アンケートLPの作り方の流れとポイントをご紹介!

rokujigen_writer

アンケートLPはマーケティング手法として注目されているので関心を持っている方もいるでしょう。本記事ではアンケートLPの作り方の基本をご紹介します。制作で重要なポイントやアンケートLPの活用方法も解説しますのでぜひ参考にしてください。

アンケートLPの特徴と活用の魅力

出典:https://www.shutterstock.com

 

アンケートLPはアンケートをツールとして活用し、ユーザーに商品やサービスの理解を促すことでコンバージョンにつなげるLPです。LPの作り方にはさまざまなアプローチがありますが、アンケートLPはマーケティングに有効な独特の特徴があることから注目を浴びています。まずはアンケートLPの特徴と活用の魅力を確認しておきましょう。

 

ユーザーの能動的な行動を促せる

アンケートLPはユーザーに対して能動的なアクションを求められるのが特徴です。アンケートLPではユーザーがアンケートに回答することを要求します。受動的に広告や記事を読むのとは違い、アンケートの設問を理解して自分の考えに基づいて応えるというプロセスができるのがアンケートLPの特徴です。

 

アンケートLPならユーザーが潜在意識に自ら問いかけて、商品やサービスの魅力があるかどうかを能動的に判断する形を整えられます。顕在層にも潜在層にもアピールできる点でアンケートLPは広い範囲にマーケティングできるのが魅力です。

 

広告と認識されにくく離脱率が低い

アンケートLPは一般的なLPと比べると、ユーザーから「広告だ」という認識をされにくい性質があります。市場調査のためのアンケートと思ってもらいやすいため、「広告目的だから無視しよう」という考えで離脱されるリスクが低いのが特徴です。インターネット広告に対してネガティブなイメージを持っているユーザーも少なくはありません。広告を出したことによってブランドイメージに影響があることもあります。

 

しかし、アンケートLPは見た目ではただのアンケートです。興味を持ったユーザーが回答する仕組みなので、広告という印象を持たれることがあまりありません。離脱率が低くてコンバージョンにつながりやすいことからマーケティングに活用されています。

 

市場調査を兼ねられる

アンケートLPによってユーザーからの回答を得られると市場調査になります。アンケートLPは市場調査を兼ねたプロモーションとして活用できるのが特徴です。たとえコンバージョンにならなかったとしても、ユーザーがアンケートに回答してくれれば市場動向を把握できます。回答内容とコンバージョンの状況を分析すれば、市場ニーズに合わせたマーケティング戦略を考えられます。次につながる市場調査を兼ねられるのが、アンケートLPが注目されている理由です。

 

アンケートLPの基本的な作り方

出典:https://www.shutterstock.com

 

アンケートLPの作り方は流れがわかると簡単です。事前準備から制作までの流れには一般的なアプローチがあります。ここではアンケートLPの基本的な作り方をまとめたのでぜひ参考にしてください。

 

ユーザーのアクセスからコンバージョンへのストーリーを考える

アンケートLPを制作するときには、まず全体のストーリーを考えましょう。ユーザーがアンケートLPにアクセスしてから、コンバージョンに至るまでの動線を設計します。アンケートへの回答を通して、商品やサービスに興味を持ってもらえるようにするのがアンケートLPの基本です。ターゲットを意識して設問の内容やアンケートの特典を検討すると全体構成が明確になっていきます。

 

アンケートLPのファーストビューを作成する

ファーストビューにこだわるのはアンケートLPの作り方のポイントです。アンケートLPにアクセスしたユーザーがアンケートに回答するか、離脱してしまうかはほぼファーストビューにかかっています。ファーストビューを見てアンケートに答えるメリットが大きいとユーザーが思うように設計しましょう。画像を使って一目でメリットがわかるようにするのが基本です。また、アンケートに回答するのにかかる所要時間や設問の数も明記するとアンケートの参加率が高くなります。

 

アンケートの設問を構成する

アンケートLPのメインはアンケートの実施です。設問の内容を考えて構成しましょう。ユーザーは顕在層のこともあれば潜在層のこともあります。ターゲットを意識して設問の内容や順番を検討するのが効果が上がりやすくするコツです。アンケートによる市場調査の効果も意識して、アンケートLPを通して収集したい情報も明確にすると設問の適切な構成ができます。

 

アンケートを踏まえた提案の流れを構築する

アンケートLPはアンケートに答えてくれたユーザーに対して商品やサービスを紹介してコンバージョンにつなげるのが最終目的です。アンケートの内容を踏まえて、売り込みたい商品やサービスを提案する流れを構築しましょう。アンケートに回答した時点で商品やサービスの魅力を理解してもらえるように設計し、購入ページに遷移させて購入を促すのが基本的な作り方です。

 

アンケートLPの作り方のポイント

出典:https://www.shutterstock.com

 

アンケートLPの作り方によって効果にも違いが出てきます。アンケートLPを使ってコンバージョンを上げるにはどうしたら良いのでしょうか。ここでは効果につながる作り方のポイントをご紹介します。

 

アンケートの設問を通してメッセージを伝える

アンケートは単純な市場調査のためのものではありません。アンケートLPではアンケートの設問に回答することを通して、ユーザーが商品やサービスに興味を持つようにするのがポイントです。一つ一つの設問にメッセージを込めるのがアンケートLPの効果を上げる設問の作り方です。回答を通して悩みを再認識させたり、商品やサービスが他社よりも優れていると理解させたりするとコンバージョンにつながりやすくなります。

 

設問の回答は簡単にできるように配慮する

アンケートLPでは離脱を防ぐために回答しやすい設問にするのが重要です。設問を短い文にして読むストレスを減らし、回答は選択肢にしましょう。1文か2文程度の設問にして、回答を「はい/いいえ」の形式にすると回答しやすくなります。また、アンケートを最後までやるのにあまり時間がかからないように意識し、3〜7問程度を目安にするのが効果的なアンケートの作り方です。

 

動画や商品画像を盛り込む

アンケートLPでは動画や商品画像を使う設問を盛り込むのが効果的です。動画は情報収集の方法として広く活用されるようになったのでユーザーから受け入れられやすいアプローチです。伝えられる情報量も多いため、商品やサービスのメリットをアピールしやすくなります。動画制作にはコストがかかりますが、少なくとも商品画像を使えば商品を認識してもらえるのでブランディング効果を得られます。視覚情報はアピール力が大きいのでアンケートLPを作る際には積極的に活用するのがおすすめです。

 

アンケート特典を最初に明確に伝える

ユーザーにアンケートに答えてもらうためには、回答するメリットを明らかにすることが大切です。ファーストビューにアンケート特典をはっきりと示して、ユーザーにメリットを認識してもらいましょう。アンケートに答えた方の限定特典にするのが重要なポイントで、他にはないメリットがあれば理想的です。ターゲットに合わせた特典を設けることでアンケートの回答率が上がり、コンバージョンにもつながりやすくなります。

 

まとめ

アンケートLPはユーザーに「アンケートへの回答」という能動的なアクションを促すことで、商品やサービスについて深く理解してもらえるのが特徴です。アンケートの設問の内容や順番を吟味して、購入に至るまでのストーリーを適切に構築するのが効果の上がりやすい作り方です。ターゲットに合わせた作り方ができれば高いコンバージョン率を期待できます。

 

六次元では商材やターゲットに応じたアンケートLPの制作に対応しています。アンケートLPの活用をご検討の際にはぜひお問い合わせください。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.