YouTube広告は代行の活用が鍵!広告代理店の魅力と選び方

rokujigen_writer

プロフィール情報

目次

YouTube広告の効果を引き出し、費用を抑えて運用するには広告代理店による代行を活用すると効率が良いことをご存じでしょうか。この記事ではYouTube広告の特徴に着目し、代行を依頼するメリットとデメリットを解説します。広告代理店の選び方のポイントも紹介するので、より良い相談先を探す参考にしてください。

YouTube広告の特徴・種類・費用の基本


出典:https://www.shutterstock.com

YouTube広告の出稿や運用などを広告代理店に代行してもらう魅力や問題点を理解するためには、まずYouTube広告の基本的な仕組みを把握することが重要です。初めにYouTube広告の種類や費用について基本的なポイントを解説します。

YouTube広告はシェアが広い動画広告媒体

2020年の時点で動画広告市場は2000億円に到達し、急速に市場を拡大してきています。YouTubeは動画配信サービスとして国内シェアが広いため、YouTube広告はとても注目されている動画広告メディアの1つです。FacebookやLINE、TwitterやInstagramなどのSNSでも動画広告は出稿可能ですが、未だにYouTube広告に比べるとシェアが追い付かない状況があります。動画広告でデジタルマーケティングを展開するならYouTubeは魅力的な市場です。

参考:https://youtube-soken.com/report/1296/

YouTube広告のフォーマットの種類と特徴

YouTube広告には掲載できる広告が主に5種類あります。TrueViewインストリーム広告はYouTubeの動画再生画面に表示される広告です。5秒以上再生するとスキップできるタイプと、最長で15秒まで経過しないとスキップできないタイプから選択できます。

バンパー広告はTrueViewディスカバリー広告と同じ配信場所への広告です。バンパー広告はスキップできない代わりに最長で6秒間の動画しか配信できない仕組みになっています。

TrueViewディスカバリー広告はYouTubeの検索結果や関連動画などに表示される広告です。動画のサムネイル画像と広告文によって構成されるのが特徴で、リンク先に広告動画を掲載するシステムになっています。

マストヘッド広告はYouTubeのトップページに表示される広告です。ミュート状態で自動再生されるので認知拡大に適しています。

アウトストリーム広告はページコンテンツやアプリなどで再生されるモバイル専用の広告です。YouTube外への広告配信をするときによく用いられています。

YouTube広告の課金形式と一般的な費用

YouTube広告では視聴課金(CPV課金)、クリック課金(CPC課金)、インプレッション課金(CPM課金)、掲載日数課金(CPD課金)が取り入れられています。動画の種類によって課金形式が決定されます。

広告のジャンルによって費用には大きな違いが生まれますが、CPV課金では3円から20円、CPC課金でも3円から20円が相場です。CPM課金では1000回の視聴当たり500円前後での運用が一般的とされています。ただ、目的によってどのくらいの予算を掛けるべきかが異なるので注意が必要です。CPD課金では1日数百万円に上ることもあります。

日々の効果測定と改善が重要な運用型広告

YouTube広告は予算や入札単価、ターゲットや配信スケジュールなどを自由に設定できる運用型広告です。日々の効果測定と運用管理によって改善を目指すことが費用対効果の向上につながります。広告配信を始めたら終わりではなく、長期的な改善の取り組みが必要という認識で、YouTube広告を出稿することが大切です。

代理店にしてもらえるYouTube広告の代行の内容


出典:https://www.shutterstock.com

YouTube広告を代理店に代行の依頼をすると何をしてもらえるのでしょうか。代行業務の範囲はクライアントが決められるものなので、最大でどのくらいの業務を代行してくれるのかを理解しておきましょう。

YouTube広告に関連するアカウントの開設と設定

広告代理店に依頼するとYouTube広告を始めるために必要な準備を全て代行してもらえます。YouTubeだけでなくGoogle広告のアカウントもYouTube広告の出稿には必要で、連携させた上でYouTubeのチャンネルから広告動画を配信することが必要です。この複雑な手続きを全て代行してもらえるだけでなく、目的に合わせて複数のチャンネルを開設したり、広告キャンペーンを作成したりするサービスも充実しています。

