Facebook広告の運用代行を利用するメリットと選び方のコツ

rokujigen_writer

Facebook広告の運用代行を依頼した方が良いのか、内製化して運用していった方が良いのかと迷っている方はいらっしゃいませんか。Facebook広告の運用代行は依頼するメリットがたくさんあります。この記事では運用代行を活用する魅力と、代行依頼先の選び方のコツをご紹介します。

Facebook広告の運用代行に依頼できること

出典:https://www.shutterstock.com

Facebook広告の運用代行を利用すべきかどうかで悩んだ際には、まず何を依頼できるのかを整理して理解するのが大切です。運用代行を依頼するならFacebook広告によって達成したい目標に効率よく到達できるのが理想的でしょう。ここでは運用代行会社に依頼できる一般的な内容をまとめたので、期待している業務を依頼できるのかを確認してください。

 

Facebook広告の作成と出稿

Facebook広告の運用代行には広告の作成と出稿を依頼できます。自社で用意した広告の画像や動画などのクリエイティブと広告文を使ってもらうことも、全て一から制作してもらうことも可能です。細かく打ち合わせをして一緒に広告制作を進められる運用代行会社もあります。Facebook広告ではカルーセルやスライドショーなどのフォーマットも使えることも考慮し、効果の上がりやすい方法を選定してくれます。

 

Facebook広告に出稿する時点では配置先やオーディエンスの策定など、広告配信の効果を向上させるための施策を講じてくれるのが運用代行の特徴です。FacebookだけでなくInstagramへの出稿も可能で同時配信をして幅広いターゲットを狙う戦略も提案してくれるでしょう。また、出稿のために必要なビジネスマネージャの準備、ドメイン認証の手続きなども全て代行してもらえるので簡単です。広告の作成から出稿に至るまで必要なことを一通り依頼できます。

 

Facebook広告の分析と運用

Facebook広告の運用代行には配信している広告に関する分析と、分析結果に基づく運用を任せることができます。Facebook広告は出稿したときから最大のパフォーマンスを引き出せるわけではありません。オーディエンスは正しいか、クリエイティブに魅力はあるか、配置先や配信時間は適切かといったさまざまな項目を分析して改善することによりパフォーマンスが向上します。運用代行はこのサイクルを専門家として責任を持って進めてくれるのが特徴です。

 

Facebook広告ではシステムに変更があることも多く、さらにFacebookやInstagramのユーザートレンドに転換が起こる場合もあります。ただ広告の運用結果を分析するだけでなく、環境の変化にもアンテナを張って対応をするのも運用代行に依頼できる内容です。業界に詳しいプロなのでタイムリーに情報を手に入れて迅速な対応をしてくれるでしょう。

 

アドバイザリーやコンサルティング

Facebook広告運用代行会社の中にはアドバイザリーサービスやコンサルティングサービスを提供しているところもあります。Facebook広告の運用を内製化したいときに適しているサービスで、運用代行を通して培ってきた知見やノウハウなどを生かしてアドバイスを受けたり、広告施策の新しい戦略を提案してもらったりすることが可能です。具体的なFacebook広告の運用方法を教わることもできるため、自社の力を伸ばせると期待できます。

 

アドバイザリーやコンサルティングはFacebook広告の運用代行を並行して依頼することも可能です。オーディエンスの変更やクリエイティブの入れ替えなどの作業を実際に代行してもらいながら、作業手順や分析方法の伝授を受けられるとスムーズに内製化を進められます。

 

Facebook広告の運用代行を依頼するメリット

出典:https://www.shutterstock.com

Facebook広告の運用代行が担当できる業務を考慮すると、広告の運用を依頼するのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。Facebook広告の運用で大きな貢献になるポイントをご紹介します。

 

広告運用を包括的に任せられる 

運用代行に依頼するとFacebook広告によって成果を上げるための施策を包括的に任せることができます。Facebook広告の運用経験が豊富な専門家に全体像を見ながら運用してもらえるため、迅速に広告効果が上がりやすいのがメリットです。分析結果から根拠を導き出し、ユーザーを魅了できる改善方法を次々に考案してすぐにアクションを起こしてくれます。依頼範囲を広げるほどスピード感も生まれ、Facebook広告に出稿する意義を速やかに高められます。

