Google広告の運用方法が丸わかり!広告を成果にする基礎・応用

rokujigen_writer

プロフィール情報

広告の運用によって目標達成に向けた成果を出したいときはGoogle広告の運用方法を詳しく知りたいのではないでしょうか。広告を成果にするためにはGoogle広告について詳しく理解し、基礎から応用まで運用方法を習得することが重要です。この記事では成果につながるGoogle広告の運用方法を紹介します。

Google広告の運用前に知っておきたい特徴


出典:https://www.shutterstock.com

Googleは検索エンジンや地図情報、ショッピングなどの多岐にわたるサービスを提供しています。Google広告はGoogleのサービスと提携サイトで広告を掲載できるのが特徴です。ここではまだGoogle広告を始めていない方のために基礎的な特徴を紹介します。運用方法を検討する上での重要な知識なので肝心なポイントを把握しておきましょう。

Google広告は運用型広告

Google広告は運用型広告で予算や入札額、出稿先のサイトや表示するユーザーの属性や地域などを自由に設定できるのが特徴です。テレビCMや新聞広告を代表とする予約型広告とは違って、誰が見てもいつも同じところに広告が表示されているわけではありません。限られた広告枠を広告主の間で競争して獲得し、希望するターゲットに優先して表示させられるように運用します。運用の方法によってコストも下げられるため、Google広告は低予算で始めることが可能です。

Google広告の主な種類と特徴

Google広告では出稿できる広告の種類が豊富です。広告の目的に合わせた種類を選べる点でも魅力があり、どの方法を選んでも幅広いユーザーにアプローチできるメリットもあります。Google広告ではリスティング広告、ディスプレイ広告、動画広告が主流ですが、他にもショッピング広告やローカル検索広告、アプリキャンペーンなども選択可能です。

リスティング広告はGoogle検索の上部または下部の広告枠を利用できるテキスト広告です。ユーザーが検索したキーワードに基づいて広告が表示されます。世界トップシェアを持つ検索エンジンのGoogleだからこそ広告出稿の意義が大きく、競争も激しい分、運用方法によっては大きな成果につながるのが魅力です。

ディスプレイ広告はGoogleディスプレイネットワークへの配信広告で、提携サイトの広告枠に画像広告を表示できるのが特徴です。食べログやYouTubeなどの有名サイトと提携しているので高い広告効果を期待できます。ユーザー属性やCookie履歴などを利用してターゲッティングができるのが特徴です。

Googleの動画広告はYouTube広告をメインとしています。トップシェアを持つ動画配信サービスのYouTubeにインストリーム広告やバンパー広告など、全7種類の広告を出稿できるのが特徴です。視覚と聴覚に訴えかける広告を活用できるのがメリットで、動画視聴が容易になった5G時代では重要性が高まっています。

Google広告で運用できる広告形式

Google広告では広告形式の自由度も大きいので運用の価値が高くなっています。大きく分けるとテキスト広告、画像広告、動画広告の3種類があり、さらに複数のクリエイティブを組み合わせたリッチメディア広告から選ぶことが可能です。

テキスト広告として典型的なのがリスティング広告です。文字情報だけでも魅力を訴求できるケースや画像情報よりもキーワードが重要な商品・サービスで有効な広告形式です。

画像広告は視覚的に訴えかける力が強いため、商品・サービスのメリットが視覚的にわかりやすいときやブランディングなどの認知拡大に向いています。Google広告ではディスプレイ広告が典型例です。

動画広告はYouTubeへの配信もありますが、ディスプレイ広告でも配信されています。制作コストがかかる問題はあるものの、訴求力が高く、脳裏に刻み込めるようなインパクトを与えることもできるのが魅力です。

リッチメディア広告はショッピング広告やローカル検索広告など、Google広告の多岐にわたる広告方法で活用されています。ユーザーが求める情報を効率よく提供できるため、集客や認知拡大、購買への誘導などの目的に合わせた広告に仕上げられるのが特徴です。

Google広告の主な課金方式

Google広告では広告の種類によって異なる課金方式になっています。運用方法を考える上では何に基づいて課金されるのかを理解し、入札額や予算の上限を検討することが重要です。主な課金方式はCPC課金、CPM課金、CPV課金の3つです。

