YouTubeのディスカバリー広告の出し方の流れやコツと注意点

rokujigen_writer

プロフィール情報

YouTube広告ではTrueViewディスカバリー広告がよく注目されていますが、広告の出し方は難しいのではないかと悩んでいる方もいるでしょう。この記事ではTrueViewディスカバリー広告の特徴を紹介した上で、具体的な広告の出し方を解説します。TrueViewディスカバリー広告を出すときの注意点も説明するのでぜひ参考にしてください。

YouTubeのTrueViewディスカバリー広告とは

出典:https://www.shutterstock.com

TrueViewディスカバリー広告とは、サムネイルのイメージとテキストの文章によって構成されるYouTube広告です。YouTubeの検索結果などの動画のサムネイルが並んでいるところに一緒に表示されるのが特徴で、ネイティブ広告としての性質も持っています。

YouTubeのTrueViewディスカバリー広告はCPC課金になっていて、サムネイルが表示されるだけで自動再生はされません。CPM課金ではないので、サムネイルの画像やテキストが表示されただけでは費用が発生しない広告です。

広告リンク先の動画は通常のコンテンツと同じ扱いなので動画の再生時間や画質などの制限はありません。広告動画をユーザーに見つけてもらう(=ディスカバリー:発見)ための広告がTrueViewディスカバリー広告です。

TrueViewディスカバリー広告の出る場所

出典:https://www.shutterstock.com

TrueViewディスカバリー広告は、出稿したときに掲載される場所が主に3つあります。広告の出し方を考える上では配信場所を把握しておくことが大切なので、詳細を確認しておきましょう。

動画の検索結果

YouTubeでユーザーが動画を検索すると、キーワードやカテゴリなどに応じた候補動画のサムネイルがリスト表示されます。この一覧の中がTrueViewディスカバリー広告の出る場所です。サムネイルやテキストのフォーマットは通常のYouTube動画と同じなのでネイティブ広告になります。

動画の再生ページの関連動画

動画の再生ページでは関連動画が表示されます。ただし、再生ページでTrueViewディスカバリー広告が出るのは一か所ではありません。まず、パソコンでは右側、モバイルデバイスでは下側に表示される関連動画一覧の中にTrueViewディスカバリー広告が掲載されます。もう一つが広告枠で、パソコンの場合には関連動画の上に表示枠があります。

モバイルのYouTubeアプリのトップ

TrueViewディスカバリー広告はモバイルデバイスではトップページにも掲載されます。iPhoneでもAndroidでも同じようにYouTubeアプリのトップに大きく表示されるのが特徴です。ただし、マストヘッド広告が出ているときにはトップにTrueViewディスカバリー広告が表示されないので注意が必要です。

TrueViewディスカバリー広告の出し方

出典:https://www.shutterstock.com

YouTubeでTrueViewディスカバリー広告を出すにはどうしたら良いのでしょうか。ここではTrueViewディスカバリー広告の出し方を流れに沿って紹介します。

Google広告とYouTubeのアカウントの準備

YouTube広告を出す準備として必要なのがGoogle広告とYouTubeのアカウントです。Googleアカウントを先に作成しておくとYouTubeのアカウントを簡単に作成できます。まだどちらのアカウントもない場合にはGoogle広告のアカウントから作りましょう。簡単な情報入力と認証だけで作成可能です。

広告動画を作成してYouTubeにアップロードする

アカウントができたら、TrueViewディスカバリー広告を作成してYouTubeにアップロードします。「動画を作成する」を選択して、広告動画をアップロードするだけなので簡単な作業です。YouTube広告の出し方として共通する作業なので覚えておきましょう。なお、限定公開の設定をしておくと自然検索では発見されなくなり、動画のURLを知っている人だけが視聴できるようになります。

