SEO対策はプロに相談!見積もりで知っておくと良いポイントは?

rokujigen_writer

SEO対策によってユーザーにもっとサイトにアクセスしてもらえるようにしたいと考えたときには、専門会社に依頼した方が良いと考えるケースも多いでしょう。SEO対策の会社に相談して依頼先を選ぶ際には見積もりを取って決めるのが一般的です。業務担当者は、SEO対策の会社に依頼するときに、見積もりについて押さえておいた方が良いポイントがあります。この記事ではSEO対策で成功するための重要なポイントをご説明します。

SEO対策はプロに任せるのが効果的

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEO対策を専門の会社に依頼するのは効果的なアプローチです。SEOを内製化したら余分な費用がかからずに済むという考え方はあるでしょう。Google検索で上位を獲得するのに費用をかけられないケースもあるかもしれません。しかし、SEO対策はプロに任せた方が良い理由があるので、まずは専門会社にSEO対策を依頼する意義を確認しておきましょう。

 

▼そもそもSEOとは? 記事をチェック
https://rokujigen.co.jp/6plus/1571/

 

SEOにはノウハウが必要になるから

SEOには高度な知識や技術が求められるため、経験があるプロに任せるのが合理的です。対策キーワードを検索クエリなどからリストアップし、ユーザーの検索意図や競合の状況などを加味して、上位表示しやすいものを選び出すことが必要になります。そして、そのキーワードに合わせたコンテンツライティングをおこない、ユーザーニーズにマッチする記事の配信を続けていくことがSEOでは欠かせません。

 

ノウハウがなければSEO対策をしているつもりでも上位表示されずに苦労することになります。スムーズに結果を出すためには専門会社に依頼してSEO対策をおこなうのが効率的です。

 

SEOは長期的な施策として進めなければならないから

すぐにSEO対策の結果が出るわけではない点もSEO対策会社に依頼した方が良い理由です。SEOはGoogleのクローラーに見つけてもらってインデックスされ、ランキングが決まるまでは検索結果に表示すらされません。その後もクロールを受け続けなければならず、高い評価を獲得できると上位に表示されます。

 

サイトの更新や記事の投稿をしてもすぐにその結果が検索順位に反映されるわけではありません。ユーザーのアクセス数なども加味されて順位が決まるため、上位になるまでにはどうしても時間がかかります。長期的にSEO対策にリソースを割き、施策内容を改善して効果を上げるにはプロに委託するのが合理的でしょう。

 

SEOで検索上位になれば費用対効果が高いから

SEO対策によって検索上位になることでユーザーが自然検索で頻繁に見つけてくれるようになります。ユーザーがリンクを何回クリックしたとしても費用がかかることがなく、コンバージョンにつながっても課金されません。広告を出すのと違ってあくまで検索上位に表示されたリンクをユーザーがクリックしているだけだからです。

 

検索結果のトップ付近にいつも表示されていればユーザーからもよく認知されます。気になったときにクリックしてくれるだけでなく、企業やブランドの名前を覚えていてもらえることもあるでしょう。このような観点からもユーザー獲得のチャンスが広がるため、SEOは成功すれば効果が高いのが魅力です。プロに依頼すると費用はかかりますが、スムーズに結果につながるので費用対効果は高くなります。

 

▼seoコンサルティングについての記事はこちら
https://rokujigen.co.jp/6plus/1605/

 

SEOにおける見積もりの内訳

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEO対策を専門会社に依頼するときには費用の見積もりを取ります。見積もりを見るときには内訳を見て、適切な水準の料金になっているかをチェックするのが大切です。SEOを依頼するときにはどのような費用がかかるのかを詳しく見ておきましょう。

 

初期費用

プロがSEO対策を始めるときには、まずまとまった量の業務が発生します。SEOをしたいウェブサイトのアクセス解析や被リンク調査は必須です。流入を狙いたいユーザーのペルソナに応じてキーワードの選定や競合の調査も実施します。このような事前準備のために初期費用がかかるのが一般的です。SEO対策を始める上で欠かせない一連の作業にかかる料金として、初期費用が見積もりに記載されています。

