記事作成代行サービスとは?活用が広まる背景と選び方のコツをご紹介

rokujigen_writer

記事作成代行サービスの利用が活発になり、自社でも検討した方が良いのではないかと思い始めた方もいるでしょう。記事作成のニーズが高まっている影響で、対応する専門の会社も代行も増えてきました。この記事では記事作成の外注を考え始めた方のために記事作成代行サービスについて詳しくご紹介します。活用されている背景を理解した上で、選び方のコツをつかんで有効活用していきましょう。

記事作成代行サービスの特徴と広まった背景

出典:https://www.shutterstock.com

 

記事作成代行サービスを提供する会社や個人が増加し、利用する企業も多くなってきました。はじめに記事作成代行サービスの活用が広まった背景と、サービスの特徴について確認しておきましょう。

 

記事作成代行サービスとは

記事作成代行サービスとはブログやSNSなどの投稿、商品レビューやインタビューなどの記事、さまざまなコンテンツの制作を代行してくれるサービスです。テキストをベースとする記事作成を依頼できるのが基本ですが、依頼先によっては記事に必要なイラストや画像などを作成したり、インタビューやアンケートを実施したりするキャパシティのある会社もあります。

 

記事作成代行サービスは得意としている分野が個々に異なっています。近年増加しているのはウェブマーケティングに使用するコンテンツライティングをメインにしている会社です。個人のライターがおこなっている記事制作代行についても同様で、ブログなどで使用するコンテンツにする記事制作を代行してもらえるのが特徴です。

 

SEO対策やブランディング施策として記事作成の必要性が高騰

記事作成代行サービスが広まったのは企業における記事作成の必要性が急騰したからです。ウェブマーケティングによる集客によってリーチを広げられるチャンスが大きくなっています。SEOによって検索エンジンでキーワード検索をしたユーザーがスムーズに流入してくれれば、多くのユーザーに簡単にリーチ可能です。検索エンジンで情報を探す人が増えている影響で、検索上位に表示されるだけで知名度も上げられるようになっています。

 

ブランディング施策としてもブログやSNSなどを運営するのが重要視されるようになりました。ユーザーがどんなブランドなのかをチェックしたいと思ったときに、オウンドメディアの内容やSNSの公式アカウントを見ることで詳しい情報を得られるからです。このようなユーザーニーズに応えられる記事を継続的に作成する必要性が高まり、外注によって記事制作をして効率的な運用をしようとする企業が増えています。

 

在宅ワークのライターが増加

記事作成代行サービスが事業として成り立つためには記事を執筆するライターが必要です。記事制作を代行するサービスが飛躍的に増えたのは在宅ライターが増加したのも理由です。自宅で気軽に働きたいと考える副業ライターが増えてきました。本業はデザイナーやCGクリエイターだけれど記事も書けるというケースも多くなっています。

 

このような時代背景を受けて、受注した案件をさらに外注して記事作成をおこなう下地もできました。記事作成代行サービスを立ち上げやすい社会状況になったため、ビジネスニーズを狙って記事作成代行サービスが次々に生まれてきています。

 

記事制作を外注する3種類の方法

出典:https://www.shutterstock.com

 

外部に記事制作を依頼する方法は3種類に分けられます。外注先の選び方によって記事作成の品質や納期、費用などに違いがあるので、どの方法が優れているかを考えてみましょう。

 

記事制作会社や記事作成代行会社に外注する

記事作成を専門としている記事制作会社や記事作成代行会社に依頼するのが典型的な方法です。ライターだけでなくディレクターや翻訳家なども在籍していることが多く、記事の構成の作成や多言語での記事制作にも対応できます。安定した品質の記事を納入してくれる可能性が高い代わりに、納期がやや長くて費用が高めになる傾向があります。

 

クラウドソーシングで募集をかける

クラウドソーシングはクラウドサービスに登録しているライターに記事作成を代行してもらう方法です。プロライターから初心者の副業ライターまで登録しているため、記事の品質にばらつきがあります。しかし、納期を短くしつつ、費用を抑えて記事を依頼しやすいのが特徴です。

 

フリーライターに直接依頼をする

個人事業主として働いているフリーライターに直接連絡して記事制作を依頼する方法もあります。個人との直接契約なので優秀なライターに出会えれば品質の高い記事を安定的に調達可能です。契約相手によって品質、納期、費用には大きな差があり、契約の際には交渉が必要になるのが通例です。

 

記事作成代行サービスを利用する魅力

出典:https://www.shutterstock.com

 

記事作成をする際に代行サービスを使うとどのようなメリットがあるのでしょうか。外注して記事制作を進めていく魅力を確認しておきましょう。

 

記事制作の社内の負担と工数を削減できる

記事作成を代行サービスに外注すれば社内負担を軽減できます。ブログやSNSなどに使用する魅力的な記事を執筆するにはかなりの工数がかかります。記事のテーマを考えて構成を作成し、記事を書いた後には構成をしなければならないでしょう。記事作成代行サービスを利用すればどのステップでも外注できます。

 

構成に従って記事の執筆だけを代行してもらうこともできますが、記事のテーマは自社でおこなって、構成と記事の作成は外注するという形も選べます。テーマの提案から記事の校閲まで全て任せることも可能です。社内にライターやディレクターがいなくても簡単に記事制作ができる点でも優れています。

 

