インスタ広告の費用は何で決まる?個人の予算で運用する方法

rokujigen_writer

プロフィール情報

インスタ広告の運用は大企業でなければ難しいと思っている方もいるでしょう。人気の高いSNS広告なので費用が高く、個人の予算では効果を出せないのでは…と心配するかもしれません。しかし、インスタ広告の費用を決める要素がわかると誰でも運用できることがわかるので、この記事では予算の考え方や費用対効果の上げ方と合わせて詳しく紹介します。

インスタ広告の費用を決める要素

出典:https://www.shutterstock.com

インスタ広告の運用をするにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。まずはインスタ広告の費用を決める要素を理解してから詳しく予算について考えていきましょう。

広告の予算

インスタ広告では予算を設定して運用できます。上限を決められるので少額の予算でもインスタ広告を出すことは可能です。ただし、費用が予算上限に達すると広告が配信されなくなる仕組みになっています。費用が大きくなったときに予算を上げるべきかどうかを判断することが必要です。

課金の形式

インスタ広告では課金形式を選べる仕組みになっています。広告がユーザーに対して配信されたときに、どのようなアクションによって費用が発生するかを決めるのが課金形式です。インスタ広告に出稿する目的に合った課金形式を選ぶことが重要になります。

入札の単価

インスタ広告はオークション形式で入札単価を決めて運用するのが特徴です。入札単価を上げると掲載順位が上がり、よりユーザーにとって見やすい場所に高い確率で表示されるようになります。しかし、単価を上げればユーザーアクション数に比例して費用がかかるので注意が必要です。

広告の品質

オークション形式のインスタ広告では出稿した広告の品質が掲載順位に影響するのが特徴です。品質を上げれば入札単価を下げても掲載順位が上がりやすいというロジックが通用します。そのため、インスタ広告の品質向上は費用の削減につながる効果的な対策です。

競合の広告

掲載順位は競合による広告の動向によって変化します。競合となる個人や企業が多数登場して高い単価で広告を出すと、あなたの出している広告の掲載順位が下がる場合があります。その際にはさらに費用をかけて掲載順位を上げるべきかどうかを判断することになるでしょう。

ユーザーの動向

インスタ広告の費用はユーザーの動向による影響が大きいのが特徴です。ユーザーが広告に対して積極的にアクションを起こすようになると、その分費用は大きくなります。広告配信の設定を慎重に検討してターゲティングをするのがこの場合に費用を制御する方法として一般的です。

クリエイティブの制作費用

インスタ広告では画像や動画を広告に使用するため、クリエイティブの制作費用がかかります。自前で制作すれば費用はかかりませんが、専門業者に依頼すると相場は数千円から数百万円に及ぶこともあります。画像に比べると動画の相場は高いものの、訴求力もあるのでよく考えて決める必要があります。

インスタ広告の課金形式と費用相場


出典:https://www.shutterstock.com

インスタ広告では課金形式によって費用相場に違いがあります。出稿する広告の種類によって選択できる課金形式は異なることも考慮して慎重に選ぶことが重要です。ここではインスタ広告で選べる課金形式と費用相場を紹介します。

CPC(クリック課金)

CPCは広告のクリック回数に比例して費用が発生する方式です。インスタ広告ではCTAボタンを設置できるようになっていて、購入や登録、予約などのアクションを促せます。この広告をユーザーがクリックした回数がカウントされていき、入札単価と回数を掛けた費用がかかるのがCPCです。ショップページや商品ページにユーザーを誘導する際によく選ばれています。

インスタ広告ではCPCの単価相場が40円〜100円くらいです。クリックされたら課金されるので、ランディングページでコンバージョンに導くことが重要な課金形式です。

CPM(インプレッション課金)

CPMはインプレッション数=広告の表示回数に応じて課金される仕組みです。ユーザーに広告が表示されただけで課金されるので、CPMを選ぶときには広告のビジュアルにこだわって見てもらえるようにデザインするのが重要になります。

1,000回の広告表示に対して単価を設定するのが一般的で、インスタ広告では500円~1000円程度が相場です。1リーチに換算すると0.5円~1円なのでCPCの100分の1くらいです。配信範囲を広げて多くのユーザーにリーチしたいときに向いています。

CPV(視聴課金、再生課金)

CPVは動画の視聴回数によって費用が決まる課金形式です。インスタ広告では動画が短いときなどの一部の例外を除くと、ユーザーが10秒以上にわたって動画を再生した場合に課金対象になります。再生してもすぐに停止した場合や、離脱した場合などには費用が発生しません。

インスタ広告のCPV単価は4円〜7円くらいになっています。動画広告では単価が10分の1くらいのCPMも選べるので、どちらの方が適しているかを慎重に検討して選ぶことが重要です。

CPI(インストール課金)

CPIはアプリのインストールを単位として課金されるシステムです。主に企業が開発した自社アプリを広めるために用いる課金方式で、ユーザーがアプリをインストールしない限りは一切費用が発生しません。インストールするユーザーはアプリを利用する意志があると考えられることに加え、プッシュ通知などで継続的なフォローもできるのが魅力です。

インスタ広告でのCPIは100円〜150円くらいの単価が一般的です。アプリの利用を通してさまざまな目的のマーケティングを展開できるため、他の課金形式よりも高くても費用対効果を上げられるのがCPIの特徴です。

