インスタショップを経営しよう!具体的なやり方と手順を徹底解説!

rokujigen_writer

インスタでショップを開設して商品を販売するやり方があるのをご存じですか。これからネットショップを始めたい人も、ECサイトを経営している人も気軽にインスタショップを始めることが可能です。この記事ではインスタショップのやり方を具体的に解説するので、ショップ経営の始め方としてぜひご検討ください。

インスタにはショップ経営のやり方がある

出典:https://www.shutterstock.com

インスタでショップ経営をしたら3300万人以上ものユーザーをターゲットにして商品販売ができます。インスタにはショップ経営のやり方があるので、まずは概要を確認しておきましょう。

Instagramショッピングの導入でショップを開設できる

インスタではInstagramショッピングを導入するとショップを開設できます。投稿を利用して写真や動画を使った商品紹介をすることが可能で、その投稿から商品詳細ページにリンクを貼ることが可能です。インスタならではのビジュアルを最大限に活用したセールスプロモーションをおこなえる魅力があります。

 

ユーザーの動線設計ができる

インスタショップを開設するとユーザーの動線設計ができるのもメリットです。インスタで画像や動画を投稿し、商品のアピールをすることはショップがなくても可能です。しかし、買いたいと思ったユーザーはGoogleやYahoo!などで検索して商品の販売ページを探す必要があります。検索が面倒くさいと思ったり、いくら探しても見つからなかったりして購入に至らないこともあり得ます。

Instagramショッピングを導入してインスタショップを開設すれば、写真や動画からユーザーは直接商品の販売ページにアクセス可能です。明確な動線が引かれることで購買意欲が生まれたときにすぐに買ってくれると期待できます。

 

ECサイトにリンクしたインスタショップを制作できる

インスタショップのリンク先はECサイトを指定することができます。インスタの投稿を見て興味を持ったユーザーをECサイトの販売ページに呼び込み、さらに充実した情報量を与えたり、お得なサービスで魅了したりすることも可能です。一緒に他の商品にも興味を持たせることもできるでしょう。決済も一本化できるので売り上げの管理がしやすくなります。

ECサイトにユーザーを呼び込むとアクセス解析を通してインスタショップの効果測定もしやすいのもメリットです。インスタショップの経営による利益がどのくらい出ているかも、検索エンジンなどからの流入と分けて解析できます。

 

連携のあるネットショップサービスも利用できる

インスタでショップを開くときにはECサイトがなくても問題ありません。Facebook認定のEコマースパートナーを利用してネットショップを簡単に開くことができます。連携しているパートナーは増えていますが、有名サイトだけでも以下のようにたくさんあります。

・Shopify

・Zentail

・BigCommerce

・CedCommerce

・ChannelAdvisor

インスタショップを始めるときには現状としては決済が可能なサイトを持っていることが必要になります。アメリカではインスタやFacebookで利用できる決済サービスをShopifyとの連携で導入が試みられていますが、日本では将来対応予定というのが現状です。パートナーサービスでなくても以下のような日本でよく利用されているネットショップサービスと連携しているので、使いやすいところを選んでショップを作成しておきましょう。

・BASE

・EC-CUBE

・MakeShop

・カラーミーショップ

・STORES

・Squareオンラインビジネス

 

インスタショップ経営を始める前の準備

出典:https://www.shutterstock.com

インスタショップをやってみたいと思ってもすぐに始めることはできません。ショップを開設する前に必要な準備のやり方を一つずつ紹介するので、まだやっていないことがあったら済ませておきましょう。

 

Facebookとインスタのアカウントを用意する

インスタショップを開設するにはインスタだけでなくFacebookのアカウントが必要です。公式サイトの新規登録手続きをするだけなので難しいことはありません。名前やメールアドレスなどの登録やパスワードの設定、メール認証をすればアカウントを作成できるので、まだアカウントがない人は作成しましょう。

 

販売商品や販売国などの条件を確認する

Instagramショッピングの利用要件を満たしていないとインスタショップは開けません。販売可能な商品や販売国などの条件が定められているのが一通り確認しましょう。日本や主な先進国での販売なら国の条件は問題ありません。

 

販売商品については医薬品や経口サプリメント、ビールなどのアルコールやタバコ、成人向けのコンテンツや無形商材などは禁止されています。Facebookのコマースポリシーに現段階での条件が記載されているので、提供者契約と合わせて確認しておきましょう。販売可能な商品を最初に登録しなければならないため、商品がない場合には用意することも必要です。

 

ショップのサイトと商品ページを作成する

インスタショップでは投稿した画像や動画のリンク先になるショップの商品ページが必要です。上述のように独自のECサイトもネットショッププラットフォームも利用できます。ただし、ビジネスやクリエイターとして所有しているサイトとドメインでなければなりません。ドメイン認証の手続きも必要になる場合があるので、これからインスタショップ用にサイトを作成するならパートナーか連携可能なサイトを使うのがおすすめです。

 