 

SEO運用費用

SEOは中長期的に対策に取り組むことで効果が出るのが特徴です。SEO対策をプロの専門会社に依頼するときには、委託する業務内容に応じてSEO運用費用がかかります。コンテンツの企画や構成作成、定期的なアクセス解析や内部リンクの最適化、HTMLの改定やレポートの作成などが代表的なSEO対策の運用にかかる費用です。

 

SEOに欠かせないキーワードの選定を任せるときにはキーワード1つごとに費用がかかり、キーワードに基づくSEO戦略の策定も依頼するとディレクション費やコンサルティング費もかかります。見積もりでは内訳が明確に示されていることもありますが、まとめて運用費用とされていることもあります。

 

記事・コンテンツの制作費用

SEO対策を外注するときには記事やコンテンツを制作してもらうのが一般的です。SEOキーワードを選んでもらい、自社でコンテンツを作り上げるときにはかからない料金ですが、一般的には制作費用も負担しなければなりません。記事のライティング費用、画像やイラストなどのクリエイティブの制作費用などが見積もりに記載されます。

 

SEO対策の見積もりを取る前に知っておいた方が良いポイント

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOを外注するときには問い合わせをして見積もりを取る前に知っておくと役に立つポイントがあります。費用体系や依頼内容、相場などについて基本的な知識があると交渉もしやすくなるので、一般的なSEO業界の事情を把握しておきましょう。

 

SEO対策会社の費用体系

SEO対策会社は費用体系が個々に異なります。見積もりを取るまでいくらになるかがわからず、柔軟に料金を設定するSEO対策会社もたくさんあります。見積もりの内容を交渉しやすい点では魅力がありますが、明朗会計ではないので相場に合っているかを慎重に吟味することが重要です。

 

明朗会計のSEO対策会社では成功報酬型、固定報酬型、キーワード課金型が主流になっています。成功報酬型はSEOを実施したキーワードについて、検索順位が何位になったらいくらという形で料金が決まるのが典型的です。SEO効果が出たときにだけ支払いが大きくなり、効果が出ないときには費用を抑えられるのが魅力でしょう。

 

固定報酬型は月額料金が固定されている費用体系です。SEO対策の結果によらずに毎月一定額の費用を支払うことになります。キーワード課金型はSEO対策をするキーワードに応じて運用費用が決まるのが特徴です。会社によってどのキーワードならいくらかが異なることが多く、ビッグキーワードだけに対策するか、ロングテールキーワードを組み合わせるかによっても違いがあります。

 

▼ロングテールキーワードについての記事はこちら
https://rokujigen.co.jp/6plus/1611/

 

SEO対策の依頼内容による料金の違い

SEO対策会社から見積もりを取ったときの料金は依頼内容によって変わります。柔軟な対応ができる会社なら、あらゆる手立てを使ってSEO対策をして欲しいという依頼も可能です。しかし、工数が増えれば増えるほど費用の負担は大きくなります。

 

例えば、SEO対策をするキーワードを自社で選ぶと、依頼先の会社に選んでもらうよりも安く済むのが一般的です。SEOキーワードの選定はさまざまな角度からの分析が必要なので大きな工数を必要とするからです。また、内部対策や外部対策、コンテンツの制作などについても同様で、依頼する範囲を広げるほど料金は上がります。

 

SEOの内容と料金の相場

SEO対策会社の見積もりを見るときには相場観を養っておくのが重要です。料金体系や依頼内容によってSEO対策の相場は異なります。対策を依頼するキーワード数による差も大きいですが、大まかには初期費用が10万円〜30万円、運用費用は10万円〜100万円くらいです。初期費用を無料としているSEO対策会社もありますが、代わりに運用費用が高くなっている場合もあるのでよくチェックしましょう。

 

