Business,Process,Workflow,Illustrating,Management,Approval,,Flowchart,With,Businessman,In

ネット広告も◎ 広告代理店とはどんな会社?

広告代理店はネット広告を活用する上で重要な役割を果たしています。集客方法としてネット広告が有用なことがわかり、出稿して運用したいと思っている方もいらっしゃるでしょう。ネット広告の活用で注目される広告代理店とは、どのような会社なのでしょうか。この記事では広告代理店の特徴や役割、ネット広告で集客する際に依頼するメリットを解説します。

 

広告代理店とは

Marketing,Plan,Strategy,Branding,Advertising,Commercial,Concept

広告代理店では、広告を出したい企業と、広告枠を提供したいメディアとをつなぐ仲介サービスを提供しています。企業では自社の商品やサービスを広く知ってもらうためにさまざまな種類の広告を活用しています。しかし、自社メディアに掲載するだけではマーケティングの可能な範囲が限られてしまうのが問題です。

メディアは情報発信をするのが役割ですが、事業として成り立たせるには収入源が必要です。そのため、広告枠を設けて広告の募集をおこない、広告収入によって利益を生み出しています。ただ、メディアとしては広告主を探し出すのは大変なので、広告代理店と契約をして広告枠の販売を任せているのが一般的です。

このような業界事情があるため、広告を出稿するときには広告代理店を利用するのが基本になっています。広告代理店では広告主がメディアに広告を出稿する業務をサポートしつつ、メディアの営業業務を代行して両者の橋渡しをしているのです。

 

広告代理店の主な分類

Cropped,View,Of,Male,Hands,With,Pencil,Writing,Down,List

広告代理店は「総合広告代理店」「専門広告代理店」「ハウスエージェンシー」の3種類に分類されています。それぞれがどのような特徴を持つ会社なのかを確認しておきましょう。

 

総合広告代理店

総合広告代理店は、あらゆる種類のメディアを対象として広告出稿に関連するサービスをしている会社です。ネット広告だけでなく、新聞や雑誌、テレビコマーシャルや屋外広告などのさまざまな広告を対象としています。ただ広告枠の販売を仲介するだけでなく、広告の企画や制作のサポートもしているのが一般的です。

総合広告代理店ではどのメディアを選ぶとマーケティング効果が上がるかを考えて提案したり、既存の広告の改善策を提示したりするのも特徴です。広告を利用する際の総合コンサルティングをしてくれる会社として機能しています。

 

専門広告代理店

専門広告代理店は、メディアや業種などに専門性がある広告代理店です。ネット広告専門、テレビ専門、大衆雑誌専門などと銘打っている会社も多く、専門内容に特化したノウハウを持っているのが特徴です。広告先として選べるメディアの候補は少ないですが、マーケティングを展開したいターゲットに合わせて代理店を選ぶと効果が上がりやすいメディアの提案を受けられます。特化している分野については多数の強みを持っているのが大きな魅力です。

 

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーは、企業に専属して広告業務を担当する広告代理店です。大手の企業グループから独立したハウスエージェンシーが多いですが、独立元のグループ企業以外とも契約をしてメディアとの橋渡しをしている場合もあります。メディアの候補は契約先企業に特化して厳選されていることが多く、数は少ないものの広告効果が上がりやすいのが特徴です。

 

ネット広告での広告代理店の役割

Online,Marketing,Tools

ネット広告による集客をする際には、広告代理店の利用が重要になっています。ネット広告における広告代理店はただメディアの広告枠の販売を仲介する会社ではありません。ネット広告の効果的な運用方法を提案・実行する会社になっています。ネットでは広告枠の販売をメディアが広告代理店に依頼する必要がありません。広告枠を戦略的に競って獲得する必要があるため、運用の仕方が鍵になっています。

ネット広告代理店はクライアントのニーズをヒアリングし、的確な広告手法を選定して運用しています。ネット広告の効果を上げたいと考える企業の総合的なサポートをする役割を果たしているのが広告代理店です。広告主のクライアントからはネット広告にかかる費用と手数料を受け取ることで、事業として確立されています。

 

ネット広告での集客のメリット

Businessman,,Man,Hold,In,Hand,Offer,Positive,Thing,Such,As

広告による集客ではネット広告以外にもテレビ広告や新聞広告などのさまざまな候補があります。ネット広告が近年よく選ばれているのは、以下のようなメリットがあるからです。

 

