Twitterの広告代理店に依頼する際に知っておきたいポイント

rokujigen_writer

目次

Twitterは広告代理店に運用代行をしてもらうメリットがあるのかが気になっている方はいらっしゃいませんか。この記事ではTwitter広告の持ち味を引き出し、高いパフォーマンスで運用するのに広告代理店が有効なことを解説します。Twitter広告代理店を利用するときの注意事項や費用も紹介するので参考にしてください。

Twitter広告について広告代理店に依頼できる内容

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告を活用してビジネスチャンスをつかみたいときには、広告代理店に依頼すると多角的なサポートを受けることができます。Twitter広告代理店に依頼できる内容は多岐にわたっていて、依頼先によってどんな業務に対応できるかは異なっています。ここでは一般的にTwitter広告代理店に依頼できる項目を簡単に紹介するので参考にしてください。

 

Twitter広告のセットアップ

Twitter広告に出稿するにはアカウントを作成したり、キャンペーン目的を決めてアカウントの構築をしたりするセットアップが必要です。広告代理店の担当者に自社の広告としてTwitterに出稿してもらうための準備もしなければなりません。広告代理店に依頼すればセットアップを一通り代行してもらえるので、すぐに広告出稿を開始できます。

 

プロモ広告(プロモツイート)の運用代行・サポート

広告代理店にはTwitter広告でとてもよく用いられているプロモ広告(プロモツイート)の運用代行を依頼できます。ツイートの内容から考えてもらうこともできますが、中身は自社で考えて広告出稿の仕方の工夫を任せるのが主流です。広告掲載率を調整したり、予算に応じた運用をできるようにしたりする柔軟な対応をしてくれます。

 

フォロワー獲得広告(プロモアカウント)の運用代行・サポート

自社のTwitterアカウントのフォロワーを増やそうと計画してTwitter広告を出すケースはよくあります。フォロワー獲得広告(プロモアカウント)は効果的な手法で、Twitter広告代理店に依頼すれば運用代行をしてもらえます。フォロワー獲得の目標を立てて運用し、費用対効果が高くなるようにノウハウを使って運用してくれるのが特徴です。

 

Twitterテイクオーバー(プロモトレンドなど)の運用代行・サポート

大きなプロモーションをするときにはTwitterテイクオーバーが重要な広告手段なります。タイムラインテイクオーバーやトレンドテイクオーバーなどの買取式のTwitter広告枠を活用して、最大限のプロモーション効果を引き出してもらうことが可能です。経験に基づいて広告のデザインや掲載日の選定もサポートしてもらえるので安心して出稿できます。

 

Twitterアカウントの運用サポート

広告代理店の中にはTwitter広告だけでなくTwitterアカウントの運用サポートも担っているところが多くなっています。ツイートのタイミングや内容についてアドバイスをしたり、クリエイティブの工夫の仕方を伝授したりするのが典型的です。Twitter広告を出す前にまずはコストがかからないTwitterアカウント運用を重視することを提案してくれる真摯な広告代理店もあります。

 

TwitterアカウントとTwitter広告の分析・レポート

Twitterアカウントのツイートの反響やTwitter広告の出稿による効果を広告代理店に分析してレポートしてもらうことも可能です。Twitterアナリティクスを利用して簡単な分析結果をまとめてもらうだけでなく、自社ツールや一般的なSNS分析ツール・解析ツールなどを使用して詳細な分析結果を視覚的にわかりやすくレポートするように依頼することもできます。

 

Twitter広告の運用提案・コンサルティング

Twitter広告を個別に運用代行してもらうのは広告代理店の活用方法として一般的です。しかし、広告代理店の中にはクライアントに寄り添って最大限のサポートをすることを重視しているところもあります。Twitter広告の効果測定を通して運用提案をしたり、目標達成のためにコンサルティングをしたりするサービスも利用可能です。

 

Twitter広告のクリエイティブ制作

Twitter広告ではテキストによるツイートが主流でしたが、だんだんと画像や動画の重要性が高まってきています。このようなクリエイティブの制作を広告代理店に依頼することが可能です。画像や動画の制作技術は広告代理店によって大差があり、外注して対応しているケースもあります。予算や広告効果を考慮してTwitterで話題になりやすいクリエイティブの制作を手掛けてくれるのが魅力です。

 

Twitter広告の総合的な予算管理

広告代理店には総合的な視点で予算管理を任せることもできます。Twitter広告の出稿費用、クリエイティブの制作費用、広告代理店の代行手数料などを考慮して、確保できる広告予算に応じた運用を依頼可能です。ただし、Twitter広告の予算管理を担える範囲は広告代理店ごとに異なります。予算の相談をするときには依頼先を慎重に選ぶことが重要です。

