Business,Meeting,Time.,Photo,Young,Account,Managers,Crew,Working,With

リスティング広告の始め方!広告掲載完了までのステップを解説

リスティング広告が効果的だとは知っていても、始め方がわからずなかなか手をつけられないという方もいるのではないでしょうか。本当に始めていいのかどうか判断できなかったり、費用の問題が気になったりと、疑問は尽きません。本記事ではリスティング広告の始め方や、初心者の方によくある質問、その回答についてご紹介します。無事にリスティング広告の運用をスタートさせ、効果的な売上アップを目指していきましょう。

 

リスティング広告を始める前に用意するもの

Working,Together,In,Office,Concept,,Young,Businessmen,Using,Touchpad,Digital

リスティング広告を始めるには、「パソコン」「広告をクリックした後に表示させるWEBページ」「広告費」が必要です。広告費は少ないと広告が表示されにくくなってしまうなど、広告の効果に影響が出ます。リスティング広告にかかる広告費については、この記事の後半でもご紹介します。

 

リスティング広告は大きく分けてGoogleとYahoo!の2つがある

Close,Up,Woman,Hand,Hold,Using,Smart,Phone,With,Search

リスティング広告を出稿する時は、Google広告とYahoo!プロモーション広告の2種類から選択します。それぞれ大手検索エンジンであるGoogleとYahoo!に広告が表示されます。加えて、提携先のサイトにも広告が表示されることになります。

ユーザー数が多いGoogleの方が、多く閲覧される傾向があります。GoogleとYahoo!の両方から広告を出稿する企業もありますが、どうしたらよいか判断がつかない場合、まずはGoogle広告に絞って始めるのがいいかもしれません。次の項からは、Googleのリスティング広告の始め方を実際の手順に沿ってご説明していきます。

 

リスティング広告の始め方をステップごとに紹介!

STEP1:アカウント開設する

リスティング広告を出稿するには、Googleのアカウントが必要です。Gmailなどの利用のためにすでにGoogleアカウントを持っているという方も多いでしょう。その場合は既存のメールアドレスとパスワードを使って登録ができます。

 

STEP2:アカウント構成を作る

アカウントは以下の要素で構成されています。

・キャンペーン
・広告グループ
・広告
・キーワード

「キャンペーン」は予算や広告の配信スケジュール、配信地域・デバイスなどを指します。「広告」は実際に配信される広告、「キーワード」はどんなキーワードで検索した時に広告を表示させたいか指定するものです。「広告グループ」は「広告」と「キャンペーン」を入れておく箱のような意味合いがあります。

どんなユーザーをターゲットにしたいか詳細に検討する必要があります。また、自社の強みをあらかじめ文書化しておきましょう。その上でキャンペーンやキーワードを作成していきます。効果的なアピールができるよう時間をかけて検討したいステップです。まずはExcelなどで表にしてまとめてみることをおすすめします。

▶︎リスティング広告キーワードの選び方について詳しくはこちら

 

STEP3:入稿する

できあがったアカウント構成を、管理画面に沿って入稿していきます。管理画面からの操作も可能ですが、より少ない手間で入稿できるエディターもあります。慣れてきたらそちらを使うといいでしょう。

また、初めての時は「文字数をオーバーしていないだろうか」「この記号はうまく表示されるのだろうか」などの疑問が生じるかもしれません。Google広告には、入稿内容についてのルールをまとめた規定があります。入稿前に目を通すようにしましょう。

 

STEP4:審査が通ったか確認する

広告の文章や、広告をクリックした先のサイトが規定に反していると、審査に落ちることがあります。Google広告の画面では各広告に対して「ステータス」の項目が存在します。ステータスが無事に承認済みになるかどうか確認しましょう。

 

STEP5:成果計測タグを設置して計測設定をする

広告の掲載によって、どのくらいの成果に繋がったのかを計測する必要があります。商品の購入や問い合わせ・資料請求など、目的とするものによって成果の内容はさまざまです。Google広告では「グローバルサイトタグ」「イベントスニペットタグ」の2種類のタグを設置して計測します。

