Google広告の始め方は簡単?開設方法や始める流れをご紹介!

rokujigen_writer

プロフィール情報

Google広告を利用してさまざまな広告を使ったマーケティングをしていきたいと思っても、始め方がわからないと手を出しにくいでしょう。この記事ではGoogle広告のアカウントの作り方から始めて、Google広告で広告運用をする流れを紹介します。困ったときの始め方のポイントも紹介するのでぜひ参考にしてください。

Google広告を始めるにはアカウント開設が必要

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告を始めればGoogle検索やGoogleショッピング、YouTubeなどに広告を出稿して広範囲にわたるWEBマーケティングがおこなえます。Google広告の利用にはまずアカウント開設が必要になります。そして、Google広告の設定をして広告の掲載を依頼するというのが始め方の全体像です。この記事ではGoogle広告の詳細な設定については運用しながら整えていくことを前提にして、基本的な始め方をご説明します。

Google広告のアカウントは1つだけ持つことが多いですが、複数持って運用することも可能です。複数ドメインのサイト運営をするときなどには複数アカウントを開設した方が良い場合もあります。Google広告の運用のコツとして念頭に置いておきましょう。

 

Google広告のアカウントを開設する流れ

出典:https://www.shutterstock.com

まずはGoogle広告のアカウント開設の仕方を流れに沿って紹介します。手続きは簡単で誰でもすぐにできるので、このガイドを見ながらぜひ試してみてください。

 

Google広告の公式サイトで登録する

Google広告のアカウントは公式サイトでおこなえます。GoogleアカウントにログインしてGoogle広告の公式サイトにアクセスしましょう。「今すぐ開始」のボタンをクリックすすると「新しいキャンペーンを作成」と上部に表示されたページに遷移します。この右下に「エキスパート モードに切り替える」という表示があるので選択します。エキスパートにモードを切り替えるとGoogle広告のサービスを全て利用することが可能です。

この時点からキャンペーンを作成することもできますが、先にアカウントの開設を終えてしまうのが賢明です。ページ左下に表示される「キャンペーンなしでアカウントを作成」を選ぶとキャンペーンの作成をスキップできます。

次にビジネス情報の確認があります。請求先の住所の区にと通貨はGoogleアカウントに基づいて表示されます。問題がなければ変更は不要ですが、国外拠点で運用するときなどには適切な国、タイムゾーン、通貨を選びましょう。この情報はアカウント作成後には変更できないので注意が必要です。最後に情報を受け取るかどうかのオプションについて「はい」または「いいえ」を選んで「送信」すればアカウントの開設は完了です。

 

支払情報を入力する

Google広告では広告費の支払情報の登録を求めています。アカウントの開設手続きと同時に済ませておくとスムーズなので、支払情報を入力してしまいましょう。アカウントの開設が完了したときに「アカウントの確認」のボタンが表示されるので、クリックすると設定画面に遷移できます。

上部メニューのツールアイコンから「料金」の設定を選ぶと支払情報の登録が可能です。名前と住所を入力し、支払方法を選択します。Google広告では自動支払いと手動支払いから選ぶことが可能です。自動支払いは利用限度額に到達するか、支払いの30日後になったら自動的に請求されます。手動支払いの場合にはアカウントの残高から支払いをすることになります。

手動支払いの場合には銀行振込、コンビニ払い、Pay Easy、クレジットカードまたはデビットカードから選択できます。自動支払いではクレジットカードかデビットカードの登録が必須です。カードブランドはVISA、Mastercard、JCB、American Express(AMEX)が利用可能です。

最後にGoogle広告の日本向け広告プログラム規約に同意して「送信」をすれば支払情報の登録は終わります。

 

Google広告の種類と特徴

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告のアカウントの開設を終えたら広告の掲載に向けてアカウントの設定を進めていきます。ただ、どんな広告を出稿できるのかを知らなければ成果の出る広告運用はできません。ここでは簡単にGoogle広告で運用されている代表的な広告の種類と特徴を紹介します。

 

リスティング広告

リスティング広告はGoogle検索でユーザーがキーワード検索をしたときに自然検索の結果とは別に表示される広告です。ユーザーの検索キーワードに基づく設定をする検索連動型広告になっています。ユーザーの興味関心に合わせた広告表示ができるので成果につながりやすい魅力がある広告です。

