SEOとは?初心者でも簡単にわかるSEO入門

rokujigen_writer

SEOがホームページの制作や運営では重要だと聞いたことがあるけれど、SEOとは何かがよくわからずに手を出せずにいる方もいるでしょう。SEOは初心者にとって理解しづらい施策だともよく言われています。しかし、ホームページを活用する意味を大きくするにはSEOを推進するのが大切なのは確かです。この記事では初心者でもわかりやすいようにSEOとは何かを簡単にご紹介します。

そもそもSEOとは何か

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOとは検索エンジン最適化とも呼ばれている対策方法です。検索エンジン最適化と言われても初心者にはどのような施策なのかがわかりづらいでしょう。まずはSEOについて簡単に嚙み砕いて説明します。

 

SEOとは簡単に言えば「検索結果で上位を取ること」

SEOとは広い意味では検索エンジンを使ってユーザーがキーワード検索をしたときに見てもらえるようにすることです。簡単に言えば、SEOは検索結果で上位を取るための施策を指します。

 

GoogleやYahoo!のような検索エンジンでユーザーが検索したときには、トップに近いところに表示されたサイトから見ていくのが一般的です。少しでもユーザーの目に入るチャンスがあればアクセスしてくれる機会が増えるでしょう。このような考え方で検索上位を獲得することを目指してホームページに工夫をするのがSEOです。

 

SEOとは「検索エンジンから高い評価を得るための施策」

SEOは言い換えると検索エンジンから高い評価の得られるホームページにすることです。ユーザーが意図をもって検索をしています。検索エンジンの運営をする上ではユーザーのニーズに合った検索結果を表示することが重要です。そのため、検索エンジンではホームページを評価して高い順番に検索結果として提示するアルゴリズムを作り上げています。

 

GoogleやYahoo!の検索性能が向上したことによって、検索エンジンで情報収集をする人が多くなりました。そのため、SEOを実施して検索エンジンから高い評価を得る重要性が高まっています。ホームページの制作や運営をするときにはSEOを対策すべきとよく言われているのは、ユーザーとの接点を増やす効果的な方法だからです。

 

SEO初心者が押さえておきたい3つのポイント

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOの経験がない方はどうやって対策をしたら良いかがわからないかもしれません。ここでは初心者が押さえておきたいSEOの基礎的なポイントをご紹介します。SEOとはどのような施策なのかを具体的にイメージできるようになりましょう。

 

検索エンジンが用いる評価基準

SEOでは検索エンジンから高い評価を受けて上位表示されることを目指すのが基本です。そのためには検索エンジンが用いる評価基準を理解して、ホームページの構成やコンテンツの内容を整えるのが肝要です。

 

例えば、Googleでは「E-A-T」を評価基準として重視しています。「E-A-T」とはホームページのコンテンツに求められる要件の頭文字を並べたものです。専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)の3つが検索エンジンからの評価項目として重要になっています。

 

「E-A-T」を満たすSEO対策とは、簡単にまとめると情報発信をするなら高度な内容を求めているユーザーにも応えられるように配慮し、確かな根拠がある情報を揃え、第三者からも支持されるコンテンツに仕上げることです。情報を探しているユーザーにとって大切な観点を当たり前のように評価基準にしているとも言えます。

 

クロールとインデックスを経て検索順位が決まる仕組み

SEOでは検索エンジンがどのように評価して検索順位を決めているかを理解して進めるのが大切です。検索エンジンではクロール、インデックスという二つのプロセスを経てから評価をしてランキングを決めています。

 

クロールとは検索エンジンに搭載されているクローラーが新しいホームページやコンテンツなどを探し出す行為です。クロールによって見つけ出されたホームページやコンテンツはインデックスされます。インデックスによって検索エンジンのデータベースに保存されて、ユーザーが検索をしたときの候補として挙げられるようになります。

 

インデックスされたときに検索エンジンのアルゴリズムに応じて評価されてランキングが決まります。その後もクローラーが巡回してきてインデックスやランキングが繰り返されていき、その都度、検索順位が変動していくのが基本です。SEOとはクロールから始まってインデックスされてランキングが決まるプロセスを考慮し、3つのステップをスムーズにクリアして高い検索順位を得ることを目指します。

 

検索ユーザーの意図の重要性

SEOを推進するときにはウェブ検索の社会的な位置付けを念頭に置いて施策を考える必要があります。Googleでは検索ユーザーの意図を重視してアルゴリズムを改良してきました。情報にリーチしたいときに検索エンジンで探すのが当然と思われる時代になり、情報の出し手ではなく情報の探し手の立場を最大限に尊重するようになっています。

 

SEOではユーザーにとって価値がある高品質のコンテンツを提供するのが前提です。さらにユーザーがどのような検索行動を起こすかを分析して、意図を汲むように設計した施策を進めていくとSEOの効果が上がります。

 

