SEO重視のホームページ制作とは?サイトリニューアルでも重要

rokujigen_writer

ホームページを制作する際にはSEOを重視した方が良さそうだと思っていても、どんな作り方をしたら良いか分からないこともあるでしょう。SEOに強いホームページにするためにサイトリニューアルをするケースも多くなりました。この記事ではSEOによってユーザーを獲得したい方のために、ホームページ制作におけるSEOのコツをご説明します。

SEOに強いホームページとは

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOはGoogleやYahoo! などの検索エンジンで上位表示されるようにするための施策です。検索エンジンで情報を探す人が増えている現代では、SEOによってホームページにアクセスしてもらえるようにすることに大きな魅力があります。SEOに強いホームページにすれば多くのユーザーからのアクセスを安定して獲得できるでしょう。SEOに強いホームページとはどのようなものなのでしょうか。

 

ユーザーに有益なコンテンツを生み出し続けている

SEOに強いホームページはいつも有益なコンテンツを生み出しています。ユーザーにとって魅力がある情報が必要十分に盛り込まれていて、信頼できる内容になっているのが特徴です。ユーザーが何を知りたいと思っているかを考えて気持ちを汲み取り、わかりやすく内容をまとめて説明しています。画像や表なども使ってユーザーエクスペリエンスを向上させる配慮もしているのが一般的です。

 

Googleの検索アルゴリズムにマッチしている

SEOに強いホームページは検索順位を上げるための基本を押さえています。Googleにはホームページの順位付けをする独自の検索アルゴリズムがあり、さまざまな観点から評価をしてランキングを決めています。しばしばアルゴリズムのコアアップデートもあり、検索順位が大きく変動することも稀ではありません。検索アルゴリズムにマッチさせるSEOをおこなうことで検索上位にいつも表示されるホームページになります。

 

内部構造がGoogleにフレンドリーになっている

検索結果で上位表示されるためにはランキングを上げる必要があります。SEOに強いホームページはGoogleによる評価でネガティブな要素がないように内部構造を整えているのが一般的です。クローラーが巡回しやすく、インデックスを正しくつけやすい構造になっていれば不利になることはありません。Googleが提唱するスタンダードに従ってホームページを制作することでSEOに強くなります。

 

ユーザーからリンクやシェアをされている

検索上位にいつも表示されるような強さを持っているホームページは外部からの評価が高いのが特徴です。ユーザーが自分のブログからリンクを貼ったり、SNSでURLをシェアしたりしていることがよくあります。検索順位では第三者による評価が大きいほど有利です。特に権威があるユーザーからの被リンクやシェアがあると高い評価を受けられます。権威者からも話題にされるような魅力のあるコンテンツを発信しているホームページはSEOに安定した強さを持っています。

 

ページとキーワードを紐づけるSEOが意識されている

SEO対策のやり方としてページとキーワードを一対一対応で紐づけているホームページは成功しやすくなっています。それぞれのページが役割を持っていて、重複がないのがこのようなホームページの特徴です。キーワード検索をしたユーザー視点で考えると、欲しい情報を1つのページで得られるのが理想的です。キーワードに対応するぴったりの内容のページを用意し、期待に応える情報を提供できるホームページは高い評価を受けます。

 

SEOを意識したホームページを制作するポイント

出典:https://www.shutterstock.com

 

ホームページを制作するときには、最初からSEOを意識しておくことでSEOに強いホームページにできます。いつも検索上位を獲得しているサイトもSEOを意識して制作したからこそ、安定した検索順位を獲得しているのが一般的です。ここではSEOを意識してホームページを制作する際のポイントを流れに沿ってご紹介します。

 

ターゲットとコンセプトを明確化する

ホームページ制作でSEOを重視するならターゲットとコンセプトをはっきりとさせましょう。誰にアクセスして読んでもらうのかを考えて、ターゲットのペルソナを明確にするのが大切です。そして、そのペルソナの立場になって、どのようなコンセプトで運営されているホームページなら信頼できるか、ずっと読んでいきたいかを考えましょう。ターゲットとコンセプトが明確になるとSEO対策をするキーワードも導き出せます。

