TikTok広告の費用がまるわかり!種類による目安と課金方式

公開日

TikTok広告にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。他の動画配信サービスとは異なるユーザーにリーチできるのはTikTok広告の魅力です。費用対効果を上げられるのかどうかが気になる方は多いでしょう。本記事ではTikTok広告にかかる費用の目安や課金方式について詳しく解説いたします。

TikTok広告は種類によって費用の目安が異なる

出典:https://www.shutterstock.com

 

TikTok広告には運用型広告と純広告があります。広告出稿にかかる費用は種類によって大きな違いがあるので注意しましょう。純広告にも以下の3種類があって費用相場が異なっています。

 

・起動画面広告

・インフィード広告

・ハッシュタグチャレンジ

 

TikTok広告では数千円~数百万円の広告費がかかります。出稿する広告の種類や運用方法によって費用対効果を上げられるかどうかが異なるので、TikTok広告の費用の仕組みを詳しく見ていきましょう。

 

TikTok広告の特徴についての記事をチェック

https://rokujigen.co.jp/6plus/2296/

 

TikTok広告の課金方式

出典:https://www.shutterstock.com

 

TikTok広告では5種類の課金方式が取り入れられています。費用が発生するタイミングも料金も課金方式によって違うので、特徴を確認しておきましょう。

 

クリック課金方式

クリック課金方式は広告がクリックされたときに費用が発生するのが特徴です。1クリックあたりの費用が定められていて、TikTok広告では入札形式になっています。ユーザーのクリックによってWeb集客を達成しやすい方式です。

 

インプレッション課金方式

インプレッション課金方式は広告をユーザーが見た時点で費用がかかります。1,000表示ごとの単価で入札する方式になっていて、クリック課金方式に比べると単価が低い傾向があります。ただし、クリックなどのユーザーアクションにつながるとは限らないため、認知度の向上の目的で使われているのが一般的です。

 

最適化インプレッション課金方式

最適化インプレッション課金方式は、TikTok広告の広告キャンペーンの目的に応じて配信される仕組みのインプレッション課金方式です。課金の仕組みはインプレッション課金と同じで、1,000回の表示あたりの費用を定めて入札します。TikTokが目的に合わせて配信するユーザーを自動選定してパフォーマンスを上げてくれるのが魅力です。

 

再生課金方式

再生課金方式はTikTokの広告動画が一定時間以上再生されたときに課金されます。TikTok広告では2秒毎、6秒毎の2つから選択可能です。視聴を始めても広告がスキップされて条件を満たさなかったときには費用がかかりません。費用対効果が上がりやすく、コンバージョン重視での広告配信に向いています。

 

期間契約方式

期間契約方式は広告枠への配信期間を決めて定額費用で契約する方式です。ユーザーによるクリックや動画視聴、表示回数などによって費用が変わることがありません。TikTok広告では目立つ広告枠が提供されているため、大きな効果を期待できます。しかし、期間契約方式は広告費用が高いのが注意点です。

 

TikTok広告の種類と費用の目安

出典:https://www.shutterstock.com

 

TikTok広告ではどのくらいの予算があれば広告を出稿できるのでしょうか。TikTokに出稿できる広告の種類と費用の目安を見ていきましょう。

(※2022年7月時点)

 

運用型広告

運用型広告はTikTok広告の中で費用の調整をしやすい広告です。運用型広告は予算と入札金額を決めて運用できるため、費用には上限も下限もありません。TikTokだけでなくTopBuzzやBuzzVideoにも同時に配信できます。広告キャンペーンを決めてクリック課金、インプレッション課金または最適化インプレッション課金、再生課金から選び、目的に応じた運用をします。運用型広告の費用の目安は以下の通りです。

 

課金の種類 費用相場
クリック課金 30〜100円/1クリック
インプレッション課金 100円〜1,000円/1,000回表示
再生課金 5円〜60円/1回

 

TikTok広告では予算の上限を設定して費用をコントロールできます。10万円の予算でクリック単価50円の広告を出稿し、2,000回のクリックがあったときには予算上限に達します。この時点で広告の出稿が止まるので費用負担は10万円を越えずに済むので予算管理が容易です。

 

起動画面広告

起動画面広告はTikTokのアプリ起動画面に表示される広告で、露出度が高いことから認知度の向上によく活用されています。1日1広告のみの配信になっているため競争率が高いTikTok広告です。起動画面広告はインプレッション課金方式で、770円/1,000回がインプレッション単価の相場です。TikTokでが1日で700万回くらいの視聴がある場合が多いので500万円程度の費用がかかります。

