TikTok広告とは?特徴やメリット・注意点をご紹介!

rokujigen_writer

TikTok広告は短い動画を視聴しようとしている若い世代をターゲットにして、動画広告で訴求できるサービスです。TikTok広告の活用は日本でもだんだんと広がってきています。本記事ではTikTok広告の基本的な特徴とメリットや注意点についてわかりやすくご紹介します。

TikTok広告とは

出典:https://www.shutterstock.com

 

TikTok広告とは動画配信サービスとして有名なTikTokに出稿できる広告サービスです。動画広告によるマーケティングが注目されるようになり、YouTubeと並んで広告先としてよく活用されています。

 

TikTokとは

TikTok広告の掲載先となるTikTokとは短時間の動画を投稿できるSNSプラットフォームです。バイトダンス社が提供しているサービスで、動画編集もできるシステムになっています。最短15秒の動画を公開でき、1分以内で気軽に視聴可能な動画が目立つのがTikTokの特徴です。

 

 TikTokのユーザー層とシェア

TikTokは2021年の時点でアクティブユーザー10億人に達しています。ユーザー層は10代~20代が中心でしたが、人気の上昇の影響でだんだんと平均年齢も上昇しています。日本ユーザーでは34歳が平均年齢に上っているため、若い世代だけでなく中高年者の利用も増えてきているサービスです。

 

 TikTok広告の特徴

TikTok広告はTikTokのアプリを起動したときのトップページやフィードなどに広告を出せるサービスです。単価が設定されている予約式のリザベーション広告と、入札によって費用が変動する運用型のオークション広告を選んで自由に出稿できる仕組みです。リーチやトラフィックの獲得だけでなく、ユーザー投稿の促進やリーチの最適化などのさまざまな目的でTikTok広告を活用できます。

 

TikTok広告に出稿できる広告の種類

出典:https://www.shutterstock.com

 

TikTok広告に出稿できる広告は大きく分けると6種類あります。種類によってリーチの達成やエンゲージメントの獲得などの適性があり、料金体系も異なっています。ここではTikTok広告の種類と特徴を解説するので参考にしてください。

 

Brand Auction(ブランドオークション)

Brand AuctionはTikTok広告のインフィード広告の一つで、運用型広告になっています。リーチや動画視聴の最適化に適している広告です。ターゲティングの幅が広く、適切なターゲットを絞り込んで広告配信をすることによりコストパフォーマンスを上げやすいのが特徴です。Brand Auctionはリーチの獲得ではCPM単価、動画視聴の最適化ではCPV単価で課金されます。競合が多い場合には入札による競争が激しくなって単価が高くなる傾向があります。

 

Performance Auction(パフォーマンスオークション)

Performance Auctionも運用型のインフィード広告ですが、Brand Auctionとは広告目的が異なります。ウェブサイトへのアクセスやアプリインストール数、自社サイトでのコンバージョンを増やしたいときに適しているのが広告です。ウェブサイトへのトラフィックを増やす目的ではCPC単価が適用されますが、アプリインストールやコンバージョンではCPM単価になります。入札によるオークション広告なので、競合によって広告費の影響を受けます。

 

Reach&Frequency(リーチ&フリークエンシー)

Reach&Frequencyは予約型インフィード広告です。リーチとフリークエンシーを事前に設定し、シミュレーションをしたうえで広告を出稿できる仕組みになっています。おすすめフィードの早い段階で表示されるTop Feedとあらゆる段階で表示されるStandard Feedから選択が可能です。リーチの獲得にもファンの育成やトラフィックの増大にも利用できる広告で、最大60秒の動画を使ったプロモーションができます。

 

TopView(トップビュー・起動画面広告)

TopViewは起動画面広告とも呼ばれているリザベーション広告です。TikTok広告のアプリを起動したときに日にち限定で広告をトップに表示できます。100%表示と50%表示のオプションから選んで出稿可能です。あらゆるTikTokのユーザーにリーチできる点が優れていますが、CPD単価は100%表示では1,886万円です。CPM単価に換算すると1,000円なので広告費用の負担を考慮して検討する必要があります。

 

#Challenge(ハッシュタグチャレンジ)