 

広告代理店の利用にかかる費用の体系と相場

出典:https://www.shutterstock.com

広告代理店に依頼してTwitter広告を運用代行してもらったり、コンサルティングやサポートを受けたりするときには費用がかかります。Twitter広告の運用代行を依頼するときにかかる料金の体系と一般的な相場について把握しておきましょう。

 

Twitter広告代理店の料金体系

広告代理店の料金体系は「Twitterの広告費+手数料」という形が基本です。Twitter広告の課金方式に合わせて実際にかかったTwitter広告費に手数料を上乗せして請求されます。手数料の体系は料率型、月額固定型、テーブル型が主流です。

 

料率型の場合には広告費に比例して手数料がかかります。月額固定型には広告費に依存することなく、毎月一定の手数料を支払う仕組みです。テーブル型は料率型と月額固定型の料金を組み合わせた料金体系で、固定料金と広告費に比例する従量料金が組み合わせられています。

 

Twitter広告の運用代行の費用相場

Twitter広告の運用代行を広告代理店に依頼したときにかかる費用相場はおよそ広告費の20%です。料率型のときには20%くらいが相場ですが、月額固定型やテーブル型でも広告運用がうまくいっているときには20%前後になります。ただ、Twitter広告の効果が出ていないときには月額固定型やテーブル型は割高になりがちです。また、広告代理店によっては予算に応じて柔軟に対応してくれることもあるのであくまで相場だと考えた方が良いでしょう。

 

Twitter広告の運用代行の追加費用

広告代理店に依頼した内容によっては追加費用がかかることもあります。例えば、動画制作をしてもらったときや、定期的なコンサルティングを依頼したときには追加で費用を請求する広告代理店もあります。特にクリエイティブの制作は込み料金にしているところも、別料金にしているところもあるので注意が必要です。

 

広告代理店によっては初期費用がかかることもあります。TwitterアカウントやTwitter広告のセットアップから依頼すると数万円の追加費用を請求されるケースもあるので気を付けましょう。

 

Twitter広告を広告代理店に依頼して運用するメリット

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告は自社運用している企業もあります。しかし、大手企業でもベンチャー企業でも広告代理店を利用しているケースが多くなってきました。広告代理店を利用するメリットは何なのかをここで確認しておきましょう。

 

目的に合ったTwitter広告の成果を出しやすい

Twitter広告の出稿を始めようと思い立ったときには目的があるでしょう。その目的を実現するTwitter広告の運用の仕方をよく理解しているのが広告代理店の魅力です。広告代理店に依頼すれば速やかにTwitter広告の効果が出る可能性が高く、運用のノウハウを持っているプロなので長期的に見ても成果が向上していきます。

 

Twitter広告のノウハウを吸収できる

きちんと打ち合わせをしながらTwitter広告の運用をする広告代理店を選べば、Twitter広告の運用に関するノウハウを吸収できるのは大きなメリットです。将来的にはTwitter広告の運用を内製化したい場合にはプロのノウハウを学ぶのが効果的です。運用のコンサルティングを受けたり、充実した内容のレポートに基づいてミーティングをしたりするとノウハウを吸収できます。

 

自社事業に専念できる

Twitter広告の運用はやってみるとかなり大きな負担になります。社内の有用なリソースをTwitter広告運用にかけるよりも、他の業務に携わらせた方が事業利益につながるでしょう。自社事業に専念できる基盤を作り上げるのにも広告代理店は有効です。他の広告も運用依頼をすることが可能なので、まとめて任せれば広告関連の業務をアウトソーシングして自社事業に専念できる体制を整えられます。

 

Twitter広告の費用対効果を上げられる

Twitter広告は運用を通して費用対効果を上げられる魅力があります。リツイートを増やして拡散効果を狙えば広告費用をかけずに効果は得られる仕組みができます。フォロワーが増えれば自然に情報が拡散されていく可能性も上がり、広告コストはかなり抑えられるのが魅力です。このようなTwitter広告の出し方をよく理解している広告代理店に依頼すればTwitter広告の費用対効果が上がっていき、大きな営業利益を実現できます。

 

Twitter広告を広告代理店に依頼して運用するデメリット

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告はやはり自社で内製化して運用していくのが良いと考えている企業もあります。広告代理店を利用するとデメリットもあるからです。広告代理店に依頼してTwitter広告を運用するとどのようなデメリットが生じるのかをチェックしておきましょう。

 

