SEOの診断とは?おすすめの無料ツールをジャンル別にご紹介!

rokujigen_writer

 

SEOを進めていく際には診断が重要だと聞いたことがあるでしょうか。SEOチェックツールを活用してSEO診断をするのがよく行われる手段ですが、どのようなメリットがあるのか気になっている方もいるでしょう。この記事ではSEO診断とは何かを解説したうえで、どなたでも使える無料のチェックツールをジャンル別にご紹介します。

SEO診断とは

出典:https://www.shutterstock.com

 

まずはSEO診断とは何かを簡単に確認しておきましょう。SEO診断とはSEO対策をするうえで重要な施策を実行できているか、施策の質はどのくらいの水準になっているかを客観的にチェックすることです。一般的にはSEO診断ツールやSEOチェックツールを使用して診断をおこないます。

 

SEO診断ツールでできることは大まかに2つに分類できます。

 

・SEOの基本対策のチェック
・キーワードやコンテンツなどのチェック

 

さらに細分化することも可能で、ジャンル別に特化型のSEO診断ツールが開発されてきました。また、広範囲のSEO診断をおこなえる総合SEOチェックツールもあり、有料ツールも無料ツールも利用できるのが現状です。

 

SEOの基本対策のチェック

SEO診断ツールにはSEOに欠かせない基本対策ができているかをチェックする機能があります。適切なキーワードを選定してページのコンテンツが作成されているか、タイトルやディスクリプションなどの対策ができているか、被リンクやドメインパワーがどの程度になっているかといった評価項目があります。alt属性の設定やリンク切れ、コピペチェックなどのテクニカルな対策を中心にした診断ができるのが一般的です。

 

キーワードやコンテンツなどのチェック

SEO診断ツールではSEOに関連する調査も実施できます。Googleなどの検索エンジンにおける検索順位をチェックしたり、キーワードの出現頻度を確認したりすることが可能です。また、対策キーワードを調査するツールやコンテンツの競合を診断するツールなどもあります。ユーザーにとって有益な情報を提供できるコンテンツを作り上げていくための指針を得るのにも適しているのがSEO診断です。

 

SEOチェックツールを使って診断するメリット

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEO診断をするときにはチェックツールを活用する傾向があります。SEO診断では第三者による客観的な評価をすることで、SEOの基本対策として欠けている部分や不足部分を見つけ出すのが主な目的です。そのため、SEOコンサルティングを利用してSEO診断をすることもできます。SEOチェックツールを使って診断をするのはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

基本的なSEO対策ができているかを簡単に確認できる

SEO診断をチェックツールでおこなえばいつでも簡単に基本対策ができているかどうかを確認できるのがメリットです。無料で利用できるツールがたくさんあって、インストール不要でウェブ上で使えるものがメインになっています。気になる点があったときにSEOチェックツールを使えば、すぐにその場で状況を把握することが可能です。

 

総合SEO診断ツールを使用すれば網羅的にSEOの基本的な内部対策ができているか、質的に十分か、競合サイトとの競争に勝てているかといったことがわかります。各ページのテクニカルSEOも完璧にできているかどうかも評価可能なので、検索上位を目指すうえでネガティブなところを気軽になくせるのがツールを使うメリットです。

 

ただ、あくまでSEO診断ツールは基本対策が十分にできているかどうかをチェックできるだけです。ネガティブな部分をつぶすのがSEO診断の主な目的なので、もっと積極的にSEOを推進して上位を目指すうえではSEOコンサルティングを活用するのも重要でしょう。

 

▶︎SEOコンサルティングについて詳しくはこちら

 

改善によって検索上位を狙えるポイントを明確にできる

SEO診断を実施すると問題点が浮上してきます。内部対策として不足しているポイントや新たに対策をしなければ競合サイトに負けてしまう部分がわかるのがSEO診断のメリットです。

 

SEOを進めるときにはどこを改善したら検索上位を狙えるのかがわからずに頭を抱えてしまいがちです。品質の高いコンテンツを頻繁に発信し、自社の製品やサービスに紐づいたキーワードを選んで対策をしていても検索順位が上がらないことはよくあります。クローラビリティが低いサイト構成になっていたり、キーワード比率が適切でなかったりするのは気づきにくいポイントです。SEOチェックツールを使用してSEO診断をすればこのような盲点に気づくことができます。

