Twitterを生かす分析・解析の基本から実践方法まで大公開!

rokujigen_writer

Twitterの運用を通してビジネスチャンスを獲得するには分析や解析が重要になります。Twitter分析の方法にはさまざまなアプローチがありますが、基本を押さえておけば効果的な分析が可能です。ここではTwitterの分析方法の基礎から実践まで幅広くご紹介します。

Twitterの分析方法・解析方法

出典:https://www.shutterstock.com

Twitterではアカウントの運用や広告の出稿を通してフォロワーを獲得したり、コンバージョンを達成したりすることができます。Twitterのコストパフォーマンスを上げるには運用方針を考えて取り組むことが重要ですTwitter分析はデータを根拠にして運用方法を考えるための基礎になります。

 

Twitterの分析や解析をする方法は大きく分けると三つあります。やり方によって得られるデータにも違いがあるため、Twitterを運用する目的やTwitterにかけられる工数・予算などによって決めるのが重要です。ここでは三つの分析方法・解析方法について基本的な概要を紹介します。

 

Twitterアナリティクスを使用する分析方法

Twitter分析でとてもよく用いられているのがTwitterアナリティクスです。Twitterアナリティクスはオフィシャルに提供されているTwitter分析ツールで、登録するだけで気軽に利用できます。Twitterのアカウントや広告を運用してビジネスチャンスを手に入れたいときには基本となる分析ツールです。

 

Twitterアナリティクスではフォロワーの人数がどのように変化してきたか、エンゲージメントがどのくらいあったかといったことを詳細に分析できます。公式データなので信頼性が高く、外部ツールとの併用もおすすめできる方法です。

 

他のTwitter分析・解析ツールを利用する方法

Twitterの分析・解析は企業にとって大きな課題になっているため、Twitterアナリティクスだけでは難しい詳細な分析をするためのツールがたくさんあります。他のTwitter分析・解析ツールを使用すると、統計分析をして視覚的に情報を表示できるなど、便利な機能を活用できるのが特徴です。また、競合分析機能や他のSNSアカウント、SNS広告との連携を取れるツールもあるため、Twitter以外のSNSも運用するときには効率が上がります。

 

Twitterの広告代理店に外注して分析・解析する方法

Twitter分析・解析では手に入れたデータを生かしてTwitterの運用方法を改善していくことが重要になります。手に入れるデータの選定やデータの取得方法、収集したデータの整理の仕方などには経験とノウハウが必要です。Twitterアナリティクスや専用の外部ツールを利用すれば社内で分析することも可能ですが、かなりの工数がかかるのは確かでしょう。

 

広告代理店に依頼してTwitter分析をする方法も候補の一つです。第三者の視点からTwitterのアカウントや広告について分析・解析をした結果のレポートを受けられます。さらにTwitterを生かすための方針提案などのコンサルティングにも対応している広告代理店もあります。効率よく分析を進めていき、Twitterによる効果を最大限に引き出す方法として検討してみましょう。

 

Twitter分析で見ておきたいKPI

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter分析ではさまざまな指標を確認することができます。ツイートのアクティビティだけならウェブ上でも確認できますが、Twitterアナリティクスも使うとパフォーマンスの変化を幅広く分析可能です。

 

どの指標を見て、何を考えたら良いのかがわからないとTwitterの分析や解析を進めることはできません。ここでTwitter分析をするときにチェックしておくと役に立つKPIを紹介します。

 

ツイート数

ツイート数はアカウントで発信されたツイートの総数の指標です。ツイートはどれだけTwitterアカウントを運用して情報を出していたかがわかるのが特徴で、過去28日間における回数を確認できます。Twitter運用のパフォーマンスを分析する起点になる指標なので、あまりにも少ないときにはTwitterによる情報発信について再考する方が良いと考えられます。

 

@ツイート数

@ツイート数はメンションされたツイートの数です。ユーザーにメンションされるとカウントされていきます。メンションされると、そのユーザーのフォロワーにも情報が伝わるため拡散効果を期待できます。明らかに興味関心を持ってくれて、他のユーザーにとってもメリットがある情報だと認めてくれたユーザーがどのくらいいるかを分析するのに重要な指標です。

