Vision
Idea of ROKUJIGEN

六次元的発想でプロダクト、コンテンツの価値を最大化し

豊かで前向きな社会の創造に貢献する

泉 辰徳

世の中に影響を与える新商品や新サービスは、日常を俯瞰視するという行為によって得られるインサイトの産物と言えます。

望遠鏡の発明を例に挙げると子供が2枚のレンズをたまたま重ねて遊んでいた事がその創造の原点であると言われております。

このように功績そのものはもちろんの事ながら、私達はその功績が生まれる過程に潜むインサイトとの出会いを最も重要視し、この出会いを提供する事を使命と考えています。

この世は一説では次元(点・線・面・立体・時空を限定する事象)であると言われており、5次元の世界・6次元の世界は私達にとっては未知なる世界と言えます。

この事象になぞらえ、インターネット世界の経営に必要な4つの要素(管理・倫理・設計・技術)に加えて、「感覚」・「経験」という5次元・6次元をご提供する事。

この6つの視点から俯瞰視する事で皆様にとってのインサイトを見つけ出す事を目的として、私達はこのコミュニティに『六次元』という名を授けました。是非私達と一緒に市場にインパクトを与えるヒントを見つけてみませんか?

ROKUJIGEN活動指針「Roku Should」

ROKUJIGENの活動指針

「自発的に考え行動しなければ想像力は磨かれない」

という観点からMastではなく”Should”と定めました

Speed Response

早いレスポンスが

互いの安心感を生み出す

» next

Creation

データの根拠に

自由で遊びある発想が加わると

唯一無二になる

» next

Creation

会話・身だしなみ・モラル

あらゆる面において品があり、

洗練されていること

» next

Honest

隠し事や虚偽がなく

「ガラス張り」であることが

信頼関係を強固にする

» next

Value

社名や取引先、実績ではなく

自分自身にバリューを与えることこそ

ブランディングである

» next

Thanks

Life is short, but there is

always time enough for “Thanks”.

人生は短い、だが感謝を行う時間は

いつだって十分にある

» next