記事LPの作り方のポイントは?構成や制作の流れを徹底解説!

rokujigen_writer

記事LP(ランディングページ)によるウェブマーケティングが活発におこなわれるようになりました。商品やサービスのプロモーションに記事LPを活用したいと思っているものの、作り方で悩んでいる方もいるでしょう。本記事では記事LPの作り方の流れやポイントを解説します。記事LPの構成をうまく作り上げてコンバージョンを獲得していきましょう。

記事LP(ランディングページ)の作り方の基本

出典:https://www.shutterstock.com

 

記事LPは一般的なメディア記事のような姿のWEBページです。コンバージョンの獲得を目的として制作するのが特徴で、記事LPをうまく活用すれば顧客獲得も売上向上も目指せます。効果が上がる記事LPの作り方には基本があるので押さえておきましょう。

 

記事や通常のLPとの違いを意識する

記事LPは記事ともLPとも異なるマーケティングのアプローチです。違いを意識した作り方をするのが記事LPでコンバージョンを獲得するコツです。記事ではユーザーの知りたい情報を読み物として伝えて悩みや問題を解決できるようにします。LPではユーザーに消費者にサービスを積極的にアピールして魅力や特徴の理解を促し、コンバージョンにつなげるのが目的です。

 

記事LPはこの間に位置しています。ユーザーが共感する読み物にしながら、読んだだけでは悩みを完全には解決できないのが基本です。そして、商品やサービスの魅力に触れて、悩みの解決策として選んでもらえるようにするのが記事LPの特徴です。

 

ユーザー視点でのストーリーを作る

ユーザーが悩みを解決する手段として商品やサービスを購入したいと思うようにストーリー設計をするのが記事LPの作り方のポイントです。ユーザー視点でどんな情報が盛り込まれていれば購入したいと思うかを考えることが重要になります。

 

ユーザーによって悩みや解決策に対する認識に違いがあります。悩みの解決手段がわからないだけの人もいますが、悩みを解決できるかどうかすらわからない人もいるでしょう。記事LPでは情報を読み物としてユーザーに与えられるので、理解を促したうえで商品やサービスを訴求できます。ユーザー視点を重視して商品やサービスの魅力がわかるストーリーを記事にするのがコンバージョンにつながる記事LPの作り方です。

 

読みやすい記事に仕上げる

記事LPの記事は読みやすさを重視するのがポイントです。斜め読みや流し読みをするユーザーも増えているので、ざっと読むだけでもわかりやすい記事に仕上げましょう。易しい表現を心がけ、言い回しを複雑にせずにストレートにするのがコツです。スマホで記事を読むケースが増えているので、一文の長さを短くして改行を多めにするといったテクニックも盛り込むことをおすすめします。離脱を防ぐためにも読みやすいことを意識して記事を作成しましょう。

 

効果の上がる記事LP(ランディングページ)の構成

出典:https://www.shutterstock.com

 

記事LPの構成は効果に大きく影響します。構成の作り方にはいろいろなアプローチがあり、PASONAの法則や応用版の新・PASONAの法則などが有名です。しかし、法則に厳密に従うよりもユーザー視点を重視した作り方がもっと大切です。ここで効果の上がるユーザー視点の記事LPの構成を確認しておきましょう。

 

ファーストビューで悩みを取り上げて認知と共感を狙う

記事LPでは通常のLPと同様にファーストビューを重視します。記事を読んでもらえるかどうかはファーストビューで共感を得られるかどうかにかかっているので、画像とキャッチフレーズを活用してアピールしましょう。商品やサービスの認知を高める目的で、大きく商品画像やサービス名などを載せるのも効果的です。ユーザーの悩みをはっきりと一目で見えるようにして、「読みたい」という気持ちを昂らせるのがポイントです。

 

