インスタ広告の運用代行のメリットとは?代理店選びのコツも紹介!

rokujigen_writer

プロフィール情報

手軽に使えるイメージのあるInstagram。しかし広告媒体として利用し成果を出すには、ノウハウや知識が必要なこともあります。Instagram広告についてお悩みの方は、運用代行の利用を検討してみてはいかがでしょうか。今回はInstagram広告の運用代行のサービス内容やメリット、代理店選びのコツなどをご紹介します。

Instagram広告とは


出典:https://www.shutterstock.com

Instagram上に表示される広告を指します。フィードと呼ばれるタイムライン上などに広告が表示されるため、ユーザーに違和感のない形で配信されやすいという特徴があります。Instagram広告をクリックすると、ランディングページやECサイトなどに遷移します。

3,000万人を超えるユーザーが利用するInstagramは、若年層や女性を中心に人気のSNSです。画像や動画をメインに投稿するため、ビジュアルの面から商品やサービスを宣伝するのに適しています。

Instagram広告の種類

Instagram広告は、Instagram内の3つの場所に配信されます。表示方法や内容の違いについてチェックしてみてください。

フィード

フィードとはInstagramの中でも中心となる機能です。他のSNSで言うタイムラインと同じような場所であり、画像や動画とともに文章を投稿します。フィード広告は一般のユーザーの投稿の合間に表示されます。Instagramらしく視覚的に魅力のある広告を配信すると、ユーザーに受け入れられやすいという傾向があります。

ストーリーズ

ストーリーズは24時間限定で表示される形式の投稿です。アーカイブ化しない限り投稿が記録されません。スマホの画面全体に画像や動画が表示されるため、画面サイズにあわせた内容を作成することが一般的です。ストーリーズ広告も、フィード広告と同じく一般のユーザーの投稿に並んで配信されます。

発見タブ

発見タブとは、ユーザーが閲覧した投稿や「いいね!」した投稿など、関連性のある内容が表示される場所です。興味のある投稿をタップし、下へスライドすると広告が現れます。ユーザーにとって関心のある内容が表示されるため、ターゲティングしやすいという特徴があります。

Instagram広告の運用代行のサービス内容

代理店を利用する際、依頼できる主な内容は以下の通りです。

・アカウント設定
・ターゲティング
・投稿用コンテンツの作成
・投稿の代行
・レポート作成
・定期ミーティング
・インフルエンサーの活用

代理店や支払う料金によってサービス内容が異なります。少額で運用したいという場合は、アカウント設定やターゲティング・レポート作成など、Instagram広告における基本的な運用を依頼できます。

より費用をかけて本格的に運用したいという場合には、それに応じたサービスを提供する代理店もあります。画像や動画といったコンテンツ作成、インフルエンサーを活用したマーケティング、企画の立案なども可能なケースがあります。

Instagram広告の運用代行の費用相場


出典:https://www.shutterstock.com

Instagram広告の運用を依頼するためにかかる費用は、月額5万円〜50万円程度が相場と言われています。別に初期費用を設定している代理店もあり、0円〜30万円ほどかかる場合が一般的です。また、最低契約期間を設けている場合もあります。万が一の時に契約を破棄して違約金を払うことのないよう、あまり最初から長期間の契約を結ばないようにするといいでしょう。

Instagram広告自体にかかる費用も加味して考える必要があります。成果を上げようと多くの広告を出稿すれば、その分の費用もかかります。代理店の中には、広告費の20%を手数料として徴収するというルールを設けているところもあります。

Instagram広告の運用代行を依頼するメリット


出典:https://www.shutterstock.com

費用をかけて代理店に依頼するメリットはどこにあるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

プロの視点での運用が可能

手軽に閲覧できるInstagramですが、広告として運用することには慣れていないという方も多いでしょう。広告を出稿すること自体は難しくはないものの、継続的に運用し成果を上げようとすると、戸惑うこともあるかもしれません。

運用代行を依頼すると、プロの目線で運用してくれるという点にメリットがあります。日々の配信からレポート作成まで、プロが味方についている安心感は大きいでしょう。変化の多いデジタル業界では最新情報のチェックも欠かせません。既存の社員に一から広告運用を学んでもらうよりも、代理店に代行を依頼した方がコストの節約になることも考えられます。

幅広い業務を頼める

広告用にInstagramを運用してみると、思ったよりもやることが多いと感じるケースがあります。日々の運用をしながら、分析を行ったりキャンペーンを企画したりと、やるべきことはさまざまです。

画像や動画の作成にも注力しなくてはなりません。Instagramならではのフォトジェニックなコンテンツを作成する必要があります。またInstagramでは、読者モデルや芸能人といったインフルエンサーを活用したプロモーションも盛んに行われています。多くのインフルエンサーの中から、若年層に対して影響力を持ち、かつ信頼性のある人物を適切にキャスティングすることが求められます。

代理店はそれらの幅広い業務を行いながら、より高い成果を目指します。代理店によって対応しているサービスは異なる点には注意しましょう。

ノウハウを学べることも

Instagram広告の運用を丸ごと代理店に任せるのは時間や手間の節約になります。しかしせっかく頼むのであれば、学べることは学んでしまいたいところです。

「代行を依頼してあとはお任せ」というスタンスもいいですが、代理店の担当者とはある程度関わりを持つようにするといいでしょう。どのようなことを考えて広告を運用しているのか、どんなことを重視しているのかなど、参考にできることが見つかるはずです。自社の社員だけで運用するよりも、多くの学びを得られるかもしれません。