YouTube広告フォーマットの選定や初期設定

広告代理店にはYouTube広告に出稿する際の初期設定を一通り代行してもらえます。主な種類だけで5つもある広告フォーマットから目的に合うものを選定し、広告の配信設定などもヒアリングを通して希望を叶える形に整えてもらうことが可能です。広告グループを作成して配信できる状態にまで仕上げてくれるため、Google広告やYouTube広告の詳しい設定方法を知らなくても適切な初期設定ができます。

YouTube広告動画の制作と配信

広告代理店が動画制作を手掛けている場合には広告動画の制作の代行も依頼可能です。自社で用意した動画がある場合にはYouTubeのチャンネルにアップロードしてすぐに広告配信をしてもらえます。しかし、広告フォーマットに合わない、利用規約に違反しているといった問題が生じることもあるでしょう。動画編集に対応している広告代理店ではこのような際の修正も依頼して、審査を通過して配信を開始してもらえます。

YouTube広告の予算管理や入札管理

YouTube広告を入稿した後は日々の予算管理と入札管理が必要になりますが、全て広告代理店に代行してもらえます。1日や1ヶ月の予算を伝えておけばその予算内で複数のYouTube広告を並行運用できるのが一般的です。入札の上限額を適宜変更していき、目標を達成に近づけられるようにしながら無駄な費用が発生しないようにしてくれます。予算管理や入札管理はYouTube広告の運用代行としての重要業務の一つです。

YouTube広告掲載の費用対効果の向上

YouTube広告を掲載してから費用対効果の向上に向けた一切の運用は広告代理店に代行してもらえます。YouTube広告ではターゲットや配信範囲を厳選していき、目標に合うユーザーにのみ配信するようにできると費用対効果が上がるのが一般的です。YouTube広告掲載の目的に応じて配信するユーザー属性、広告を配信する時間帯や地域、興味や過去のアクションなどを用いてターゲットを絞り込む高度な運用をしてくれます。

YouTube広告配信のレポート

YouTube広告を配信した結果についてレポートとして広告代理店から報告を受けることも可能です。アウトソーシングする形で完全に任せきりにすることもできますが、レポートを受けて状況を自社でも把握し、YouTubeを生かす広告戦略を考えるのは重要でしょう。レポート作成だけでなく、広告代理店によってはミーティングやコンサルティングもしています。ビジネスパートナーとしての役割も果たすのが広告代理店です。

広告代理店にYouTube広告の代行を依頼するとかかる費用


出典:https://www.shutterstock.com

YouTube広告の代行を広告代理店に依頼すると料金の支払いが発生します。広告代理店に任せるときにはどのような費用がいくらくらいかかるのでしょうか。

運用代行手数料

広告代理店にYouTube広告の運用を任せると運用代行手数料がかかります。料金体系として定率制とテーブル制が主流ですが、月額固定制や成果報酬型の広告代理店もあります。平均的には広告費の20%程度の代行手数料の支払いが必要です。

ただし、テーブル制では広告費が少ない場合でも大きな費用が発生することがあります。成果報酬型では広告費の下限があるなど、契約に際してはさまざまな条件を定めている代理店もあるので注意が必要です。

初期費用・実費

広告代理店に依頼するときには初期費用や実費の負担を求められることもあります。初期費用はYouTube広告に必要なアカウントの開設などの最初にだけかかる作業費が主なものです。相場としては5万円から10万円ですが、無料にしている広告代理店もあります。

実費請求はしない広告代理店が多いものの、YouTube広告の場合には動画制作を手掛けているかどうかで異なります。インハウスで動画制作ができない広告代理店の場合には、外注することがあります。動画制作だけでなく動画編集の場合にも実費請求となる場合があるので注意しましょう。動画制作の外注費用は数十万円から百数十万円くらいに上ることがあり、動画編集も数万円から数十万円が相場になっています。

YouTube広告を代理店に代行してもらうメリット


出典:https://www.shutterstock.com

YouTube広告の代行を代理店に任せるとどのようなメリットがあるのでしょうか。依頼できる業務範囲の広さから考えても魅力がありますが、それ以上に自社にとってポジティブな効果をもたらす可能性があります。

プロによる運用で費用対効果が上がりやすい

広告代理店はプロとしてYouTube広告の費用対効果を上げる方法を熟知しています。YouTube広告の運用経験が浅い人が担当するよりも迅速に費用対効果を上げてくれるのがメリットです。YouTube広告の性質を詳しく理解している広告代理店に依頼すればスムーズに目標を達成できるでしょう。広告代理店では独自のノウハウも持っているので、自社の目的に合う実績がある業者ならさらに大きな広告効果を期待できます。