 

インプレッション数

インプレッション数はツイートがユーザーに対して表示された数です。個々のツイートについても調べられますが、過去28日間や一ヶ月間におけるインプレッションの合計数を分析することもできます。ユーザーがどのくらいツイートを見てくれているかがわかるので、他の指標との関係性を分析してTwitterの運用方針を検討するのにも役に立つ指標です。

 

フォロワー数・増減

フォロワー数はフォローしているユーザーの累計結果です。過去28日間においてどのくらいフォロワー数が増えたか、減ったかもチェックできます。Twitterのユーザーはフォローした企業の商品を購入したり、サービスに申し込んだりする傾向があります。フォロワーのフォロワーにもTwitterアカウントを知ってもらえるチャンスも増えるのでKPIとしてもかなり高い地位を占める指標です。

 

リツイート数

リツイート数はユーザーによるリツイートが一定期間に何回おこなわれたかを示す指標です。ユーザーによる情報拡散がどのくらい起こったかを確認するのに役に立ちます。リツイートによる情報の広がりが大きいとコストパフォーマンスを上げられる魅力があります。

 

エンゲージメント数

エンゲージメント数はツイートを見たユーザーがアクションを起こした回数を示しています。ツイートを通してTwitterのユーザーに働きかけることができたかどうかがわかる重要指標の一つで、ツイートの情報や表現が効果的だったかがはっきりとわかります。フォローやリツイート、クリックや「いいね!」、返信などの総数になっているので、詳細を分析したいときには個々の指標をチェックすることが必要です。

 

ハッシュタグのクリック数

ハッシュタグのクリック数はTwitterなどのSNSならではのKPIです。ツイートにつけたハッシュタグがクリックされた回数を示しています。自社名やブランド名、関連する商品やサービスといった視点でハッシュタグを挿入して、自社のTwitterアカウントの別のツイートを発見してもらうのは重要な運用方法です。Twitter分析でも大切な指標としてチェックするのが定石になっています。

 

プロフィールのクリック数

プロフィールのクリック数はツイートを表示したユーザーがプロフィールへのリンクをクリックした回数です。ツイートの内容を見て、アカウントを運営している企業に興味を持ったユーザーがどのくらいいるかを評価する指標になります。外部の情報で企業のTwitterアカウントを探しに来た場合にはツイートからプロフィールを見るとは限りません。ツイートによってユーザーの心が動いたかがわかる指標になっています。

 

コンバージョン率

コンバージョン率はTwitterの運用目的であるコンバージョンを設定したときにツイートを見たユーザーがアクションを起こしてコンバージョンに至った割合を示す指標です。コンバージョン数を測定すれば分析可能で、フォロワー獲得がコンバージョンならフォロワーの増数をコンバージョン数として使えます。Twitterを生かせたかどうかを評価する定量的なデータになるため、Twitter分析でも重視されているのがコンバージョン率です。

 

【目的別】Twitter分析のチェックポイントと方法

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter分析は網羅的におこなおうとするとかなりの工数がかかります。目的に合わせてチェックポイントを絞り込み、詳細な分析をするかどうかを決めると効率的です。ここでは目的別にTwitter分析のチェックポイントと実践方法を紹介します。

 

ユーザーの特性を分析する方法

Twitterではターゲットを考慮してアカウントや広告を運用するのが重要です。ツイートを見ているユーザーの特性を分析すると効果的な運用ができます。ターゲッティングに活用できる指標としては性別や地域、時間帯が代表例です。ツイートを見ただけか、コメントなどのエンゲージメントをしたかという点でも分析するとターゲットを見直すことができます。

 

Twitter全体やユーザーからのコメントを分析するのも効果的な方法です。トレンドのキーワードを分析したり、テキストマイニングをしたりするとツイートの内容やハッシュタグの設定のアプローチを検討できます。ターゲットにしたいユーザー層のツイートやコメントの分析をするとTwitterの運用効果が上がりやすくなります。

 

