Twitterプロモーションで人気のプロモツイートの料金を知ろう

rokujigen_writer

Twitter広告によるプロモーションではプロモツイートの活用が人気です。目的に合ったプロモーションができるTwitter広告として定評がありますが、料金について気になる方もいるでしょう。ここではプロモツイートの料金体系や料金を抑えるために知っておくと役に立つポイントをご説明します。

Twitterプロモーションで有効なプロモツイートの特徴

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告ではプロモーションの方法としてさまざまな選択肢を提供しています。その中でもTwitterによるプロモーションで人気が高く、有効性もあって訴求範囲もアピール力も高いのはプロモツイートです。プロモツイートの特徴やメリットについてここでまずはチェックしておきましょう。

 

プロモツイートはTwitterプロモーションの基本

Twitter広告のプロモツイートはTwitterのメリットを生かして広告プロモーションをする際には基本と言われています。Twitter広告でTwitterテイクオーバーやプロモアカウント、TwitterライブやTwitter Amplifyなどの多岐にわたる広告を使ってプロモーションをすることが可能です。しかし、プロモーションの汎用度が高くて広告目的に応じた運用ができるため、プロモツイートをまず検討するのが定石になっています。

 

プロモツイートは広告配信をするときに予算や入札の上限を決められます。クリエイティブも活用することができるため、訴求力のある広告を使ってユーザーをフォロワーにしたり、コンバージョンを獲得したりしやすいのがメリットです。

 

Twitter広告のプロモツイートの配信場所

Twitter広告のプロモツイートに出稿するとどこに配信されるのでしょうか。プロモツイートがTwitter広告の基本とされるのは、多くのユーザーの目に留まるタイムラインに広告が表示されるからに他なりません。タイムラインはTwitterのユーザーの誰もが見るところなので、大きな広告効果を期待できます。

 

また、プロモツイートはTwitterで検索したときや、検索エンジンで関連キーワードを検索した際の結果にも表示されます。他にもTwitterとパートナーシップを持っている企業のコンテンツやアプリ、Twitterの公式アプリなどでも広告が配信されるため、幅広いユーザーにリーチできるのがプロモツイートです。

 

エンゲージメントをプロモーションしやすい

Twitter広告でプロモツイートが選ばれているのは、エンゲージメントのプロモーションを多角的に進められるからです。ユーザーのエンゲージメントはTwitterのアカウント運用でも重要なポイントで、最終的にエンゲージメントからコンバージョンへという流れを生み出す上でも欠かせません。

 

プロモツイートはコンバージョンにつながるURLリンクを入れることもできます。フォロワーが返信をすれば、その周囲にも話題が広まるでしょう。コメントをしてくれたことで、他のユーザーも話題にしてくれる可能性が高まります。さまざまな形でプロモーションを進められるため、プロモツイートはTwitter広告の中でも戦略性が高くて成功すると大きな効果が得られるのが魅力です。

 

フォロワーによる波及効果を期待できる

Twitterプロモーションでプロモツイートがまず選ばれるのは費用対効果を上げやすい面もあるからです。UGCによって波及的なプロモーションがおこなえるのはプロモツイートのメリットです。ユーザー・ジェネレイテッド・コンテンツ(User Generated Contents)とはユーザーが作りだしたコンテンツで典型的なのはリツイートです。

 

リツイート機能があるのはTwitterの魅力で、広告を配信したときに興味を持って自らコンテンツを作ってくれるユーザーもいます。プロモツイートは情報量が多いので不快興味関心を抱いてくれる可能性が高く、インフルエンサーとして活躍してくれるフォロワーが生まれることも期待できるのが特長です。

 

プロモツイートによるプロモーションの料金体系と相場

出典:https://www.shutterstock.com

Twitter広告でプロモツイートを活用してプロモーションをしていく上では料金体系について知っておくのが重要です。プロモツイートの料金は以下の6種類によって決まります。

 

CPM方式による広告料金

CPM方式とはインプレッション数に応じて広告料金が発生するもので、ユーザーに対してプロモツイートが表示された回数が多いほど料金が高くなります。認知度を上げる目的でTwitter広告を運用するときに適用される料金体系です。CPM方式では単価が低く、1000インプレッションでも400円から600円くらいに収まります。ブランドや商品などを広く知ってもらうためのプロモツイートではコストパフォーマンスが高くなります。

 

CPC方式による広告料金

CPC方式とは広告のクリックに対して料金が加算されていく料金体系です。ユーザーをウェブサイトに誘導したり、コンバージョンを目指したりするときにCPC課金が適用されます。1クリックあたりの料金はTwitter広告では24円から200円くらいが相場です。

 

CPV方式による広告料金

CPV方式とは動画によるプロモーションをするときに適用される広告料金の方式で、動画広告をユーザーが視聴するごとに料金がかかるようになっています。再生回数だけに依存して広告の料金が発生するので注意が必要ですが、単価は比較的安くて5円から20円がTwitter広告での相場です。