社内のリソースを有効活用できる

YouTube広告の導入や運用を広告代理店に代行してもらうことで社内負担を軽減できます。社内の人材に新たにYouTube広告の活用スキルを学ばせるだけでも大きな費用負担になることは否めません。もともと担ってきた業務にはプロとして取り組ませた方が企業への貢献度は大きいでしょう。広告代理店に代行を依頼すれば社内リソースを有効活用し、生産性を高い水準で維持できるのがメリットです。

広告に適した動画制作や動画編集を任せられる

YouTube広告に用いる動画広告には高い訴求力を発揮させるためのコツがあります。広告代理店はユーザーに訴求して動画広告による成果を生み出すためのノウハウを持っているため、広告としての完成度が高い動画を手掛けてくれるのがメリットです。動画制作会社では知らない広告のプロだからこそのノウハウに基づいて訴求力のある動画を、YouTube広告の種類に合わせて作り上げてくれます。

実績データに基づく広告配信ができる

広告代理店はYouTubeの利用状況や他社の広告出稿の様子、ユーザー動向などに関するデータを持っています。データ解析の結果を使って合理的な広告配信の戦略を立てられるのが広告代理店の強みです。データは公開情報だけではなく、自社でのYouTube広告運用によって得られるものもたくさんあります。多数のクライアントの代行をしてデータを蓄積している広告代理店はデータドリブンの運用(いろいろやって効果のいいものに寄せる運用)で効果を上げられるのが魅力です。

自社の成長を目指す知見を得られる

広告代理店にYouTube広告の運用を代行してもらうことで自社の成長を促せるのもメリットです。YouTube広告の運用に際して何を考えてどんな施策を実行してきて、結果がどうなったかをレポートしてもらうと学べることがたくさんあります。自社事例を使ったケーススタディになるので、今後の広告運用に生かすことが可能です。YouTube広告だけでなく他のデジタルマーケティングにも活かせる重要な知見を得られるでしょう。

YouTube広告を代理店に代行してもらうデメリット

YouTube広告を代理店に代行してもらうときには注意点もあります。メリットが多いと考えられるのは確かですが、デメリットも発生するリスクがあるので詳細を確認しておきましょう。

期待通りの広告効果が出るとは限らない

YouTube広告を一切広告代理店に任せたからといって期待通りの効果が出るとは限りません。広告代理店によって得意分野には違いがあり、YouTube広告では実績がほとんどない場合もあります。

会社としては実績があっても担当者がスキル不足で運用成果が上がらないこともないわけではありません。知識やノウハウが原因ではなく、ヒアリング力がなくてクライアントの希望を叶えられない、業界知識の欠如によって適切な配信設定ができないといった問題が生じることもあり得るので注意が必要です。動画などのクリエイティブの制作力不足も起こる可能性があるため、制作や編集を代行してもらうときには気を付けましょう。

広告施策を変更するのに時間がかかりやすい

広告代理店に依頼すると広告施策を変更したときに対応が遅れがちです。代行を依頼するときにはミーティングを通して広告方針を定めます。その方針に応じて戦略を立ててYouTube広告を運用しているため、急に広告予算やターゲットが変わるような広告施策の変更があると対応が容易ではありません。

社内運用をしていると経営陣の様子や事業方針の変化に応じて広告施策の大義は変更も予測しやすく、事前に対策を立てることも可能です。広告代理店に代行を依頼して任せきりになっていると、社内事情に基づく予防線を張ってもらえずに大きな試作変更への対応が遅れ、利益を得るチャンスを逃すリスクがあります。

情報の提供量が少ないことがある

自社成長のための情報共有を進めたいと思っていても、広告代理店からの提供量が少なくて困ることもあります。代行の依頼先によって情報を共有する頻度や量については千差万別です。広告代理店にとってはYouTube広告の代行をして得られた情報は貴重な財産です。安易に提供せずに独自のノウハウとして蓄積したいと考えることでしょう。

しかし、情報を共有してクライアントとの議論を深めるのも広告代理店にとっては重要です。クライアントに利益を生み出し、満足度を高めて継続契約してもらうことが利益になるからです。広告代理店によってこのバランスの感覚が異なるため、十分な情報提供を得てビジネスパートナーとしての役割を果たしてもらいたいときには注意が必要です。

