広告媒体の選び方!特徴やメリットを把握しよう

rokujigen_writer

プロフィール情報

どの広告媒体を選んだら良いかがわからずに悩んでいないでしょうか。広告媒体は自社商品(サービス)の目標や目的を実現するためのツールなので、適した媒体を選ぶことが大切です。適切な広告媒体を選び出すには何が必要なのでしょうか。この記事ではオンライン広告とオフライン広告に分けて、広告媒体の特徴を解説します。広告媒体によってメリットが異なることに留意して、自社商品の価値を活かせる媒体を選び出しましょう。

まずは自社商品(サービス)の目標や目的をはっきりさせる


出典:https://www.shutterstock.com

広告媒体の選び方を考えるときに重要なのは、これから広告を出そうとしている自社商品(サービス)の目標や目的をはっきりとさせることです。そのためにどのようなステップを踏む必要があるのかを順番に確認していきましょう。

自社商品(サービス)の価値を調査する

まず自社商品についての価値を理解して世の中にアプローチできるようにする準備が必要です。自社商品の調査を実施して価値を整理しましょう。社内調査を実施して開発経緯や社内評価を確認したり、市場調査によって消費者の声をまとめたりすると価値を見出すことができます。また、競合商品の調査を通して自社商品の置かれている環境を把握するのも宣伝すべきポイントやターゲットを見出すのに効果的な方法です。

広告を出す目的を明確にする

調査によって自社商品の価値や市場での位置付けが理解できたら、広告を出す目的を考えましょう。広告は認知の拡大を通して新しい市場を開拓できるのが特徴です。ブランディング戦略としても有効な手段で、ブランドイメージの向上のために広告を積極的に活用しているケースもあります。

目的として代表的なのが「イメージの向上」「問い合わせ件数の増加」「販売数の増加」です。他にも申込件数や購入金額などを指標として目的を定める方法もあります。自社商品の現状の価値と置かれている環境を考慮して、広告施策の実施後に期待する状況とのギャップを埋められるように検討しましょう。

広告のターゲットをペルソナによって具体化する

広告の目的を明確化したら広告のターゲットを具体的に決めます。広告媒体によってアプローチできるターゲットは異なるので、自社商品の特徴を考慮してこれから認知を向上させるべきターゲットを明確にするのは重要なポイントです。

ペルソナを考えるのはターゲットを具体化するのに効果的な方法です。ペルソナを考えるときにはターゲットの性別や年齢、家族構成や職業などの属性や行動のパターンなどを設定していきます。仮想の個人をイメージすることで、自社商品をどのように訴求すれば購買意欲をかき立てられるかを考えることも可能です。このプロセスを通して自社商品の広告によるアプローチの効果が上がりやすいかどうかをペルソナごとに判断できます。

顕在顧客と潜在顧客のどちらにアプローチするかを決める

アプローチすべきターゲットは顕在顧客か潜在顧客かも検討する必要があります。顕在顧客は欲しい商品のイメージができているため、自社商品とイメージが一致すれば購買意欲が高まるのが特徴です。潜在顧客の場合には具体的な商品のイメージができていないため、悩みを解決する手段として認知する機会があると購入する意欲が生まれます。

顕在顧客と潜在顧客では購入に至る商品広告との接点のあり方が異なります。そのため、自社商品の特徴や価値に基づいて、どちらを優先してターゲットにすべきかを考えるのが重要です。

適した広告媒体を選定する

以上のステップで自社商品の目的と目標がはっきりとして広告の方向性も明確になりました。適した広告媒体を選定して出稿すれば良いだけです。ただ、広告媒体ごとの特徴を理解できていないとどの広告媒体が目的に合うかを判断できません。最後に広告媒体の調査と理解を進めていき、自社商品に最適な広告媒体を選び出しましょう。

オフラインの広告媒体の特徴


出典:https://www.shutterstock.com

オフラインの広告媒体はウェブの活用によるオンラインマーケティングが広まってからも人気があります。広告媒体によって特徴に大きな違いがあるので簡単に確認しておきましょう。

新聞広告

新聞広告は公共性がある情報媒体として信用されている広告媒体です。信頼性の高さからブランドイメージの向上を目的として用いられることがよくあります。地方紙や地域版もあるため、特定の地域をターゲットにした広告も可能です。
ニュースをウェブサイト上やテレビで見る傾向が生まれ、新聞を取らない人も多くなりました。しかし、年配の方を中心としてインターネットを普段は使用しない人も大勢いるので、他の媒体とは違う人たちをターゲットにできます。

ポスティング・折込チラシ

ポスティングや折込チラシは一面で全体の内容がわかる構成になっている広告媒体です。写真も文字も使ってアピール力のあるアプローチができます。興味を持った人には手元に保管してもらえるのも優れている点です。
ポスティングでも新聞でも地域を指定して広告を出せるので、特定の地域をターゲットにできます。年齢や性別、家族構成などを問わずに広くアプローチできるのも特徴です。ただ、ポスティングは住民からクレームを受ける原因になる場合もあるため、ブランドイメージを向上させる目的ではあまり適していません。

