ランディングページ(LP)を作る効果はある?効果を上げるポイントは?

rokujigen_writer

ウェブマーケティングではランディングページ(LP)の活用が広まっています。ランディングページにはどのようなメリットがあるのでしょうか。本記事ではランディングページの効果と効果を上げるためのポイントを解説します。

ランディングページ(LP)の効果

出典:https://www.shutterstock.com

 

ランディングページはユーザーが検索エンジンや広告リンクなどから着地する販促のためのページです。広い意味ではユーザーがホームページにアクセスしたときに表示されるページを指しますが、ウェブマーケティングでランディングページを作る際にはプロモーションを目的とするページを指します。ランディングページを作る効果はユーザーをコンバージョンに誘導できることです。

 

ランディングページはユーザーの入り口になります。ユーザーは検索エンジンでキーワード検索をしたり、ウェブ広告やSNS広告などを見たりして「興味のある商品やサービスがあるかもしれない」という気持ちでアクセスするのが一般的です。ランディングページを見て「買いたい」と思うように設計しておけばコンバージョンにつながります。ユーザーの購買意欲を高められるのがランディングページのメリットです。

 

ランディングページ(LP)が効果を発揮する理由

出典:https://www.shutterstock.com

 

ランディングページを作ったとしても、コンバージョンが上がるかどうか疑問に思う方もいるでしょう。ランディングページの効果が着目され、多くの企業が活用しているのには理由があります。ランディングページが効果を発揮するのはなぜなのでしょうか。

 

単一のページに情報が集約されているから

ランディングページは単一のページで構成されていて、商品やサービスの情報が集約されているのが特徴です。一般的には縦長のページで、ユーザーはスクロールするだけで読み進められます。他のページへのリンクもなく、1ページで内容が完結しているのがランディングページの共通点です。

 

ランディングページでは他のページを参照しなくてもユーザーが伝えたい情報を一通り理解できます。コンバージョンに至るための動線しかないので離脱しにくいのも特徴です。興味を持ってコンテンツを読み始めてもらえたら最後まで読んでもらえる可能性が高く、購入を促しやすい性質があります。

 

内容に流れがあって読みやすいから

ランディングページは購入を促すまでの流れを重視して制作します。ユーザーにとってはページの内容に流れがあって読みやすいのがメリットです。まずはユーザーの悩みに訴えかけて、ユーザーが求めている商品やサービスの紹介ページだという認識を促すのが一般的になっています。そして、悩みを解決する手段としていかに自社の商品やサービスが優れているかを解説していくのがランディングページの基本的な流れです。

 

流れがはっきりとしていないとユーザーにとって読み進めるのがストレスです。しかし、一連の話題が首尾一貫していて、起承転結も明確になっているとユーザーは気軽に読み進められます。わかりやすい内容で信頼できる商品だと理解できたら、悩みを解決できると思って購入してくれるでしょう。ランディングページの効果があるのはユーザーが読みやすいように配慮されているからです。

 

ターゲットに合わせたランディングページを作成できるから

ランディングページはターゲットに合わせて作成できるので効果が上がりやすくなっています。年齢や性別、家族構成などによって興味関心に違いがあるのは当然でしょう。このような違いを意識してターゲットごとにランディングページを制作することが可能です。ターゲットに合わせてアピールするポイントを変えたり、デザインを変更したり、違う特典を設けたりすることで効果が上がります。工夫次第でコンバージョンを上げられるのはランディングページのメリットです。

 

効果のあるランディングページ(LP)にする6つのポイント

出典:https://www.shutterstock.com

 

ランディングページの効果を発揮させるには工夫が必要です。ここでは効果のあるランディングページを制作してコンバージョンにつなげるためのポイントをまとめました。以下の6つのポイントを押さえて、ランディングページの効果を引き出しましょう。

 

ストーリー性のある内容を1ページにまとめる

ランディングページは単一のページで内容が完結していることで効果を発揮します。商品やサービスの購入に導くための内容を1ページにまとめるのが重要なポイントです。内容はただ羅列するのではなく、ストーリー性を持たせることで効果が上がります。ユーザーが購入したいと思うストーリーを作ってランディングページを作りましょう。

 

ターゲットのペルソナを明確にする

ランディングページの効果を上げるにはターゲットに合わせた制作をするのが肝心です。ペルソナ設計をしてからランディングページの内容を決めましょう。ペルソナを明確にすることで、ユーザーの心理を理解して心の底に訴えかけられるようになります。ユーザーの心を射止めなければコンバージョンにはなりません。ユーザーの属性によって射止め方も変える必要があるので、ペルソナ設計をしてからランディングページを制作するのがおすすめです。

 

ファーストビューで共感を獲得する

ランディングページはファーストビューの良し悪しによって効果の有無が左右されます。ファーストビューは画像やキャッチコピーでインパクトを大きくしましょう。ファーストビューでユーザーから共感を得ることができれば、先まで読み進めてもらえます。ユーザーはファーストビューを見た時点ですぐに離脱するケースが多いので、最初に共感を獲得できることが効果に直結します。

 

ユーザーが納得する権威付けをする

ランディングページにアクセスしたユーザーをコンバージョンに導くには権威付けを重視するのが効果的です。ユーザーが納得する内容になっていなければ、たとえ最後まで読み進めてもらえたとしても購入してもらえません。外部機関による証明、科学的なデータや統計資料、ユーザーの口コミなどを記載するとユーザーの納得感が高まります。第三者の視点からの意見があるだけで効果が上がりやすくなるので積極的に取り入れましょう。

 

コンバージョンの動線をわかりやすく配置する

ランディングページを作る効果として魅力なのはコンバージョンを獲得しやすいことです。コンバージョンに至る動線をユーザーがわかりやすいように配置することで効果が上がりやすくなります。商品やサービスに興味を持ったとしても、どこから注文すれば良いのかがわかりにくいとユーザーがあきらめてしまうでしょう。買いたいと思った瞬間に注文できるようにボタンや注文フォームを設置するのがポイントです。

 

LPOを継続しておこなっていく

ランディングページは改善をしてコンバージョン率を向上させるのが重要です。LPO(ランディングページ最適化)を継続しておこなっていくことで効果が上がっていきます。ヒートマップ解析をしてユーザーが離脱しているポイントを探ったり、画像やフレーズのABテストをしてコンバージョンの上がるデザインにしていったりする取り組みが大切です。長期的にLPOをすると高い効果のあるランディングページに仕上がっていきます。

 

▼ランディングページ(LP)のABテストについての記事をチェック
https://rokujigen.co.jp/6plus/2004/

 

まとめ

ランディングページはユーザーを商品やサービスの購入などのコンバージョンに導く効果があります。売り上げや問い合わせを増やす手段としてランディングページの制作は効果的でしょう。しかし、ランディングページはただ作れば良いというわけではありません。効果のあるランディングページを作り上げるにはターゲットに合わせた内容にする必要があります。長期的にLPOに取り組むことでようやく効果が出てくることも多いのが注意点です。

 

六次元ではランディングページの効果を最大限に引き出すためのノウハウがあります。ランディングページの運用をお考えでしたらぜひ一度ご相談ください。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.