固定報酬型のSEO対策会社の場合には初期費用が10万円程度、月額費用が20万円〜50万円くらいが相場です。成果報酬型の場合にはキーワードごとに課金され、1キーワードあたり1万円〜30万円程度の費用がかかるのが一般的のようです。また、記事作成を依頼すると1記事あたり数千円〜5万円程度が必要です。内部対策や外部対策は内容によって大きな違いがありますが、数万円から50万円程度のことが多くなっています。

 

見積もりを依頼するSEOのプロを選ぶポイント

出典:https://www.shutterstock.com

 

見積もりを取ってSEO対策を依頼しようと思ったときには、どのような選び方をするのが重要かを押さえておくのが大切です。SEO対策の見積もりを取る時点で担当者が知っておくと有用なポイントをご紹介します。

 

見積書も提案書も明確でわかりやすいことを重視する

プロの会社にSEO対策を依頼するときには、目的に合った形で施策をスムーズに進めてもらうのが大切です。契約してから食い違いが起こってトラブルにならないためにも、コミュニケーションを円滑に進めるためにも重要なのがわかりやすさです。見積もりを取ったときにはSEO施策の内容に関する提案書やスケジュールを見積書と一緒に提出してもらいましょう。

 

どのような目的で何を実施し、何にいくらの費用がかかるのかがはっきりとしていてわかりやすければ魅力的な候補です。SEOのプロなら施策の正しい費用感を持っています。相場から料金が大きくずれていたり、見積もりの内訳を明確にしていなかったりする場合もあるので気を付けましょう。提案書と見積もりの内容を紐づけられていないときにも請求額の根拠がわからないので依頼先としては不安があります。

 

SEO対策の格安さよりも実績を大切にして選ぶ

SEO対策は自前で実施すれば費用がかからないのが魅力です。プロに依頼すると費用がかかってコストパフォーマンスが下がると思い、格安なSEO対策会社を選ぼうとすることがよくあります。しかし、SEO対策には市場調査力やSEOキーワードの選定力などのスキルが求められます。コンテンツの企画や制作にもかなりの工数がかかるので、質の高いSEO対策を進めるには費用をかけざるを得ません。

 

格安なSEO対策会社に依頼しても成果が出る可能性はゼロではありません。しかし、実績が上がっていない場合には、多少高かったとしても他のSEO対策会社に依頼した方が無難でしょう。

 

SEOの料金体系による性質の違いを考慮する

料金体系の違いはSEO対策の依頼先を選ぶ上で重要なポイントです。料金体系によって会社としてのSEOへの取り組みのあり方を推察できます。成果報酬型のSEO対策会社の場合には、検索順位が上がらなければ利益が出ないことから必死に施策を講じてくれると期待する場合が多いでしょう。しかし、SEOはいくらやっても競合が強いと効果があまり出てきません。他社ともSEO対策の契約をしているのが普通なので、社内リソースの配分を考えて利益が出やすいように人材配置をすることもよくあります。上位獲得が厳しいキーワードにはあまりエフォートを割いてもらえず、SEO効果が出ないこともあるのが注意点です。

 

一方、固定報酬型の場合には検索順位が上がったかどうかにかかわらず、SEO対策会社は同じ費用を請求できます。どのくらい本気でSEO対策に取り組んでくれるかは会社次第です。見積もりベースの場合には従量課金の部分と固定料金の部分がある場合が多く、柔軟な対応をすることを重視しています。相談と交渉によってコストパフォーマンスを上げやすく、SEO効果も上がりやすい傾向があります。

 

検索上位を狙うだけでなく維持できるかを確認する

SEO対策では検索上位を目指す施策なので、着目したキーワードで検索上位を手に入れたら成功だと思うかもしれません。しかし、競合サイトの状況は刻々と変化していき、検索エンジンのアルゴリズムもアップデートされていきます。一度トップになったとしても、翌日には順位が大幅に下がってしまうことも稀ではありません。SEO対策では検索上位を狙うのは前提で、さらに上位を維持する施策を続けるのがポイントです。