インスタショップ経営のやり方

出典:https://www.shutterstock.com

事前準備を済ませたらInstagramショッピングを導入してインスタショップを開設しましょう。ここでは具体的なやり方を詳しく手順に沿って紹介します。

 

インスタをビジネスアカウントかクリエイターアカウントに切り替える

インスタのアカウントを開設した時点では個人用のアカウントになっています。インスタショップを開設するにはビジネスアカウントまたはクリエイターアカウントにすることが必要です。

インスタのプロフィール画面から「設定」の「アカウント」を選び、「プロアカウントに切り替える」をタップしましょう。するとビジネスかクリエイターかを選ぶことができます。クリエイターは主に個人事業主、ビジネスは法人に向けて用意されているアカウントタイプです。インスタショップの経営上は大きな違いはありませんが、インスタ広告を出すときなどには違いが大きいので気を付けましょう。

なお、クリエイターの場合には連絡先の非表示設定ができる、ダイレクトメールのフィルタリングを設定できるなどのメリットがあります。ビジネスの場合には住所などの表示をしたり、CTA用のアクションボタンを利用したりできるのが特徴です。

 

Facebookページを作成してインスタとリンクする

次にFacebookページとのリンクを求められます。Facebookページがある場合には候補が表示されるので選択するだけです。Facebookページを作成していない場合にはこの段階で新しいFacebookページを作成できます。Facebookページの種類を選択して必要事項を入力すればページは簡単に作成可能です。プロフィール写真やカバー写真などをアップロードすることもできますが、後で設定できるのでこの段階で写真を作らなくても問題ありません。

この後の設定項目はクリエイターかビジネスかによって異なります。ビジネスのカテゴリや連絡先情報などの入力をすれば手続きは完了です。インスタのアカウントの切り替えとFacebookページとのリンクをまとめて終わらせられます。

なお、アカウントを既に切り替えていた人の場合にはFacebookページにリンクするだけで済みます。プロフィールから「ビジネスの公開情報」の「ページ」を選択するとFacebookページを選択可能です。ここから新しいFacebookページを作成することもできます。

 

Facebookビジネスマネージャのアカウントを作成する

インスタショップの経営にはFacebookビジネスマネージャのアカウントを作成するのが重要です。Facebookビジネスマネージャを使って以下で紹介する商品カタログの作成や編集をするのが基本になっています。Facebook Businessのページからアカウントを開設できます。

 

商品カタログを作成する

Facebookビジネスマネージャのアカウントができたらログインし、カタログマネージャを利用して商品カタログを作成します。メニューを開いて「アセット」の「カタログ」を選ぶとカタログマネージャを利用できます。「カタログを作成」から新規カタログの作成が可能です。カテゴリとして「Eコマース」を選びましょう。

 

次に商品をカタログに追加する方法を問われます。独自のECサイトを運営しているときには「商品情報をアップロードする」を選び、商品情報を入力していきます。手入力で追加することも、CSVファイルを使ってまとめてアップロードすることも可能です。

 

パートナーサイトや連携サイトを利用している場合には「Eコマースプラットフォームとリンクする」を選択すると、ショップサイトに登録されているアイテムをインポートできるので簡単です。

 

商品カタログとインスタを連携して審査を受ける

商品カタログをインスタと連携すると審査を受けられます。カタログマネージャの「利用方法」から「Instagramショッピング」を選び、インスタのアカウントを選ぶとアカウントの連携ができます。次にインスタのプロフィール画面のメニューを開いて「設定」から「ショッピングに登録」を選びましょう。登録するカタログを選んで「審査を申請」をタップすれば申請が完了します。

 

ショッピングをオンにする

審査を申請すると通常は数日後には審査通過をした連絡が届きます。承認されたらショッピングをオンにする設定が必要です。インスタのプロフィール画面のメニューから「設定」の「ビジネス」にある「ショッピング」を選びます。そして、承認を受けた商品カタログを選択すれば完了です。これでカタログに登録されている商品をインスタショップで販売できます。

 

ショップ販売のやり方

出典:https://www.shutterstock.com

インスタショップの経営のやり方を一通り見てみるとステップ数も多くて大変だと印象を受けたかもしれません。しかし、まだ商品を販売する段階には至っていないので注意しましょう。ただ、準備さえ終えてしまえばショップ販売のやり方は簡単です。

 

フィードに商品タグ付けをする

インスタショップで商品を販売するやり方は商品タグ付けが基本です。販売に使用する画像や動画を用意してインスタのアカウントにアップロードしてフィードを作成しましょう。キャプションを追加する画面で「商品をタグ付け」を選択すると商品ページへのリンクを作成できます。商品タグを設置したい場所を選んだ後、リンク先にする商品を指定すれば完了です。

 

ストーリーズに商品スタンプを付ける

インスタのストーリーズでも商品スタンプを使ってタグ付けができます。ストーリーズの作成をしたら、シェアするまえにスタンプを押してリンクを張りましょう。スタンプアイコンを選択して商品スタンプを選択し、ストーリーズで紹介する商品を指定します。そして、スタンプを表示したい場所を決めて、スタンプの色を設定したら出来上がりです。

 