#ChallengeはTikTok広告のオリジナル広告の一つです。ユーザーの参加を伴う広告で、ユーザーに動画作成をして投稿するのを促します。TikTokのユーザーとのタイアップ型のプロモーションになり、優良なコンテンツが投稿されると急速に拡散していくのが魅力です。エンゲージメントが高く、話題性もあるため活用が広まっています。ただし、Standard #Challengeで2,000万円、Premium #Challengeでは2,500万円の費用がかかります。

 

Branded Effect(ブランドエフェクト)

Branded Effectはユーザーにブランド体験を促すためのリザベーション広告の一つです。画像認識技術を使用して化粧やフェイスマスク、ヘッドウェアなどの試着をユーザーに体験してもらえるのが特徴です。2次元での重ね合わせをするStandardのプランと3DやARを駆使したエフェクトを使えるAnvancedのプランから選べます。他の広告と組み合わせて利用すると広告効果を引き上げられるTikTok広告の独自サービスです。

 

TikTok広告のメリット

出典:https://www.shutterstock.com

 

TikTok広告にはさまざまな種類の広告がありますが、TikTokという媒体に広告を出すのにどのようなメリットがあるのでしょうか。3つのメリットをご紹介します

動画を集中して視聴してもらえる可能性が高い

TikTokは他のSNSに比べて動画を集中して視聴する傾向が強いのがメリットです。「ながら視聴」ではなく、音声再生をしながら全画面表示で動画を視聴するユーザーが多いため、TikTok広告の配信効果が高いと期待できます。

 

グローバルに若者をターゲットにできる

TikTok広告は日本だけではなく世界を視野に入れて動画広告を配信できるプラットフォームです。だんだんとTikTokの平均ユーザー年齢が上がってきているものの、20代や30代の若者がよく利用していることには違いがありません。若年層をターゲットにするマーケティングではTikTok広告が効果的でしょう。

 

ユーザーアクションにつながりやすい

「TikTok売れ」が話題になるほど、TikTokのユーザーは購買行動や消費行動に対して積極的な傾向があります。新しい体験を求めてTikTok動画を視聴しているユーザーが多いため、TikTok広告に接触して興味を持ったら即購入の決断をする可能性があるのがメリットです。

 

TikTok広告の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

 

TikTok広告には魅力がありますが、出稿するときには注意点もあります。

出稿スケジュールを立てて期限を守る

TikTok広告のリザベーション広告に申し込んだときには出稿スケジュールを立てて期限までに完成させるのが重要です。TopViewなどのリザベーション広告は広告出稿の期限が定められています。提出が遅れると広告が掲載されず、費用だけは支払わなければならないことがあるので注意が必要です。

 

広告の不具合が起きないように対策する

TikTok広告のリザベーション広告は不具合が発生したとしても修正はできません。取り下げて掲載しないことはできますが、キャンセルしても費用負担は変わらないので注意しましょう。広告にミスがなく、TikTok広告の配信枠に合うようにデザインされていることを徹底してチェックするのが大切です。

 

動画をスキップされない工夫を凝らす

TikTokのユーザーは動画を集中して視聴する傾向があるのは確かです。しかし、動画をスキップすることはできるため、興味がない広告だと思った瞬間にスキップされてしまいます。できる限り広告らしくない自然な動画にしたり、最初にインパクトを与えたりして最後まで視聴してもらえるように工夫をするのが重要です。

 

まとめ

TikTok広告は短い動画を視聴しようとしている若い世代をターゲットにして、動画広告で訴求できるサービスです。リザベーション広告もオークション広告も出稿可能なので、広告の予算と目的に応じた活用ができます。購買行動に対して積極的なユーザーが多いことから、訴求力や話題性のある動画広告を出すと大きなコンバージョンにつながる可能性もあるのが魅力です。

 

TikTok広告の費用対効果を上げるにはオークション型のインフィード広告を運用するのがおすすめです。TopView広告や#challenge広告も動画を作り込めば大きな効果を上げられるチャンスがありますが、費用が大きいため注意が必要です。

 

▼TikTokとQoo10メガ割についての記事をチェック
https://rokujigen.co.jp/6plus/2305/

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.