リスティング広告の費用相場や実際の予算の決め方を解説!

yamamoto hiroki

リスティング広告をやってみようと考えた時に「リスティング広告にいくらかけるべきなのか」と悩んだことはありませんか?
今回はリスティング広告の費用の相場や、実際の費用の決め方について解説していきます。
自社でのリスティング広告運用を検討してみましょう。

 

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索エンジンでユーザーがキーワード検索をした際に画面の上部に優先表示されるWEB広告です。特定の商品やサービスに興味がある人を集客したい場合に効果を発揮する手法といえます。日本でリスティング広告のサービスを提供する検索エンジンは、

GoogleとYahoo!JAPANが主流です。それぞれアカウントを作成後に広告出稿の手続きをすると、検索したときに優先的に表示されます。

 

このように、リスティング広告が自然検索と違う点は、ユーザーの目につきやすい画面の上部に掲載される点です。また、掲載場所だけではなく、自然検索では検索結果の上位に表示させるためにはSEO施策を続ける必要があり、効果が出るまでには時間がかかりがちです。一方、リスティング広告は、SEO対策なしで、指定したキーワードで意図的に上位表示させることができます。興味や関心があるユーザーに即座に配信できるため、非常に効果的です。広告代理店に運用を依頼すると、さまざまな分析や改善を通してリスティング広告の効果を最大限に高めてもらえます。

 

▶︎リスティング広告、自然検索との違いについてはこちら

 

 

リスティング広告の費用のしくみ

 

リスティング広告の費用は、クリック課金制となっています。クリック課金制では、クリックされて初めて課金されるため、広告が画面に表示されるだけで費用が発生することはありません。1クリックあたりの費用相場は、市場の相場が高いほど予算を多く見積もる必要があるため、同じクリック数でも、単価によって広告予算も変わってきます。

 

また、設定された入札単価によりオークションが行われることで、表示される広告や掲載順位が決まることが特徴です。なお、ユーザーが検索するたびにオークションが行われているため、広告の掲載や順位は常に変動しています。一般的には、単価が高いほど掲載順位が高くなります。

 

リスティング広告の予算を決める際に、とりあえず30万円位で設定するのが一般的な傾向ですが、リスティング広告の1日あたりまたは月間の予算はいつでも自由に調整することが可能です。たとえば、〇円投資しても成果につながらなかった場合に広告の配信を一旦中断するといったラインをはっきりと決めた上で始めることが望ましいでしょう。もちろん、リスティング広告の運用を始めてから比較的早く好調なスタートを切るケースもあります。そのため予想外に効果が良かった場合のことも前もって考えておくと、機会損失にならずに順調に進められるでしょう。このように、進捗状況を見ながら柔軟に対応できる点もリスティング広告の特徴の一つといえます。

 

リスティング広告の費用相場は?

Wooden,Cube,With,Fees,Words,On,Stacked,Of,Coins.

リスティング広告の運用経験がないと費用相場がどのくらいかはイメージするのが難しいでしょう。リスティング広告はテレビや新聞などの広告とは違い、運用の仕方によって費用が大きく変動する仕組みになっています。予算に応じた運用ができるので、相場通りにリスティング広告を利用する必要はありません。ただ、リスティング広告によってマーケティング効果が上がっているケースでは、一般的に毎月20万円~50万円程度がかかるとされています。

 

広告代理店に依頼する場合の費用

自社で運用する場合は広告費のみですが、広告代理店に依頼する際にかかる費用は、広告費のほかに、初期費用や広告運用代行費(手数料)が発生します。

広告費はGoogleやYahoo!などに支払うリスティング広告の実費です。初期費用は、Googleアカウントなどの初期設定を行う際に必要となります。5万円前後がおよその相場ですが、無料で対応している代理店もあります。広告運用代行費(手数料)は、文字通り運用代行に対して広告代理店に支払う手数料です。手数料率は、一般的には毎月の広告費の20%が相場とされています。最初の段階でかかる初期費用と違い、広告運用代行費は通常月ごとに支払いを行います。

 

▶︎リスティング広告運用代行の費用についてはこちら

 

いくらからリスティング広告を出すことができる?