 

社内の負担を軽減できる

Facebook広告の運用は社内で進めることも可能ですが、担当者の負担が大きいことは否めません。運用代行に依頼するとFacebookの広告運用に必要な作業を一括して委託できるため、社内負担を軽減して本来やるべき業務に集中できるのがメリットです。広告結果を分析して新しい施策を考えるのには時間もエネルギーも必要です。ノウハウがないと余計に労力がかかるので、ベテランの専門家に任せて対応してもらうことは生産性の向上になります。

 

運用の知識やテクニックを学べる

内製化を目指しているなら運用代行を活用することでテクニックを学べるのがメリットです。Facebook以外にも広告媒体はたくさんありますが、それぞれが特性を持っているので運用に必要な知識も技術も異なります。Facebook広告ならではの運用テクニックは運用代行会社が強みとして持っているものです。代行依頼をしたときにはどんな根拠でどのような改善をした結果、どうなったのかを具体的にレポートしてもらうと内製化に向けて社内を成長させられます。

 

Facebook広告の運用代行を依頼するデメリット

出典:https://www.shutterstock.com

Facebook広告を運用代行に依頼するのにはデメリットもあります。依頼先の会社によって違いもありますが、一般的にどのようなポイントが問題になっているのかを確認しておきましょう。

 

運用代行依頼には費用がかかる

Facebook広告の運用代行は依頼する内容に応じた費用が発生するのがデメリットです。運用代行費は継続的にかかる費用で、相場としては広告費の20%くらいになっています。ただ、料金体系が依頼先によって異なり、広告費が少なくても一定額の支払いが必要になるケースもあります。コンサルティングサービスを依頼すると費用が高くなる、クリエイティブ作成に追加料金がかかるといったケースもあるので注意が必要です。

 

依頼先によって広告効果の違いが大きい

運用代行の依頼先によって費用対効果に大きな違いがあるのもデメリットです。Facebook広告の運用にはゴールデンルールがあるわけではなく、どの運用代行会社も独自の経験やスタッフの発想力を生かして、トライアルアンドエラーを繰り返しながら広告施策を検討しています。広告費や運用代行費が同じでも、依頼先によってはほとんど効果が出ないこともあるので気を付けましょう。実績があってベテランとして対応してくれるところに依頼するのが大切です。

 

フィードバックを得られないことがある

Facebook広告の運用代行を依頼して、実際に作業した内容や得られた結果についてのフィードバックをもらえないこともあるので注意しましょう。依頼先によっては独自のノウハウを提供したくないと考えていて、運用の内容については伏せることがあります。Facebook広告の内製化を目指しているときには特に大きなデメリットです。運用代行会社にレポートしてもらう内容は契約する前に交渉する必要があります。

 

Facebook広告代理店の選び方のコツ

出典:https://www.shutterstock.com

Facebook広告の運用代行を広告代理店に依頼するときには選び方が重要です。見落とさないように注意したい着眼点をまとめたので、選び方のコツをつかんでから運用代行の依頼先を決めましょう。

 

Facebook広告の運用実績を確認する

広告代理店ではさまざまな広告媒体を使って広告運用代行をおこなえる下地を持っているケースが多くなりました。Facebook広告の運用代行を広告代理店に依頼する際には、必ずFacebook広告で運用実績を持っていることを確認しましょう。

 

GoogleやTwitterなどで広告運用代行の実績が豊富でも、Facebookでは良好な結果を伴った経験がないという可能性があるからです。媒体によって必要な知識もテクニックも違うので、契約する前にFacebook広告での運用実績を具体的に紹介してもらってチェックするのがおすすめです。

 

Facebook広告認定代理店を選ぶ

Facebook広告の的確な運用代行ができるかどうかを判断するためには認定代理店として認められていることが参考になります。Facebook広告の認定代理店になっていればFacebookの運営側から最新の情報を提供してもらえたり、限定サポートを受けたりすることができます。認定を受けるためには厳しい条件をクリアしなければならないため、信頼できる力を持ち合わせていると考えられるでしょう。