ユーザーはキーワードを考えて検索を繰り返すのが普通です。ときにはオフラインで店舗を巡って情報を集めることもあるでしょう。その結果として目的を達成したら、もう検索することはなくなります。このようなユーザーの行動のあり方を加味し、検索されやすいキーワードを盛り込んでSEOをするのがポイントです。

 

SEOのメリット

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOとは何かが大まかに理解できると、実際にSEOを推進するメリットは何かが気になるでしょう。SEOのメリットは多岐にわたっていますが、特に知っておきたいポイントをご紹介します。

 

広告費用をかけずにユーザーアクセスを増やせる

SEOはホームページへのユーザーアクセスを増やすための施策です。他のウェブマーケティングのやり方として広告を出稿する方法があります。リスティング広告やSNS広告などのさまざまな広告を利用できるようになり、費用対効果も上げやすい状況ができました。ただ、広告費用がかかるのが悩みになりがちです。SEOでは広告費用を負担する必要がありません。SEOに成功すれば高い費用対効果を得られるのがメリットです。

 

中長期的なブランディング効果や集客効果が得られる

ホームページの制作や運営にはブランディングや集客、売り上げの向上などのさまざまな目的があります。SEOは中長期的な視野で効果を得られるのがメリットです。検索エンジンは過去のユーザーアクセスを評価対象としています。検索結果で上位表示されるSEO対策に成功すると、その後もずっと上位が維持されると期待できます。競合ページとの競争はありますが、SEOを継続することで中長期的に効果が発揮されるのは大きな魅力です。

 

自然な流入になるのでコンバージョン率が高くなりやすい

SEOの優れている点として押さえておきたいのが、ユーザーが自分の意志でキーワードを決めて検索し、検索結果から選んでホームページにアクセスしてくれることです。サイトへの自然な形で流入するユーザーを増やせるのがSEOの特色とも言えます。

 

広告をクリックしてアクセスしたユーザーは広告に呼び込まれたという印象を持ち、疑いの気持ちを抱きながらサイトを閲覧するのが通例です。しかし、SEOで流入したユーザーは自分で選んだという気持ちを持っているため、商品購入や問い合わせなどの目的に合ったコンバージョンにつながりやすいのがメリットです。

 

SEOのデメリット

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOはユーザーとの接点を増やしつつ、ホームページを運営する効果を上げられる魅力があります。ただ、初心者の方はSEOを進めていけばあらゆる悩みをすぐに解決できると誤解することも決して少なくありません。SEOにはデメリットもあるのでここで気を付けておいた方が良い点を押さえておきましょう。

 

キーワードやコンテンツの検討に高度なノウハウが必要になる

SEOは検索エンジンに高い評価をしてもらえるようにする施策です。ユーザーの検索の意図や行動を考慮して対策を考えるのが特徴で、さらに検索エンジンのアルゴリズムも加味して方策を練る必要があります。検索キーワードの選定やコンテンツの内容の検討には高度なノウハウがなければ難しいのがSEOのデメリットです。SEOが初心者には困難と言われるのは、ユーザーと検索エンジンの両方を考慮して効果の上がる対策を立てなければならないからです。

 

SEOの成功には時間がかかる

SEOのデメリットとして効果が出るまでに時間がかかることが挙げられます。SEOの基本は検索キーワードを決めて、そのキーワードで検索したユーザーに対して上位にホームページが表示されるようにすることです。もともと競合のサイトが存在することが多いため、検索エンジンからすぐにトップと評価してもらうのは困難です。長い時間をかけて順位を上げていく取り組みが必要になります。広告に比べるとSEOは即効性がないのが問題点です。

 

検索エンジンのアップデートによって順位が変動しやすい

SEOは一度成功したとしても終わりにできず、継続的な対策をしなければならないのがデメリットです。検索エンジンではアルゴリズムをアップデートしています。コアアップデートが実施されるとランキングが変わり、大きく順位が変動する傾向があります。アップデートの度にSEOの施策を再検討して対策を講じることが常にユーザーにリーチできるようにするためには欠かせません。競合との競争があるという意味でもSEOを続けるのは重要ですが、検索エンジンのアップデートの度に大きな変更を余儀なくされることもあるのが大変な点です。

 

まとめ

SEOは初心者にとって難しくてわかりにくいという印象がありますが、ホームページの制作や運営をする際に欠かせない施策になっています。SEOの考え方や重要なポイントを簡単にご説明しましたが、実際にSEOをしようとなると内部施策、外部施策、コンテンツ施策という3つの対策を講じることが必要です。それぞれの施策について高い専門性が求められるので、SEOとは何かで悩んでいる初心者の方は実行するのが難しい場合が多いでしょう。

 

六次元ではSEOのプロとしてのサービスを提供しています。中長期的なお付き合いをしていただけるように柔軟でクライアント様のご希望を重視した対応をしていますので、SEOを推進したいとお考えでしたらぜひお問い合わせください。

 

▼コンテンツSEOについての記事はこちら
https://rokujigen.co.jp/6plus/1583/

▼SEOコンサルティングについての記事はこちら
https://rokujigen.co.jp/6plus/1605/

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.