 

サイト構造やHTMLの記述を丁寧に仕上げる

SEOに強いホームページを制作するにはわかりやすいサイト構造にして、細部に至るまでGoogleがわかりやすいHTMLの記述をするのが重要です。XMLサイトマップを作成したり、ディレクトリ構造を単純化したりすることでサイトの全体構造をGoogleもユーザーも理解しやすくなります。また、HTMLは基本を重視して、タイトルタグや見出しタグを用意し、画像にはalt属性を記述するなどといった細やかな配慮をするのが効果的です。

 

全デバイスに対応してモバイルフレンドリーにする

モバイルフレンドリーとは、簡単にいうとスマートフォンやタブレットからでも快適に見れるページにすることです。

モバイルファーストインデックスをGoogleでは採用しているので、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットを意識したホームページ制作も重要です。SEOに強いホームページを制作するには、あらゆるデバイスでも適したデザインを提供するアダティブデザインやレスポンシブデザインを取り入れて、モバイルフレンドリーに仕上げる必要があります。モバイル端末からアクセスしたユーザーを重視してホームページデザインを整えると検索エンジンによるクロールもインデックスもされやすくなります。

 

モバイルフレンドリーかどうかはGoogleサーチコンソールで確認することが可能です。あくまで検索エンジンの目で見てモバイルフレンドリーなホームページ制作をすることが重要なので、独りよがりにならないように気を付けましょう。

 

ユーザーの悩みに答えるコンテンツを作り続ける

コンテンツSEOも徹底してホームページ制作をすると検索上位を獲得できます。品質を重視してコンテンツを制作することはもはや最低条件です。ユーザーの悩みが何かをとらえて、的確な情報を盛り込んだコンテンツを作るのがさらに重要になります。検索ボリュームやトレンドなどを分析して、ユーザーが抱えている悩みを見つけてコンテンツを作成するのがポイントです。

 

同じホームページではコンテンツの統一性があるのも重要です。ホームページ制作をするときには明確なコンセプトを打ち立てて、首尾一貫したコンテンツを整えていきましょう。内部リンクも設置することで、記事を読んだユーザーが新たに抱いた疑問も解決できるようにするとユーザーエクスペリエンスが向上します。このような形で制作するとホームページの評価を向上させることが可能です。

 

E-A-Tを多角的に取り込む

SEOに強いホームページにするにはE-A-Tを一貫して意識して制作するのがポイントです。E-A-TとはGoogleが掲げている品質基準で、専門性が高く、権威性のある内容で、さらに信頼性があることを重視しています。この3点に多角的に取り組むことで検索エンジンから高い評価を受けられるホームページにすることが可能です。

 

コンテンツに統一性を持たせるのは専門性の高さを示すのに効果的です。競合コンテンツにはない情報を盛り込むことで、専門性を際立たせられます。客観的な根拠に基づいて数値的な情報を記述すると信頼性が高まります。公的機関などの権威がある情報源を参照してコンテンツを制作するのも重要なポイントです。ホームページ全体としてE-A-Tを重視してSEO対策をすれば、どのページも高い評価を受けられるようになります。

 

サイトリニューアルでSEOを強化するコツ

出典:https://www.shutterstock.com

 

検索エンジンからのユーザー獲得を目指すために、サイトリニューアルをするケースもあります。SEOを強化したホームページ制作をすることで、検索上位を狙えるチャンスはあるでしょう。ただ、単純にサイトリニューアルをしただけではSEOの効果が出るとは限りません。サイトリニューアルでは新規ホームページの制作とは違う視点が必要なので、SEO対策のコツを押さえておきましょう。

 

サイトリニューアルのデメリットに対策する

サイトリニューアルではホームページ制作のときにデメリットへの対策をするのが肝心です。SEOを意識してサイトリニューアルをすると大きなアクセス増加になると期待できます。しかし、新しいホームページの制作をしたらアクセスが減ってしまうことも珍しくありません。

