Google広告の料金は最低どのくらい?少額予算での運用方法とは

rokujigen_writer

プロフィール情報

Google広告を利用するには最低でどのくらいの予算があれば良いのかと疑問を抱いている方もいるでしょう。少額予算でも広告運用ができると言われていますが、料金は少なくともどの程度かかるのでしょうか。この記事ではGoogle広告の最低料金の目安と少額予算での広告運用のポイントをご紹介します。

Google広告の最低料金は定められていない


出典:https://www.shutterstock.com

結論としてはGoogle広告には最低料金は定められていません。広告費がいくら以上でなければ出稿できないというルールがないからです。ただ、予算ゼロではGoogle広告で広告運用をすることはできません。ここでGoogle広告の料金の概要を確認しておきましょう。

予算は平均や上限を決められる

Google広告では予算、つまり広告費の上限を設定できる仕組みになっています。広告のキャンペーンごとに1日の平均予算、1日の料金の上限(日予算)または1ヶ月間の料金の上限(月予算)を自由に決めることが可能です。通常は日予算を30.4倍した金額が月予算になります。

キーワード単位でも平均予算や上限予算を決めることが可能です。柔軟に予算配分をして運用できるため、Google広告は少額でも広告効果の上がる運用ができます。

最低で1円からGoogle広告を始められる

Google広告の料金の仕組みから考えると、理論的には最低料金は1円です。日予算を1円に設定したら1日の予算は1円で済みます。ただ、現実的には広告効果を上げられるほどの運用をすることは難しいため、月額1万円程度が最低料金として捉えられています。

Google広告で平均的な料金は毎月30万円くらいです。Google広告で本格的に売上や問い合わせ数を伸ばして利益を生み出すには1日1万円程度の広告予算を組むのが無難だとわかります。

 

Google広告を少額予算で運用する注意点


出典:https://www.shutterstock.com

Google広告にかけられる予算があまりないときには最低料金で運用したいと考えるのがもっともなことです。しかし、少額予算で広告を運用するときには気を付けた方が良いポイントがあります。

予算による制限がかかる

予算の上限を設定すると、制限がかかって成果を得る機会を損失するリスクがあるので注意しましょう。Google広告では月予算を超える料金の請求をしないのが基本です。そのため、予算に到達した時点で広告を表示せず追加料金が発生しないようにしています。

もし広告が継続して表示されていたら利益額や問い合わせ数がもっと増えていたかもしれないのに、広告費の予算上限に達すると途中で配信を打ち切られてしまいます。クリック単価のリスティング広告などで上限を厳しくしてしまうと、クリックは合ってもコンバージョンはないという結果になる可能性も否定はできません。

入札単価が低いと広告ランクが下がる

広告予算が少ないときに予算による制限がかからないようにするには入札単価を低くすれば良いという考え方があります。しかし、Google広告では入札単価が低いと広告ランクが下がるので注意が必要です。Google広告では広告ランクを入札単価、品質スコア、広告フォーマットの見込み効果などによって算出しています。

広告ランクには下限値が設定されていて、下がり過ぎると広告が配信されなくなります。また、掲載順位を決める根拠が広告ランクなので、ユーザーが広告を目にする機会も減ることは否めません。Google広告で成果を出すには必要最低限の入札単価を設定できる予算を用意しなければならないと言えます。

効果測定による改善に時間がかかる

Google広告を利用するときには効果測定と改善の繰り返しによってPDCAサイクルを回し、費用対効果を上げるのが大切です。少額予算でGoogle広告を運用するとPDCAサイクルを回すのに時間がかかるので注意しましょう。予算があまりないと1日あたりの表示回数やクリック数は少なくなるからです。

効果測定を通して改善策を検討するには母集団数が必要です。少額予算で運用しているとキーワードやターゲットの最適化を適切におこなえるようなデータが蓄積するまでに時間がかかります。改善が滞る結果として費用対効果が上がりにくくなるリスクがあるのが問題点です。

 

Google広告の運用を最低料金で実現する方法


出典:https://www.shutterstock.com

Google広告に出稿するときには最低料金で期待する効果を得られるのが理想的です。その目標を実現するためには何が必要なのでしょうか。

品質重視で広告文とランディングページを作成する

低い入札単価でも広告の掲載順位を上げられれば少額予算でGoogle広告に出稿する効果を引き出せます。広告ランクを高めるために品質スコアを上げることが必要です。キーワードと広告文の関係、広告文とランディングページとの整合性を重視して評価を上げていきましょう。

品質スコアはGoogle広告の管理画面から確認できます。広告文やランディングページを改善したときには品質スコアの変化を見て、期待している効果が得られたかどうかを追跡しましょう。Google広告のアルゴリズムで高評価を受ける必要があるので、改善の効果測定は必ずおこなうのが大切です。

キーワードは厳選して絞り込む

予算の上限にかからないようにするにはキーワードを厳選するのが効果的な戦略です。キーワードが多数あると予算が分散されてしまい、効果が上がっているキーワードが配信上限に達しやすくなります。コンバージョン率が高いキーワードに絞り込んでいくのが効果的です。

キーワードのコンバージョン率を上げる施策も重要になります。表示回数やクリック数が少なかったとしても、コンバージョン率が高ければ少額予算で大きな利益を生み出せます。ターゲットを明確にして配信するユーザー属性、地域、スケジュールなどを限定しましょう。除外キーワードを設定して、他社サービスへの指向性が強いユーザーには表示しない戦略も有効です。

広告代理店を利用する

Google広告に強い広告代理店を利用するのは最低料金で運用するための近道です。広告代理店に運用代行を依頼すれば、プロとしてのノウハウを最大限につぎ込んで予算内で効果が上がる広告運用をしてくれます。

広告代理店の利用には初期費用や運用代行手数料がかかります。初期費用は無料~10万円程度が相場で、運用代行手数料は広告費の20%程度になるのが一般的です。自社で運用するのに比べると負担は大きくなりますが、費用対効果の大きいGoogle広告の活用を迅速に進められるでしょう。

 

まとめ

Google広告は予算と入札金額を自由に調節できるので、理論的には最低料金がありません。ただ、広告ランクを上げないと広告が表示されず、掲載順位も低くてユーザーに見てもらえない問題が生じます。Google広告に出稿して成果を出すにはある程度の料金の負担をする覚悟が必要です。

しかし、目的達成を目指せる範囲でGoogle広告を最低料金で運用することはできます。品質スコアの向上とキーワードの厳選が重要になるため、ノウハウがなければ成功までの道のりはかなり長くなります。広告代理店に相談するのが効率的なので、プロと協力して最低限の料金で十分な広告効果を出すことを目指しましょう。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.