 

CPE方式による広告料金

CPE方式とはエンゲージメントの獲得を目標としてTwitter広告を運用するときに適用される課金方式です。CPE課金ではユーザーがどんなエンゲージメントをしたときにも料金が発生しますが、Twitterアカウントの運用をしているときには大きな効果が得られるでしょう。サイト集客や動画再生などもエンゲージメントに含まれるので、多様なアプローチでユーザーにリーチしようとしているときに最適な方法です。

 

CPF方式による広告料金

CPF方式とはフォロワー獲得を目的としてキャンペーンを設定したときにTwitter広告で適用される料金体系です。アカウントの運用をしているならフォローをしてもらうのは重要なポイントで、ビジネスチャンスを拡大するのに効果が高いことが知られています。CPF課金では1つのフォローにつき40円から100円くらいが相場です。

 

CPAC方式による広告料金

CPAC方式とはアプリインストールやアプリを経由するユーザーのアクションを促すことを目的としてTwitter広告を出すときにかかる料金です。アプリのプロモーションをするには最善のキャンペーン目的になりますが、料金相場は100円から250円なので高めになっています。アプリを介して利益を得る仕組みづくりをしてから活用するのが適切です。

 

Twitterプロモーションの料金を抑えるポイント

出典:https://www.shutterstock.com

TwitterプロモーションをするときにプロモツイートでTwitter広告を出すと料金がかかるのは確かです。少しでもプロモーションにかかる料金を抑えたいと考えるのがもっともなことでしょう。ここではプロモツイートによるTwitter広告でかかる料金を抑えるポイントを紹介します。

 

目的に応じたプロモーション方法を選択する

プロモーション方法としてプロモツイートを選ぶのはTwitter広告では成功しやすいのが魅力です。ただ、広告キャンペーンの目的の選び方によって料金の体系が異なるため、目的に応じたプロモーション方法を選ぶのが重要になります。

 

認知度を高めるときにはCPM方式を選ぶのが適切で、認知に関わるビューがあったときだけ課金される合理性があります。CPC方式のプロモーションをするとほとんどツイートが見られていないのにクリック率が高くてコストが上がるリスクがあり、単価も高いのが問題になりがちです。キャンペーンの目的設定はTwitter広告料金に直結するので厳選しましょう。

 

品質本位で広告を作成する

Twitter広告は品質本位を意識して広告を作成するのが料金を抑えるのにつながります。Twitter広告ではアドスコアが入札単価と想定エンゲージメント率の掛け算によって算出されるのが特徴です。想定エンゲージメント率はこれまでのエンゲージメント率に基づいているので、ユーザーがエンゲージメントをしたいと思う品質の広告を配信できていると入札単価を下げられます。

 

アドスコアが上がれば広告の配信数は増えますが、必要以上に数を多くする必要はありません。期待している広告効果を数値化し、目標を達成できるようにするのが大切です。品質本位で広告を用意し、想定エンゲージメント率を上げられれば入札単価を下げても目標を達成できます。クリエイティブだけでなくテキストの一字一句に注意してユーザーを魅了する広告に仕上げるのが重要なポイントです。

 

ユーザーによる情報拡散の仕組みを作る

Twitterはユーザーがリツイートをすることで情報が拡散していくのが魅力です。情報が拡散するような仕組み作りを意識してTwitter広告を運用するのも重要になります。リツイート数とインプレッション数からリツイート率を分析すると、どんなツイートがリツイートされやすいかがわかります。動画や画像を活用したときには、共通点を見出すことでリツイートを促せるツイートを増やせるでしょう。

 

ターゲットや広告クリエイティブの比較検討をするのも大切です。リツイートによって情報が拡散され、フォロワーが増えたりコンバージョンが発生したりしても広告費用はかかりません。分析を通して波及効果を生み出すのはTwitter広告の料金を抑えることに直結する肝心なアプローチです。

 

まとめ

Twitterプロモーションをするに、基本となるのがプロモツイートによる広告配信です。オーガニック広告を出してユーザーに自然な形でアプローチできるのがプロモツイートの特徴で、柔軟な使い方ができます。プロモーションにかかる料金は目的の設定の仕方によって違いがあり、適切な方法を選べば費用対効果も上がるのがメリットです。

 

料金を抑えながら高い広告効果を得るには工夫も必要になります。広告品質を大切にし、さらにリツイートを介した情報拡散も目論まなければならないのがブロモツイートの難しいところです。六次元ではプロモツイートによるプロモーションをいくつも手がけてきています。Twitterプロモーションにかかる料金を抑えながら効果を上げるノウハウも蓄えてきてますので、ぜひ貢献させていただければと思います。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.