P-MaxがGoogle広告でおすすめ!メリットと注意点を紹介

公開日

Google広告でP-Maxがローンチされたのをご存知でしょうか。2021年11月に提供開始されたサービスで、今までの広告キャンペーンとは違う性質を持っています。本記事ではP-Maxとは何かをメリット・注意点と併せて紹介いたします。

P-Maxとは?


出典:https://www.shutterstock.com

 

P-MaxとはGoogleのAI技術を活用して生み出された新しい広告キャンペーンです。P-Maxの性質をまずは簡単に見ていきましょう。

 

Google広告で目標達成を最重視する広告キャンペーン

P-MaxはGoogle広告で新たにローンチされた目標達成を重視するキャンペーンです。従来の広告キャンペーンではクリック数やインプレッション数などを指標として広告のパフォーマンスやコストが評価されてきました。P-Maxではコンバージョンを基準として目標を設定し、最大のコンバージョン数またはコンバージョン値を達成できるようにGoogle広告の自動運用ができるのが特徴です。販売促進、見込み客の獲得、来店数の店舗売上の向上を目標としたときにP-Maxを利用できます。

 

Googleのあらゆる広告面に最適な形で自動配信

P-MaxはGoogle広告の配信面になっている場所をすべて対象として広告の自動配信ができます。Google検索やGoogleショッピング、ディスプレイ広告だけでなく、GmailやDiscover、YoutubeやGoogleマップなどのあらゆる広告チャネルが配信先の候補になります。コンバージョンによる目標達成に最適な配信面をGoogleが自動的に選んでくれるため、効率的で広告効果が上がりやすいのが特徴です。

 

Google広告の一部はP-Maxにアップグレード

Googleショッピング広告やGoogleマップ広告として有用なスマートショッピングキャンペーンとローカルキャンペーンはP-Maxに統合される予定になっています。既にどちらのキャンペーンもP-Maxへのアップグレードが可能です。自分で手続きをしなくても9月までには自動でアップグレードされます。そのため、スマートショッピングキャンペーンかローカルキャンペーンで広告を配信しているなら、9月までにはP-Maxの使い方を身につけておくのが大切です。

 

P-Maxの3つのメリット

出典:https://www.shutterstock.com

 

P-MaxにはGoogle広告を出すうえでたくさんのメリットがあります。特に注目した方が良い3つの重要なメリットを紹介するので、P-Maxの魅力を詳しく理解しましょう。

 

自動で広告のコストパフォーマンスが上がる

P-Maxは自動でGoogle広告のコストパフォーマンスが上がるのがメリットです。P-Maxはコンバージョンを目標として自動最適化をするのが特徴です。売上の向上、新規顧客の獲得、問い合わせの増加などのさまざまな目標に合わせて広告の配信面がリアルタイムで改善されます。また、入札やターゲティングも自動でおこなわれ、予算もP-Maxに設定した範囲内で自動的に配分される仕組みになっています。予算を考慮して最大のコンバージョンになるように広告が配信されるので、P-Maxならコストパフォーマンスが飛躍的に上がります。

 

広告運用の管理負担を減らせる

P-MaxはGoogle広告の運用にかかる管理負担を減らせるのが魅力です。Google広告では複数の配信面に異なる内容の広告を配信するには複数のキャンペーンを作成して運用する必要があります。ターゲットの設定、予算や入札金額を変更して多数の広告を運用すると管理が大変になります。

 

しかし、P-Maxなら総予算に基づいて広告の配信先やターゲットの属性を自動で最適化することが可能です。広告効果の高いクリエイティブを使用して、コンバージョンが多いユーザー属性を狙って自動配信します。さらに、1つのキャンペーンで掲載先になる広告枠が増えるのも特徴で、広い範囲にアプローチしてベストパフォーマンスを目指せるのがメリットです。

 

広告運用に必要な透明性のある分析情報を取得できる

P-Maxを利用すると広告運用に関連する分析情報が統合されてわかりやすくなります。トレンドやターゲット、クリエイティブなどがパフォーマンスに影響している度合いを総合的に確認できるのがメリットです。改善すべきポイントが明らかになるため、運用による広告効果を長期的に上げられます。P-Maxで広告配信の自動化がどのようにおこなわれていたかもわかるので、マーケティング戦略にも重要な示唆を手に入れられます。

