バナー改善におけるABテストでより高い効果を狙おう!

rokujigen_writer

バナー広告でより高い効果を得るには、バナーの改善を繰り返すことが重要です。バナーの効果的な改善方法としては「ABテスト」が挙げられますが、どのようなメリットがあり、どのような流れで実施すれば良いのかはご存知でしょうか。本記事では、バナー改善におけるABテストとは何か詳しく解説するとともに、実際にABテストで改善を実施する際の流れもご紹介します。

 

バナーを改善する理由と効果

出典:https://www.shutterstock.com

 

広告のバナーは一度出稿すれば終わりという訳ではなく、その後も改善を続けていく必要があります。バナーを改善するべき主な理由は、以下の通りです。

  • 効果を改善するため
  • ユーザーがバナーに見慣れてくるため

「バナー広告を出稿したけれど、思いのほか反応が得られない…」と感じたことはないでしょうか。そのような状況から脱却するには、広告出稿後の効果を測定しながら常に改善点を探し続けるしかありません。せっかく高い費用をかけて制作したバナーを無駄にしないためにも、制作・出稿・効果測定・改善のサイクルを絶えず回していく必要があります。

 

また、高い効果を得られるバナー広告が完成したとしても、その効果がいつまでも続くとは限りません。同じクリエイティブ(バナー画像やテキストなどの素材)を使い続けていると、ユーザーがバナーに見慣れてきて反応をしなくなるからです。そのため、「クオリティにかかわらずバナーは常に改善を続けていく必要があるもの」と認識しましょう。

 

より良いバナー広告を出し続ければ、ユーザーの興味・関心が薄まることを防げます。加えて強いインパクトを与えるバナーであればさらにユーザーから注目されるようになり、しだいに自社ブランドの認知度が拡大していくという効果も期待できます。

 

自社ブランドの認知度が上がれば多くのユーザーが広告をクリックするようになり、やがてコンバージョン率の向上にもつながることでしょう。

 

すぐにクリックされなくても、良質なバナーであれば自社ブランドに対する興味をユーザーの中に芽生えさせることができます。「バナーで興味を持ったけどクリック(またはコンバージョン)しなかった」といったユーザーは、何かの拍子にバナーを思い出して自社ブランドについて検索し、商品・サービスを購入してくれるかもしれない見込み客となります。

 

バナー改善のためのABテストとは

バナーにおいてはテキストや画像をじっくりと見てからクリックする人よりも、「見た目に何となく惹きつけられたから」「インパクトのあるフレーズがあったから」など漠然とした興味からクリックをする人の方が多いです。

 

このような傾向から、バナーは「ABテスト」を実施したうえで、ユーザーの目に付いた瞬間に興味をそそるような内容へ改善することが重要です。

 

ABテストとは、「A」と「B」2種類のパターンを作り、どちらがより良い効果を出せるのかを比較・検証する方法のことです。場合によっては、2つ以上のパターンを作って比較・検証するケースもあります。

 

ABテストを実施することのメリットは、以下の通りです。

  • 手軽かつ比較的安価に検証できる
  • リスクが少ない

異なる2パターンのバナーを用意するだけなので、比較的工数をかけずに実施することが可能です。

 

また、一般的にコンバージョン率を改善するとなれば、WEBサイトのリニューアルに数十万円〜数百万円程度の費用がかかることも珍しくありません。一方でバナーの改善は数千円から始めることができるため、低コストでコンバージョン率の改善を実現できる手法と言えます。

 

ABテストは仕組みが至ってシンプルであるため、WEBサイトの大幅なリニューアルに比べて失敗したときのリスクが少ないことも魅力です。

 

バナーの他、ランディングページやリスティング広告における広告文、メールマガジンの内容を改善する際にもABテストは役立ちます。

 

バナーのABテストの方法

出典:https://www.shutterstock.com

 

バナー改善のためのABテストは、基本的に以下のような流れで進めます。

 

①ABテストのプランを作成する:

まずはどのようにABテストを行うかのプランを立てます。「もっと魅力的なテキストにすればクリック率が上がる」「暖色系のカラーやイラストを取り入れればもっとインパクトを与えられる」など思いつく限りの仮説を立てながら、現状のクリエイティブに対する改善の方向性を決めていきましょう。

②オリジナルのA案に対するB案を作成する:
①で定めた方向性に基づき、B案を作成します。

③要素ごとに効果を測定する:
B案が作成できたら、テキストや写真・イラスト、ボタンの配置など1つの「要素」に絞って効果を測定しましょう。

④「勝ち」の要素を組み合わせる:
各要素ごとに検証を行ったら、高い効果をもたらした方の要素をすべて組み合わせましょう。優れた要素が凝縮されたバナーは「勝ちパターン」としての効果を発揮します。

 

上記の流れのうち、③の「要素ごとに効果を測定する」という工程は特に重要です。A案に対してB案のテイストが大幅に変更されている場合、効果に変化があってもどの要素に影響を受けているか分からないからです。

 

例えば「キャッチコピーを変える」「テキストの大きさを変える」「ボタンの配置を変える」「イラストを加える」など、1つのポイントに絞った検証を行いましょう。部分的な検証を繰り返していくうちに、より効果の高いクリエイティブのパターンを把握することができます。

 

また、常に変化を続ける市場・ユーザーのニーズを考えると、ABテストは継続的に実施するべきと言えます。先述の通り、1度のバナー改善で成果が出せても時間の経過とともにユーザーからの反応率は低下していく傾向にあるからです。

 

ABテストを何度も繰り返していけば、ユーザーに新鮮なインパクトを与えられるだけでなく、これまでの検証では得られなかった「気付き」に結びつくケースもあります。

 

なお、実施期間について「これくらいは続けるべき」と断言することはできませんが、目安としてはおおよそ1週間~1ヵ月程度と考えておくと良いでしょう。また、自社商品やサービスの需要に季節的なサイクルがある場合は、検証の開始時期と終了時期を統一することをおすすめします。同時期に並行して検証を行わないと、バナー以外の要素に影響を受けて効果の出方が変わる可能性があるため、比較しにくくなります。

 

まとめ

バナー広告を出稿しても思うように成果が伸びない場合だけでなく、十分な成果を上げている場合もバナーの改善を欠かさないことが大切です。出稿して間もない頃はコンバージョン率が良好だったとしても、変わりばえのないバナーではユーザーに新鮮なインパクトを与えることができず、やがてコンバージョン率も低下していってしまうからです。

 

バナーを改善する手法としては、「ABテスト」がおすすめです。オリジナルのA案に対するB案を作成し、各要素ごとに検証を行えば確実に成果が伸びるバナーを作り上げることができます。

 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.