Twitter広告の費用の計算方法と広告出稿の相場

rokujigen_writer

Twitter への広告出稿では費用がどのくらいかかるかを知りたい方も多いでしょう。Twitter広告ならプロモーションに成功しそうだというイメージがあっても、費用が計算できないと不安になります。この記事ではTwitter広告の費用相場や、広告にかける計算の方法をわかりやすくご説明します。

Twitter広告の出稿にかかる費用

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告に出稿するときに必要な予算を策定するにはどのような費用がかかるかをトータルとして理解することがまず重要なポイントです。Twitter広告を使ってプロモーションをしていくときにかかる費用をまずは一通り確認しておきましょう。

 

Twitter広告の制作費用

Twitter広告を配信するためには広告そのものを制作しなければなりません。Twitterに出す広告はテキストとハッシュタグだけでも構いませんが、動画を使って視覚と聴覚に同時に訴えたり、画像を使用して目から魅力を感じ取ってもらったりするのも大切です。動画や画像の制作を外注すると大きな費用がかかることもあるので注意が必要でしょう。

 

Twitter広告出稿の課金による費用

Twitter広告の費用について関心を持つ方は広告出稿に対していくら課金されるかが気になっているのではないでしょうか。Twitter広告では個々の広告に対して個別に費用負担を求めているため、出稿したときにはそれぞれの広告の費用を課金方式に応じて支払うことになります。

 

Twitter広告を運用するのにかかる費用

Twitter広告は出稿したら終わりではなく、運用して広告効果のある出し方をしていくことが大切です。広告運用にも費用がかかるので注意しましょう。Twitter広告を社内で運用する場合には人件費に基づく費用が発生しています。効率的な運用のために広告代理店を利用してTwitter広告を活用する場合には、運用代行手数料の負担が必要です。

 

Twitter広告でかかる費用を計算する方法

出典:https://www.shutterstock.com

 

Twitter広告でどの程度の費用がかかるかを計算できれば予算を組めます。どのようなやり方で計算するとTwitter広告の費用を見積もることができるのでしょうか。

 

Twitterの広告費用の最低金額はない

Twitter広告の費用を計算する前に、まず前提として押さえておきたいのが最低金額です。Twitter広告では特に広告費用の下限を定めていないので、100円でも1000円でも広告を出せます。予算の上限を決めればその予算以下での運用が可能で、予算に到達した時点でTwitterに広告が出なくなるのが原則ルールです。予算に応じてTwitter広告を運用できる点は理解しておきましょう。

 

費用総額は運用方法によって決まる

Twitter広告の費用計算をするときに総額がどのくらいになるかを試算したいことは多いでしょう。ただ、Twitter広告の費用総額は運用方法によって大差が生じます。Twitter広告の

制作費用や運用費用も加味しなければならないのも理由ですが、広告掲載費だけを見ても運用方法による違いがあるので注意が必要です。

 

Twitter広告ではキャンペーン目的を設定できる仕組みになっていて、目的によって課金ポイントが異なっています。また、Twitterに広告を出稿するときにはよくプロモツイートまたはプロモアカウントが選ばれています。しかし、プロモトレンドとも呼ばれるトレンドテイクオーバーを利用したり、クイックプロモートを活用したりすることも可能です。

 

ここではTwitter広告にかかる費用についてプロモトレンドを中心にして計算の仕方を説明していきます。ただ、運用の仕方によってTwitter広告の費用総額は変わる可能性がある点には留意しておきましょう。

 

Twitter広告費用の基本的な計算方法

Twitter広告の配信はオークション形式になっているので、広告をたくさん配信してユーザーにアプローチするためにはオークションに勝たなければなりません。Twitter広告費用はオークションでの勝利も考慮して考えることが必要になります。Twitter広告では以下の計算式で決まるアドスコアによって配信頻度が変わるのが特徴です。

 

アドスコア=想定エンゲージメント率×入札した金額

 

想定エンゲージメント率はこれまでにTwitter広告を利用してきた実績によって決まります。想定エンゲージメント率が高い広告を出しているほど、ユーザーニーズに応えていると考えられるでしょう。そのため、アドスコアが高くなってユーザーに配信されやすくなるのです。

 

Twitter広告ではオークションへの入札金額を自由に決めることが可能です。高い金額で入札すれば想定エンゲージメント率が低くても高いアドスコアになります。この兼ね合いを考えて入札戦略を決めるのがTwitter広告の重要なポイントです。

 

ここまで決めてしまえばTwitter広告費用の計算は簡単です。キャンペーン目的によって課金方式が定まり、入札金額によって課金の単価が決まります。例えば、フォロワーの獲得を目的として広告を出稿し、70円で入札して100フォローを月間に獲得できたとしましょう。すると70円×100フォローという形で広告費用を計算できるので、7000円の費用が発生します。

 

Twitter広告の種類と費用の目安

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告では費用とキャンペーン目的がリンクされているので、計算するときには広告目的として何を設定したかを考えることが必須です。ここではTwitter広告の種類と費用を関連付けて相場の目安を紹介します。Twitter広告の典型的な6種類の広告目的にリンクされた費用相場だけでなく、Twitterに広告を出稿したときの課金総額の目安についても提示しておくので参考にしてください。

