Google広告の分析情報(インサイト)を有効活用する方法

rokujigen_writer

プロフィール情報

Google広告の運用ではデータ分析をするのが重要です。Google広告には運用に有効活用できる分析情報(インサイト)の機能があるのを知っているでしょうか。この記事では分析情報を利用する方法と運用に活用する方法をご紹介します。今まで使ったことがなかった方は有用な分析方法として取り入れていきましょう。

Google広告の分析情報(インサイト)を利用する方法


出典:https://www.shutterstock.com

Google広告を利用する際にはさまざまなデータを分析して運用の方針を立てるのが重要です。Googleでは分析の役に立つツールやサービスを提供していて、Google広告の管理画面からも利用できるものがたくさんあります。

分析情報(インサイト)は検索広告またはショッピング広告を利用しているときに利用できる機能です。特に登録やインストールは必要なく、条件を満たしたときに自然に管理画面のメニューに表示されます。

分析情報はGoogle広告側が分析した検索トレンドが表示されます。そのため、検索キャンペーンやショッピングキャンペーンを作成してしばらく運用していなければデータの蓄積がないので分析情報が表示されません。分析情報を利用するには積極的な検索広告・ショッピング広告の運用が必要です。

Google広告の分析情報でわかる検索トレンド

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告の分析情報では検索インタレストに基づく検索トレンドが表示されます。検索インタレストとはGoogle検索における検索数の多さです。注目度の高い検索語句の最大数を100としたときにどの程度の割合で検索されていたかがわかります。分析情報では検索インタレストに基づいて検索トレンドを分析した以下の結果を確認できます。

広告を掲載しているトレンド

分析情報ではキーワードとして設定して、広告を掲載している検索語句についてのトレンドの分析結果を確認できます。検索インタレストの一定期間における増加率やクリック数の推移を把握することが可能です。

Google広告が推奨するトレンド

分析情報ではGoogle広告からの提案を受けられます。検索トレンドに基づいてGoogle広告が推奨する検索語句を確認可能です。広告のキーワードとして用いていないものがピックアップされていて、検索インタレストの推移や増加率が表示されます。

トレンドごとに急上昇している検索語句

広告を掲載しているトレンド、Google広告が推奨するトレンドのどちらについても詳細情報を見ると急上昇の検索語句を確認できます。使用しているキーワードの検索数の状況だけでなく、新たに検索ボリュームが増えてきた検索語句の分析結果も得られるのが特徴です。

地域ごとのトレンド分析

Google広告の検索トレンド情報は地域別の分析が可能です。市区町村レベルでの分析が可能で、それぞれの都市における検索数を集計した結果をリストにして表示できます。地域差が大きい商品・サービスを取り上げているときには重要なインサイトになります。

分析情報の活用方法


出典:https://www.shutterstock.com

Google広告の分析情報は広告運用にどのように利用したら良いのでしょうか。ここでは有効活用する方法を端的に解説します。

表形式で分析

Google広告から示される検索トレンドは運用期間が長くなってくるとかなりの数になります。より重要な分析情報を引き出すためには表を用いる方法がおすすめです。表形式で表示するとトレンド、国名、トレンドの期間、検索数の増加率、検索ボリュームの増加率などを一覧で確認できます。広告効果に影響が大きいトレンドをピックアップしやすいので分析を迅速に進められるでしょう。

注力分野への予算配分の再考

分析情報でわかるのは検索トレンドです。検索ボリュームが増えている分野に注力して予算を投入すると広告効果が上がると期待できます。トレンドの継続性や予算上限との兼ね合いも考える必要がありますが、予算配分を再考するための参考情報として活用できます。広告費を削減して注力分野を決めたいときにも有効な方法です。

キーワード・除外キーワードの選定

急上昇している検索語句の分析結果を得られるため、キーワードや除外キーワードの選定に活用する方法もあります。新規の検索語句に着目して新たにキーワードを設定したり、検索ボリュームが増えている検索語句の中から自社の商品・サービスに合わないものを除外キーワードにしたりするのが合理的です。

広告配信エリアの設定

地域ごとの検索トレンドの分析情報を活用する方法として、広告配信エリアの設定があります。注力するエリアを厳選して予算を集中させたり、ニーズが低いと考えて配信していな過多地域を追加したりする方法が典型的です。自社の商品・サービスがその地域で提供しやすいかも考慮して地域の再設定を検討しましょう。

Google広告でできる他の分析方法

出典:https://www.shutterstock.com

Google広告では分析情報(インサイト)以外にも運用に有効活用できる分析方法を提供しています。キャンペーン画面からできるオークション分析は競合分析の方法として有用です。また、Googleが提供しているキーワードプランナーやGoogleアナリティクスもキーワードの選定、ランディングページの最適化などに活用できます。インサイトとは違う観点の情報を得られるので、合わせて分析に取り入れていきましょう。

まとめ

Google広告の分析情報(インサイト)は検索トレンドの分析と提案の考察を通して運用に活用できます。トレンドをいち早く把握して対策を講じるのはマーケティングにおける基本的な方法です。分析情報から得られる最新のトレンドを確認してGoogle広告の運用に活かしていきましょう。

ただし、分析情報による提案は競合他社も見ています。提案は参考として利用し、他の分析方法も合わせて活用して自社の利益につながる広告戦略を進めていきましょう。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.