客観視してくれる人ができる

外部の人間である代理店との関わりが持てるのもメリットの一つです。同じ組織の人間だけで仕事をしていても、いずれ煮詰まってしまうものです。定期的に代理店の担当者とやりとりしたり、訪問を受けたりするのも、自社を客観的に考える重要な機会となるのではないでしょうか。特に代理店の担当者は、マーケティング的な視点で見ることに長けている場合があります。経営に関するヒントも得られるかもしれません。

Instagram広告の運用代行を依頼するデメリット

双方が納得して運用を進められるよう、デメリットについてもチェックしておきましょう。

費用が必要になる

基本的なことですが、社外に外注する分の費用がかかります。代理店やサービス内容によっても異なりますが、月額5万円〜50万円程度とまとまった金額が必要になるでしょう。「SNS広告は気軽にできるもの」と考えていると、高額に感じるかもしれません。

しかし代理店を利用してもしなくても、Instagramの広告料がかかる点は同じです。代理店を利用すれば、広告運用にかかる時間や労力・人材が削減できる可能性があります。代理店に支払う費用がマイナスになるわけではないのです。

社内で経験を積めない

Instagram広告の運用に不安がある場合、運用代行を依頼するのは有効な手段です。しかしいつまで経っても代理店にお任せで、社内の人間はノータッチという状態が続くと、もったいないというケースがあります。プロとの関わりを通して、そこから学ぶということを意識するといいでしょう。

運用代行の利用中はノウハウを蓄積することを意識します。代理店が作成するレポートを読み込んだり、担当者とコミュニケーションを重ねたりと、いつか自社でも運用ができるようになるという気持ちでInstagram広告に慣れていきましょう。

担当者が多忙なことも

依頼する代理店や担当者によっては、対応に時間がかかる場合があります。担当者は複数のクライアントをかけもちしていることがほとんどです。連絡しても毎回すぐに応じてくれるとは限りません。急に対応して欲しいことができた時などでも、こちらの思ったタイミングで物事が進むとは限らないのです。

自社の人間であればすぐにやりとりができるところですが、代理店に依頼することで、少しのタイムラグが発生することもあり得ます。

連絡のとりやすさやタイミングは契約前に意識してチェックしておくといいでしょう。代理店によっては、実際に広告を運用する担当者と、連絡窓口の担当者が別にいる分業制を採用しているところもあります。

Instagram広告の代理店の選び方のポイントは?


出典:https://www.shutterstock.com

Instagram広告に対応している代理店は数多くあります。その中から自社にあった代理店を選ぶためにはどうすればいいのでしょうか。ポイントをご紹介します。

サービス内容の範囲は広いかどうか

代理店によって対応できるサービスや、得意とするサービスは異なります。頼みたかったものにうまく対応してもらえなかったという理由で後悔することのないよう、事前にチェックしておきましょう。

特に、視覚面でユーザーに訴えかけるInstagramではコンテンツの作成が重視されます。画像や動画編集を得意としているデザイナーがいる代理店が望ましいと言えます。

また、マーケティングに関する幅広い業務を扱う代理店もおすすめです。Webを使ったプロモーションを行う際には、SNSはもちろん、Google広告やECサイトといったさまざまな要素が付随することがあります。必要になった時にその都度外注をしていると「○○はA社、××はB社」と、取引先との関係が複雑になってしまいます。今後を見越して、幅広いサービスを扱う代理店を選んでおくのも一つの手です。

実績が豊富かどうか

代理店のサイトなどで公開されている実績をチェックしましょう。豊富な実績があれば、それだけノウハウが蓄積されていることになります。自社の商品やサービスと同じようなジャンルのマーケティングに強いかどうかも確認するといいでしょう。

また、運用を代行することでクライアントにどれだけのメリットがあったのかを確認するのも重要なポイントです。売り上げや訪問数・登録者数などの具体的な数字が公開されていると安心でしょう。代理店が実際に運用しているInstagramアカウントが公開されている場合もあります。

自社の状況に沿ったサービスを提供してくれるか

自社の状況によって、代理店に依頼すべきサービスは異なります。SNSが苦手な社員ばかりだったり、社員の平均年齢が高かったりすると、アカウントを立ち上げるところからのスタートになるかもしれません。初期設定だけではなく、コンセプトの決定や、Instagramにおいての目標設定など、やることは案外多いものです。

すでにInstagramのアカウントを自社で所有しており、運用を始めているという場合はどうでしょうか。現状の成果に対する分析や、さらなる活用のための改善策の提案など、コンサルティング的な視点が求められます。

このように、Instagram広告に対して取り組むべきことはさまざまです。現在の自社にとって何が必要なのか考え、それにあった代理店を選ぶことを意識しましょう。

具体的な数値を教えてくれるか

Instagram広告では、現状を数値としてチェックし、それを元に常に改善していくことが求められます。透明性やノウハウの観点からも、自社でも数値を把握しておくことが望ましいとされています。

Instagramには数多くの指標が存在します。

・フォロワー数
・PV数
・投稿が保存された数
・フォロワーの性別や年代

運用代行を依頼する際は、代理店が作成したレポートでこれらの数値をチェックできる場合があります。どの程度詳細なレポートを作成してもらえるのか、事前にサンプルをもらって確認しておくことが大切です。レポートや訪問の頻度・内容についても具体的にしておきましょう。

まとめ

Instagram広告の活用に課題を抱えている企業にとって、運用代行を依頼するのは有効な手段の一つです。契約前にサービスをよく確認することで、納得のいく代理店選びを行いましょう。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.