 

SEO対策会社を選ぶときには長期的に取り組みを続けていく気概があることを重視しましょう。上位を維持していくために記事をリライトしたり、新規コンテンツ制作に対応したりすることが大切です。コンテンツの更新はSEOを続ける上で大きなハードルになります。見積もりを取るときにはコンテンツの制作や改善についても継続的な対応ができるかを確認しておきましょう。

 

予算に応じた柔軟な対応をするSEO対策会社を厳選する

SEO対策会社の選び方として予算と料金の兼ね合いを考えてくれるところにするのも重要な観点です。SEOは1か月で終わりということはなく、短くても数か月、長ければ数年にわたって続けていきます。長期的に続けるとSEO効果も上がりやすくなりますが、見積もりを取ったときに提示された月額料金を数か月後や1年後に払えるかが不安なケースもあるでしょう。事業の状況によってはSEO対策よりも他のことに資金を割いた方が良いこともあります。

 

予算に応じて柔軟な対応をしてくれるSEO対策会社は、このような際に適切な資金配分をおこなえます。資金繰りが厳しくなったらSEO費用を節約し、売上が出てきたらキーワードを増やして多角的なSEO対策を進めるのも賢い方法です。SEOは継続するのが重要ですが、1ヶ月だけ力を緩めても検索順位が大幅に下がることもあまりありません。予算と検索順位を照らし合わせて依頼内容を調整できると費用対効果も上げられます。

 

検索上位を狙う費用対効果を評価する

費用対効果はSEO対策をする際には常に気にかけておいた方が良い点です。どの会社に依頼するかを決めるときには、料金に見合った効果を期待できるのかを計算してみましょう。見積もりを取るときには費用明細を作ってもらうだけでなく、SEO対策の効果について見込みを出してもらうのがおすすめです。いつ頃に何位になるのを目指しているかがわかれば、料金と照らし合わせることで費用対効果を算出できます。

 

例えば、成果報酬型の場合には、検索順位とクリック率、検索ボリュームなどのデータを使えばどのくらいのサイト流入を得られるかを概算できます。コンバージョン率を加味するとどのくらいの売上につながるかを計算することが可能です。見積もりを見るときには見込みの売上に対して費用が高すぎないかをチェックしましょう。

 

長期的に付き合える信頼性があるかをチェックする

プロの会社にSEO対策を依頼するときには付き合いやすさを重視し、信頼性があるかどうかを慎重に吟味しましょう。SEO対策の実績が優れていて、見積もりを取ったら費用もリーズナブルだったとしたら、その会社に依頼したいと思うかもしれません。しかし、メールをしてもなかなか返事が返ってこなかったり、SEOの施策内容や見積もりの内訳などを質問しても回答が明確でなかったりする場合もあります。

 

長い付き合いになることを考慮して、ストレスなく協力して上位表示を目指せるパートナーを選び出すのが大切です。いつも信頼してSEOを任せられる会社を見つけてから見積もりを取って依頼しましょう。

 

まとめ

SEO対策は高度な知識と技術を使って長期的に取り組むことによって効果が出てきます。検索エンジンの上位を獲得した後も、上位表示される状況を維持するには継続的なSEO対策も必要です。SEO対策会社に依頼すればプロとしてスムーズに結果が出るように施策を考案して進めてくれます。SEOを専門会社に依頼すると費用はかかりますが、サイトへのユーザー流入が増えるだけでなく、認知度も高まるので大きな効果を得られるのがメリットです。

 

SEO対策をプロに依頼するときには費用対効果が上がりやすく、長期的に付き合いやすい会社を選ぶのがおすすめです。予算にも柔軟に対応できる依頼先ならさらに費用対効果を上げられるでしょう。六次元ではこのような対応をしているだけでなく、プロとしての経験に基づいたSEO対策を承っています。ヒアリングをした上で費用やSEO施策の具体案の見積もりをお出ししますので、気軽にご相談ください。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.