依頼内容に応じた代行手数料がかかる

広告代理店に代行を依頼すると手数料がかかるのもデメリットです。自社で全てに対応できれば手数料負担がないので、YouTube広告の運用による利益幅が大きくなります。代行手数料を支払うのは避けられませんが、自社リソースの業務負担を軽減できている点は考慮して高いのかどうかを考えた方が良いでしょう。

自社リソースを使うよりも人件費などのコストがかかっていないのなら広告代理店に依頼するメリットが大きくなります。YouTube広告に強いプロの広告代理店に代行を依頼すれば自社運用よりも高い効果を速やかに得られると期待できるため、費用対効果は高くなるのが一般的です。

YouTube広告の代行を依頼するときの選び方


出典:https://www.shutterstock.com

広告代理店にYouTube広告の代行を任せようと考えたときに課題になるのが依頼先の選定です。YouTube広告を運用できますと銘打っている代理店はたくさんあります。その中からより良い一社を見出すためには何をチェックしたら良いのかをプロの視点から紹介します。

各種のYouTube広告を使い分けてきた経験があるか

YouTube広告を出すときにはTrueViewインストリーム広告を考える方が多いのではないでしょうか。動画再生画面に表示され、30秒以内にスキップされれば課金されないので費用対効果が上がりやすいと考えられるからです。広告代理店もYouTube広告の運用ができるとアピールするときにTrueViewインストリーム広告を取り上げることがよくあります。

しかし、YouTube広告では他にも特性を持つ広告フォーマットがあります。広告の目標に応じたYouTube広告を出すことで効果はさらに上がるでしょう。YouTube広告の使い分けができる広告代理店に代行を依頼するのは重要なポイントです。

動画の制作や編集を手掛けてきた実績があるか

広告代理店がYouTube広告の動画を手掛けてきた実績が多く、成果が上がっていることは確認しておきましょう。広告の種類に応じてどんな構成の動画にするかが費用対効果に大きな影響を与えるからです。自社で制作や編集をしてきた経験があれば成果につながる動画を仕上げられるだけでなく、運用中にも効果が上がるように迅速な編集ができます。再生回数などに基づいて実績があるとわかれば安心して代行を依頼できます。

連絡や意思疎通がスムーズにできるか

広告代理店と連絡を取りやすく、相互理解がスムーズに進むことは重要なポイントです。広告施策の変更があったときにすぐに電話やチャットなどで伝えらえると迅速な対応を求められます。ヒアリング力が優れていて、代行をする上で必要な情報を的確に聞き出してくれるなら安心です。説明力もあって提案の意図も簡単に理解できると齟齬が起こることもなく、信頼できるビジネスパートナーにできます。

定期的なミーティングやレポートがあるか

定期的に担当者とのミーティングがあって情報共有ができることも広告代理店の選定では大切です。事業の局面によって広告の目的や配分可能な広告費は変わっていきます。競合他社やユーザーの志向の変化によって広告単価も大きく変化することは否めません。自社と広告代理店が得た情報を共有するミーティングを定期的に実施して、YouTube広告の運用の方向性をすり合わせるとより高い広告効果を得られるようになります。

ミーティングをしたり、レポートを受けて運用経過を確認したりするとYouTube広告運用のノウハウも習得可能です。将来的にインハウスで運用したいと思っている場合にも魅力的な成長の機会を得られます。

まとめ

YouTube広告は配信できる動画の種類に応じた特性を理解し、ターゲットを厳選して配信することで費用対効果が上がります。広告動画としての制作のコツもあるため、プロとしてノウハウを持っている広告代理店に代行を依頼するのは効率的です。ただ、広告代理店にYouTube広告の代行を依頼すると運用代行手数料の負担があり、情報提供を満足な形で得らないことがあるという問題もあります。

しかし、ビジネスパートナーとして信頼できる広告代理店を選び出せば、自社でYouTube広告を運用するよりも高い費用対効果を期待できるでしょう。YouTube広告の効果を迅速に上げられるようにするためには、実力とクライアントへの貢献力があるパートナーを探すのがおすすめです。六次元はYouTube広告を手掛けてきた実績が豊富で、幅広い対応力があります。期待に応える代行サービスを提供しているのでぜひ一度ご相談ください。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.