Amazonで商品を売るコツは?出店の準備と出店後の対策をご紹介!

rokujigen_writer

Amazonに出店して商品を売れるようにするにはどうしたらよいのでしょうか? 本記事ではAmazonで売り上げを伸ばすコツをご紹介します。これからAmazon出店する方も、既に出店している方も売れる仕組みを作れるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

Amazonに出店して売り上げを伸ばすコツ

出典:https://www.shutterstock.com

 

Amazonはアカウント登録もしやすく、出品費用も安く、市場も広い魅力的なECモールです。ただ、Amazonに出店する競合も多いため、商品を出品して売るにはコツが必要です。大きく分けて以下の2つのポイントを押さえて対策することをおすすめします。

 

・Amazonに出店する前から準備をする

・Amazonに出店してから改善の対策を続ける

 

「Amazonの出店前から準備を始め、出店後も改善を図っていく」ということが重要です。とてもシンプルに感じるかもしれませんが、それぞれの段階でうまく売り上げにつながるコツが違うので注意しましょう。ここからは出店の事前準備と出店後の改善方法についてご紹介します。

 

Amazonに出店する事前準備 5つのコツ

Amazonの出店準備をする段階で、商品を売れるようにするコツは5つあります。以下のポイントを押さえて事前準備をしておくと売上アップが期待できるでしょう。

 

・売れ筋商品を選定する

・顧客獲得の流れを設計する

・配送方法を検討する

・競合との競争意識を持つ

・検索エンジン対策をする

 

Amazonに出店して商品の販売に成功するにはどれも欠かせないポイントです。ここではそれぞれの項目について具体的な準備方法を解説します。

 

Amazonのランキングを分析して売れる商品を選ぶ

売れる商品の選定をすることはAmazonで成功するコツです。Amazonでは売れ筋商品をランキングで確認できるので、タイムリーに売れている商品を選んで仕入れましょう。トレンドもチェックして必要在庫数を見積もるのも大切です。AmazonのランキングだけでなくSNSやブログなどの情報や、他のECモールでの動向も調査すると売れる商品を選び出しやすくなります。

 

顧客獲得の舞台をカートボックスと出品一覧画面のどちらにするかを決める

Amazonに出店するときには顧客獲得の流れを考えて設計するのがコツです。Amazonではカートボックスを獲得するか、出品一覧画面で上位を目指すのが一般的です。カートボックスでは出品の実績があり、大口出品プランで登録していることなどの要件がたくさんあります。競合との競争も厳しいので、カートボックスを獲得できそうもないときには出品画面一覧で上位を目指す方針を取りましょう。

 

FBAを利用するか自己配送でマケプレプライムを使うかを決める

商品の配送方法としてFBAか自己配送かを決めて対策を立てるのも売れるようにするコツです。FBAにするとAmazonが配送する旨が商品ページに明記されるため、ユーザーが安心して注文してくれます。Amazonプライム対象商品にもなるので顧客獲得をしやすいのが魅力です。

 

ただ、FBAの条件を満たせない場合には自己配送にせざるを得ません。自己配送の場合にはマケプレプライムの認証を受けるとユーザーから信頼されます。マケプレプライムもお急ぎ便への対応などの対応が必要ですが、売れるようにするには重要なポイントなので認証を受けておきましょう。

 

競合調査を実施する

競合調査はAmazonに出店するときには欠かせません。1商品1ページを原則としているのがAmazonの特徴で、競合に負けたらほとんど購入してもらえない可能性があるからです。出店の事前準備としておこなう競合調査では、圧倒的な競合がいないことをチェックし、最安値での販売で勝負できるかを見極めることです。大手で価格も安い競合がいるとなかなか売れないので、他の商品を出品するなどの別の戦略を考える必要があります。

 

SEO対策をした商品コンテンツにする

Amazonへのユーザーの流入はAmazonのサイト内検索だけではありません。GoogleやYahooなどの検索エンジンからの流入が多いので、商品コンテンツにSEO対策をして準備しましょう。キーワードを重視して商品タイトルや商品説明に適度に盛り込みましょう。商品コンテンツは商品の魅力やメリットを伝える内容にするのも重要なので、総合的な仕上がりを意識して作り込むのが成功の鍵です。

 

Amazonに出店した後の改善 5つコツ


出典:https://www.shutterstock.com

 

Amazonの出店後には売上を伸ばすための継続的な対策をする必要があります。ポイントとしては以下の5つが挙げられます。

 

・商品の価格更新をする

・SEO対策を徹底する

・オリジナル商品を開発する

・競合調査を継続する

・広告を活用する

 

出店の事前準備だけではAmazonでずっと売り上げを維持向上させることはできません。重要な改善のコツを押さえて、売れる状況を築き上げていきましょう。

 

頻繁に価格を更新して出品一覧画面で優位になる

商品価格の更新は2つの観点から売り上げを伸ばすのに効果的です。まず、価格更新をすると出品一覧画面で上位表示されやすくなります。出品一覧画面では直近に最安値にした商品が最上位に表示されます。頻繁に価格を更新して常に最安値を保つことで販売機会を増やすことが可能です。

 

また、商品相場が上がったときには価格改定によって高値で販売できる可能性があります。利幅を広げて収益を上げるには適正価格を維持するのがポイントです。定期的に価格を更新して売れる水準を維持しましょう。

 

SEO対策の効果測定と改善を図る

SEO対策は中長期的に売り上げを伸ばす方法なので、効果測定をして改善していきましょう。Googleなどの検索エンジンから商品ページへのアクセスの状況を確認して、狙ったキーワードの良し悪しを検討するのが基本になります。ユーザーの検索意図を考慮してロングテールキーワードを盛り込むなどの工夫をしたり、ABテストによってキーワードの比較をしたりするのが改善の一般的なアプローチです。

 

▼ECサイトのSEO対策ついての記事をチェック

https://rokujigen.co.jp/6plus/1746/

 

オリジナル商品を増やしていく

Amazonではオリジナル商品を開発して出品することで、型番商品を売るのとは違うメリットが生まれます。会社名やブランド名などの知名度を向上させて、ユーザーからの信頼を得られるのがオリジナル商品を増やす魅力です。オリジナル商品は競合がいないので、ユーザーは商品ページや出品者情報を見てもらいやすくなっています。オリジナル商品が売れ筋になれば独壇場になるメリットもあるので、可能な限り開発を進めると良いでしょう。

 

定期的な競合調査をして差別化戦略を練る

競合調査はAmazonに出店後も継続して、競合の動向に合わせた対策を講じると良いでしょう。競合調査は他社もおこなっているため、価格改定をしたり、商品ページの改善をしたりするといった対策をしてきます。競合商品がランキング上位になったときには差別化をして顧客獲得を目指すのが重要です。定期的に競合調査をして差別化戦略を立てていくと、Amazonで売り上げを維持向上させられます。

 

Amazonの広告を活用してプロモーションする

Amazonではスポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、スポンサーディスプレイ広告を出稿できます。ブランドも個々の商品もプロモーションできる点で優れています。オリジナル商品のプロモーションやブランドの売り込みをして売り上げを伸ばすのに効果があります。商品の性質に合わせて広告を出すかどうかを考えるのがコツで、売れるきっかけを作ればトレンド商品になる期待が大きい商品では広告を出すのがおすすめです。

 

まとめ

Amazonで売れるようにするには出店する前の事前準備と、出店した後の改善対策を両方ともおこなうのがコツです。商品の選定から始まり、商品コンテンツの作り込みやSEO対策、広告作成などの幅広い対策が必要になります。本記事を参考に、出店準備や改善を行い、売上アップを目指しましょう!

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.