 

サイトリニューアルをするときにはドメインを変更したり、URLを一新したりするのが通例です。結果としてドメインパワーが失われたり、リンク切れが発生したりしてしまいます。このようなデメリットを克服し、ユーザーエクスペリエンスを高い水準で維持できるように対策するのが大切です。

 

なくなったページには404を返したり、新しいURLにリダイレクトをしたりする対策は不可欠です。ドメインを変更した場合にはGoogleサーチコンソールを使って変更を通知するとドメインパワーが衰えずに済みます。サイトリニューアルをするとコンテンツを削減したり、内部リンクを減らしたりすることになりがちです。クローラビリティが低下しやすいので、積極的にクロールのリクエストをしてインデックスされるようにするのも重要になります。

 

ホームページの制作は1から始める

SEOを強化する目的でホームページをリニューアルするなら、制作を1から始めるのが大切です。サイトリニューアルをするときには、今まで運営してきたホームページを基盤にして改良しようとすることもあります。しかし、タイトルや見出し、ディスクリプションなどがきちんと整備されていなかったり、モバイルフレンドリーな対応ができていなかったりするページもあるでしょう。コンテンツが一貫した内容になっていないケースもあります。

 

サイト全体に統一感を持たせるのはSEOでは欠かせないポイントです。サイトリニューアルをするならホームページを1から制作し、コンセプトや目的を重視したベストな仕上がりにしましょう。既存のコンテンツを流用することは構いませんが、コンテンツもテクニカルな面も統一するのが肝心です。

 

キーワードを整理してページに対応させる

サイトリニューアルによってSEOを推進するなら、キーワードとページの対応関係を重視しましょう。ユーザーが選んで検索キーワードの組み合わせごとに対応するページを用意するのがポイントです。ビッグキーワードとロングテールキーワードを組み合わせて上位獲得をしやすい形にするとさらにSEO効果が上がります。

 

ホームページ制作をするときにも同様ですが、サイトリニューアルをするときにもキーワードを整理するのがおすすめです。どのキーワードで上位を狙うかを明確にし、それぞれのキーワードの組み合わせに応じたコンテンツを整えたページを作成しましょう。キーワードをタイトルや見出しに積極的に盛り込み、検索エンジンからもキーワードとの関連性の高さを認識してもらえるようにするとさらに上位を目指しやすくなります。

 

SEO重視のホームページ制作はプロに相談しよう

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEOによるユーザー流入を重視してホームページを制作したいなら、サイトの設計からコンテンツの制作まで首尾一貫した対応が必要です。SEOはすぐに効果が出るわけではなく、数か月単位での取り組みをすることで成果が見えてきます。ホームページの制作をした後も継続的にコンテンツを充実させていかなければなりません。

 

SEOを重視してユーザー獲得を目指すなら、SEOのプロにホームページ制作を依頼するのも良いでしょう。ホームページ制作会社は魅力的なデザインのホームページを仕上げることができますが、必ずしもSEO対策に強いとは限りません。SEOのプロに相談してサイト設計やコンテンツ選定をすることで大きな効果を発揮するホームページにできます。

 

六次元ではSEO重視のホームページの制作から運用まで幅広く対応しています。目的に合わせたサイトリニューアルも手掛けられますのでぜひご相談ください。

 

まとめ

SEOに強いホームページには共通点があります。内部構造にネガティブな面がなく、Googleの検索アルゴリズムを考慮した設計になっているのが基本です。ただ、このようなテクニカルなポイントを押さえているだけでなく、ユーザーの検索意図に合った有益なコンテンツを作り続けているのが重要なポイントです。ユーザビリティやユーザーエクスペリエンスを大切にしてホームページ制作をすることでSEOに強くなります。

 

SEOの対策キーワードを選ぶ時点からユーザーの視点で考え、サイトの全体設計も統一性を持たせることで高い評価を受けられるようになります。外部からのリンクやサイテーションも受けやすくなるので、一貫性のあるホームページ制作をしてSEOに強いサイトに仕上げていきましょう。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.