Google検索は世界的にトップシェアがある点でもリスティング広告はメリットがあります。Google広告を始めようとする方の多くがリスティング広告の運用を検討しているので、この記事でもリスティング広告を例に挙げて解説をしていきます。

 

ディスプレイ広告

Google広告のディスプレイ広告はGoogleディスプレイネットワーク(GDN)というサービス名で、Google広告の提携先サイトの広告枠に掲載される広告です。特定のサイトの固定された広告枠に出稿するのではなく、提携先のサイトやアプリを広く掲載先にできます。

Googleディスプレイネットワークは潜在顧客へのアプローチに適しているのが特徴です。テキストや画像、映像を組み合わせた広告を出稿することが可能で、広告を表示するターゲットも細かく設定できます。リード獲得に向けたWEBマーケティングに効果的なのがディスプレイ広告です。

 

YouTube広告

Google広告はYouTubeと提携しているため、国内でもシェアが大きい動作サイトのYouTubeに動画広告を出稿できます。YouTube広告にはバンパー広告やインストリーム広告、ディスカバリー広告などがあり、動画の作成と出稿の仕方を工夫することで成果を向上させることが可能です。5G時代の到来によって動画の需要が高騰する可能性が高い点でも注目度が高まっています。

YouTube広告は情報量が多く、認知拡大に伴う潜在顧客へのアプローチをしやすいのが特徴です。ブランディングでもよく用いられていて、YouTube広告は認知度を高めるのに塩湯してリスティング広告で顧客を獲得するといった戦略も取られています。応用性が高い魅力もあるのが動画広告です。

 

ショッピング広告

ショッピング広告はGoogle検索の「すべて」の結果や、ショッピング検索の結果に表示される広告です。Google広告をECサイトの集客に活用する際に適している広告サービスで、検索連動型になっています。買いたいという意志を持っているユーザーに商品を画像や価格を提示できるので、コンバージョンにつながりやすいのが特徴です。

ショッピング広告はネイティブ広告に近い性質があります。広告でありながらも自然な形で検索結果画面にマッチするように表示されるため、ユーザーにとってストレスがなく、思わずクリックすることもあるのが魅力です。Google検索で商品を探すユーザーも増加しているため、ECサイトの運営には重要な役割を果たす広告です。

 

アプリキャンペーン

アプリキャンペーンはユニバーサルアプリキャンペーン(UAC)と呼ばれていた広告です。Google広告でアプリユーザーの獲得のための広告を出稿したいときに適している広告で、Google Playでの検索結果などで上位に優先表示させられます。Google検索の結果やYouTubeにも掲載ができるため、幅広いターゲットを狙う広告運用が可能です。

AndroidアプリだけでなくiOSアプリも登録して運用できます。アプリの認知向上とダウンロードの促進に効果的なのがアプリキャンペーンです。課金制の有料アプリだけでなく、店舗アプリによる集客を目指す際にもアプリユーザーの獲得のために活用されています。

 

Google広告の始め方

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告のアカウントができて広告の種類がわかれば広告の出稿を始められます。ここではGoogle広告の運用に成功するための始め方を紹介するので、どのような流れかを確認しておきましょう。

 

広告出稿の目標と予算を決める

Google広告を始める事前準備として、広告出稿の目的とGoogle広告にかけられる予算を決めましょう。広告によってブランディングをするか、特定の商品の売上を伸ばすか、サイトからの問い合わせを増やすかによって適切なアプローチは異なります。適切な広告を選ぶ必要があるので、目標設定は重要なポイントです。

目標は数値化されているのが理想的です。Google広告を通して増やす売上高、契約件数、問い合わせ件数などを具体的に決めましょう。そして、広告費の上限を決めれば準備は完了です。Google広告では予算の上限を決められるので、あまり広告費を潤沢に用意できないときでも安心して始められます。

 

出稿する広告の種類を決定する

目的が決まったら出稿する広告の種類を決めます。目標が明確になっていれば適切な広告を選定できるでしょう。Google広告では同じ商品やサービスの販促のために複数の広告を同時に運用することも可能です。ただ、多くの場合には最適な出稿先があるので、まずは1つに絞って始めましょう。

ここではGoogle広告でも人気が高いリスティング広告を例に取って以後の流れを紹介します。他の広告を選んだ場合にも大まかな流れは同じなので、Google広告の始め方のイメージをつかんでください。