 

STEP6:広告費を入金する

クレジットカードなど支払いの方法を選択をします。Google広告では一定の条件で自動的に課金される「自動支払い」か、前払いした費用の分だけ広告が掲載される「手動支払い」を選択します。

 

STEP7:配信をスタートさせる

配信設定をオンにすることで配信がスタートされます。どのように表示されているのか、またどのような位置に表示されているのか、実際に見てみたいという方もいるでしょう。確認したい場合の方法は本記事で後述します。

 

リスティング広告よくある疑問を解決!

Business,Hand,Clicking,Q&a,Or,Question,And,Answer,Button,On

リスティング広告を始めたいと思っている方や、始めたばかりの方によくある疑問をまとめました。リスティング広告に自信のない方は一度目を通してみてください。

 

そもそもリスティング広告を始めるか迷っている

広告の掲載が無事にスタートできても、初心者の方は効果的な運用ができないケースがあります。競合が多いと広告が掲載されにくかったり、かといってニッチな検索ワードを狙えば検索されなかったりと、なかなか思うような運用になりません。そもそも宣伝したい商品やサービスがリスティング広告に適しているのかどうかの判断も必要です。むやみに始めてしまう前に、プロに相談してみることをおすすめします。

 

リスティング広告の費用はどのくらい必要なのか

20万円〜50万円ほどの費用が必要な場合が多いと言われています。広告自体は小額から出稿できますが、効果を出すにはある程度の金額が必要です。オークション形式で広告を配信しているため、小額では競合に負けて広告が配信されにくくなってしまいます。

そのため、できるだけ費用対効果の高い運用を考えることが必要になります。ユーザーからの反応が良い広告文を考えたり、成果の出るキーワードを探ったりと、分析や改善を続けていきます。以下の記事では、リスティング広告にかかる詳しい費用や、予算の決め方を紹介しています。

▶︎リスティング広告の費用や予算の決め方についてはこちら!

 

リスティング広告がちゃんと掲載されているかわからない

配信した広告を自分で確認したい時は、専用のツールを使用します。Googleの「広告プレビューと診断ツール」では、出稿した自分のGoogle広告を検索できます。実際の広告と同じ条件で表示させることのできる便利なツールです。

ツールを使わずに自分で検索して確認すると、データの数値に悪影響を及ぼす可能性があります。ついつい検索してしまいたくなりますが、のちの分析結果に影響するので注意しましょう。

 

調べてみたけど広告の運用の仕方がよくわからない

WEB関連に不得手だったり、わかる社員が近くにいなかったりすると、何をどうしてしていいのかよくわからないということがあるかもしれません。そのような場合はノウハウが豊富なプロに代行を依頼するのも一つの手です。アカウントや広告文の作成から、広告の運用まで一貫して任せられる場合があります。

また、リスティング広告は実践と改善を繰り返して効果を高めていくことが重要です。広告の運用だけではなく、アカウントやデータの分析、それに基づいた改善が得意な会社を選ぶといいでしょう。

▼気になる人はこちらをチェック!
リスティング広告代行の費用がどれくらいかかるのか

 

まとめ

Business,Meeting,Time.,Photo,Young,Account,Managers,Crew,Working,With

リスティング広告の始め方を具体的な流れに沿ってご紹介しました。アカウントや広告の設定は画面に沿って誰でもできるものの、効果的な広告にするにはある程度の技量が必要です。リスティング広告について悩みをお持ちの方は、リスティング広告の運用代行の相談も検討してみてはいかがでしょうか。

 


 

 

株式会社六次元(ROKUJIGEN)

株式会社六次元(ROKUJIGEN)ではデジタルマーケティングスキルと六次元的発想を強みとしております。WEB広告やSEO、WEBコンテンツの構築、ECサイト等でお悩みがある方は一度ご相談くださいませ。