ローカルSEOは店舗経営の有力な施策!対策のやり方を知っておこう

rokujigen_writer

ローカルSEOは地域で店舗サービスを提供している際に大きな効果を期待できる施策です。Google検索のSEO対策の一つとしてよく話題に上っていますが、どのような内容かをご存知でしょうか。この記事ではGoogleマイビジネスを活用するSEOとも言われるローカルSEOについてご紹介します。

ローカルSEOとは何か

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOはユーザーが検索エンジンで情報を探しているときに上位表示させるための最適化の施策です。ローカルSEOとはSEOの一種で、地域キーワードに着目して最適化を進めるという特徴があります。

 

一般的なSEOとローカルSEOの違い

ローカルSEOはGoogle検索の結果で上位表示を狙う点では一般的なSEOと同じです。検索キーワードを選んで対策するのを中心として、ユーザーが情報検索をしたときに最も目に入りやすいポジションを獲得することを目指します。

 

ただ、ローカルSEOの場合にはキーワード検索の結果で上位表示されることも視野に入れますが、一般的にはマップ検索での上位表示を目指すのが特徴です。そして、対策の際には地域性を示すキーワードを重視して、地名やランドマーク名などを使ったSEOをおこないます。

▼一般的なSEOについての記事はこちら
https://rokujigen.co.jp/6plus/1571/

 

MEOと意味はほとんど同義

MEO=「マップエンジン最適化」はローカルSEOと違うのかどうかがよく話題に上ります。結論としてはMEOとローカルSEOはほぼ同義です。地域性を生かしたSEO対策を施すという意味では全く同じと言えます。ただ、MEOの場合にはGoogleマップ検索へのSEO対策のみを示すことが多く、ローカルSEOの場合にはキーワード検索への対策も含めることがあるのが違いです。

 

また、海外ではMEOという言葉はあまり使われていません。日本でSEOから派生して生み出された言葉で、海外ではローカルSEOと呼ぶのが主流です。海外でもローカルSEOはGoogleマップだけに特化してSEO対策をすることを意味することもありますが、通常はキーワード検索への対策も同時におこないます。

 

GoogleマイビジネスによるSEOが基本

ローカルSEOではGoogleが提供しているGoogleマイビジネスをツールとして活用するのが一般的です。Googleマイビジネスを使うと実店舗のビジネスに関する基本的な情報をGoogleマップに表示できます。その内容を最適化してマップ検索で優先表示されるように対策するのがローカルSEOの基本です。

 

GoogleマイビジネスによるローカルSEOではローカルパックとナレッジパネルに焦点を絞って最適化を進めるのが定石です。どちらもGoogleマイビジネスを使ってユーザーへのアプローチができる魅力があります。

 

ローカルパックとは地域キーワードを含む検索をしたときに、Googleマップと一緒に表示されるビジネス情報のリストです。ローカルパックには通常の表示内容の他に、特定のジャンルやブランドなどを検索したときに表示されるローカルABCパックやローカルスナックパックといった種類があります。ローカルパックの下部の「すべて表示」を選ぶと表示されるローカルファインダーも活用可能で、Googleマイビジネスに登録している内容が表示されます。

 

ナレッジパネルは店舗の名前などで検索をしたときに右側に大きく表示されるビジネス情報です。画像付きで詳細な情報がGoogleマイビジネスに登録されている通りに表示されます。ナレッジパネルに着目するSEOでは名前が重要になりますが、興味を持ってGoogleマップやリンク先にアクセスするかどうかは地域情報に影響されることがよくあります。正しい情報をGoogleマイビジネスに登録して詳細を見てもらえるようにするのが対策の定石です。

 

GoogleマイビジネスでのローカルSEOのやり方

出典:https://www.shutterstock.com

 

ローカルSEOを対策するにはGoogleマイビジネスを使って進めていくのが一般的です。ただ、どのようなやり方をすれば最適化できるかがわからない方もいるでしょう。ここではローカルSEOの対策のやり方を広くご紹介します。

 

3つのローカルSEOの重要要素を理解する

ローカルSEOでは3つの重要要素があることが知られています。Googleマイビジネスに登録したビジネス情報が正しいことは大前提です。そのうえで、ユーザーが検索したときに上位表示されるためには、検索意図との関連性、ビジネスの知名度、ユーザーと店舗との距離の3つが重要視されています。

 

SEOの基本とも言えるのがキーワードとの関連性です。検索クエリをチェックしてビジネス情報に盛り込むのが基本的な対策になります。特に地域キーワードを盛り込むことを重視して、ロングテールキーワードを狙って関連性を深めると上位に表示されやすくなります。

 

ビジネスの知名度が高いほどユーザーにとって喜ばれるサービスだとGoogleに認識される傾向があります。オンラインかオフラインかにかかわらず、よく知られているかどうかが重要なポイントです。SNSやブログ、ニュースなどでの採用、口コミの投稿の被リンク数の増加などのさまざまな観点でビジネスの知名度が評価されています。