インスタでショップを経営するやり方の魅力と注意点

出典:https://www.shutterstock.com

インスタでは準備の手続きを終えてしまえば簡単にショップ経営ができます。ただ、インスタでショップ経営する商品販売のやり方には魅力も注意点もあります。インスタショップ経営をする上で押さえておきたいポイントをまとめたので参考にしてください。

気軽に有形商材のショップ経営ができる

インスタショップは有形商材なら大抵の商品を販売できます。ビジュアル重視のSNSなので、ファッションやハンドメイド、インテリアグッズなどのおしゃれなアイテムを販売するのに効果的です。初期設定が大変なのは確かですが、準備ができてしまえば商品タグ付けをするだけで販売ができるので販促活動は簡単におこなえます。ショップ経営を気軽に始めたいならインスタショップは魅力的なやり方です。

 

ブランディング戦略を立てやすい

インスタショップはブランディングに適しているのも特徴です。インスタのアカウントに一貫したイメージの画像や動画をアップロードしていき、その中で商品タグ付けをして販売する形を取ると明確なブランドイメージを構築できます。共感したユーザーはフォロワーになり、新規投稿をするとすぐに見てくれるようになるでしょう。商品販売だけでなくブランドイメージの向上も目指して投稿するとブランド力が高まるのが魅力です。

 

顧客をリピーター化しやすい

インスタショップはリピーター獲得をしやすい魅力があります。投稿をするとアカウントのフォロワーは見てくれるので、新しい商品を投稿して興味を持ってくれたらまた購入してくれると期待できます。初回購入のときにインスタのフォロワーになると特典サービスがあるといったプロモーションを実施すると、継続的に商品紹介を続けることが可能です。

商材によってリピーター化のしやすさには違いがありますが、ファンを増やしやすいメリットがあるのは確かです。たとえリピーターを獲得が難しい商材でも、口コミを通して情報が拡散する可能性があります。購入してくれた顧客が商品の利用シーンの写真や動画を投稿し、その様子を見た周囲のユーザーが興味を示してくれるという波及効果を期待できるからです。

 

ショップのグローバル展開ができる

インスタショップは国内でもアクティブユーザーが月間3300万人という大きな規模を持っていますが、世界的には10億人と言われています。Instagramショッピングの販売国はかなり広い範囲をカバーしているので、グローバル展開をすることも可能です。ハンドメイドや日本の伝統工芸品の販売では海外にも視野を広げると大きな売り上げにつながる可能性があります。

インスタショップは画像や動画というビジュアルで商品のアピールができるのが特色です。商品を見つけてもらうために商品の種類やジャンルなどを外国語で伝える必要はありますが、コピーライティングをせずともグローバル展開ができます。シェアを国内に限らず、世界にまで広げたいならインスタショップには大きな魅力があります。

 

広告の運用もできる

インスタショップでは投稿だけでなく広告を出して運用することもできます。インスタ広告にはさまざまな広告フォーマットがあってストーリーズや発見タブにも配信できるのが特徴です。ただ、Instagramショッピングに登録したカタログに基づく商品タグを利用する広告には制限があります。1枚の画像による広告でフィードにのみ表示できる仕組みです。

ショッピング広告の配信のやり方はFacebookビジネスマネージャのアカウントがあれば簡単です。広告マネージャを利用してキャンペーンを作成し、広告の設定をしてしまえば既存の投稿をそのまま使って広告を出せます。広告は投稿と違ってコストがかかりますが、リーチを大きく広げられるのが魅力です。広告も活用して認知を広げながら販売活動を進めるとフォロワーも増えやすくなるでしょう。

 

イメージダウンになるリスクがある

インスタショップの注意点としてイメージダウンになるリスクがあります。同じ商品のタグ付けをした投稿が多かったり、プロモーションのための投稿しかなかったりするとブランドイメージが低下しがちです。インスタショップはユーザーへの提案をしている舞台だと考えて、ユーザーニーズを考えた情報提供をしながら商品を紹介するというスタンスで運営しましょう。

商品販売の投稿を続けるやり方でも売れそうだと思うかもしれませんが、一般的にはフォロワーも減っていく傾向があります。口コミによって人気を失うリスクもあるので、商品タグ付けの頻度は5回に1回くらいに抑えて、基本的にはユーザーへの情報提供を重視するのが賢明です。

 

まとめ

インスタショップは準備が大変でも商品の販売のやり方は簡単です。初期設定の手間がかかることが悩みでなかなか始められない方もいます。ただ、有形商材ならビジュアルを生かしてプロモーションが可能で、ブランドイメージを向上させたり、リピーターを獲得したりしやすいのは魅力でしょう。最初の敷居を越えてしまえば気軽に経営できるので、インスタショップは多くの方におすすめです。

もし不安があってインスタショップを始められないのならぜひ六次元にご相談ください。プロとして商品販売に使用するサイトの構築からインスタショップのセットアップまで責任を持って対応します。プロモーションのための広告運用も代行していますので気軽にご依頼をいただければ幸いです。

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。

© rokujigen. All rights reserved.