Twitterの活用の役に立つTwitterアナリティクスの見方

rokujigen_writer

Twitterを最大限に活用していくには分析と改善が重要になります。Twitterアナリティクスは公式ツールとして役に立ちますが、見方や使い方がわからずに困っているケースも少なくありません。ここではTwitterアナリティクスについて基本からわかりやすく解説いたします。

Twitterアナリティクスでできること

出典:https://www.shutterstock.com

TwitterアナリティクスとはTwitterが公式に提供しているパフォーマンス評価に活用できるツールです。気軽に使えてTwitterを活用するサポートになることから、多くの方がTwitterアナリティクスを利用しています。

 

Twitterアナリティクスはアカウントの運用をしているときにツイートの効果を測定したり、Twitter広告のパフォーマンス評価に関わる指標のデータを取得したりすることが可能です。データの詳細な解析には対応していませんが、グラフにして可視化することはできます。見方や使い方がわかっていればTwitterの魅力を最大限に引き出せる運用方法を導き出せるのが魅力です。

 

Twitterアナリティクスの見方・使い方の基本

出典:https://www.shutterstock.com

Twitterアナリティクスを生かしてTwitterを活用していくために、基本的な見方や使い方の概要を把握しておきましょう。Twitterアナリティクスの利用開始の方法と全体の構成についてまずは解説していきます。

 

Twitterアナリティクスの始め方

Twitterアナリティクスを始めるためにはTwitterアナリティクス(analytics.twitter.com)への登録かTwitter広告のアカウントの作成が必要になります。Twitter広告を運用している場合にはTwitter広告のキャンペーンダッシュボードから「アナリティクス」の「ホーム」を選べば、Twitterアナリティクスを無料で利用可能です。

 

Twitter広告を利用せずにTwitterのアカウントそのものを運用したい場合にはアナリティクスのサイトからログインすれば無料で始められます。一度利用を開始してしまえば、次回以降はTwitterのアカウントページのメニューで「もっと見る」から「アナリティクス」を選ぶとホームにアクセスできます。

 

Twitterアナリティクスの構成

Twitterアナリティクスはホーム画面を起点として、主にツイートアクティビティ(
TAD)、動画アクティビティ(VAD)、コンバージョントラッキングという機能から構成されています。それぞれの役割に違いがあるので、個別に理解して目的に応じた使い方をするのが重要です。

 

Twitterアナリティクス【ホーム】の見方・使い方

出典:https://www.shutterstock.com

Twitterアナリティクスの【ホーム】はTwitterの運用をする上で普段からチェックした方が良い項目がたくさん集められています。ホーム画面で何ができるのかを詳しく見ていきましょう。

 

ホーム画面の見方

Twitterアナリティクスの【ホーム】の見方はとても簡単で、Twitter広告かTwitterアカウントのページからTwitterアナリティクスにアクセスすると最初に表示されます。

 

パフォーマンスの変動を過去28日間のデータで確認可能

過去28日でどのようなパフォーマンスの違いが生まれたかをすぐにホーム画面で確認できます。Twitterアナリティクスを使う上で重要なチェックポイントです。ツイート数やツイートのインプレッション数、フォロワー数やプロフィールへのアクセス数、@ツイート数を確認できます。28日間の集計結果だけでなく、変動率も%で表示されるため、パフォーマンの変化を見て取れるのが特徴です。

 

パフォーマンスの集計結果を月ごとにチェック可能

Twitterアナリティクスのホーム画面では月ごとのパフォーマンスの集計結果やハイライトが過去28日間のデータの下にまとめられています。月間トップのインプレッション数を獲得したツイートやエンゲージメント数でトップに立った@ツイート、トップフォロワーやトップのメディアツイートなどがハイライトとして真っ先にチェックできます。さらに月間の集計数としてツイートや@ツイート、フォロワーなどについても確認可能です。

 

ホームの使い方

Twitterアナリティクスの【ホーム】はTwitterのアカウントや広告の全体的な運用方針に活用するという見方をするのが基本です。ツイートやプロモ広告のそれぞれについてインプレッションがあった数やエンゲージメントの様子などを確認できるので、運用のあり方や広告の戦略が効果的だったかどうかを判断できます。戦略を変更した後にホームに表示される指標の変化を見ると新しい戦略が正しかったかどうかを評価できるからです。

 

ホーム画面はあくまで全体を把握するための見方をするのが大切です。エンゲージメントの総数が少ないのにフォロワー数は大きく増加しているときもあれば、インプレッション数が多いのにほとんどエンゲージメントがないというときもあるでしょう。ホーム画面で確認できる指標を相対評価し、パフォーマンスを上げる指針を探すのが見方のコツです。

 

Twitterアナリティクス【ツイートアクティビティ】の見方・使い方

出典:https://www.shutterstock.com

Twitterアナリティクスの【ツイートアクティビティ】はTwitterのツイートに関する詳細な分析ができるツールです。Twitterアカウントを運用しているときに重要な分析項目が多いので見方や使い方をチェックしておきましょう。

 

ツイートアクティビティの見方

Twitterアナリティクスの【ツイートアクティビティ】はアナリティクスの上部タブから「ツイート」を選択すると表示されます。ホームからでも後述の動画アクティビティのページからでも見方は同じです。

 