 

P-Maxを活用するコツ

出典:https://www.shutterstock.com

 

Google広告でP-Maxを使えば自動最適化ができます。あらゆるシーンで使える可能性を秘めている新プロダクトですが、利用する際には注意点もあります。どのようなときにP-Maxを利用すると良いか、効果的な運用をするには何に留意したら良いかを詳しく確認しておきましょう。

 

広告配信の課題解決にP-Maxを利用する

P-Maxは広告配信の課題解決をする目的で利用するのがコツです。今まで安定して効果の上がる運用ができていたのなら、あえてP-Maxに切り替える必要はありません。しかし、Google広告の運用で複数の広告配信先を活用できていないときや、リスティング広告でキーワードを増やすのに苦労しているときにはP-Maxがおすすめです。

 

コンバージョンを目的とする広告にはディスプレイ広告やリスティング広告などの複数の選択肢があります。目標ベースでパフォーマンスを上げるP-Maxを利用すれば、Google広告のあらゆる配信面を最大限に活用できるようになります。配信面ごとにテストをしてパフォーマンスを計測する必要なく、すぐに配信を始めてリーチの拡大を目指せるのが魅力です。

 

リードタイムを考慮して運用を始める

P-Maxの利用を始めるときにはリードタイムを考慮しましょう。Googleのベストプラクティスとして、6週間はキャンペーンを実施することが推奨されています。P-MaxはAIによる機械学習によって最適化をするため、学習のために必要なデータを取得する期間が必要です。P-Maxにすればすぐにパフォーマンスが最大化されるわけではないので、当面は通常の広告キャンペーンを作成して運用しましょう。

 

リード期間には広告の予算を追加するのがGoogleのベストプラクティスです。今まで広告を配信してきた場合には6週間は運用を止めずに、機械学習に必要な分の広告予算を用意してP-Maxに学ばせます。そして、パフォーマンスが上がったのを確認してから並行運用する状況からP-Maxに切り替えるのが賢い方法です。

 

並行運用するときにはEquivalent設定をすると競合が起こりません。同一アカウントでP-Maxをテストする場合には問題ありませんが、別アカウントを使用するときにはEquivalent設定をするのが重要なポイントです。

 

URL拡張のオン・オフを検討する

P-MaxはGoogleのAIによる自動化によって最適な運用をするのが特徴です。P-Maxを利用すると広告面に合わせて広告見出しの自動生成、URLの自動拡張、キーワードの自動生成などがおこなわれます。P-Maxは配信設定でURLの拡張のオン・オフを切り替えられるため、もし自動生成や自動拡張が問題になるなら止めましょう。

 

URL拡張をオフにするとURLが自動拡張されることなく指定したURLのみが広告リンク先になります。広告見出しも自動生成されなくなり、設定した広告見出しがそのまま使用される形にすることが可能です。もし広告文の社内チェックが必要で動的に変化するのが困る場合にはURL拡張をオフにしましょう。それでもキーワードの自動生成は継続されるため、P-Maxによる広告パフォーマンスの向上効果を得られます。

 

まとめ

出典:https://www.shutterstock.com

P-MaxはGoogleの広告配信面をすべて利用し、AIによって配信を最適化する広告キャンペーンです。Google広告で新しく出てきたサービスで、ほぼ自動で広告を運用できるメリットがあります。あらゆる配信面を候補にして、広告見出しやキーワードも自動生成しながら配信をしてくれる魅力的なサービスです。まだローンチされたばかりなので、今後P-Maxのサービス内容も変わっていく可能性があります。しかし、広告のコストパフォーマンスを上げるのに有用なキャンペーンなので活用を検討してみましょう。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

資料ダウンロードはこちら

広告費の予算を決める『4つの方法』

「WEB広告の種類と課金形態」と「予算の決め方」について解説!決めるのが難しい広告予算について、仕組みから理解出来るようになりましょう!

フォームに必要事項をご記入いただくと、無料で資料ダウンロードが可能です。






    インフォメーションメールをお送りすることがございます。
    メール送信、及びプライバシーポリシーに同意いただけましたら、チェックをお入れください。(必須)

    © rokujigen. All rights reserved.