 

課金の種類 費用相場
インプレッション課金方式 770円/1,000回

(1日500万円程度)

 

インフィード広告

インフィード広告はTikTokのおすすめの枠に表示できる広告です。ネイティブ広告のように表示されるため、ユーザーが広告と思わずに視聴してくれるチャンスがあります。TikTok広告では1日契約でTopView、OneDayMax、BrandPremiumから選んで出稿可能です。以下のように費用が高いほどおすすめ欄で上位表示される仕組みになっています。

 

課金の種類 表示位置 費用相場
TopView トップ 625万円~
OneDayMax 4番目 300万円~
BrandPremium 80番目以内 42万円~

 

TikTokでインフィード広告を出すと50万円あたり60万回の表示回数を獲得できるのが一般的です。目標の表示回数と費用負担のバランスを考えて出稿する必要があります。

 

ハッシュタグチャレンジ

ハッシュタグチャレンジは企業がハッシュタグを用意し、ユーザーにそのハッシュタグ動画の投稿を促すユーザー参加型の広告です。TikTok広告では期間契約になっていて、以下の4種類の選択肢があります。

 

 

課金の種類 特徴 費用相場
ベーシックハッシュタグチャレンジ おすすめに3日間表示 1,000万円
スタンダードチャレンジ バナーとおすすめに6日間表示(1日だけ1位表示) 1,500万円
ハッシュタグチャレンジプラス バナーとおすすめに5日間表示(2日だけ1位表示) 1,700万円
バトルハッシュタグチャレンジ バナーとおすすめに3日間表示(2つのハッシュタグを設定可能) 2,000万円

 

ハッシュタグチャレンジはUGCの増加につながるのが魅力です。ただ、他のTikTok広告に比べて費用が高いのが注意点です。

 

TikTok広告の出稿を始めるときに他にかかる費用

出典:https://www.shutterstock.com

 

TikTok広告の配信を始めるには広告費用以外にもコストがかかります。TikTok広告で特に考慮する必要性が高いのは動画制作と広告運用の費用です。それぞれの概要をここで確認しておきましょう。

 

動画制作の費用

TikTok広告を出すには動画制作の費用がかかる場合がほとんどです。運用型広告では動画だけでなく画像も使用可能で、ハッシュタグチャレンジならハッシュタグさえできれば出稿できます。しかし、起動画面広告とインフィード広告では短い動画の制作が必要です。

 

動画制作にかかる費用は数万円~100万円程度です。TikTok広告で配信する15秒程度の動画では3万円~10万円程度で制作できるのが一般的になっています。動画制作には長い期間もかかるため、TikTok広告の出稿を企画したときには早めに動画制作会社に相談するのが大切です。

 

広告運用の費用

TikTokで運用型広告を出すときには広告運用に費用がかかります。社内で完全に運用できる場合には費用負担はありません。しかし、広告代理店に依頼する場合には広告費の20%程度の運用代行手数料が必要になるのが一般的です。広告代理店にTikTok広告の運用を任せるとパフォーマンスを優先することも、予算内で費用対効果の高い運用を依頼することも可能です。業者によって料金体系は異ります。相談して費用に納得できるだけでなく、信頼のおける広告代理店に任せるのが大切です。

 

まとめ

出典:https://www.shutterstock.com

TikTok広告には運用型広告と純広告があり、出稿にかかる費用には大きな違いがあります。起動画面広告、インフィード広告、ハッシュタグチャレンジは高額の費用がかかる広告です。数十万円~数千万円の費用がかかりますが、その分だけ高い効果を期待できます。一方、運用型広告は広告の予算と合わせて運用し、高い費用対効果を目指せるのが特徴です。クリック、インプレッション、動画再生の3つの観点から課金方式を選べるので、広告目的を達成するのに最適な運用ができます。

 

TikTok広告の運用型広告は広告代理店に任せるとスムーズに最適化できるので費用対効果が速やかに上がります。弊社ではTikTok広告の運用のプロとして、目的と費用に合わせた運用代行をしていますのでぜひご相談ください。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

資料ダウンロードはこちら

広告費の予算を決める『4つの方法』

「WEB広告の種類と課金形態」と「予算の決め方」について解説!決めるのが難しい広告予算について、仕組みから理解出来るようになりましょう!

フォームに必要事項をご記入いただくと、無料で資料ダウンロードが可能です。






    インフォメーションメールをお送りすることがございます。
    メール送信、及びプライバシーポリシーに同意いただけましたら、チェックをお入れください。(必須)

    © rokujigen. All rights reserved.