Young,Shocked,Guy,In,Glasses,Looking,At,Papers,Bank,Documents

リスティング広告は一般的に入札によってクリック単価の設定をおこない、広告クリック数に応じた料金を支払うCPC課金になっています。Googleでは最低出稿金額が定められておらず、リスティング広告の登録をするための初期費用も負担する必要がありません。そのため、1円でもリスティング広告は出せます。ただし、入札制のためクリック単価を低くし過ぎると広告が表示されにくくなります。ある程度は高く金額を設定しないと、リスティング広告を運用するメリットがなくなってしまうでしょう。

 

リスティング広告の費用の決め方

Bookkeeper,Using,Calculator,Counting,Finances,Taxes,Fees,Accounting,Calculate,Bills

リスティング広告の費用は任意で決めることができます。費用の決め方のアプローチとして典型的なのが以下の3つです。どの方法が適しているかは商材の種類や業種によって違うので、それぞれの特徴から考えてみてください。

 

1. 獲得したい成果の目標(コンバージョン)から計算して決める

獲得したい成果や売上に基づいて計算して広告費を決めるのは合理的でしょう。コンバージョンによって得られる利益に基づいて決めるのがこの方法です。商品販売のプロモーションとしてリスティング広告を使用する場合を考えてみましょう。例えば、販売価格が10,000円、原価が2,000円、販売によって得たい利益が2,500円だったとします。すると、コンバージョンあたりにかけられる費用は以下のようにして5,500円と算出できます。

販売価格(10,000円)−原価(2,000円)−得たい利益(2,500円)
コンバージョンにかけられる費用(5,500円)

 

月間利益を25万円と考える場合には、100個の商品が売れなければなりません。100コンバージョンにかけられる費用は100倍の55万円です。単純計算ではリスティング広告の費用を55万円とすれば良いと考えられます。

 

2. クリック単価の相場から決める

リスティング広告の費用は、クリック単価の相場に基づいて決めるのも合理的です。業種によって相場にはかなり違いがあり、100円~600円程度とさまざまです。GoogleではGoogleキーワードプランナーを使うと、検索キーワードごとに平均クリック単価を調べることができます。平均よりも高く設定すれば表示確率は上がりますが、その分だけ費用が大きくなるので注意が必要です。基本的にはボリュームの大きいキーワードは平均クリック単価が高い点にも留意しておきましょう。

 

3. 総売上から逆算して決める

現在の総売上の5%〜10%を広告費にする考え方です。1ヶ月の売り上げが700万円と仮定すると、広告費は以下のように計算できます。

売り上げ(700万円)×5%〜10%=広告費(35万〜70万)

 

ざっくりとした計算ではありますが、簡単に予算が決められる方法としておすすめです。

▶︎WEB広告の予算の決め方をもっと詳しく知りたい方はこちら

リスティング広告の簡単にできる施策

New,Listing,House,For,Sale,Open,Door,Words,3d,Illustration

リスティング広告はユーザーがクリックしただけで費用が発生します。そのユーザーが購買意欲を持っていれば売上につながりますが、興味が薄いユーザーがクリックしてもコンバージョンになる確率は低いでしょう。リスティング広告の運用では、興味のあるユーザーにクリックしてもらうことが重要です。リスティング広告の費用を抑えることにもつながるので、簡単にできる施策を理解しておきましょう。

 

除外キーワードの設定をおこなう

除外キーワードを設定すると、そのキーワードを検索に含めているユーザーには広告が表示されなくなります。例えば、レディースファッションの販売をしている際には、「メンズ」を除外キーワードにすると良いでしょう。メンズファッションを探しているユーザーには広告が表示されず、誤って広告をクリックすることがありません。

 