 

改善すべきポイントがわかれば検索上位を目指してSEO対策を進められます。SEO診断はその指針を明確化するための情報をいつでも取得できるのが魅力です。気になる情報を簡単に取得できるSEOチェックツールを常用していれば効果的な改善策を次々に進めていけるでしょう。

 

SEO施策の方向性を決めるための情報収集ができる

広い意味ではSEO診断はSEO施策に有益な情報収集も含みます。SEO診断ツールのジャンルには調査ツールもあるので、SEOを進める方向性を決めるのにも有効活用できるのがメリットです。検索順位や検索キーワードのトレンド、競合コンテンツの状況や類似ウェブページの有無などの調査をすると明確な指針を立てられます。

 

無料ツールでSEO診断をしたときには問題点が明確になるだけで、具体的な改善策は自前で考えなければなりません。有料ツールでも具体策は示されないことも多く、ただ基本対策が十分ではないポイントを明らかにできるだけの場合もあります。ただ、総合的なSEO診断ツールを使用したり、調査や情報収集のためのツールを使ったりすればどのような対策をすれば良いかを導き出すことが可能です。

 

情報調査をした結果から、どんなSEOを進めていくかを考えるのは現場です。SEOチェックツールでできるのは情報収集までだということは覚えておきましょう。具体策が思い浮かばないときにはSEOコンサルティングを活用してプロの提案を受けてみるのも賢い方法です。

 

SEO診断に使える無料ツール

出典:https://www.shutterstock.com

 

SEO診断には無料ツールと有料ツールがあります。有料ツールは機能が優れているのは魅力ですが、月額費用も初期費用もかかるものがほとんどです。気軽にSEO診断をして具体的な対策を進めていきたいなら、無料で使いやすいツールから選ぶことをおすすめします。

 

ここでは無料で使えるSEO診断ツールの中でも有用なものをジャンル別にまとめました。それぞれのジャンルの利用目的についても簡単に触れながら、SEOチェックツールをご紹介します。

 

総合SEO診断ツール

総合SEO診断ツールはSEOに必要な情報を取得したり、内部診断を実施したりする機能が幅広く搭載されているのが特徴です。オールインワンのSEOチェックツールとして活用できるものが多く、有料ツールになっているケースが目立ちます。しかし、Googleが公式提供しているGoogleサーチコンソールを代表として網羅性が高くて無料で利用できるツールもあります。

 

・Googleサーチコンソール
・Googleアナリティクス
・SEO高屋

 

SEO高屋のように各種内部対策がきちんとできているかをウェブ上で簡単に診断できるSEOチェックツールもあります。GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールを活用しつつ、このような無料ツールを併用すると効率的にSEOの方針を考えられるでしょう。

 

キーワードチェックツール

キーワードチェックツールはSEO対策をするキーワードを選ぶのに役に立つツールです。基本の無料ツールとしてはGoogleが提供しているGoogleトレンドやGoogleキーワードプランナーを使うことをおすすめします。検索エンジンが自ら提供している情報を広く分析できるので、順位付けの方針に合ったキーワード選定をしやすいからです。

 

・Googleトレンド
・Googleキーワードプランナー
・Googleサジェストキーワード一括DLツール
・ラッコキーワード

 

GoogleサジェストやGoogleトレンドなどの情報取得の役に立つツールもあります。使い勝手の良いツールも使って手際よく調査を進められるようにするのが大切です。

 

検索順位チェックツール

検索順位チェックツールは検索エンジンで特定のキーワードを用いて検索したときに表示される順位を確認するツールです。SEO施策の結果を評価するうえで重要なのが検索順位です。以下のツールではURLとキーワードを入力するだけで迅速なチェックができます。

 

・検索順位チェッカー
・検索順位チェックツールGRC
・SEPROSCOPE
・検索順位チェック(ohotuku.jp)

 

