Twitter広告の費用対効果を上げるためのコツを徹底紹介!

rokujigen_writer

Twitterに広告を出稿しても効果が得られるのかが不安な方も大勢います。広告を出すときには費用対効果を考えるのがとても重要ですが、Twitter広告では費用対効果をどのように評価したら良いのでしょうか。この記事ではTwitter広告の効果と費用について深く掘り下げてご紹介します。

Twitter広告の効果のパターン

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告を出稿しようかどうかを検討しているときには、広告を出すからには効果を得るのが前提だと考えるのがもっともと言えます。広告の出稿には費用がかかるのは事実なので、費用対効果を上げるには確かな効果があることが必須です。Twitter広告には独特の広告効果のパターンがあるので、まずはどのような効果が得られるのかを知っておきましょう。

 

Twitter広告による直接的な効果

Twitter広告を出稿するとタイムラインや「おすすめ」などのTwitterのさまざまな場所に広告を掲載してもらえます。すると広告を見たユーザーが商品やブランドについて知ったり、興味を持ってクリックしたり、広告動画を視聴したりする可能性があるでしょう。興味が大きければフォローをすることも、コメントを残すこともあります。

 

このようなTwitter広告を見たユーザーへの直接的な効果はメインになるものです。広告のテキストやクリエイティブの完成度によって効果には大きな違いが生じます。費用対効果を上げるためには広告のクオリティを重視して、ユーザーニーズに合わせたり、ユーザーエクスペリエンスを大切にしたりすることが必要です。

 

Twitter広告を起点にする拡散効果

Twitterでは話題の拡散が簡単に起こるのが特徴で、バズったときには大ブレイクを起こす可能性も秘めています。興味関心を持ったユーザーや商品・サービスを利用したユーザーがリツイートをしてくれることがあるのはTwitterのメリットです。

 

Twitter広告が起点になり、自分のアカウントでツイートしてくれるユーザーもいるでしょう。このように波及的な拡散効果を得られるのはTwitter広告を活用する魅力です。広告のターゲッティングを重視して、共感したり、本気で興味を持ってくれたりするユーザーに広告を出せると拡散が起こりやすくなります。

 

Twitterでは広告を起点にすると費用が発生しますが、広告を見たユーザーが起点になっても費用はかかりません。そのため、Twitter広告の費用対効果を上げるには拡散効果を狙うのが重要なポイントになります。

 

Twitter広告の効果と費用体系

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告の費用対効果を上げるためには費用体系について熟知して、効果を上げるための戦略を立てることが重要です。その上で欠かせないのがTwitter広告の目的を検討することです。Twitter広告ではキャンペーン目的の設定によって費用体系が変化します。どのような広告配信へのユーザーアクションに対して費用が発生するかを知っていると費用対効果を高める方策を決められるので、基本を押さえておきましょう。

 

フォロワーの獲得

Twitter広告を通して自社アカウントのフォローをプロモーションしたいケースはよくあります。フォロワーの数を増やせばツイートだけでも商品やサービスの販促ができ、拡散効果も高められるからです。

 

Twitter広告ではフォロワー獲得を目的とするとCPF課金になります。フォロワー獲得数に比例する費用が発生するのが特徴です。広告を見たユーザーがたくさんいても費用はかからないので効果に直結する出稿の仕方になります。

 

自社サイトへの誘導

自社サイトにアクセスするユーザーを獲得する目的でTwitter広告を運用するのはECサイトの運営をしているときや、自社サイトからの問い合わせをプロモーションしたいときには重要な広告目的です。

 

Twitterのユーザーをサイトに導くのを目指すTwitter広告目的ではCPC課金になります。広告がいくら表示されても、フォロワーが増えても課金されず、クリックしてサイトに誘導できたときだけ費用が発生する仕組みです。

 

認知の拡散と向上

ブランドの認知度を代表としてユーザーへの認知度を向上させ、Twitter上で拡散させたいというのはよくあるニーズです。認知の拡散や向上を目的にしてTwitter広告を出すときにはCPM課金での広告運用が基本になります。

 

CPM課金はインプレッション数、すなわち、広告が配信された回数に基づいて費用が発生します。Twitterのユーザーが使用しているデバイスの画面に広告が表示されるのが課金条件です。サブリミナル効果まで考慮すると認知の向上とのリンクが強く、費用対効果が上がりやすいと言えます。

 

エンゲージメントの獲得

Twitter広告を出すときにはエンゲージメントを重視していきたいケースが多いでしょう。広告を介してエンゲージメントが起こり、効果が拡散していったとしたら費用対効果確実に上がっていきます。エンゲージメントを狙うときにはCPE課金になり、広告に関連するあらゆるエンゲージメントが課金対象になります。

 

CPE課金はツイートやコメントなどの広告に直結しているユーザーアクションの全てについて費用がかかるのが特色です。費用対効果が低いのではないかと不安になりがちですが、例えば広告を見たユーザーがコメントを残すとコメント数も表示されます。その広告を見たユーザーがいかに注目されている広告かを認識して興味を持つでしょう。さらにエンゲージメントが発生し、特に興味を持ったユーザーはリツイートなどもする可能性があるのが魅力です。