CPC課金は広告のクリック、CPM課金は広告の表示、CPV課金は動画広告の再生を単位として課金されます。リスティング広告はCPC課金で、広告リンクをクリックしたユーザーがランディングページにアクセスすると費用が発生します。ディスプレイ広告はCPM課金が基本で、ユーザーに対して1000回の広告表示をしたときの単価を設定する仕組みです。CPV課金は動画広告でユーザーが一定時間以上の動画視聴をしたときに課金されます。

他にも細かく見ていくとGoogle広告にはいろいろな課金形式があります。運用を始める段階で出稿する広告の課金のタイミングを調べておきましょう。

 

Google広告の運用を始める方法


出典:https://www.shutterstock.com

Google広告をまだ始めていない方のために運用を始める方法を簡単にまとめました。Google広告ではユーザーフレンドリーなプラットフォームを用意しているので運用を始めるだけなら簡単です。以下の流れに沿ってGoogle広告を始めましょう。

Google広告のアカウントの開設

Google広告の運用を始めるにはアカウント開設が必要です。Googleアカウントを作成して、Google広告の公式サイトで手続きをすればアカウントを作れます。

キャンペーンの作成

Google広告に出稿するにはまずキャンペーンの作成をします。広告運用では目的または予算ごとにキャンペーンを作成するのが基本です。Google広告の管理画面からキャンペーンを作成し、広告の目標や運用したい広告の種類を選んで設定しましょう。

広告グループの作成と設定

キャンペーンには複数の広告グループを作成し、その下層にキーワードと広告を登録して運用できます。広告グループはランディングページごと、つまり商品・サービスなどに応じて作成するとシンプルでわかりやすいアカウント構成になります。

広告グループでは入札戦略や広告の配信方法、ターゲットの設定などをすることができます。Google広告の運用をするときにも設定を変更することが多い部分です。キーワードを設定し、表示する広告を作成して登録したら広告グループの設定は終わります。広告の種類によってはキーワードまたは広告の設定が必要ない場合もありますが、リスティング広告やディスプレイ広告では複数登録をする運用方法が一般的です。

Google広告による審査・広告配信開始

広告まで完成したら入稿し、Google広告によって審査を受けます。広告出稿を迅速に進めるには、この間にキーワードやターゲッティングをよく考えて運用方針を立てると良いでしょう。ガイドラインに違反していたり、法律に抵触していたりすると審査落ちになりますが、広告を改善すれば審査を通過して配信を開始できます。

 

Google広告の運用方法の考え方


出典:https://www.shutterstock.com

具体的な運用方法を学ぶ前に、まずはGoogle広告の運用方法の考え方を身につけるが大切です。個別の運用方法を見ても、なぜその方法で成果が出るのかがよくわからないことがあります。基礎となる考え方が身についていないと理解が難しいのです。Google広告の運用のプロになれるように基礎を固めておきましょう。

運用目的は目標に応じた費用対効果の向上

Google広告は目的意識を持って取り組むのが重要です。Google広告の運用目的は目標に応じた成果を出し、さらに費用対効果を上げることです。広告費をかければ成果は出やすいですが、費用対効果は下がります。運用方法の良し悪しで費用対効果が左右されるのが運用型広告の特徴なので、効果的な運用をして費用も削減しながら目標達成を目指しましょう。

 

仮説検証を繰り返す方法が運用の基本

Google広告の運用の基本は仮説検証です。広告掲載によって得られた結果に基づいて何が良く、何が悪いのかを分析します。そして、このように改善すれば成果が上がるのではないかと仮説を立てて、設定をして効果の有無を確認します。SWOT分析や3C分析をとして商品・サービス、ユーザーや競合の動向と自社の関係を理解し、合理的な仮説を立てて検証することを繰り返していくのが大切です。

広告費用と効果測定のデータが運用方法を選ぶ根拠

運用の目的は費用対効果を上げて目標を達成することなので、広告費用と効果の測定をすることが必須です。そのデータを根拠にして運用方法を選ぶのが、Google広告の運用方法の考え方として基本になります。Google広告では広告出稿後のデータをレポートで確認できるので、有効活用して運用方法を考えていきましょう。