インスタ広告の予算の目安

出典:https://www.shutterstock.com

インスタ広告は最低費用が1日100円程度になっています。個人の予算でもインスタ広告を始めることは可能ですが、効果を出すにはある程度の予算が必要です。どのくらいの予算を目安にすると良いのでしょうか。

予算は目標に合わせて計算する

インスタ広告の予算の目安は、広告出稿の目的から逆算して求めるのが基本です。月間1万アクセスを目標にするならCPCを選んで40万円~100万円の予算を見込むことになります。コンバージョン率が2%で商品単価が1万円なら200万円の売上を期待できます。インプレッション数を毎日1万回獲得して認知拡大を目指すなら1日の予算は1000円~1万円です。月予算では3万円~30万円になります。

個人なら予算を月2万円〜3万円を目安にして始める

個人の場合には、何十万円という単位の広告予算を用意するのは難しい場合が多いでしょう。小規模事業者でも困難なことが多い予算額です。予算の確保に不安があるなら月2万円〜3万円を目安にしてインスタ広告の運用を始めるのがおすすめです。

2万円~3万円くらいの予算であれば、ある程度まとまった数のユーザーアクション数を確保できるため、広告費をかけた成果が信頼できる数字として評価しやすくなります。効果が上がっているようなら広告費を増やして運用し、さらに利益を生み出すのが合理的な戦略です。インスタ広告ではアカウントの認知度の高さも大きな影響があるので、早めに始めて知名度を上げましょう。

個人にもできるインスタ広告の費用対効果を上げる方法

出典:https://www.shutterstock.com

インスタ広告を運用するときには費用対効果を上げるのが重要です。広告による成果を出しつつ、費用を抑えるにはいろいろな方策があります。ここでは個人でもできる方法を厳選したので、積極的に活用して費用対効果を向上させましょう。

画像や動画の制作の費用を抑える

インスタ広告の画像や動画の制作にかかる費用は、専門企業に依頼するとかなり費用が高くなります。広告費を抑えるのに成功した頃には比重が大きくなるので節約を考えましょう。自分で撮影した写真をスライドショーにすれば費用を抑えることができます。動画の撮影を外注するときにも、フリーランスに依頼することで多少の費用が抑えられるでしょう。このような工夫を重ねていくとインスタ広告の費用対効果が上がります。

ターゲティングを重視する

インスタ広告の課金形式に応じたターゲティングを行うことで、費用対効果が上がります。CPC課金では、クリックしたらコンバージョンに繋がるターゲット層を選定するのが重要です。クリックしてくれるのにコンバージョンにならないユーザーは費用対効果を下げる原因になります。このようなユーザーの共通点を特定して除外していくのが大切です。

一方、認知拡大の目的でCPM課金にするときには、リードを獲得して顧客に引き上げるのが重要になります。広告費があまりないなら狭い範囲から始めて、徐々に広げていくアプローチを取りましょう。最初は表示回数が想定よりも少ないかもしれませんが、潜在層を考えて配信範囲を広げていくことで、だんだんと表示回数が多くなります。それに伴って認知向上に伴う成果が得られているかを確認して、費用対効果が上がる範囲で運用するのが良い方法です。

インフルエンサーを利用する

インスタ広告を出すときに重要なのが、アカウントの知名度です。アカウントの強さとも言われていますが、競合との競争力が低くて広告費がかさむのはよくある問題です。広告を見たユーザーがアクションを起こしてコンバージョンに繋がれば、広告品質が高いという評価につながります。アカウントの知名度が高く、多くのユーザーから認知されていれば広告をクリックする可能性も高くなるでしょう。

インフルエンサーの活用は、効率的にアカウントを強化できる方法です。プロモーションしたいジャンルに強いインフルエンサーに依頼すると、投稿を通してフォロワーを増やしてくれます。フォロワー1人あたり2円〜6円くらいの相場なので、大きな費用負担なくフォロワーを獲得できるのが魅力です。インフルエンサーマーケティングにはミスマッチのリスクもありますが、費用対効果が高い方法なので検討の価値があります。

運用代行を依頼する

インスタ広告の費用対効果を上げるには、運用代行を依頼するのが効果的です。個人でも企業でも広告運用の負担を減らしつつ、費用対効果を迅速に向上させられます。インスタ広告の運用代行の実績がある広告代理店なら、広告を出す目的や予算に応じた戦略を立てて運用することが可能です。

どの課金方式を選ぶと良いか、ターゲットの選び方をどのように進めていくべきか、広告代理店なら経験や実績に基づく判断ができます。必要な画像や動画の制作も任せ、広告効果が上がりやすい仕上がりにできるのも、プロの広告代理店としての強みです。定期的な打ち合わせをするだけで希望に沿った広告を配信し続けられるので、インスタ広告を始めるなら運用代行の利用がおすすめです。

まとめ

インスタ広告は、予算上限を1日100円程度まで下げられるので費用を抑えて運用できます。しかし、十分な広告効果を出すには目安として月2万円〜3万円の費用が必要です。広告予算が多いほど有利なのは確かですが、個人規模の事業でも成果を得ることは可能です。

広告の目的に合わせて課金方式やターゲットを選び、画像や動画の制作費用の削減に努めれば費用対効果は上がります。広告代理店に運用代行を依頼すれば、プロとしての経験やスキルを生かした広告戦略を立てて効率的に運用してくれます。時間や労力を抑えて費用対効果を速やかに上げたいのであれば、広告代理店の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.