Google広告の管理画面からキャンペーンを作成する

TrueViewディスカバリー広告の出し方はGoogle広告のアカウントの方から設定します。管理画面からキャンペーンを作成しましょう。目標設定として「見込み客の獲得」、キャンペーンタイプとして「動画」を選択します。そして、キャンペーンのサブタイプをTrueViewディスカバリー広告を選びます。

TrueViewディスカバリー広告のキャンペーンでは配信する言語や地域、日程などを設定できます。YouTubeのみを広告先にするか、Google広告の関連サイトも対象にするかも選べます。入札戦略も手動、通常の自動入札、スマート自動入札から選択可能です。

広告グループを作成して動画広告の設定をする

キャンペーンが作成できたら広告グループを作成します。ユーザーとコンテンツの設定からターゲットを設定し、入札単価を決めて確定します。そして、動画広告の作成の画面でアップロード済みの広告動画をしてしましょう。最後に配信タイプをTrueViewディスカバリー広告としてサムネイルを選び、広告見出しや説明文、広告名を入力すれば完成です。

Google広告ではTrueViewディスカバリー広告についても審査を実施しています。配信する設定にしておき、審査を通過できれば配信が開始される仕組みです。

TrueViewディスカバリー広告の出し方の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

TrueViewディスカバリー広告の出し方には気にかけた方が良いポイントがあります。ここでは代表的な注意点をまとめたので、TrueViewディスカバリー広告を出すときにはぜひ参考にしてください。

目的に合っているYouTube広告かを確認する

TrueViewディスカバリー広告を出すときには最適なYouTube広告なのかをよく確認しましょう。YouTube広告には動画の間に挟み込まれたり、冒頭で再生されたりするTrueViewインストリーム広告やバンパー広告などもあります。

TrueViewディスカバリー広告はユーザーがクリックしないと再生されないのが注意点です。強制再生される広告の方が訴求力があると考えられる場合には他のYouTube広告を検討するのが大切です。

イメージを損ねないように気を付ける

TrueViewディスカバリー広告の出し方が悪く、誇大広告になってしまうケースがあるので注意しましょう。誇大広告はユーザーのイメージを損ねることにつながります。ターゲットによって受ける印象も違うので、ターゲットに合わせて制作することが重要です。

サムネイルやテキストの内容に誇張があると印象が悪くてクリックされないこともあります。動画の内容が大げさで、きっと悩みを解決できると思ったユーザーがサイトにアクセスしたら期待外れで購買意欲を失うということも稀ではありません。イメージダウンにならないように広告文も動画も注意して制作するのが大切です。

テキストの内容を客観的に検討する

TrueViewディスカバリー広告を出稿するときには動画制作に力を注ぐことが必要です。ユーザーが広告をクリックした時点で課金されるので、広告をクリックしたユーザーをコンバージョンに導けるように動線設計をした動画に仕上げることが重要になります。

動画を作り込むのと合わせて書かせないのが、広告文のテキストを十分に検討することです。広告文での訴求が動画の内容や商材の特徴とずれていると、クリックしたのにコンバージョンにならないという問題が発生します。TrueViewディスカバリー広告の費用対効果を上げるために押さえておくと良いポイントです。

まとめ

TrueViewディスカバリー広告は、検索結果や関連動画の一覧の中にネイティブ広告として表示されるYouTube広告です。モバイルアプリのトップページや関連動画の上にある広告枠にも表示されます。広告動画にユーザーを引き込むのに効果的なYouTube広告で、出し方も比較的簡単です。

TrueViewディスカバリー広告はCPC課金のYouTube広告なので、サムネイルとテキスト、動画の内容が一貫するように注意して出稿しましょう。出し方を誤ってしまうとユーザーからのイメージが悪くなるリスクもあるので、客観的な視点で作成して出稿するのが大切です。もし不安があるなら広告代理店に相談しましょう。ユーザーイメージの向上も図れるTrueViewディスカバリー広告を運用して、安定した収益の向上を目指すことができます。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.