 

キャンペーンを作成する

キャンペーンはアカウント開設の段階でも作成を促されます。キャンペーンの役割は予算管理が最も大きく、アカウント構成を構築する際にも広告費の予算を切り分けるために複数のキャンペーンが作成されています。実際にはターゲットやキーワードを設定するのにも重要な役割を果たすので、将来的には切り分けも検討してみてください。

キャンペーンの新規作成は管理画面の左側にあるメニューから「キャンペーン」を選択して「+」をクリックします。「新しいキャンペーンを作成」を選ぶとキャンペーンの作成を始められます。

 

キャンペーンの目標を決める

新しいキャンペーンの作成を始めると、キャンペーンの達成目標について質問されます。「販売促進」や「見込み客の獲得」がリスティング広告では主な目標ですが、他の目的で広告運用をする場合には該当するものを選びましょう。

<目標>
・販売促進
・見込み客の獲得
・ウェブサイトのトラフィック
・商品やブランドの比較検討
・ブランド認知度とリーチ
・アプリのプロモーション

 

キャンペーンタイプを決定する

次にキャンペーンタイプがリストアップされるので、希望するタイプを以下の中から選びます。リスティング広告を出稿するなら「検索」が該当しますが、ショッピングやスマートでも候補にできるので広い視野で考えて決めましょう。

<キャンペーンタイプ>
・検索
・ディスプレイ
・ショッピング
・動画
・スマート
・ファインド

 

キャンペーンを設定する

Google広告では作成したキャンペーンについて以下の詳細設定ができます。

・全般設定
・ターゲティングとオーディエンス
・予算・入札単価
・広告スケジュールとローテーション
・広告表示オプション

全ての項目を詳しく見て設定しても構いません。ただ、Google広告を始める段階では決めるのが難しい項目もたくさんあります。キャンペーンの下層に位置する広告グループやキーワード、広告ごとに設定した方が良い項目もあるので、初期設定では以下のポイントに絞り込むのがおすすめです。

・地域と言語(ターゲティングとオーディエンス)
・予算と入札単価
・広告のスケジュールとローテーション

地域と言語は広告のターゲットを限定したいときに有効です。店舗のある地域限定でユーザーをターゲティングしたい、日本人だけを対象にしたいといったときに効果的な設定です。

予算では1日あたりの平均費用を設定できます。広告予算に応じて設定すれば予算に応じた運用が可能です。入札単価ではクリック数やインプレッションシェア、コンバージョンやコンバージョン値を重視する指標として選び、入札額の自動設定について設定ができます。入札単価を自分で決める場合には個別設定も可能です。

広告のスケジュールでは広告を配信する曜日と時刻を決められます。問い合わせを目的とする際には営業時間に合わせるといった工夫が可能です。広告のローテーションでは複数の広告を登録したときにどのようなシステムで表示するかを設定可能です。Google広告では複数の広告を登録して運用するのが常套手段なので設定しておきましょう。4つの選択肢がありますが、自動で最適化するか、最適化せずに無作為に表示するかを選ぶのが無難です。

なお、広告表示オプションはキャンペーンでだけ設定が可能で、集客力を上げられるだけでなくGoogle広告の広告ランクにも影響する重要な項目です。広告目的に応じてゆくゆくは設定しておきましょう。

 

広告グループを作成する

キャンペーンを設定出来たら広告グループを作成します。広告グループはキャンペーンの下層に複数作成することが可能で、キーワードと広告の管理をする枠組みになります。広告グループは広告のリンク先ごとに作成するとわかりやすいアカウント構成にすることが可能です。

広告グループの作成ではまず名称とデフォルトの単価を設定します。デフォルトの単価ではリスティング広告ならクリック単価での上限値を入力します。そして、キーワードを入力すれば広告グループの初期設定は完了です。

キーワードはリスティング広告ならユーザーが使用する検索キーワードです。その結果に一致するときに広告が表示されるため、ユーザーの検索意図やニーズを考慮して登録しましょう。マッチタイプの設定もできるので、完全に一致するときだけ表示したい、キーワードが含まれているときには配信したいといった希望に応じて登録します。後で編集はできるので最低限のキーワード設定でも構いません。

 