ターゲットを定めやすい

ネット広告はターゲッティングをしやすいのがメリットです。ネット広告ではユーザーの属性を取得して広告を表示するのが一般的になっています。性別や年齢、趣味や興味関心などのさまざまな情報をもとにして広告が表示されます。自社の商材に関心を持ってクリックすると考えられるユーザーに積極的にアプローチできるので、集客効果が上がりやすいのが魅力です。

 

PDCAサイクルを回しやすい

ネット広告は効果測定をしやすいことから、PDCAサイクルを回して改善を図るのが容易です。オフラインの広告では、その広告を見て商材を購入してくれた人がどのくらいいるのかを測定するのが難しい場合が多いでしょう。クーポンを付けて回収するといった方法もありますが、クーポンは使わなかったけれど広告を見て購入した人もいるかもしれません。

ネット広告では広告のクリック数を測定することができ、広告から流入したユーザーが購入した割合もコンバージョン率として測定可能です。広告クリック数や購入数など、さまざまなユーザーアクションに基づく分析ができるため、集客だけでなく売上につながる広告施策を作り上げられます。

 

コストパフォーマンスを上げやすい

ネット広告はコストパフォーマンスを上げやすい料金システムになっているのがメリットです。ネット広告ではCPC課金、CPA課金、CPM課金などが主流になっています。CPC課金は広告クリック数、CPA課金は広告クリックを通して購入などのユーザーアクションが起きた数、CPM課金は広告がターゲットに対して表示された数によって課金される仕組みです。

月額料金が定められていて集客につながるかどうかにかかわらず、一定料金を払わなければならない広告もあります。しかし、ネット広告では広告をクリックする、ユーザーアクションを起こす、属性などに基づいて興味関心を持つと考えられるターゲットに広告を表示するという形で、集客や売上につながる結果が出たときにだけ課金されます。

 

ネット広告を代理店に頼むメリット

Businessman,Hand,Holding,Plus,Sign,Virtual,Means,To,Offer,Positive

ネット広告で集客するときには必ずしも広告代理店に依頼する必要はなく、自社での広告運用も可能です。しかし、ネット広告は代理店に頼むと以下のようなメリットがあるのでよく活用されるようになっています。

 

社内の運用コストを下げられる

ネット広告を代理店に頼むと、社内の人材が広告運用に手間暇をかける必要がありません。広告運用に必要な一連の業務を全て任せられるので、定期的なミーティングを実施するなどの広告方針の擦り合わせ程度をするだけで効果的な運用ができます。ネット広告の運用テクニックも学ぶのに時間をかけなくてよいメリットもあるため、トータルで見るとコストを抑えることができるのが一般的です。

 

代理店が収集した知見を活用できる

広告代理店はクライアントにとってのメリットと、運用実績の向上を目指して情報収集に励んでいます。新しいネット広告媒体が登場することもあれば、広告の課金システムが変更されることもあります。ユーザーの動向が変わり、効果が上がりやすい広告に変化が生じることも稀ではありません。広告代理店はプロとしていつも最適な広告施策を実行できるように情報収集をしています。その知見を活用できるのは代理店に頼むメリットです。

 

適した広告方法を選定してもらえる

広告代理店にネット広告を依頼する最大のメリットは、業種や商材などに応じて最適な広告方法を選定してくれることです。一言でネット広告と言っても、リスティング広告やディスプレイ広告、アフィリエイト広告などのさまざまな種類があります。それぞれに特色があるので、業種や商材によって合うか合わないかが異なっています。リスティング広告でもGoogleとYahoo!のどちらを選ぶかによって集客効果に違いが生じることは否めません。

広告代理店は経験と実績に基づいて最適な広告方法を選び出せます。ネット広告を出したことがない場合や、出稿してみたけれど効果が上がらなかった場合には、どのようにしてネット広告を運用したら良いかが悩みになるでしょう。広告代理店はその悩みを解決し、適した方法を提案してくれるのがメリットです。

 

まとめ

Business,Process,Workflow,Illustrating,Management,Approval,,Flowchart,With,Businessman,In

ネット広告における代理店はメディアと提携して広告枠の販売をしているのではなく、クライアントに合わせた広告施策の提案と実行を担っています。広告代理店を利用すれば社内の広告運用の負担を軽減できるだけでなく、プロとして持っているノウハウによる効果的な集客を実現する方法を示してもらえるのがメリットです。

ネット広告はターゲッティングをしやすく、PDCAサイクルも回しやすいのでコストパフォーマンスの高い運用ができます。広告代理店に相談して最善の方法でネット広告の効率的な運用をしていきましょう。

 


 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。