ロングテールキーワードを狙う

リスティング広告ではロングテールキーワードを狙うとコンバージョン率が上がる傾向があります。ロングテールキーワードとは、スモールワードとも呼ばれていて、あまり検索ボリュームが大きくないキーワードです。検索ボリュームが大きいビッグワードは抽象的なことが多く、違うことに興味関心を持っている人にも広告が表示されがちです。しかし、ロングテールキーワードの場合には具体性が高いので、マッチングする確率が高くなります。

 

配信地域を限定する

リスティング広告は配信地域を限定することが可能です。検索エンジンではユーザー情報から居住地を取得して、検索結果に反映させています。大阪でのサービスの集客を図りたいときに、北海道在住の人に広告を表示してもあまり意味がありません。Google広告では地名と特定の位置からの半径で配信地域を決められます。状況に応じて使い分けると効果的なターゲティングができます。

 

配信ターゲットを限定する

検索をしているユーザーの属性情報に基づいて配信ターゲットを設定できるのはリスティング広告の特徴です。ユーザー情報には年齢や性別、年収などのさまざまな個人情報が含まれています。先ほどの例のように、レディースファッションの販売を考えているなら、女性に限定して配信するのが合理的でしょう。取扱商品から判断してターゲットは20代という場合には、他の年齢層は除外することもできます。限定しすぎるとリスティング広告が表示される機会が減りますが、ターゲティングの観点では効果的な方法です。

 

広告の質をよくする

リスティング広告の掲載順位は、広告の品質も影響します。広告のランクは、「上限クリック単価×広告の品質」で決定されるため、クリック単価を高めに設定しても、広告の品質が低いと、広告ランクは上がりません。反対に品質が高ければ、広告ランクが上がり、低い入札単価でも上位に表示され、広告費を削減でき、CVも獲得できます。

 

広告の品質は、広告と検索の関連性、推定クリック率、ランディングページの品質によって決まります。ユーザーにとって関連があり分かりやすい広告か、リンク先のページの表示速度はどうかなどを分析し改善することで、品質のスコアを上げることが可能です。ユーザーニーズを満たす内容になっているかを分析し、繰り返し改善していきましょう。

 

やめるタイミングを決めておく

コストを抑えるためにも、撤退するタイミングをあらかじめ決めておくことも必要です。広告費用を続けてかけていても、成果が出ないまま、だらだらと運用することはリスクを伴う可能性があります。ただし、広告の効果を検証するためには、最低でも3ヵ月は様子を見ながら、分析や改善を繰り返すことが必要です。撤退ラインは、「3ヶ月間の平均CV数が〇件以下」など、具体的な数値で決めておくようにしましょう。

 

困った場合はリスティング広告代理店に相談してみる

Businessman,Shaking,Hands,To,Seal,A,Deal,With,His,Partner

リスティング広告によってコンバージョンを増やしつつ、費用も抑えられるように運用するにはさまざまな設定項目を駆使することが必要です。費用対効果が上がらないのではリスティング広告を運用する意味がないでしょう。実際にリスティング広告を出稿して簡単な施策を実施してみた結果として、効果が出なくて厳しい状況に陥ることも稀ではありません。

リスティング広告の運用で困ったときには、リスティング広告代理店に相談してみましょう。広告代理店ではリスティング広告の運用を代行しています。ウェブ解析や業界調査の結果に基づき、キーワードや除外キーワードの選定、ターゲット設定などを網羅的におこなってもらえます。目標達成に向けて具体的な戦略を提案して実行してくれるので、スムーズに利益を生み出せるようになるのがメリットです。

 

▶︎リスティング広告代理店に依頼するメリットや費用、選び方についてはこちら

 

まとめ

Debt,Collection,And,Tax,Season,Concept,With,Deadline,Calendar,Remind

リスティング広告の費用は20万円~50万円が相場ですが、実際には運用のためにさまざまな施策を実行しなければコンバージョンにつながりません。広告代理店に頼むと、ノウハウに基づいた効果的なリスティング広告運用をしてもらえます。運用代行費も広告費に比べて高いわけではないので、費用対効果を上げられる広告代理店を選んで運用代行を依頼しましょう。

 


 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.