過去28日間のツイートに関連する履歴を確認可能

ツイートアクティビティではオーガニックのツイートと、プロモ広告(プロモツイート)の両方について個別にパフォーマンスを確認できます。過去28日間のインプレッション数やエンゲージメント数などの集計データを取得可能です。エンゲージメントの総数もわかりますが、「いいね!」やコメントの返信、リツイートなどの個別回数も分析できます。

 

月ごとのツイートのパフォーマンスを可視化

ツイートアクティビティでは月ごとの集計結果も表示できます。チャートによる可視化を重視していて、インプレッションやエンゲージメントなどの数の推移を目で見て判断できるのが特徴です。広告とオーガニックのツイートを分けて表示できるので、Twitter広告とTwitterアカウントの両方を運用してきた結果を集約的に確認できます。

 

ツイートアクティビティの使い方

Twitterアナリティクスの【ツイートアクティビティ】は個別のツイートやプロモ広告のエンゲージメントの様子を詳細に分析できるのが特徴です。アカウントや広告の運用全体を見るのではなく、個々のツイートを評価するという見方をするのに適しています。

 

ツイートアクティビティを見るとインプレッション数が同じくらいのツイートでもエンゲージメントについて詳細にチェックしてみるとリツイートや返信などのユーザーアクションの数に大きな違いがあるのに気付きます。ツイートの内容やツイートした時間などによってユーザーのエンゲージメントには違いが生じやすいからです。

 

ツイートアクティビティの使い方は個別のツイートのデータを比較し、目的としているユーザーアクションを増やせる戦略を立てるのが基本です。アカウントや広告の運用戦略ではなく、個別的な情報発信のやり方の改善に使うものだという見方をするとツイートアクティビティのデータを生かせます。

 

Twitterアナリティクス【動画アクティビティ】の見方・使い方

Twitterアナリティクスの【動画アクティビティ】はTwitterに投稿した動画についての情報を分析できるツールです。クリエイティブとして動画を活用しているときにはパフォーマンスチェックに有用なので詳しい見方を知って使いこなしていきましょう。

 

動画アクティビティの見方

出典:https://www.shutterstock.com

Twitterアナリティクスの【動画アクティビティ】にアクセスするときには上部タブの「詳細」を選択します。プルダウンメニューが表示されたら「動画」をクリックすると動画アクティビティのページが表示されます。

 

動画視聴に関するデータをチェックが可能

動画アクティビティの見方はホームやツイートアクティビティに比べるとシンプルです。TwitterアカウントとTwitter広告で使っている動画のクリエイティブについて保持率、再生率、完了率の集計結果を視覚的にも数値的にも確認できます。オーガニックのツイートとプロモ広告のツイートを分けてチェックすることが可能です。

 

保持率は動画の平均視聴率で動画の再生がおこなわれた比率が示されています。再生率はTwitterのユーザーが能動的に動画を再生した割合を示す指標です。再生率のカウント条件はユーザー画面に動画画面の50%以上が表示された状況で2秒以上再生されたことです。拡大表示やミュート解除などのアクションをした場合にも再生率にカウントされます。完了率は動画を最後まで再生して視聴したユーザーの割合を示す指標になっています。

 

動画アクティビティの使い方

Twitterアナリティクスの【動画アクティビティ】は動画のクリエイティブの制作や改善の施策を立てるのに効果的です。動画によるプロモーションをしていても効果が上がらないときには視聴されていない、再生されていてもユーザーが見ていないことが原因としてよく挙げられます

 

再生率が高いのに完了率は低い場合には再生されていても途中で離脱しているユーザーが多いとわかります。そもそも保持率が低いときにはツイートや広告のテキストや動画のサムネイル画像を改善してユーザーを魅了する必要があると考えることが可能です。このような見方で保持率、再生率、完了率を比較すると改善点が明確になります。

 

Twitterアナリティクス【コンバージョントラッキング】の見方・使い方

出典:https://www.shutterstock.com

Twitterアナリティクスではコンバージョントラッキングの機能を活用できます。コンバージョントラッキングはTwitter広告を運用しているときにコンバージョンタグを設置することでユーザーの行動を追跡できる機能です。見方はアナリティクスの上部タブにある「詳細」から「コンバージョントラッキング」を選ぶだけです。

 

ウェブサイトへの集客だけでなく商品の販売や問い合わせなどのコンバージョンを重視したいときに見るのがコンバージョントラッキングです。タグの設置の仕方によって使い方は自由自在なので、コンバージョン重視でTwitter広告を運用するときには適切なタグを設けてデータを集計するのに使っていきましょう。

 

まとめ

Twitterアナリティクスはアカウントと広告のどちらを運用しているときでもパフォーマンス向上の手がかりになるデータを取得し、簡易的な分析をおこなえるツールです。ホーム画面の見方やツイートアクティビティとの役割の違いがわかると、分析を通して効果的な運用改善ができます。

 

広告代理店でもTwitterアナリティクスをデータ取得に使うのが常套手段です。ただ、Twitterアナリティクスではチャート表示ができる程度で、データ分析のツールとしては機能が十分ではありません。高度なツールも活用して分析し、Twitter運用のパフォーマンスを向上させられるのはプロとしての広告代理店の強みです。

 

六次元ではTwitterアナリティクスを基盤の一つとして、多様な解析技術を活用して運用のコンサルティングをしています。Twitter広告を運用しているときだけでなく、アカウントの運用をしている際にも分析と改善のサポートをしていますので、パフォーマンスを上げたいとお思いでしたらぜひご連絡ください。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.