SEO対策も含めた品質の高い記事制作ができる

記事作成をするときにはSEO対策をしてユーザーによるアクセスを増やしたいと考えるのが一般的です。記事作成代行を利用すればSEOライティングをして検索上位を狙いやすい記事を納品してもらえます。SEOキーワードの選定から任せることも可能なので、SEOの知識がない場合でも気軽に検索上位を目指せる魅力もあります。

 

記事作成を継続してコンテンツをアップデートしやすい

記事作成代行は継続的なコンテンツのアップデートに有効です。ブログやSNSなどを運営するときには頻繁に更新をしてユーザーに見てもらえるようにするのが大切です。SEO対策でも検索エンジンに高い評価を受けるにはアップデート頻度が重要な意味を持ちます。

 

社内の人材が記事を書いていると他の業務が忙しくなったときに記事作成が遅れるリスクがあることは否めません。しかし、記事作成代行サービスを利用して納期を明確に定めておけば継続的に記事を投稿し続ける基盤ができます。

 

専門性の低い分野でも高度な記事制作を代行してもらえる

自社の強みを記事にする際には専門性の高い記事制作ができるかもしれません。ただ、自社のテリトリーから外れている分野の記事を執筆するときには品質が問題になりがちです。しかし、専門性が低い分野で記事に不安があるときにも代行サービスを活用すれば安心です。

 

記事作成代行会社ではさまざまな分野の知識があるスタッフを抱えています。ライターにはいろいろな背景を持っている人がいるので、クラウドソーシングで募集したり、フリーライターを探したりすると魅力的な人材と出会えるでしょう。自社では専門性が低くて不安があるときでも、高度な記事作成を代行してもらえるのがメリットです。

 

目的と予算に応じた記事作成代行サービスを選べる

記事作成代行サービスは目的と予算に合わせて3種類の中から依頼先を選ぶことでコストパフォーマンスを上げられるのが魅力です。

 

社内のライターが忙しくて記事を書けないから今回だけ代行を依頼したいというときにはクラウドソーシングですぐに安く納品してもらう方法のメリットが大きいでしょう。定期的に高い品質の記事を納品してもらいたい場合には、記事作成代行会社なら安心して依頼できます。

 

記事作成代行の費用は文字単価で決めるのが一般的です。0.5円〜5円くらいが一般的な文字単価ですが、クラウドソーシングなら0.5円未満で依頼できる場合もあります。プロライターによるライティングで品質を重視したいときには専門性の高い記事制作会社を選ぶのが安全策です。文字単価は相場よりも高くなってしまいますが、ユーザーにもSEO的にも価値が高い記事の作成を代行してくれます。

 

記事作成代行サービスの注意点と選び方

出典:https://www.shutterstock.com

 

記事作成代行サービスを利用するときには依頼先の選び方に注意した方が良い点があります。同じ種類のサービスでも依頼先によって大きな違いがあるからです。以下の4点は比較してから選ぶのが記事作成を依頼するときのコツです。

 

記事作成の外注先によって得意分野が違う

記事作成代行サービスを選ぶときには、外注先によって得意とする分野が違うことに注意しましょう。執筆してもらいたい記事の内容やその周辺事項について、ディレクターやライターがどのくらい詳しいかによって書ける内容が変わるからです。また、市場調査などによって独自のデータを持っている分野では他には書けないコンテンツを作成できるでしょう。

 

記事作成の代行を依頼するときには、自社の分野に合わせた専門性のある記事制作会社やフリーライターを選ぶのが大切です。記事作成代行の契約をする前に徹底的にヒアリングをして、プロと言えるくらいの知識を持っているかを確認しましょう。

 

SEO対策などのスキルの有無が異なる

記事作成を代行してもらう際にはスキルに着目して選ぶのが肝心です。特にSEO対策には競合の調査やキーワードの選定などの多岐にわたるノウハウに基づいて戦略を立てる必要があります。SEOライティングの経験があるだけでなく、キーワード分析などのスキルもある依頼先の方が高いSEO効果を期待できるでしょう。

 

依頼先によってライティングスキルの高さにも違いがあります。依頼内容を遂行するために必要なスキルが何かをリストアップして依頼先を吟味するのが大切です。

 

記事の品質が高いかどうかは代行依頼先による

記事は品質が高いことが求められるでしょう。同じテーマや構成でもライターや校正者が異なれば完成度に違いが生まれます。記事作成代行の依頼先によって記事の品質には大差があるので気を付けましょう。

 

実績から記事の品質をチェックするのが単純で効果的なやり方です。求めている品質は目的によって違うので、記事の内容や表現力などを総合的に見て不足がない依頼先を探し出しましょう。カジュアルな文章とフォーマルな記事のどちらが得意かを見て検討するのも重要なポイントです。

まとめ

ブログやSNSなどのさまざまなウェブ記事の活用が進められるようになり、優れた内容の記事を用意する必要性が高まりました。記事作成代行サービスはライティングスキルやSEOスキルを求められる高度な記事制作を任せられるのがメリットです。記事作成の代行を依頼すれば社内で記事作成をするのに比べて負担が少なく、目的に合った専門性の高い記事を安定して調達できます。

 

記事作成代行を使うときには品質や専門性、SEOスキルに加えて、納期や費用などについても考慮して自社に合うサービスを選ぶのが大切です。記事作成のどこからどこまでを依頼したいかによってもベストな依頼先は違います。六次元は柔軟に対応して記事作成代行ができますので、ぜひ気軽にお問い合わせください。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.