 

アプリのインストール

アプリを使ってプロモーションをするときにもスマホユーザーが多いTwitterに広告を出稿するのは費用対効果を期待できます。Twitter広告ではアプリのインストールを広告目的とすることができるので、CPI課金やCPAC課金での広告配信が可能です。

 

CPI課金にするとユーザーが広告からアプリのインストールをしたときにだけ課金されます。アプリについて認知し、後でiTunes StoreやGoogle Playストアからダウンロードしたときには課金されません。アプリの認知度を向上させる目的では特に費用対効果が上がりやすい広告方法です。

 

Twitter広告の費用対効果は調節できる

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告の効果のパターンと費用のあり方について理解できると費用対効果が高そうだというイメージができたのではないでしょうか。ただ、Twitter広告の目的や運用の仕方によっては費用対効果があまり上がらないかもしれないという不安が出てきた方もいるかもしれません。Twitter広告の費用対効果は調節できるのが特徴なので、運用上で重要な予算と入札について知っておきましょう。

 

予算策定が可能

Twitter広告では予算策定をして想定以上の広告費用がかかることを避けられる仕組みになっています。予算の上限を1日単位や1ヶ月単位で決められるので、予算範囲での広告運用が可能です。

 

広告目的によって課金形式が異なり、単価にも違いがあります。実際にTwitter広告を運用してみると想定以上にエンゲージメントが合って費用がかかり、その割には利益につながる効果が見られないというケースもあり得ます。クリック数がたくさんあったのにコンバージョンにつながらないこともあるでしょう。予算策定をしておけば費用を抑えられるので安心できます。

 

Twitter広告の配信結果に基づいて予算を再策定していけば費用対効果が上がっていきます。広告予算と効果に応じて予算策定をしていくことがTwitter広告では大切です。

 

入札戦略を設定可能

Twitter広告は入札によるオークション方式を取り入れています。入札戦略を設定することでTwitter広告の費用対効果を調節可能です。自動入札によってTwitter側に自動判断してもらうことも可能ですが、上限入札単価を設定したり、目標入札単価を決めて自動調節をさせたりする方法もあります。

 

入札金額は広告費用が発生するときの単価に直接影響します。入札戦略を検討して単価を調節すれば費用対効果を上げることが可能です。広告予算との兼ね合いを考えて設定すると期待以上の費用対効果になるケースもあります。

 

費用対効果の上がるTwitter広告の運用のコツ

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告は運用を通して費用対効果を上げるのが基本になります。Twitterに広告を出したときから高い費用対効果になるとは限りません。運用を通してより効果が上がる方向を導き出しつつ、費用も抑えられるようにするのが大切です。ここではTwitter広告の費用対効果を上げるコツを紹介します。

 

目的を明確にしてキャンペーンを決める

Twitter広告のキャンペーン目的の設定は課金ポイントを決める要素なので非常に大切です。目的を明確にしてキャンペーンを決めるだけでも費用対効果は上がります。ただし、費用対効果を重視して目的設定をすることは必要です。必ずしも本来の目的と合致するキャンペーン目的の設定が最良の効果を発揮するとは限らないので、合理的に決めるのが重要になります。

 

アドスコアを重視してエンゲージメント率を上げる

Twitter広告ではエンゲージメント率を上げることで費用対効果が高められます。Twitter広告はアドスコアによって広告配信の優先順位が決まるのが特徴です。アドスコアは入札金額が高いほど上位になりますが、エンゲージメント率が高いと優位に立てる仕組みにもなっています。クリエイティブや広告文を工夫してユーザーのエンゲージメント率を上げると少ない費用で大きな効果を出せるので、重要なポイントです。

 

リツイートによる拡散を目論む

ユーザーのリツイートは活発になると広告費用がかからないのに成果は上がっていきます。Twitter広告はリツイートを促すトリガーとして機能させるのが理想的です。リツイートによる拡散が起こり始めると、芋づる式に情報が広まっていきます。Twitter広告の運用では拡散効果を狙うのが定石だと考えて方策を練っていくのがコツです。

 

ターゲティングを重視して広告配信をする

Twitter広告はオーディエンスの設定をしてターゲッティングをすることができます。配信先のターゲットが的確なら費用対効果も上がるのは明らかでしょう。特に認知向上を狙うときにはCPM課金なので費用に直接響きます。CPC課金やCPE課金などの場合にも入札単価を下げて配信数を減らしても十分なコンバージョン数やエンゲージメント数を獲得できるようになるので肝心なポイントです。

 

まとめ

Twitter広告の費用対効果は目的の設定や入札戦略の検討、そして広告の運用の仕方によって調節できるのが特徴です。予算が大きければ費用をかけて広告の効果も引き上げられます。しかし、広告をうまく運用すれば高い費用対効果を実現できるので、巧妙な戦略を練って可能な限り費用対効果を上げていきましょう。

 

六次元ではクライアント様の目的と予算に応じて最大の費用対効果を得られる広告運用を目指してサポートしています。Twitterに広告を出稿する効果を最大限に引き出していきますので、ぜひご相談いただければと思います。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.