広告を登録する

最後に広告を作成して登録します。Google広告では広告文のフォーマットが決まっているため、画面に表示されるかを意識して作成するのが重要です。最終ページURL、広告見出し、説明文、パスを設定することができます。右側にプレビュー表示があるので、見やすくて訴求力のある広告文に仕上げましょう。

 

広告を出稿して掲載を始める

広告の登録もできたらGoogle広告に掲載を始められます。他にも除外キーワードの設定などの細かな設定項目はたくさんありますが、最低限の用意はできたので出稿して運用を始めましょう。ただし、Google広告で広告掲載をしてもらうためには審査の通過が必要です。ガイドラインに則っていない場合や、法律に抵触する場合などには審査が通らないこともあります。審査落ちになったときには広告文やリンク先を確認して問題点を探して修正しましょう。

 

Google広告を始めたらやるべきこと

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告の始め方と合わせて押さえておきたいのが、広告掲載を始めてからやるべき運用です。Google広告は運用型広告なので出稿して放置していても成果につながるとは限りません。ここではGoogle広告の出稿をしたらすぐに始めた方が良いことを紹介します。

 

出稿した広告の効果測定を始める

Google広告に出稿したら効果測定を始めましょう。広告の表示回数やクリック回数などはGoogleが集計しているので簡単に参照できます。ただ、実際に重要なのはコンバージョンです。コンバージョン計測を始めると広告出稿が成果につながっているかがわかります。

Google広告の管理画面のメニューから「コンバージョン」を選択し、「コンバージョン計測する条件」を設定しましょう。この項目ではカテゴリやカウント方法、計測期間やアトリビューションモデルを設定することで、グローバルサイトタグとイベントスニペットを作成できます。イベントスニペットのタグを取得して、コンバージョン後に表示するページにタグを入れればGoogle広告を通して得られたコンバージョンをカウントできます。

 

Google広告の運用による改善を始める

効果測定を始めるとGoogle広告の運用による改善を始められます。広告の予算や入札単価を調整したり、広告のスケジュールを変更したり、ターゲットを選定し直したりすると表示回数やクリック数、コンバージョンが変わるでしょう。キーワードを追加したり、広告文を変更したり、除外キーワードの設定をしたりするのも効果があります。このような運用をして最初に定めた目標を達成するための設定を見出していきましょう。

改善は仮説検証を通して試行錯誤をしながら進めていくことになります。Google広告に出稿した段階から効果測定を進め、競合の動向の調査をして差別化を図り、強みを訴求できる広告を作り上げていきましょう。複数の種類の広告を運用すればさらにマーケティング範囲を広げられます。効果が上がらないときには他の種類の広告にシフトするのも手なので運用を始めたら他の広告を使う可能性も視野に入れましょう。

 

Google広告の始め方で悩んだら広告代理店に連絡を!

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告を始めるにはアカウントの開設をしてキャンペーンや広告グループの作成と設定、キーワードの選定や広告の作成と登録が必要です。始め方の概略だけ見ると簡単そうですが、実際にやってみると決めることがたくさんあって意外に大変なことに気付きます。さらに広告掲載を始めたら運用をして成果を上げることも必要になります。

少しでも不安があるなら広告代理店に相談してみましょう。Google広告の始め方も運用の仕方も熟知しているプロなので、抱えている悩みをきっと全て解決できます。Google広告のアカウント開設から全て代行を依頼することも可能です。Google広告の種類の選定やキーワードの選定、広告の作成なども任せられます。

Google広告の始め方で悩んだときには広告代理店に相談するのがおすすめです。安心してGoogle広告によるWebマーケティングを始められるように気軽に連絡してみましょう。

 

まとめ

Google広告はリスティング広告やGoogleディスプレイネットワークなどの複数の広告を同時に運用できる魅力的なサービスです。ここで紹介したようにアカウント開設は簡単で、Google広告のアカウントがあれば全ての広告を出稿できます。ただ、実際に広告を出稿しようとすると設定しなければならない項目が多く、効果測定をしながら運用をしていかなければ成果が上がっていきません。

Google広告は継続的な運用が必要になることを見越して始めるのが大切です。始める段階で効果測定の仕方も改善の方針も立てることが重要になります。大きな広告効果を得られるようにするためにも、Google広告を始めるときには広告代理店の活用を検討しましょう。プロに相談して成果重視の運用を進めるのがGoogle広告を生かすことにつながります。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.