悩みの原因を明確にする

ファーストビューでユーザーの興味を引き付けることができたら、商品やサービスの購入への道筋を作ることが大切です。道筋の作り方のステップとして、悩みの原因を明確にしてユーザーの深い共感を得るのが効果的です。「この記事LPで話題にしているのは自分の抱えている悩みに関することだ」とユーザーが理解すれば最後まで読み進めてくれる可能性が高くなります。このステップを怠ってしまうとユーザーが離脱しやすいので注意が必要です。

 

解決策を提案して客観的な根拠や競合との比較を取り上げる

ユーザーは悩みの解決を目指しているので、次に解決策を提案します。記事LPでは悩みの原因の理解を促して共感を得る時点で、プロモーションする商品やサービスの特長を活かせるように誘導しておくのがコツです。第三者機関からの情報による根拠や、競合との比較を記事で取り上げることで魅力を客観的に伝えましょう。このような権威付けや根拠付けをするとユーザーがより深い興味を持ちます。

 

商品・サービスやLPへの誘導をする

記事LPは商品やサービスの購入に直接誘導することも、あくまで読み物として完結させることもできます。ただし、最後にユーザーアクションを促すための誘導を設置しておくのは重要です。記事LPは作り方によって違いはありますが、訴求力が高い記事内容になっているなら商品やサービスに直接誘導するのが効果的です。記事性が高い場合にはLPに誘導する動線を作って、さらに深い理解を促すことでコンバージョンにつなげやすくなります。

 

記事LP(ランディングページ)の作り方の流れ

出典:https://www.shutterstock.com

 

記事LPの基本的な作り方がわかったら実際に制作する段階に入ります。記事LPの作り方の大まかな流れは次の通りです。

 

・ターゲットを決めて記事LPのストーリーを明確にする

・記事の構成を決めてライティングをする

・記事LPに合った画像や動画を用意する

 

重要なポイントを押さえて制作すれば効果が上がるので、記事LPの作り方を概観しておきましょう。

 

ターゲットを決めて記事LPのストーリーを明確にする

記事LPはターゲットに合わせたストーリー作りをするのが重要なポイントです。まずは記事LPのターゲットを明確にしましょう。年齢や性別、職業や年収などを考慮してペルソナを設計するのがおすすめです。具体的なペルソナができると訴求力のある記事LPのストーリーを作りやすくなります。何を伝えたいかを明らかにしやすいので、ペルソナ設計によるターゲティングをまずおこないましょう。

 

記事の構成を決めてライティングをする

ターゲットが決まったら記事を構成します。ターゲットとしたユーザーのニーズを調査して、コンバージョンにつながるように理解のステップを設計するのがコツです。記事の構成ができたらセールスライティングを意識しつつ、ユーザーに寄り添う視点を重視して記事を作成します。客観的に記事を読み直して校正することで質を高め、ユーザーアクションを促せるように完成度を高めていきます。

 

記事LPに合った画像や動画を用意する

記事LPではテキストによる情報だけでなく、画像や動画を最大限に活用するのが重要なポイントです。ファーストビューを代表として、画像は記事LPで大きな意味を持ちます。ユーザー視点でわかりやすく、共感しやすい画像を作成して盛り込みましょう。詳細説明が必要なところでは動画を活用するのも効果的です。記事LPでアピールしたい商品やサービスによってビジュアル面の重要性には違いがありますが、一目でユーザーにアピールできるようにするとコンバージョンにつながります。

 

まとめ

記事LPは記事とLPのメリットをうまく組み合わせたマーケティングのアプローチです。それぞれの性質をどのようなバランスで活かすかによって、記事LPの作り方にも違いがあります。この記事では一般的に通用する記事LPの作り方をご紹介しました。ただし、実際には商品やサービス、競合の状況などによって記事LPの作り方も変えることが必要です。

 

弊社では記事LPの効果を最大限に引き出す作り方を提案できます。プロモーションに適切なマーケティング方法を導き出せます。記事LPによるマーケティングをご検討の際にはぜひ弊社にご相談ください。効果が上がるアプローチでプロモーションをサポートいたします。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.