Facebook広告にかかる料金は?費用体系と予算の考え方

rokujigen_writer

プロフィール情報

Facebookで広告を出稿すると料金がどのくらいかかるのかを知りたい方は多いでしょう。Facebookでは広告予算をどの程度確保したら良いのでしょうか。この記事ではFacebook広告にかかる料金や費用体系と、基本的な広告運用のための予算の考え方についてご紹介します。

Facebook広告の料金と予算の考え方

出典:https://www.shutterstock.com

Facebookに広告出稿して運用していくための予算はどの程度かを大まかに知りたい方が多いのではないでしょうか。まずはFacebook広告の予算の考え方を簡単にご紹介します。

 

Facebook広告は予算に応じた配信ができる

Facebook広告は予算に応じて広告配信ができるのが特徴です。最低予算は100円で、Facebook広告を出すだけならほとんど料金がかかりません。ただ、実際には100円ではほとんど広告が表示されず、出稿したメリットをあまり受けられません。重要なのは目的を達成できるように広告予算を決めて配信することです。

Facebook広告での適した予算を計算する方法

広告目的に応じた適した予算を決めることでFacebook広告を利用するメリットが大きくなります。Facebook広告では広告にかかる料金をシミュレーションすることが可能です。Facebookの広告マネージャを利用することで、広告の出し方に応じた想定料金を算出することができます。広告の出稿目的やターゲットによってどのくらいの料金がかかるかは違うのでシミュレーションを通して検討することが大切です。

Facebook広告を始めるときの一般的な予算

Facebook広告を始めるときにはシミュレーションをしてもどのくらいの料金なら適切なのかがイメージしにくい場合もあります。一般的な予算としてはFacebook広告では1日1000円、月3万円です。出稿する広告の数や広告を出す目的によっても違いはありますが、まずはFacebook広告を試してみたいと考えているなら1日1000円からスタートし様子を見るのがおすすめです。

Facebook広告の費用体系

出典:https://www.shutterstock.com

Facebook広告を予算に合わせて運用できるのは費用体系に特徴があるからです。どのようにして料金が決まるのかを確認しておきましょう。Facebook広告では課金方式としてクリック課金とインプレッション課金が主流です。他にThruPlayなどの課金方式もありますが、多くの広告ではクリック課金かインプレッション課金なので、これらの仕組みを知っておきましょう。

 

クリック課金(CPC課金)

クリック課金は広告がクリックされると料金が発生する課金方式です。サイト集客やエンゲージメントの獲得のときに適用されるのが典型的です。ユーザーのアクションを伴ったときにだけ費用がかかる仕組みなので、コンバージョンを意識して広告運用をするときに適しています。

インプレッション課金(CPM課金)

インプレッション課金は広告が表示されると料金がかかる課金方式です。1000回の表示あたりの単価を決めて広告を出稿します。インプレッション課金が適用されるケースとしては認知度の向上を目指すときが代表的です。クリックされたかどうかは関係なく料金が発生するため、単価が安いメリットを生かせるシーンでメリットが大きくなります。

Facebookの広告料金を決める4つの設定

出典:https://www.shutterstock.com

Facebook広告の料金は設定によって制御が可能です。予算の上限と入札単価が重要な設定項目なので、それぞれの概要と設定のポイントを押さえておきましょう。

アカウントの予算の上限

Facebook広告ではアカウント全体で使用する予算の上限を決められます。広告予算として確保できる金額が決まっているときには、その金額で設定しておきましょう。期間ごとの料金の上限を決めることはできず、あくまでアカウントで利用できる料金の総額を設定することができるだけです。

キャンペーンの予算の上限

Facebook広告ではキャンペーンごとの予算決定も可能です。キャンペーンの予算の上限もアカウントの場合と同じで総額の限度しか設定することはできません。広告予算がプロジェクトごとに決まっているときには、キャンペーンとプロジェクトを紐づけると運用しやすくあるでしょう。

広告セットの予算の上限

Facebook広告では個々の広告セットに対して予算を振り分けることができます。広告セット予算については1日上限、通算上限を自由に設定可能です。1日単位で予算配分をできる点で優れているため、Facebook広告の運用では重要な役割を果たします。

広告の入札単価

Facebook広告の料金は入札単価によって大きく変動します。クリック課金なら1クリックの料金の上限、インプレッション課金なら1000回の表示にかかる料金の上限が入札単価です。入札単価が高いと広告表示の優先順位が高くなりますが、料金も大きくなります。費用対効果を考えて適切な入札単価を設定するのが重要です。

まとめ

Facebook広告の料金は課金方式を考慮した上で、アカウント・キャンペーン・広告セットの予算上限と入札単価を設定することでコントロールできます。予算に応じた運用ができるのはFacebook広告のメリットです。

費用対効果の高い広告運用をするためには適切な設定をすることが欠かせません。もしFacebook広告の料金でお悩みでしたら、ぜひ六次元までご相談ください。広告運用のプロとしてFacebook広告の料金を適切な水準にするサポートをいたします。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.