フォロワーの獲得効果を分析する方法

Twitterの活用ではフォロワー数を増やすのはビジネスチャンスを拡大するのに肝心なポイントです。フォロワーの獲得効果が上がっているかを分析するにはフォロワー数を見れば良いと考えがちです。確かにフォロワーの増減がわかれば効果が上がっているかどうかは

判断できます。しかし、Twitterの分析結果を生かして改善できなければ意味がありません。

 

フォロワーの獲得にはインプレッションやプロフィールのクリック、リツイートが増えるのが重要になります。特にインプレッションの総数に比べてフォロワーが増加している、プロフィールが見られている、リツイート数が多いといった結果が得られているツイートはフォロワーの獲得力があると考えることが可能です。例えば、プロフィールのクリック数をインプレッション数で割ったクリック率を比較するとどんなツイートが効果を発揮しているかを分析できます。

 

サイトへの集客効果を分析する方法

Twitterから自社サイトへユーザーを誘導することを狙っているときには、集客効果の分析が大切です。集客数はURLリンクのクリック数から判断することができます。ただ、クリック数が多いツイートが必ずしも優れているとは限らないのはフォロワーの獲得の場合と同じです。インプレッション数が少ないのにURLはクリックされているツイートは、サイトへに集客力があると言えます。

 

そのため、Twitterのツイートを通してサイトへ集客する力を高めていくにはインプレッション数あたりのクリック数で分析する方法が効果的です。同じようにしてインプレッション数あたりのコンバージョン数も算出するとTwitterからサイトにユーザーを導いただけでなく、コンバージョンにまでつながるツイートを選び出せます。

 

エンゲージメントの増加を分析する方法

エンゲージメントを重視するのはTwitterのアカウントや広告を活用する上では欠かせない観点です。エンゲージメント数はTwitterアナリティクスで集計されたデータが手に入るので、エンゲージメントの増加を分析するための基礎データを手に入れるのは簡単です。ただ、エンゲージメントを高くする方法を分析によって導き出すのは容易ではありません。

 

分析方法としてはまず個々のツイートについてエンゲージメントの総数をインプレッション数で割って、エンゲージメント率を出すのがスタート地点です。エンゲージメントは具体的には返信や「いいね!」、プロフィールや自社サイトへのアクセス、動画などの視聴などのさまざまな要素を含んでいます。細分化して分析した方が今までTwitterで配信してきたツイートや広告の特徴を詳しく理解することが可能です。

 

「いいね!」率や返信率、プロフィールへのアクセス率などを分析していくと、どのようなツイートがユーザーにどんなアクションを促せるかがわかります。目的達成のためにやるべきTwitter運用の改善の指針を立てやすくなる方法です。

 

情報の拡散効果を分析する方法

TwitterはSNSの中でも情報を広くスピーディーに拡散させられるのが魅力です。拡散効果を狙うのはTwitterのアカウント運用でも広告運用でも費用対効果の向上に直結します。Twitterの拡散効果はリツイートによる影響が非常に大きいですが、「いいね!」や返信によってフォロワー経由で拡散していくこともよくあります。リツイート率や「いいね!」率、返信率を分析するのが効果的な方法です。

 

また、Twitterではインフルエンサーによる拡散経路ができると大きなプロモーションになります。インフルエンサーの存在を拡散経路の分析によって探し出すのも重要です。施策してリツイートの追跡をするとインフルエンサーを見つけやすくなります。

 

まとめ

Twitterのアカウントを運用しているときにも、Twitter広告を出しているときにもコストパフォーマンスを上げるのは重要です。Twitterでのツイートや広告出稿の結果を分析して、目的とする効果が得られているかをチェックすると運用方針を改善していくことができます。最適なTwitterの分析方法を選び、目的意識を持って解析を進めていけばきっとTwitterの運用効果が上がります。

 

自社でTwitter分析をして改善するのが工数的にも時間的にも大変なこともあります。ノウハウのある広告代理店の活用はTwitter運用の効果を上げる近道になります。六次元ではTwitter分析・解析のプロとしてコンサルティングも含めたサービスを提供していますのでぜひご相談ください。

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.