Pinterest広告の料金の特徴と目安を徹底解説!

rokujigen_writer

Pinterest広告が2022年6月よりスタートしました。新しく始まったばかりの広告媒体のため、広告料金の水準が低い傾向にあります。今回はそんなPinterest広告の料金の特徴、目安などをまとめました。広告費用の考え方もわかりやすくご紹介します。

Pinterest広告でかかる料金の特徴

出典:https://www.shutterstock.com

 

Pinterest広告を出稿するのにかかる費用はコントロールしやすい傾向にあります。以下の特徴があるため、Pinterest広告なら少額予算でも出稿可能です。

 

広告予算の自由な設定ができる

Pinterest広告では予算を自由に設定して配信できます。上限額を決めて広告配信の設定をすれば、予算以上に広告費用がかかることはありません。また、入札方式になっているので単価を決めて広告を配信できます。入札単価を上げれば配信されやすくなりますが、料金を抑えられるので無理のないマーケティングが可能です。

 

始まったばかりの広告媒体のため広告料金の水準が低い

日本ではPinterest広告が2022年6月にスタートしました。まだ広告媒体としては、新しく始まったばかりなので、広告料金の水準が低い傾向にあります。広告主が多く、競争が激しくなると広告単価が上がるのは入札方式の運用型広告の宿命です。しかし、現在、Pinterest広告は競合が比較的少ないため、低料金で広告を配信しやすい状況があります。

※2022年6月時点の情報

 

料金の支払いのタイミングを調整できる

Pinterest広告では料金の支払いのタイミングに関する設定が可能です。お支払い基準額を設定すると、利用料金の累計額が基準に到達した日の終わりに料金が請求されます。基準額に到達しなかったときには翌日に繰り越しになり、ずっと到達しなかったら翌月1日の支払いになるのがルールです。

 

お支払い基準額の初期設定は50ドルですが、継続的に支払いを続けると引き上げることが可能です。広告費用の支払いのタイミングはキャッシュフローにかかわるので、調整できるのはメリットになります。Pinterest広告はキャッシュの観点からも利用しやすいサービスです。

 

▼Pinterest広告の特徴についての記事をチェック
https://rokujigen.co.jp/6plus/2260/

▼Pinterest広告で成果を出すコツについての記事をチェック
https://rokujigen.co.jp/6plus/2282/

 

Pinterest広告の課金体系


出典:https://www.shutterstock.com

Pinterest広告では課金体系の種類が4つあります。広告目的に応じて課金体系に違いがあるので、基本的なルールを確認しておきましょう。

 

CPM課金

CPM課金はユーザーに広告が表示された回数に比例する料金が発生する課金体系です。CPM課金はインプレッション課金とも言われる方式で、ユーザーに対して広告が1000回表示されたときの単価を決めて支払いをします。Pinterest広告ではブランド認知度の向上を目的として広告を出稿するときに適用されます。クリックされるかどうかは関係なく料金がかかりますが、1回あたりの単価が低いのでコンバージョンにつながると費用対効果が高いのも特徴です。

 

CPV課金

CPV課金はPinterest広告として配信している動画に対してユーザーが有効な視聴をしたと判定されたときに料金がかかる課金方式です。Pinterest広告ではユーザーが2秒以上、動画を再生した場合に有効と判定されます。視聴1回あたりの単価で入札をする仕組みです。動画視聴キャンペーンを作成したときに適用される料金体系で、動画を通してユーザーの認知度を高めることも商品やサービスの購入を促すこともできます。

 

CPC課金

CPC課金はユーザーが広告ピンをクリックやタップをした場合に課金される仕組みです。CPC課金はPinterest広告で比較検討の広告目的を選んだときに適用されます。1回の広告ピンのクリック単価で入札するのが特徴です。クリックはユーザーアクションにつながっているため、コンバージョンになる可能性が高いのが魅力です。また、広告が表示されただけでは料金がかからないため、CPC課金は認知度の向上にも応用されています。

 

CPA課金

CPA課金はPinterestタグを設置してコンバージョンが確認されたときに料金の支払いが生じる課金体系です。Pinterest広告ではコンバージョンキャンペーンやカタログ販売キャンペーンを選んだときに適用されます。Pinterestタグを設置してコンバージョン数を測定し、1コンバージョンあたりの単価を設定して支払いをする仕組みです。コンバージョンとして商品の購入、問い合わせ、カートへの追加、会員登録などの具体的なアクションを設定できます。

 

Pinterest広告でかける料金の目安

出典:https://www.shutterstock.com

 

Pinterest広告では広告キャンペーンの目的によって課金体系が異なり、さらに予算や入札金額を設定できる運用型広告になっています。毎月の料金は広告主がコントロールできるので、広告予算の決定が悩みになりがちです。

 

Pinterest広告の費用感としては1日1万円を目安にスタートするのがおすすめです。競合の状況によっては広告効果を上げるために予算や入札単価の調整が必要になる場合もあります。

 

まずは1日1万円、月額30万円を目安にして運用を始めて、様子を見ながら調整していきましょう。Pinterest広告の運用は最低でも1ヶ月、可能であれば2ヶ月以上を想定して広告予算を立てることをおすすめします。

 

Pinterest広告はターゲティングのデータ学習が早いAIを搭載しているので、比較的短期間で広告効果を測定してPDCAを回せます。1~2週間で結果を見極められるため、1~2ヶ月あれば広告の目的を達成できるかどうかを判断可能です。

 

2022年6月時点では低予算で運用可能!

Pinterest広告は現状では競合が少なく、比較的低予算で運用しやすい状況があります。例えば、オーストラリア相場ではCPM単価が200円、CPC単価が50円~80円程度です。

 

ただし、今後もPinterest広告の料金が安い状況が続くかどうかはわかりません。日本企業の出稿が少ないので日本への広告配信は低料金ですんでいますが、Pinterestのシェアが広がるにつれて新規参入が増える可能性があります。今後は入札単価が上がって広告料金の負担も大きくなる可能性が高いため、運用を早期に始めて広告料金を下げられるようにしておくのが大切です。

 

Pinterest広告の料金を抑えるには運用が必要

出典:https://www.shutterstock.com

 

Pinterest広告のコストを下げたいときには広告運用が必要です。予算と入札単価を適切に調整するだけでなく、広告目的に合わせて配信するターゲットを選定すると費用対効果が上がります。目的に合わないユーザーへの配信をなくし、成果につながるターゲットを厳選して配信するのがポイントです。Pinterest広告の効果を分析して戦略を考え、改善を図っていく運用を進めましょう。Pinterest広告の料金は運用次第で抑えられるので、初期から徹底した運用に努めるのがおすすめです。

 

まとめ

Pinterest広告の料金は予算上限と入札単価によってコントロールできるため、広告予算に応じて活用できます。予算の目安として1日1万円、月30万円が現状ならおすすめです。今後は料金の相場が上がっていく可能性が高いですが、Pinterest広告で低料金の運用ができるノウハウを作り上げ、ユーザーからの認知度も高めておけば問題ありません。

 

ユーザー数が増加しているにもかかわらず、競合との競争が少ない今のうちにPinterest広告でシェアを獲得するのは賢いマーケティング戦略です。Pinterestで将来的にも費用対効果の高い広告運用ができるようにしてはいかがでしょうか。弊社では広告のプロとしてPinterestに合った運用を進められます。Pinterest広告に出稿を検討される際にはぜひご相談ください。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.