上がっていないなら対策を再考する必要があるとわかります。定期的にチェックしてSEOの方針を検討していくのが重要なポイントです。

 

Googleで検索順位を上げるアプローチ

出典:https://www.shutterstock.com

 

Googleからユーザーにアクセスしてもらえるようにするためには具体的にどのようなアプローチを取ったら良いのでしょうか。検索順位を上げる4つのポイントを念頭に置きながら、具体策としてどのような取り組みが効果を発揮するのかを見ていきましょう。

 

キーワードを厳選して検索順位を上げる

Googleで検索順位を上げようとする際には、ユーザーがどんなキーワードで検索するかを考えるのが重要です。Googleサーチコンソールを使ったり、Google検索のサジェストキーワードなどから情報を得たりしてキーワードを厳選しましょう。

 

検索ボリュームが大きいビッグキーワードだけを狙っていても競合が多くてなかなか検索順位が上がりません。ロングテールキーワードに着目したり、ニッチキーワードやローカルキーワードを組み合わせたりして上位を獲得できるようなキーワードを見つけ出すのが肝心です。

 

ミドルキーワードやスモールキーワードを合わせるとアクセスしてくれたユーザーの検索意図にも合いやすいため、コンバージョン率の向上も期待できます。売り上げや問い合わせにつながるSEOをおこなううえで重要なアプローチなので意識的に取り組むのがおすすめです。

 

▶︎検索上位の獲得につながるロングテールキーワード選び方について詳しくはこちら

 

E-A-Tを重視して品質向上を図る

E-A-Tを重視してホームページやコンテンツの品質を向上させればGoogleの検索順位は上がるでしょう。Googleがユーザーファーストの視点での品質基準として掲げているのがE-A-Tです。E-A-Tとは専門性・権威性・信頼性のことを指します。

 

検索エンジンとしてのGoogleのサービスはユーザーが満足する情報に速やかにリーチできるのが大切です。ユーザーは疑問や不満があって検索しています。検索窓に入力したキーワードはユーザーが知りたいことを体現しているものなので、キーワードとコンテンツの関連性が高いのが最低条件です。しかし、Googleはさらにコンテンツの品質についてこだわりのある基準を設けています。

 

専門性が高くてユーザーが「なるほど」と納得するコンテンツならユーザーエクスペリエンスも高い水準になります。権威性があって確かな根拠によって裏付けられていたり、信用できる機関が認証していたりすれば納得感も高まるでしょう。そして、信頼性のある情報源であればユーザーが有益な情報だと受け入れられます。

 

E-A-Tの考慮はGoogleが掲げている品質基準なので、SEOを進めて検索順位を上げる際には欠かせないポイントです。どんなコンテンツのホームページにするか、新しいコンテンツとして何を盛り込むかは検索順位を上げたいときには大きな悩みになります。E-A-Tはそのガイドラインとしてとても参考になるものです。E-A-Tを理解して、自分がベストと考えるコンテンツではなく、ユーザーファーストを考えるGoogleがベストとするコンテンツに仕上げましょう。

 

コンテンツSEOを推し進める

検索順位を上げるためのSEOにもいろいろな種類があります。その中でも長期的に取り組むことで大きな効果を期待できるのがコンテンツSEOです。コンテンツSEOとはホームページの信頼性を上げつつ、コンテンツを充実させることでユーザーとの接点を拡張する施策です。品質の高いページで構成されているサイトを作り上げ、内部リンクも適切に設置することで全体として評価が高いホームページにすることを指します。

 

コンテンツSEOでは新たにキーワードを選定して新規記事を作成したり、過去記事をリライトしたりするのが基本です。コンテンツのボリュームを増やすだけでなく、よりユーザーニーズに合っていてGoogleの求めている記事に整えていきます。E-A-Tに準拠しているコンテンツを増やし、ユーザーからの支持を受けることでサイトの信頼性も高めることが可能です。

 

1つのジャンルに限定してサイトを作り上げていくと専門性の高さも良い評価を受けられるようになるでしょう。ホームページ自体のGoogleからの評価が上がればドメインパワーも上がります。すると内部対策によって新しいコンテンツも高品質と判断されやすくなり、正の循環を生み出すことが可能です。

 

コンテンツSEOは長期的な視野で大きな効果を発揮できる魅力的なアプローチです。Googleで検索順位を維持していくための努力は必要になりますが、ホームページへのアクセス数を増やすための施策として取り組むことをおすすめします。

 

▶︎コンテンツSEOについて詳しくはこちら

まとめ

Googleの検索順位をトップ付近まで上げれば、キーワード検索をしたユーザーからのアクセスを広く獲得できます。ユーザーが情報収集をするときにGoogleで検索することが多くなっている時代なので、ホームページへの集客を目指す方法としてとても魅力があるアプローチです。

 

検索順位を上げるにはGoogleの方針と検索エンジンの仕組みを同時に考慮してSEOを推進するのが大切です。検索キーワードを慎重に選び出し、コンテンツをE-A-Tの品質基準に沿って充実させればきっと多くのユーザーアクセスを獲得できます。ただ、高度な技術や知識に基づく長期的な取り組みが必要になるのも確かです。Googleで検索順位を上げて維持していきたいとお考えでしたら、ぜひ弊社にご相談ください。SEOを通してホームページの検索順位を上げつつ、集客力も引き上げられるように貢献いたします。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.