同時に診断できるキーワード数や常時監視などの機能には個々のツールで違いがあります。操作性や軽快さを重視して、使いやすいツールを選んで運用するのがおすすめです。

 

キーワード出現率チェックツール

キーワード出現率チェックツールはコンテンツの中に出現しているキーワードの数や頻度を確認するためのツールです。コンテンツの品質を向上させるためのSEO診断として重要になります。

 

・ファンキーレイティング
・キーワード出現率チェック(ohotuku.jp)

 

診断したいURLとチェックしたいキーワードを入力するだけで実行できる簡単な設計です。対策キーワードが必要十分に盛り込まれていることがSEOでは欠かせないので活用していきましょう。

 

コピペチェックツール

コピペチェックツールはウェブ重複によってコピーコンテンツと認識されるリスクを減らし、新しい有益な情報をユーザーに提供できるようにするためのツールです。以下の無料ツールを使えばウェブ上で簡単に重複チェックをすることができます。

 

・CopyContentDetector
・sujiko.jp

 

URLを入力するかテキストを入力すればコピペチェックを実行できる仕組みです。競合ページがあるときには一致率や類似性が高くなり、検索順位を上げるのが難しい傾向があります。コンテンツの品質向上を目指すうえで重要な情報を得られるツールです。

 

競合サイト調査ツール

競合サイト調査ツールは類似のSEO対策を進めている競合他社のサイトについて網羅的な情報収集ができるのが特徴です。ほとんどが有料ツールですが、無料でもある程度の情報取得が可能なものもあります。

 

・SimilarWeb

 

シミラーウェブではアクセスに関する網羅的な情報を手に入れることができ、アクセスしたユーザーの属性や競合サイトの情報も取得可能です。検索エンジンで上位表示されるためには競合サイトとの競争や差別化が重要になります。競合サイト調査ツールによる診断をすればSEO対策の方針転換をして上位獲得を目指せるでしょう。

 

被リンクチェックツール

被リンクチェックツールでは外部からのリンクの状況を取得できます。Googleのアルゴリズムでは信頼性や権威性のあるサイトからのリンクを重視しているので、SEO診断でも重要な項目の一つです。以下のツールを使用すると被リンクの程度やリンク元の品質を確認できます。

 

・Link Explorer
・マイサイト被リンクチェックツール

 

競合サイトの被リンクもチェックできるので、競合対策のためのSEO診断ツールとしても価値があります。定期的に診断を実行して、被リンク対策を講じていきましょう。

 

リンク切れ確認ツール

外部サイトへのリンクを張っているときに重要なSEO診断ができるのがリンク切れ確認ツールです。リンク先のURLが閉鎖したり、新規リンクを作成したときに記述ミスを起こしたりしてリンク切れをしてしまうことがあります。リンク切れは検索エンジンによるランキングを下げる原因になるので、網羅的にチェックして速やかに改善することが大切です。リンク切れ確認ツールとして特化している代表的なものが以下の2つです。

 

・dead-link-checker.com
・リンクチェッカー

 

どちらもチェックしたいURLを入力して実行するだけの簡単な仕組みになっています。内部リンクも確認してくれることから、網羅性の高い診断ができる点で便利なツールです。

 

まとめ

SEO診断はSEO施策の基本がきちんと整えられているかを網羅的にチェックすることです。検索上位を目指すうえで有益な情報を手に入れられる点でSEO診断には大きな魅力があります。さまざまなジャンルのSEOチェックツールが無料で利用できるので、使いこなしていけばきっと検索上位を獲得できる対策を進めていけるでしょう。

 

ただ、SEO診断ツールにも限界があります。基本的にSEO診断ツールはSEO対策上の問題点を見つけ出せるだけなので、積極的に上位獲得を目指すには具体策を考えて進めていかなければなりません。

 

もっと積極的にSEOを進めたいときにはSEOコンサルティングの活用をおすすめします。六次元ではSEOチェックツールによる診断も活用しながら、独自のノウハウを用いて検索上位を目指す施策を提案・実行しています。SEO診断もコンサルティングも対応できますので、検索上位獲得を目指す際にはぜひご相談ください。

 

▶︎Google検索で上位を目指す対策について詳しくはこちら

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.