 

ただ、Facebook広告とビジネスパートナーになっている認定広告代理店でも、クライアントがいて普段からFacebook広告を運用していなければノウハウが培われていません。実績や経験をまずは優先し、さらに運用代行スキルの高さを評価する指標の一つとして認定の有無を見てみるのが適切でしょう。

 

料金体系を詳細に説明してもらう

広告をするときには最終的に自社にメリットがもたらされなければなりません。広告目的の達成にかけられる予算に応じて方針を考える必要があるため、運用代行の依頼先を選ぶときには料金体系を詳細に説明してもらいましょう。

 

依頼する代行内容によって料金体系が異なることもあります。明朗会計になっているとわかりやすくて良いと思う場合もありますが、個別に相談して決められると小回りが利くので予算に不安が出てきたときにもFacebook広告を継続しやすいでしょう。明朗会計で最低料金が定められていると予算状況によっては断念せざるを得なくなる場合もあるので注意が必要です。

 

担当者との付き合いやすさを重視する

広告代理店に運用代行を依頼した後は担当者と連絡を取りながら広告施策を進めていくことになります。付き合いやすい担当者かどうかは広告代理店を選ぶときに重要なポイントです。レスポンスの早さやコミュニケーションのリズムのように属人的な部分も大切にして選ぶのがおすすめです。付き合いやすい担当者に恵まれると話がスムーズに進むだけでなく、気軽に質問や要望ができるメリットもあります。

 

長く付き合いたいと思う条件は人それぞれです。ただ、話をよく聞いてくれることは重要なポイントでしょう。会社として目指したいことは何なのかを詳しく理解し、広告を通して何を伝えていきたいかも聞いてくれるなら安心です。信頼関係を築き上げられると感じる担当者に巡り会うことができたら運用代行を依頼しましょう。

 

情報の共有に積極的かを見極める

Facebook広告の運用結果だけでなく、幅広く情報共有に努めている広告代理店を選ぶのも重要です。定期的にレポートを提出したり、報告会を開催したりする仕組みなら運用代行を依頼した結果を評価しやすいでしょう。その場で何を根拠にしてどの運用施策を講じたのかを具体的に説明してくれていれば、テクニックを学んでFacebook広告運用の内製化を図ることもできます。

 

運用代行では依頼を受けた内容に基づいてFacebook広告を運用します。ただ、広告代理店が集めている多様な情報から考えるともっと良い方針を考えられることも稀ではありません。その根拠になっている情報を共有し、具体的な施策を提案してくれる広告代理店なら全面の信頼を置いて運用代行を任せられます。

 

Facebook以外の広告も運用代行できる会社にする

Facebook広告の運用しか考えていない場合にはFacebook広告に特化している広告代理店が理想的かもしれません。しかし、売上やブランド認知を上げたいのであれば、Facebook以外の広告も広く視野に入れた方が費用対効果の高い広告配信をおこなえます。Facebook広告だけにこだわらないなら、幅広く実績があって運用代行が可能な広告代理店を選びましょう。

 

商品やサービスの性質と広告によって達成したい目的によって出稿先は慎重に検討する必要があります。Facebook広告が必ずしもベストではないので、多数の広告媒体を考慮して費用対効果を上げられる広告代理店に運用代行を依頼するのがおすすめです。

 

まとめ

Facebook広告の運用代行には広告の作成をする段階から、結果の分析を通して根拠に基づく改善を進めて目的の達成を目指すところまで包括的に任せられます。社内の広告関連業務の負担を減らせるだけでなく、ベテランの専門家によって迅速に費用対効果の高いFacebook広告の活用ができるようになるのがメリットです。

 

Facebook広告の運用代行は依頼先によってサービスにも料金にも大差があります。独自の強みや担当者の質にも違いがあるため、広告代理店を選ぶときには慎重に選びましょう。自社に寄り添う柔軟なサービスをしている広告代理店がおすすめです。その候補として六次元もぜひご検討ください。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.