サービスの利用コストがかかる

広告代理店の利用には料金負担があるのがデメリットです。Twitter広告の運用代行だけでなく、コンサルティングやサポートでも利用コストがかかります。その料金の支払いをしてもTwitter広告によってメリットを得られるかどうかはよく考えてから依頼する必要があります。ただ、広告代理店によっては内情を理解してコスト感を合わせてくれることもある点も覚えておきましょう。

 

依頼内容の検討に苦労しやすい

Twitter広告の運用代行を広告代理店に依頼するときには何を任せるかを検討するのに苦労する傾向があります。全てを任せてしまえば社内負担は減りますが、コストは上がることになるからです。依頼内容の選定が面倒で広告代理店の利用を断念するケースもあります。ただ、相談から始めて最大のメリットを生み出せる落としどころを考えてくれる広告代理店もあるので、事前に依頼内容を決める必要はありません。まずは相談してみて親身になってくれる広告代理店を選ぶのがおすすめです。

 

Twitter広告の運用方針を柔軟に変えにくい

Twitterに広告を出す目的や広告にかけられる予算は刻々と変わっていきます。運用方針を変えたいと思ったときに即座に変更できないこともあるのは広告代理店に依頼するデメリットです。しかし、どのくらい密にコミュニケーションを取り、柔軟に対応してくれるかは依頼先によって異なります。普段から広告目的や運用のあり方を理解しようと努めてくれる広告代理店に依頼すれば柔軟な対応を即座におこなってくれるでしょう。

 

ブランディングに失敗するリスクがある

ブランディング目的でTwitter広告を使うときには広告代理店に運用代行を任せてしまうと失敗するリスクがあります。ブランディングのためのツイートをどのようにしていくかを少しでも誤解されるとブランドコンセプトからずれる可能性があるのがデメリットです。本気でパートナーとして寄り添ってくれる広告代理店を見つけ出せないと、ブランディングに失敗して取り返しがつかなくなることもないわけではありません。

 

広告代理店にTwitter運用を任せるときの注意事項

Twitter広告は広告代理店に任せれば効率が上がるのは紛れもない事実です。ただ、Twitter運用を任せるときには注意した方が良いポイントもあります。広告代理店の選び方のコツをまとめたので、依頼先を選ぶときの参考にしてください。

 

Twitter広告認定代理店を選ぶのがコツ

Twitter広告の運用代行を依頼するときには認定代理店を選ぶのがおすすめです。TwitterではTwitter広告認定パートナーの制度を整えています。ゴールド>シルバー>ブロンズ>スタンダードという特別な認定システムを用意していて、より高位の認定があるほどプロモーション効果が上がりやすいのが魅力です。

 

必ずしもゴールドならベストというわけではありませんが、認定があるかどうかを広告代理店の選定基準にするのが重要なポイントです。ソリューションの幅広さやTwitter広告の効果向上のノウハウがあると判断する基準にできます。

 

料金体系と対応範囲に注意

広告代理店にTwitter広告の運用を任せるときには、料金体系と業務として対応できる範囲に気を付けましょう。Twitter広告を出したのに効果がないというケースもあり、広告代理店に依頼してもコンバージョンがない、フォロワーが増えないという事例もあります。それでも費用がかかる料金体系で、自社から改善案を提案しても対応できないと言われてしまっては失敗と言わざるを得ません。

 

柔軟な対応が可能で、料金体系もTwitter広告の効果と紐づけていると安心です。広告代理店ごとに対応範囲の違いがあるので留意しておきましょう。

 

コミュニケーションしやすさを重視

Twitter運用を広告代理店に任せて成功するコツはコミュニケーションしやすさを最大限に重視することです。担当者に気軽に問い合わせたり、提案したり、自社事情を相談したりできるのは欠かせないポイントです。広告代理店にTwitter広告の運用代行を依頼するときには、実際に担当者と話をしてみてコミュニケーションをしやすいところを候補にしましょう。

 

まとめ

Twitter広告は広告代理店に運用代行をしてもらうだけで出稿するメリットが飛躍的に高まります。Twitterアカウントも同時運用してもらえる魅力もあるので、多くのユーザーを魅了して目標達成を目指すことが可能です。依頼先によって自社が得られるものに違いがあるのは確かですが、オープンなスタンスでコミュニケーションを積極的に取る広告代理店に依頼すれば安心です。

 

六次元はクライアントファーストの考え方に基づいて、コミュニケーションを重視したサービスを提供しています。相談ベースでのお問い合わせも歓迎しますので、ぜひ六次元への依頼をご検討いただけますと幸いです。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.