 

エンゲージメント獲得(CPE方式)の費用相場

Twitter広告を出すときにはユーザーによるエンゲージメントを獲得して、広告を出している商品やサービスの拡散を狙っていることがよくあります。エンゲージメント獲得を目的にするときにはCPE課金になるため、エンゲージメント単価に基づく費用が発生します。競合の状況によってエンゲージメント課金の費用相場には違いがあり、およそ30円~100円の単価です。

 

エンゲージメント課金の場合にはリンクの利用やリツイート、いいね!などのユーザーアクションが全て課金対象になります。費用を計算するとかなり高くなることもあり得ますが、それだけユーザーが興味関心を持ってくれていることがよくわかるでしょう。

 

フォロワー獲得(CPF方式)の費用相場

Twitterアカウントを積極的に運用しているときにはフォロワーを獲得したいと考えるのがもっともなことです。フォロワー獲得を目指すTwitter広告はプロモアカウントとも言われています。CPF方式での課金になり、広告経由でのフォロワー一人の獲得に対して30円~100円程度の単価が相場になっています。

 

フォロー課金の場合には広告を通じてフォロワーになったときだけ課金されます。そのため、ユーザーのリツイートを経てフォロワーになった人がどれだけたくさんいても課金されません。計算するときにはTwitter広告の分析ツールを利用して、広告経由で集まったフォロワー数から計算することが必要です。

 

サイト集客(CPC方式)の費用相場

Twitter広告を出稿して自社サイトへの流入を図るケースもたくさんあります。サイト集客を目指すときにはCPC方式のキャンペーン目的にするのが標準的です。広告をクリックするごとに費用が発生するのがクリック課金と呼ばれるCPC課金で、クリック単価はかなり幅が広くなっています。分野による違いがとても大きく、20円~200円くらいが費用の相場です。

 

広告費用を計算するときにはTwitterでの競合がどれだけいるかがチェックポイントになります。分野によっては入札単価が低くても高い広告配信率になりますが、200円にしても競合が多くてほとんど配信されないこともあります。競合調査をして入札金額を設定し、費用を計算して見積もるのが重要です。

 

ユーザー認知向上(CPM方式)の費用相場

Twitter広告を認知向上の目的で出稿するときの費用相場はCPM方式、つまりインプレッション課金になります。Twitterでは1000回の広告表示につき400円~650円くらいが単価の相場です。1000インプレッションあたりの費用なので、広告配信の優先順位が高いほど飛躍的に費用が大きくなるのが注意すべきポイントでしょう。

 

インプレッション課金のときには費用計算をするよりも予算上限によって制限をするのが適切です。想定以上に配信されてしまうとそれだけ費用が大きくなります。Twitter広告では予算の上限額を決められるので、広告予算に基づいて限度を決めておきましょう。

 

動画プロモーション(CPV方式)の費用相場

動画を使ってプロモーションをするのがTwitter広告に出稿する目的の場合にはCPV方式で課金されます。CPV課金では再生単価が5円~20円です。動画の再生画面が50%以上見える状態で2秒以上再生されるか、全画面が見えるときに再生されたら課金対象です。

 

Twitter広告ではユーザーの動画視聴の動向によって広告効果の高さに大きな差異があります。動画プロモーションの単価も分野の影響が大きいので、費用を計算するときには競合を考慮して入札金額を決めるのが大切です。

 

アプリ運用(CPI方式/CPAC方式)の費用相場

Twitter広告を利用するのはアプリ運用をプロモーションするのが目的だというときにはCPI
またはCPAC方式での費用を考える必要があります。アプリのインストール単価は100円~300円くらいが相場になっています。

 

アプリ運用をする上ではスマホユーザーが多いTwitter広告への出稿は効果的です。ただ、単価も高めなのでプロモーション効果が高い広告を出せると大きな費用負担になることもあります。費用を計算するのは簡単ですが、予算を策定するときには注意が必要です。

 

広告費用の総額の目安

Twitter広告の費用はこのように目的と単価によって大きく変わります。総額では毎月5000円前後にしていることもありますが、数万円のケースもかなり多いのが実情です。Twitter広告を出稿する目的と、広告によって成し遂げたい目標に応じて予算上限を決めるのが良い方法です。総額を上げればそれだけ広告効果も得られるので、目標の達成を重視して広告予算を決めましょう。

 

まとめ

Twitter広告の費用は入札金額も予算上限も決められるので比較的簡単にどのくらいになるかを見積もれます。計算方法は広告の課金単価×課金ポイントなので、いくらになるかを計算するのは難しいことではありません。ただ、Twitter広告は配信されなければ意味がなく、アドスコアを考慮して入札しないと配信されずに広告効果を得られないこともあります。

 

Twitter広告は費用対効果を重視して出稿するのが重要なので、困ったときにはぜひ六次元までご相談ください。広告予算に応じて費用を計算してプランを提案いたします。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.