品質スコアを上げて広告ランクを上げるのがポイント

Google広告では掲載順位が広告ランクによって決まります。広告ランクは入札単価と品質スコアによってほぼ確定し、広告表示オプションなどが加味される仕組みです。費用対効果を上げるには入札単価が低くても上位表示され、ユーザーの目に入るようにするのが重要です。品質スコアはクリックスルー率をベースにして決まります。キーワードと広告文、ランディングページの関連性を考えて総合的に改善を目指す運用が必要です。

 

Google広告の具体的な運用方法


出典:https://www.shutterstock.com

Google広告運用の考え方がわかったら具体的な方法を見ていきましょう。Google広告の運用方法は無限大と言えるほど存在します。ここでは成果に直結しやすい重要な施策を紹介するので詳しく掘り下げて確認していきましょう。

コンバージョンを設定する

Google広告の費用対効果を評価するにはコンバージョンを測定することが重要になります。コンバージョンタグを発行して設置すれば、Google広告のシステムでコンバージョン数が集計されます。コンバージョン単価を定めれば広告配信によって生まれた売上を定量的に測定可能です。効果測定を開始しなければ運用方法を決める根拠となるデータが集まらないので、出稿する時点でコンバージョンを設定しておきましょう。

ターゲットを厳選する

ターゲットを絞り込んで配信するのはGoogle広告の運用方法として重要です。Google広告では基本的に成果課金型(CPA課金)ではありません。クリック課金なら広告をクリックした時点で費用が発生しますが、ユーザーがリンク先に遷移してもコンバージョンに至らなかったら利益になりません。コンバージョン率が高いユーザーにだけ限定して広告を配信するとコンバージョンあたりの広告費を抑えられます。

ただ、ターゲットを絞り込みすぎると広告の配信数が少なくなり、コンバージョン数も上がりません。売上や問い合わせ数などの目標と広告費との兼ね合いを考えてターゲットを厳選するのが大切です。ユーザーの年齢や性別などの属性に加え、配信する地域や時間帯・曜日も設定できるので、広告の運用を通して決定していきましょう。

キーワードと除外キーワードを精査する

リスティング広告やショッピング広告などの検索連動型広告では、キーワードと除外キーワードの設定が重要になります。キーワードはターゲットを絞り込むのにも有効ですが、品質スコアやコンバージョン率にも大きな影響があります。キーワードが正しく選定されていないとユーザーは自分に合う広告ではないと判断してクリックしません。ユーザーのニーズを捉えているかどうかを常に精査しましょう。

コンバージョン率の観点からはキーワード・広告文・ランディングページが首尾一貫していることも重要です。キーワード選定は入り口に過ぎません。広告文がユーザーの検索意図にマッチしていること、ランディングページでユーザーの悩みを解決するストーリーが立てられていることも重視して運用するのが重要なポイントです。

日々の予算管理と入札管理を徹底する

運用方法として忘れてはならないのが予算管理と入札管理です。日予算が上限にかかっていないか、入札の上限単価や入札戦略が適切かは日々確認しましょう。日予算が低いとユーザーに広告が表示されなくなる場合があります。表示回数やクリック数、再生回数などが上限に達してしまい、朝のうちは配信されていたのに夜になるともう配信されていないこともあるのです。

予算による制限がかかったときには広告効果を確認して予算を上げるべきかどうかを判断しましょう。広告効果が得られていないなら費用負担を大きくしている原因なのでターゲットの変更やキーワードの取り下げなどを検討します。広告効果が得られているなら予算配分を再考して引き上げるのが大切です。入札戦略ともかかわりが深いので、予算と入札の管理は切り分けずに一貫した形で進めるのが重要です。

 

まとめ

Google広告の運用方法は目標達成をしながら費用対効果を上げていくのが基本です。ここでは運用方法の考え方と具体的な例を紹介しました。実際にはGoogle広告の運用方法に王道があるわけではなく、目的や商材、競合やユーザーの動向などに応じて臨機応変に運用する必要があります。

Google広告の運用を広告代理店に依頼している企業が多いのは、ノウハウに基づいて柔軟に運用方法を選び出せるからです。競合も運用に力を注いでいることを考慮して、プロフェッショナルに広告運用を任せて差をつけるケースが増えています。六次元ではクライアント様へのヒアリングと連携を重視し、ノウハウを最大限に活用して運用方法を選び出しています。Google広告の運用方法でお困りの際にはぜひご相談ください。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.