ダイレクトメール

ダイレクトメールはターゲットに直接ハガキやチラシ、カタログなどを送る方法です。ダイレクトメールは自分のために送られてきたものだという印象を持ってもらえるため、広告内容がニーズに合っていれば購買意欲の向上につながりやすいのがメリットです。会員や過去に購入履歴がある顧客にアプローチするのに効果的です。
リスト購入をして個人や法人にダイレクトメールを送ることもできます。コストが高い問題がありますが、ターゲットを絞りこんでアプローチできる点で優れている方法です。

街頭広告

街頭広告にはポスターやディスプレイなどさまざまな種類がありますが、街頭ビジョン広告はよく注目されるようになりました。街頭で大型のディスプレイに広告を出せる媒体です。映像広告も出せる場合が増えていて、街行く人々全体をターゲットとして潜在顧客にアプローチしやすい性質があります。
街頭ビジョン広告はインパクトが大きく、繰り返し目にしてもらえるのもメリットです。地域や施設などを絞ってアプローチできるのも特徴でしょう。

テレビCM

テレビCMは民放のテレビ番組の間に放映される映像広告です。テレビの視聴者にアプローチできるのが特徴で、番組を厳選するとターゲットを絞り込むことができます。広告単価が高く、人気番組の広告枠は競争率も高いのがデメリットです。しかし、広告枠の選び方次第で趣味や志向などを重視してアプローチできる点で魅力があります。

オンラインの広告媒体の特徴


出典:https://www.shutterstock.com

ウェブマーケティングが進められている影響でオンラインの広告媒体は急速に種類が増えてきました。ここではよく利用されているオンラインの広告媒体を取り上げて特徴を紹介します。

リスティング広告

リスティング広告はGoogleやYahoo!のような検索エンジンで検索結果の上部や下部に表示される広告です。検索連動広告となっていて、ユーザーの検索キーワードに関連する広告が表示されます。
ユーザーの興味や悩みに基づいて表示されるので効果が上がりやすいのが特徴です。クリック単価のシステムなので、費用対効果も明確でわかりやすいでしょう。顕在顧客へのアプローチに有効なオンライン広告媒体です。

▶︎六次元のリスティング広告運用代行について詳しくはこちら

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はウェブサイト上に表示される広告媒体です。広告枠が設けられていて、ユーザーの属性に基づいて表示される広告が決まる仕組みが主流になっています。年齢や性別などを指定して表示することが可能なので、潜在顧客をターゲットにしてアプローチしやすいのが特徴です。

SNS広告

SNS広告はFacebookやTwitter、Instagramなどで表示できる広告です。タイムラインなどに表示されるインフィード広告、広告枠を利用するディスプレイ広告など、SNSによって違う広告媒体を選ぶことができます。
SNS広告は顕在顧客をターゲットにして認知度の拡大を目指す際に効果的です。年齢や性別だけでなく趣味なども加味し、狭い範囲のターゲットをピンポイントで狙いやすい性質があります。口コミによる情報の拡散も期待できるため、ファンを増やしやすいのも特徴です。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告はブログやSNS、ウェブサイトなどに宣伝記事の作成をして広告を掲載してもらう方法です。アフィリエイターが媒体主になって運用をおこない、成果があったら報酬の支払いをする料金体系が一般的です。
広告の目的に応じて成果の条件を定めることで費用対効果が上がりやすいのが特徴です。ただ、アフィリエイターによってサイトや宣伝のイメージに違いが生じるため、ブランディングにはあまり適していない広告媒体です。

動画広告

動画広告はYouTubeやTikTokなどのSNSやウェブサイトの配信枠を利用する方法です。テレビCMと同様に情報量が多くてユーザーに与えるインパクトが大きい広告媒体として活用されています。認知度を高めるのに有効なので、潜在顧客へのアプローチによく用いられている広告媒体です。

自社商品(サービス)に合った広告を選定する

自社商品についての考察と広告媒体の特徴を対照することで適した広告を選び出せます。目的とターゲットに応じてアプローチしやすい広告媒体を選定すれば良いと考えましょう。
例えば、若い男性向けの化粧品の認知度を高めるのが目標なら、Instagramでインフィード広告を出す方法が候補です。SNS広告はターゲットが狭くて若年層の潜在顧客にアプローチする方法として優れているからです。

ここで紹介したのは一例ですが、同じようにして目的や目標と広告媒体の特徴を合わせて考えれば効果の上がる広告媒体を選び出せます。多角的な視点で比較し、全ての目的を達成できる広告媒体に出稿しましょう。

まとめ


出典:https://www.shutterstock.com

広告媒体の選び方は難しいと思われがちです。しかし、自社商品の広告を出稿する目的や目標をはっきりとさせ、広告媒体の特徴を正しく把握すれば自ずと最善の広告媒体が見出されます。自社商品の特徴と広告の目的に合わせるのが広告媒体の選び方のポイントです。自社商品についての理解を深めて、最善の広告を活用して売上を伸ばしていきましょう。
もし広告媒体の選び方がやはり難しいとお悩みなら、広告運用会社を利用してはいかがでしょうか。六次元では商品やサービスに合わせて最も効果が上がりやすい広告媒体を選定して、運用も代行いたしますので気軽にご相談ください。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.