 

距離は検索したユーザーの位置情報に基づいて決まるものなのでローカルSEOでは具体的な対策のポイントがありません。しかし、正しい住所をGoogleマイビジネスに登録していないと不利になる可能性が高いので、誤りがないことを必ずチェックしましょう。

 

NAPの統一でGoogleに同じビジネスとして認識させる

Googleマイビジネスに登録しているビジネス情報やローカル情報は表記を統一し、情報発信をするときにもローカルSEOで重要なポイントです。特に統一した方が良いのがNAPと呼ばれる3つのビジネスキーワードです。Name、Address、Phoneの頭文字を取った略称がNAPで、日本語にすると名称、住所、電話番号になります。

 

例えば、ナレッジパネルでは店舗名や企業名などがユーザーの検索キーワードと一致すると表示されます。知名度の評価ではNAPが同じかどうかを主な判断基準とされているため、同じビジネスとしてGoogleに認識されるには表記の統一が必要です。住所は「1丁目」「5番地」、電話番号は「xxx-yyy-zzzz」「xxxyyyzzzz」といった書き方があるので、どこに情報発信するときにも同じように記述するようにしましょう。

 

検索キーワードの改善を図る

ローカルSEOは一般的なSEOと同じで検索キーワードの選定が重要です。地域キーワードを使って検索エンジン最適化をするのがローカルSEOの基本なので、小手先の技術にこだわるよりもキーワード選びを重視しましょう。検索されるキーワードを選ぶことは欠かせないことです。そもそも検索ボリュームがほとんどなくてアクセスを稼げていないときには使われている地域キーワードを探すところから始めて改善を目指すのがおすすめです。

 

ローカルSEOを始めようと思った時点で選んだキーワードがベストだとは限りません。ビジネス情報がどんなキーワードで検索したユーザーに表示されているか、どのキーワードで検索したユーザーからアクセスしてもらえているかを分析しましょう。検索クエリやGoogleのサジェストはユーザーの検索意図を反映しています。このような情報を参考にして検索キーワードの見直しを進めるのがローカルSEOの成功につながる方法です。

 

スマートフォンに対応する

ローカルSEOの効果として魅力的なのは、近い距離にある店舗を探しているユーザーに来店してもらえる可能性が高いことです。出先で情報検索をしているシーンをイメージすると、スマートフォン対応が重要だとわかるでしょう。ローカルSEOではスマートフォンに対応することは欠かせません。リンク先のサイトはモバイル端末に対応させて、ユーザビリティを向上させておきましょう。

 

最新情報に更新する

ローカルSEOを進めるときには情報の新鮮さを重視するのがポイントです。Googleマイビジネスに登録している内容がナレッジパネルやローカルパックに表示されますが、ビジネス情報はあまり変わらないので登録時点から放置してしまうケースがあります。しかし、住所や電話番号などは同じだったとしても、サービスに関連する写真情報は充実させることが可能です。できるだけ新しい情報を載せるように心がけていきましょう。

 

レビューや口コミへの返信を進める

ローカルSEOでは知名度を向上させつつ、ユーザーに選んでもらえるサービスだと認識してもらうための取り組みが欠かせません。口コミの投稿がもしあったなら、すぐに誠意を込めて返信しましょう。ユーザーとのコミュニケーションがあるのは信頼の証です。たとえ不平不満の口コミが投稿されたとしても、適切な対応をしていればネガティブに評価されることが少なくなります。

 

口コミを投稿するとすぐに回答があるとわかると、ユーザーが疑問に思ったことを頻繁に質問してくれるようになります。その質問への回答を見て疑問を解決し、店舗に向かってくれるユーザーもいるでしょう。知名度だけでなく信頼性も勝ち取ることにつながるのが口コミへの迅速な返信です。

 

まとめ

ローカルSEOは地域キーワードに着目してGoogleのキーワード検索とマップ検索への最適化を目指し、ユーザーから見つけてもらいやすくするための施策です。ローカルSEOのメリットは長期的な店舗集客のツールになるだけでなく、ユーザーがすぐにアクションを起こす可能性が高いという特徴があります。ターゲッティングをして長期的なSEOを進めていけば大きな集客効果を期待できるアプローチです。

 

ただ、ローカルSEOは一般的なSEOと同じで即効性がなく、Googleマイビジネスの無料サービスの範囲内ではノウハウがないと対策内容にも限界があります。費用対効果の評価が難しいこともローカルSEOの問題点で、効果測定のやり方も検討することが必要です。

 

六次元では地域キーワードの選定からGoogleマイビジネスの運用まで、プロとして効果が上がるローカルSEOを実施しています。店舗経営のより大きな成功につながるローカルSEO対策ができますので、Googleマップ検索からのユーザー獲得をお考えの際にはぜひご相談ください。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.